令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 世論調査・ランキング


    やはり、1位は食事ですね。その土地ならではのモノがほしいようだ。

    Paakは11月29日、「旅の過ごし方」に関する調査の結果を発表した。調査は11月9日〜10日、全国20代〜50代の男女1,013人を対象に行われたもの。

    まず、旅行に行く頻度について聞いたところ、「半年に1回」が33.4%、「年に1回」が33.3%、「3ヶ月に1回」が18.6%、「2ヶ月に1回」が7.2%、「1ヶ月に1回」が5.0%、「それ以上」が2.5%という結果となった。

    旅行先の情報はどこから入手することが多いか尋ねると、「インターネット記事」が61.1%で最も多く、次いで「テレビ」が34.2%、「Instagram」が23.3%で続いた。年代別で見ると、20代のみ「インターネット記事」と僅差で「Instagram」が続く結果となっている。

    旅行先を決める際の基準については、「観光スポットの数、バリエーション」が33.9%で最多に。次いで「金額」が21.1%、「食事」が11.4%、「宿」が10.7%で続いた。

    旅先で特にお金をかけることについて聞いてみると、「食事」(69.0%)、「宿」(52.3%)、「観光」(42.7%)が上位に。「観光」と答えた人に、具体的に尋ねたところ、「エコツーリズム(自然環境やそれと関わりの深い伝統文化)」が21.1%で最も多く、以下「ヘルスツーリズム(温泉療法や森林療法等)」(18.8%)、「世界遺産観光」(15.5%)が続いた。

    行ったことのある旅行先で、また行きたいと思った経験が「ある」と答えたのは89.6%。

    また訪れたいと思った理由については、「一度の旅行では満喫しきれなかった(時間が足りなかった)」が53.6%で最も多く、次いで「もう一度同じ観光スポットへ行きたい」(48.4%)、「もう一度同じ宿泊先に泊まりたい」(33.7%)が続いた。
    (フォルサ)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】旅行で特にお金をかけること、2位「宿」、1位は?】の続きを読む


    コロナの影響?

    1 少考さん ★ :2022/11/25(金) 20:21:41.34ID:8rV6NyWr9
    ※ITmedia NEWS、ビッグローブ「2022年の忘年会に関する意識調査」【対象:全国の20~50代の社会人の男女1,000人(有職者811人、主婦・主夫(専業)189人)、方法 :ネット調査、期間 : 2022年11月9~10日】公表:11月22日

    職場の忘年会「参加したくない」8割
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2211/25/news118.html

    2022年11月25日 11時30分 公開 [ITmedia]

     職場・仕事関係の忘年会に参加したくない人が約8割――ビッグローブがこんな調査結果を発表した。理由には「気をつかいたくないから」「お金がもったいないから」「時間がもったいないから」などが入った。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    11月9日から11月10日にかけ、20代~50代の社会人の男女1000人(うち働いている人811人、専業主婦・主夫189人)を対象にWebアンケートを実施した。

     2022年、職場・仕事関係で忘年会の予定がある人は14.8%(「すでに日程など決まっている」6.9%、「日程は決まっていないが開催する予定」7.9%の合計)。

     職場・仕事関係の忘年会に「参加したくない」人は59.1%、「あまり参加したくない」は18.6%と8割が参加したくないと回答した。

     参加したくない理由(複数回答)は、「気をつかいたくないから」(40.2%)、「お金がもったいないから」(37.1%)、「時間がもったいないから」(34%)、「勤務時間以外で関わりたくないから」(33.8%)、「コロナ禍だから」(30%)といった回答が上位に入った。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    職場の“飲みニケーション”は不要」6割

     また、「職場の人とのコミュニケーションの活性化として飲み会は必要か」との質問には、(略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【【社会】職場の忘年会「参加したくない」8割 (ビッグローブ・アンケ)】の続きを読む


    助け合うことが大事ですね。

     一条工務店(東京都江東区)は共働きをしている既婚男女を対象に、「共働き夫婦の家事シェアに関する意識調査」を実施した。その結果、女性が男性にもっとやって欲しいと思っている家事の1位が「部屋の片づけ」(37.7%)、2位は「トイレ掃除」(34.2%)、3位は「部屋の掃除」(33.4%)だった。

    【結果を見る】配偶者にもっと担当してもらいたい家事は?

