令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:経済 > 出来事



    依存があるから。

    帝国データバンク6月22日、日本企業の「ロシア進出」状況調査(6月)の結果を発表した。それによると、2022年2月時点でロシアへの進出が判明した国内上場企業168社のうち、6月19日までにロシア事業の停止や制限・撤退を発表・公開した企業は74社(44%)となり、前月より3社増加した。

    ロシア事業の停止・撤退を発表した企業は、3月時点で全体の22%にとどまったものの、4月時点では36%に急増し、3~4月にかけて日本企業で「脱ロシア」の動きが相次いだ。しかし、5月時点でロシア事業の停止を表明した企業は前月から11社の増加にとどまり、6月は3社とさらに減少した。

    一方、受注残や、ロシア国内での新規事業の投資負担から現地事業を当面継続する企業も判明。同調査では、「ロシア事業に対する姿勢は各社で温度差が見られるものの、総じてロシア事業を見直す動きはここにきて後退局面入りがみられる」と分析している。

    事業の停止や中断となった企業の内訳では、「取引停止」が最も多く35社。次いで「生産停止」が14社、「営業停止」が10社と続き、ともに前月から横ばいとなった。ロシア事業からの撤退は4社で、前月から1社増加した。

    また、帝国データバンクが米エール経営大学院の集計をもとに、各国の「ロシア事業撤退(Withdrawal)」の割合を分析した結果、全世界の主要企業約1,300社のうち、24%に当たる300社超がロシア事業撤退を表明したことがわかった。

    主要国では、英国企業は約半数、米国企業も約3割がロシア事業から撤退。一方、日本企業は同社の調査で2.4%、エール大の調査でも1.7%と、イタリア(5%)を下回り主要7カ国中最も低い水準であることが明らかになった。

    調査は、同社が保有する企業データベースに加え、各社の開示情報を基に、工場や事業所、駐在員事務所などの設備・施設、直接出資などでロシア国内に関連会社を有するなどの形で、2022年2月時点に進出が判明した上場企業168社を対象に行われた。
    (御木本千春)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【企業】日本企業の脱ロシア、主要国で最低水準に】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    広がっていくのかな?

    1 少考さん ★ :2022/06/21(火) 18:31:52.39
    ※日本経済新聞

    夏ボーナス13.8%増、経済回復で4年ぶり 経団連集計
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA212FA0R20C22A6000000/

    2022年6月21日 14:45 (2022年6月21日 16:11更新

    経団連は21日、大手企業の2022年夏季賞与(ボーナス)の1次集計結果を発表した。16業種105社の平均妥結額は92万9259円で、21年夏と比べ13.81%増えた。上昇幅は現行方法で集計を始めた1981年以降で最大だった。新型コロナウイルス禍からの経済活動の回復を受けて、4年ぶりのプラスに転じた。

    新型コロナの影響による業績悪化で7%超の大幅な下落となった21年夏から一転して、企業収益の回復がボーナスの伸びにつながった。金額でみると2年ぶりに90万円台に戻った。過去最高だった19年の97万1777円には届かなかった。物価高が経済回復の重荷となるなかで、今後も増加ペースを維持できるかが焦点となる。

    22年は製造業が15.11%増と過去最大の上げ幅となり、全体をけん引した。非製造業は6.99%上がった。業種別で上昇率が最も大きかったのは鉄鋼で、88.13%増えた。22年3月期決算で日本製鉄が経営統合後の最高益を記録するなど、鋼材需要の回復が追い風となった。百貨店・スーパーが27.32%増、自動車が17.23%増と続いた。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【【経済】夏ボーナス13.8%増、経済回復で4年ぶり 経団連集計】の続きを読む



    半導体不足も反映しているのかな?

    近年、中古車価格相場の高騰が続いています。もちろん、これまでも一部の車種で中古車価格が上昇することはありましたが、最近ではほとんどすべての車が以前に比べて高騰しています。そこにはいったいどんな理由があるのでしょうか?

    新車の納期が中古車価格に影響?
    車と電卓

    中古車価格の相場は、需要と供給のバランスによって決定されます。一般的には、中古車業界の繁忙期とされる2月から3月にかけて相場は上昇し、4月以降徐々に落ち着いていくとされています。

    しかし、2021年に入った頃から中古車価格の高騰が顕著になり、2022年にはさらにその動きが加速しています。

    その大きな要因となっているのは、世界中でまん延している新型コロナウィルスです。日本ではじめて緊急事態宣言が発令された2020年4月頃は、そもそも外出すること自体がはばかられており、さらには経済的な被害を負った人も少なくなかったため、新車はもちろん、中古車を購入しようとする人はそれほど多くありませんでした。

    それが2021年に入ると、世界の一部の地域で経済活動再開の動きが見られるようになりました。その中で、新車の販売台数も回復傾向にありました。

    駐車場

    しかし、その一方で、新車の生産や、新車に使用される部品の生産を行う工場が多い東南アジア諸国などでは、経済活動再開が思うように進まず、その結果、新車の需要に対して供給が遅れるといった事態が発生しました。

