令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:経済 > 出来事


    いつまで続くのかな?

    2022年12月1日、毎日経済新聞は自動車用の半導体不足の影響が来年も続く見込みだと報じた。

    記事は、自動車業界のデータ予測会社オートフォーキャスト・ソリューションズ(AFS)の最新データとして、半導体供給不足の影響により今年1月1日から11月27日現在までに世界の自動車市場で約411万7600台の減産が発生しており、11月20〜26日の週だけでもアジアで3万2000台、北米で約1万台の減産を余儀なくされ、今年1年間の減産台数は448万5000台に達する見込みだと紹介した。

    そして、ホンダ埼玉県の工場で今月初めに約30%の減産を行う予定で、トヨタも先日、日本国内にある28本の生産ラインのうち12月に4本を1〜4日間停止することを明らかにしたと伝えたほか、中国メーカーでも理想汽車が重要部品の供給遅延を理由として11月末に予定していた納期を12月にすることを発表、長安汽車も半導体不足によって大量の半完成車が倉庫に眠っている状態だとした。

    その上で、自動車半導体企業の在庫状況は新型コロナ発生前の水準に戻っており、ルネサスエレクトロニクス、インフィニオン、NXPセミコンダクターズ、STマイクロエレクトロニクスの4社の22年4〜6月における在庫回転月数が平均3.48カ月と、新型コロナ前の19年の年平均値である3.51カ月とほぼ同じになったと紹介した。

    一方で、業界内では自動車半導体の供給不足が依然として続いているという認識で一致しており、ボッシュ中国法人の徐大全(シュー・ダーチュエン)副社長が「23年の半導体チップ注文について複数の半導体サプライヤーと交渉しているが、多くのサプライヤーは来年も需要を満たすことはできないと回答している」と語り、ステランティスグループの唐唯実(タン・ウェイシー)CEOも「半導体サプライチェーンの逼迫状態は来年末まで続く」との見込みを示し、トヨタ自動車も「半導体不足は最もひどい状況を脱したものの、状況は依然として厳しい」としたことを伝えている。(翻訳・編集/川尻

    1日、毎日経済新聞は自動車用の半導体不足の影響が来年も続く見込みだと報じた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【経済】チップ不足消えず、自動車メーカーの操業停止や減産続く―中国メディア】の続きを読む


    スゴいです。

     先日、チェーン店のメニューを一流料理人がジャッジしていくTBSの人気番組「ジョブチューン」で「不合格」となった、ロイヤルホスト(以下、ロイホ)のパンケーキが売り切れになっていると話題です。編集部では、実際の状況についてロイホに尋ねました。

    【画像】店舗に掲示された売り切れ告知

     番組で審査員を務めたシェフ7人のうち、6人が不合格判定を下すと、Twitterではロイホファンの不満が爆発。味を変えないでほしいと願う声から、番組の打ち切りを求める厳しい声まで、多くの批判的な意見が投稿されていました。

     番組の放送後、ロイホでは渦中のパンケーキが品薄となる事態に。注文殺到は番組の影響とみられ、Twitterでも売り切れを報告するツイートが多く見られます。

     番組での評価とは裏腹の展開ですが、実際の状況はどうなのか? 編集部は、ロイホに取材しました。

    ・・・・・・・・・・・

    ―― 現在は品薄状態なのでしょうか?

    ロイホ:一部店舗におきまして一時的に品薄状態(売り切れ)となったことは事実でございます。

    ―― 品薄解消の予定はどうなっていますか?

    ロイホ:一時的に出数予測を上回るご注文状況となった店舗がございましたが、現在は店舗ごとに原材料の仕入れ数を調整し、販売体制を整えております。

    ―― 番組後の反響について、コメントがありましたらお願いします。

    ロイホ:少し当惑していますが、皆さまのロイヤルホストの伝統や味に対する想いのようなものを受け止めて、これからも美味しい料理とホスピタリティのあるサービスを提供してまいりたいと考えています。

     また、パンケーキを求めてご来店をいただきました多くのお客様への感謝とともに、お召し上がりいただけなかったお客様には誠に申し訳なく感じております。

    ・・・・・・・・・・・

     ロイホパンケーキを擁護したい場合は、行き過ぎた誹謗中傷や審査員の店舗への荒らし行為ではなく、パンケーキの購入やレビューを通じて気持ちを伝えるようにしましょう。

    ロイヤルホストのパンケーキ(画像は公式サイトから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【経済】ロイホ、「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキが品薄状態に ロイホは「皆さまの思いを受け止める」とコメント】の続きを読む


    かなり痛いです。

    1 puriketu ★ :2022/11/30(水) 16:36:43.80ID:thxqvPiS9
    北陸電力は30日、家庭向けを含む規制料金について、
    大手電力会社の中では最大となる平均45.84%の値上げを経済産業省に申請したと発表しました。
    火力発電に必要な石炭などの燃料価格の高騰を受けた措置で、来年4月の電気料金改定を目指します。

    申請が認められれば、家庭向けの電気料金の本格的な値上げは、
    第2次オイルショック後の1980年4月以来、43年ぶりとなります。

    標準的な家庭では1か月当たり2696円の負担が増える見込みです。
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/217754?display=1

    【【危機】北陸電力 来年4月から45%値上げ 経産省に申請 大手電力会社で最大】の続きを読む


    これはかなり痛い。

    1 蚤の市 ★ :2022/11/24(木) 13:51:01.37ID:AbontSj59
     東北電力は24日、来年4月に一般家庭向けの規制料金を平均32.94%引き上げると経済産業省に申請した。ロシアのウクライナ侵攻の影響で燃料価格などが高騰しており、安定的な燃料調達や、設備修繕などへの投資資金確保には値上げが必要と判断した。
     電気料金には、電力自由化後も家庭向けで残る規制料金と、電力会社が独自に料金を改定できる自由料金の2種類がある。東北電の規制料金は6月、燃料費上昇分を料金に上乗せできる上限に達し、超過した費用を自社で負担していた。

    時事通信 2022年11月24日13時02分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2022112400587&g=eco&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

    【【経済】家庭向け3割超値上げ 経産省に申請、来年4月―東北電】の続きを読む


    ここまできている。

    1 ぐれ ★ :2022/11/22(火) 09:21:20.19ID:htxAgi4i9
    ※11/21(月) 15:08配信
    RKB毎日放送

    自転車の値上がりが止まらない。小売物価統計によると、電動アシストなどの機能が充実したモデルが増えたこともあり20年前と比べると74%上昇。特にこの1年は物流費や円安などの影響で値動きが激しい。その余波は電動タイプにとどまらず、手頃な“ママチャリ”にも広がっている―。

    もうママには買えない?ママチャリが手頃でなくなった日

    福岡市内で15店舗を展開する自転車の専門店「KAITO」。最も手頃な26インチのいわゆる「ママチャリ」タイプが2万5800円で販売されていた。店によると5年前は1万5800円、去年は1万9800円で、特にこの1年で約6000円値上がりしたという。ママチャリの「2万円超え」に驚いたのは、娘の塾通いに使う自転車を求めて来店した家族連れだ。

    父親「昔に比べたら高くなってるなぁ・・・。率直な感想」
    来店客「高い!自分の中では高いです。でもギアの切り替えとかいろいろついてるから、それくらいするのかなと」

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f40f62a3a37cfec1be215d92159c16175ed0ec0

    【【値上げラッシュ】自転車が高い!ママチャリは1年で6000円値上がり、納期遅延も】の続きを読む

    このページのトップヘ