令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 世論調査・ランキング



    (出典 yuruneto.com)


    感染者数が増えているのにこの結果は信じられないです。

    1 ボラえもん ★ :2021/04/23(金) 18:37:45.56

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210412/k10012969851000.html
    NHKは、今月9日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
    調査の対象となったのは、2092人で、58%にあたる1222人から回答を得ました。
    (中略)

    東京オリンピック・パラリンピックについて、IOC=国際オリンピック委員会などは 開催を前提に準備を進めています。どのような形で開催すべきだと 思うか聞きました。
    「これまでと同様に行う」が2%、「観客の数を制限して行う」が34%、「無観客で行う」が25%、「中止する」が32%でした。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【東京五輪】NHK世論調査 開催賛成が約60%、中止派32%を大きく上回る】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    そうなるのも無理ないです。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/04/17(土) 08:59:55.86

    時事通信の4月の世論調査で、東京五輪・パラリンピックについて尋ねたところ、「中止する」との回答が39.7%で最も多く、「開催する」28.9%、「再延期する」25.7%が続いた。

     単純比較はできないが、過去の同種の設問で最多だった「再延期」と答えた割合を今回、「中止」が上回った。

     五輪の開催時期が迫る中、首都圏や近畿圏を中心に新型コロナウイルスの感染が再拡大。現状について専門家から「第4波」との指摘も出るなど事態が深刻化していることも影響しているとみられる。

     昨年12月の調査では、「2022年以降に延期すべきだ」が29.9%、「中止すべきだ」が21.1%。今年2月も「22年以降に再延期すべきだ」35.3%、「中止すべきだ」25.8%で、2回とも「再延期」の割合がトップだった。

     調査は9~12日にかけて全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施し、有効回収率は63.6%。 

    4/16(金) 17:06
    https://news.yahoo.co.jp/articles/95eec22df704b333c168ac73059479432485d837


    【【東京五輪】東京五輪「中止を」39% 「再延期」上回る 時事世論調査】の続きを読む


    あまい話には注意

    SNSではよく、現金をプレゼントするという企画が投稿されている。お金がもらえると聞いて参加する人もいるが、中には嘘の企画もあるので注意が必要だ。


    画像をもっと見る

    ■「SNSの現金プレゼントに応募」2割程度

    しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に調査したところ、全体の18.5%が「SNSの現金プレゼント企画に応募したことがある」と回答した。

    SNSの現金プレゼント企画に応募したことがあるグラフ


    関連記事:前澤友作氏、フォロワー全員にお金配りを計画中 期待寄せるファン相次ぐ

    ■前澤友作氏の現金プレゼント企画

    性年代別では、10代男性が一番高い割合になっている。

    SNSの現金プレゼント企画に応募したことがある性年代別グラフ

    金プレゼントの企画は、前澤友作氏から始まったと言われている。

    前澤友作さんの現金プレゼントは、僕を含めて多くの知人が応募していた。他にもお金をプレゼントする企画はあるけれど、前澤さんが一番信頼できると思った」(10代・男性)


    「一時期、いろんなアカウントがお金を配る企画をしていた。とにかくお金が欲しいと思ったので、怪しいと思うものでも参加していたのが懐かしい」(20代・女性)


    ■嘘の企画には注意を

    実際には現金をプレゼントしない、嘘の企画もあるので注意が必要だ。

    「前澤さんくらいの有名人であれば、本当にお金をプレゼントしていると思う。ただ多くのアカウントはフォロワーを集めるための嘘の企画なので、応募しないほうがいい」(20代・男性)


    個人情報を集めることなどを目的にしているものもあるので、よくわからないアカウントの現金プレゼントには応募するべきではないと思う」(40代・男性)


    ■リツイートでフォロワーにバレる

    ツイッターでの現金プレゼントの応募は、投稿のリツイートが条件になっていることが多い。

    「現金プレゼントの場合、その投稿をリツイートすることが条件になっている。そのために、フォロワーの人に応募しているのがわかるのが恥ずかしい」(40代・女性)