    新車を購入しようとする人のなかには、いますぐに車が必要という人も少なくありません。そういった人が、本来は新車を検討していたけれど、納期を優先させるために中古車を選択するようになったことで中古車市場の需要が高まった結果、中古車相場価格の高騰が続くようになりました。

    さらに最近では、半導体ワイヤーハーネスといった車に必須の部品の供給も遅れており、新車の納期はさらに長くなっています。新車の納期が短縮されない限り、現在のような中古車価格の高騰は今後も続いていくと見られています。

    中古車高騰とコロナの意外すぎるつながりとは?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中古車高騰とコロナの意外すぎるつながりとは?】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    少子化対策はうまくいかないから。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/20(月) 22:44:13.44
    経団連の十倉会長は、「少子化」を日本の有事と捉え、その対策として、外国人の受け入れ拡大も選択肢の一つだとする考えを示しました。

    経団連・十倉雅和会長「少子化は静かな有事といわれるぐらい、底流で進んでいるんですね。おそらく労働参加率というのはどんどんこれから減っていくので、日本の潜在成長率が落ちる大きな要因になっていて」

    経団連の十倉会長は少子化による働き手不足が日本経済に与える影響に危機感を示した上で、「外国人の労働参加率」を高めることも労働力不足の有力な対策だとの考えを示しました。

    ただ、外国人労働者の受け入れ拡大については、「家族も含めて、日本で生活が送れるようにすることまで含めて、考えないといけない」と述べました。

    一方、日本の「難民の受け入れ率」が低くとどまっていることについては、ウクライナの避難民受け入れをきっかけとして、国際社会の一員としての議論が深まっていくことに期待を示しました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3dcc74dac780232e367d9582211fa0ae3b273d55

    ★1 2022/06/20(月) 21:30:47.87
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1655728247/

    【【社会】「少子化」は有事 外国人受け入れ拡大も選択肢の一つ 経団連会長 ★2 [首都圏の虎★]】の続きを読む



    (出典 times-abema.ismcdn.jp)


    課題がある。

    1 NAMAPO ★ :2022/06/16(木) 21:59:40.51
    ★世界が注目している「昆虫食」が日本でも普及するための課題とは?

    世界人口の増大で近い将来に予測される食糧危機に対処するため、FAO(国連食糧農業機関)は
    2013年に「食用昆虫:食品と飼料の安全性の将来の見通し」と題するレポートを発表。昆虫食が
    従来の家畜や飼料の代替となりうること、地球環境と健康・生活に有益であることを知らしめました。

    それ以来、「フードテック」「アグリテック」が世界的に注目され、欧米ではすでに食用昆虫
    の“大量生産”も一部で始まっています。それでは、日本の現状はどうなのか? 昆虫食および
    昆虫系市場の現在と今後の課題について、6月23・24日に開催される「昆虫イノベーションセミ
    ナー」で司会を務める東京農業大学教授の佐々木豊氏にお聞きしました。

    ■みんな知らないうちに年間500gも虫を食べている!?

    「世界の各地域で、昆虫を食べる文化はもともとありました。日本でも、群馬県・長野県・
    岐阜県・宮崎県といった一部の地域では、いまも昆虫が食用されているそうです。イナゴの佃煮
    は道の駅などで売られていますし、長野県のざざ虫は最近もニュースになっていましたね」

    長野県では、ざざ虫のほかに蚕(カイコ)も食用されているそうだ。養蚕によって作られる絹糸は
    明治期に外貨獲得産業に位置付けられ、日本を近代化させる礎となった。絹をとったあとの蛹
    (さなぎ)は熱で*でいるが、明治時代当時は鶏や鯉、鮒の餌として利用され、現在でも食品
    スーパーでは蛹の佃煮が売られている。

    「家畜化昆虫といって、人間が手をかけないと生きられない虫がいるのですが、蚕はその一つ
    です。産業動物ならぬ産業昆虫として、日本の近代化に貢献した点も含めて、蚕は日本の昆虫
    食文化において重要なポジションを占めていました」(佐々木教授)

    世界に目を向けると、更にさまざまな昆虫が食用されている。タイのタガメ、中国のスジアカクマ
    ゼミ、オーストラリアのミツツボアリなど。ミツツボアリは名前の通り、体内(お腹)に花の蜜を
    溜める習性のある蟻で、漫画『美味しんぼ』ではデザートとして登場したこともあるそうだ。
    アボリジニーの人々にとっては、現代の私たちが言うところの“スイーツ”なのだろう。

    「そもそも、地球上の全ての人たちは、知らないあいだに昆虫を年間500g食べているそうです。
    食品の着色料やコーティング剤として使われているとのこと。あと、これは私もつい1年半前に
    知ったのですが、蚕沙(さんさ、さんしゃ)と呼ばれるカイコの幼虫が食べ残した桑葉と蚕*の
    混じったものは、抹茶アイスの着色に使われているものもあるそうですよ」(佐々木教授)

    抹茶味はアイスのなかでも人気の味だが、もしかして自分が好きな商品にも使われているのか。
    「それは成分を調べてみないと……」と佐々木教授はいたって冷静だった。

    (抜粋)
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12301-1693344/

    【人口増大迫る食糧危機!「昆虫食」が日本でも普及するための課題とは。】の続きを読む

    このページのトップヘ