    「たまにやり取りしているフォロワーの方が、よくわからないアカウントの現金プレゼント企画に参加していた。それを見て、少し残念な気持ちになった」(30代・男性)


    正体不明なアカウントの現金プレゼント企画には、注意したほうがいいだろう。

    ・合わせて読みたい→前澤友作氏、年明けに新たなチャレンジも 「もっとお金を配りまくりたい」

    (取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年12月23日2019年12月18日
    対象:全国10代~60代の男女1,798名 (有効回答数)

    10代男性の3割が「SNSの現金プレゼントに応募」 お金が欲しいために


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【10代男性の3割が「SNSの現金プレゼントに応募」 お金が欲しいために】の続きを読む


    影響は大きい。

    モデルタレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月1日(木)の放送では、TOKYO FMの音声サービス「AuDee(オーディー)」と連動したアンケート「AuDee JUDGE」を実施。この日のテーマは「消費税総額表示、買い物するときの心理に影響ありますか?」。果たして、その結果は……?

    ※写真はイメージです



    商品やサービスの価格を消費税を含めて表示する「総額表示」が、4月1日(木)から義務化されました。消費者にとっては、実際に支払う価格が分かりやすくなる一方で、事業者からは「値上げのような印象を持たれ、売り上げに影響が出ないか……」という懸念の声もでています。

    このニュースを受けて設定された、今回のアンケートはコチラ!

    Q.「税抜980円」と「税込み1,078円」……買い物するときの心理に影響ありますか?
    ・影響ある……64%
    ・影響はない……36%

    半数以上のリスナーが「影響ある」と回答しました。

    このアンケート結果を受けて、ユージは「やはり『影響がある』という方が多いですね。今回のアンケートと一緒に送っていただいたメッセージのなかには、『最終的に払う金額が一緒なら、最初から税込み表示のほうがいい』『買い物がしやすくなる』など、いい意味で『影響がある』と答えた方が多い印象でした」とコメント

    吉田は「コンビニスーパーで買い物をするときに、“これはいくらくらいだな”と思ってレジに持っていくと、自分が予想していた金額を上回る金額になっていることがありました。計算できていない自分が悪いのですが(苦笑)、なんだか裏切られたような気分になって、プチショックに陥った経験が何回かあります。総額表示によって、そのショックが減るのであれば嬉しいかもしれないですね」と語りました。

    ユージ、吉田明世



    消費税の総額表示、あなたが買い物するときの心理に影響はありますか?

    番組名:ONE MORNING
    放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
    パーソナリティユージ、吉田明世
    番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/
    「消費税の総額表示」あなたが買い物するときの“心理”に影響ある? アンケート結果発表!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「消費税の総額表示」あなたが買い物するときの“心理”に影響ある? アンケート結果発表!】の続きを読む



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)


    コロナで苦しんだ。誰もが早く打ちたいですね。

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/03/27(土) 22:13:16.07

    世論調査機関の中央調査社が3月に実施した新型コロナウイルスに関する調査で、ワクチンを接種したいか聞いたところ、
    接種を希望する人が約8割に上った。

    若者より高齢者の方が接種を望んでいる傾向もうかがえた。

    ワクチン接種について、「他の人の様子を見て、社会である程度接種が進んでから接種したい」が最多の44.5%で、
    「すぐに接種したい」の34.3%と合わせると、「接種したい」が78.8%となった。

    一方、「接種したくない」は9.5%だった。

    年代別では、「接種したい」の最多は60代の83.2%で、最少は20代の71.7%。
    男女別にみると「接種したい」としたのは、男性(81.6%)が女性(76.3%)を上回った。

    「接種したくない」とした理由(複数回答)では、「接種後の副反応のリスクがある」が最多の63.5%で、
    「効果があるか分からない」(40.2%)、「その他」(12.9%)と続く。

    調査は5~14日、全国の20歳以上の男女4000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は30.0%。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032700421&g=pol


    【【世論調査】 コロナワクチン 「接種したい」 78.8%、「接種したくない」 9.5%・・・全国の20歳以上の男女4000人個別面接】の続きを読む

    このページのトップヘ