     一方、男性は過半数が「特にない」(52.3%)と回答し、以下「部屋の片づけ」(19.9%)、「料理」(17.6%)と続いた。

    ●主に担当している家事

     主に担当している家事について聞くと、女性の1位は「料理」(87.4%)で、2位は「買い物」(77.4%)、3位は「キッチン掃除」(77.2%)となった。

     一方、男性では1位が「ゴミ出し」(79.5%)で、2位は「浴室掃除」(69.0%)、3位は「食器洗い」(66.1%)という結果になった。

    ●家事分担の満足度は?

     家事の分担の割合に対して、満足しているか質問したところ、男性では約86%の人が家事分担に満足していた(とても満足12.4%、満足44.0%、やや満足29.8%の計)。

     一方で、女性は約56%(とても満足8.9%、満足22.9%、やや満足24.4%の計)となり、性別による大きな差がみられた。

    ●配偶者が行った家事への不満

     配偶者が行った家事に対して、不満や気になる点はあるか聞くと、女性では71.3%の人が、男性では40.6%の人が「はい」と回答した。

     続いて「はい」と回答した人に、「配偶者に家事に対しての不満を伝えるか」と尋ねると、女性の約25%(伝えたいが伝えられない16.7%、伝えない8.8%の計)、男性の約35%(伝えたいが伝えられない18.0%、伝えない17.5%の計)が配偶者に家事の不満を伝えていないことが分かった。

     配偶者に家事に対しての感謝を伝えているか質問すると、女性では約86%(よく伝える47.8%、たまに伝える38.6%の計)、男性では約79%(よく伝える35.9%、たまに伝える43.2%の計)が「伝える」と回答した。

    ●家事でケンカしないコツは?

     最後に「家事で配偶者とケンカをしないためにしていること」を尋ねたところ、1位は男女ともに「期待をしすぎない」だった。また2位は「口を出さない」、3位は「分担を決める」と、上位3位は男性女性ともに同じ順位となった。

     調査はインターネットで、共働きをしている既婚男女1350人(男性493人、女性857人)を対象の実施した。調査期間は9月24~30日。

    「共働き夫婦の家事シェアに関する意識調査」の結果は?(以下プレスリリースより)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】女性が男性にもっとやって欲しい家事 2位「トイレ掃除」、1位は?】の続きを読む



    1位は「生活音・騒音」です。

     訳あり不動産の買取再販業を行うAlbaLink(東京都江東区)は、ご近所トラブルを経験した人を対象に「ご近所トラブルに関する意識調査」を実施した。経験したことのあるご近所トラブル1位は「生活音・騒音」(188人)だった。

    【調査結果】経験したことのあるご近所トラブル

     2位は「ゴミ出し関連」(55人)、3位は「駐車・駐輪関連」(47人)、4位は「悪臭」(32人)、5位は「植木・庭関連」(28人)だった。

    ●1位は「生活音・騒音」トラブル

     1位の「生活音・騒音」と回答した人からは、「上階の住人が昼夜問わず楽器の練習をしていた。うるさくて非常に迷惑だった」(20代女性)、「マンションの上階から子どもの足音が聞こえていた。多少なら仕方ないと思って我慢していたが、あまりにもひどかったのでトラブルになったことがある」(30代男性)と、「足音」「楽器演奏」「人が集まって騒いでいる声」に悩んでいた人が多かった。また「昼間なら我慢するが、夜までうるさいと我慢できない」という声が多数寄せられた。

     子育て中の人からは、「気を付けてはいたけれど、子どもの声や足音がうるさいと苦情を受けた」という体験談も挙がった。

     2位の「ゴミ出し関連」と答えた人からは、「ゴミステーションが家の前で、燃えるゴミの日は生ゴミなどが散乱。カラスがしたことではあるものの、捨てる側にも問題があったため、近所の方々と揉めた」(30代女性)、「ゴミの捨て方で注意されたことがある。いつも見張りをしている人がいるので、少しでもマナーが悪いと注意される」(50代女性)などの声が聞かれた。ルールを守っているのにも関わらず、「ゴミ袋を開けて中身をチェックされ、気持ちが悪かった」という経験をしたという人もいた。

     3位の「駐車・駐輪関連」と答えた人からは、「自転車の止め方が乱雑。あまり広くない駐輪場だったので、毎回自転車を動かして入れるという手間が頻繁にあった」(20代男性)、「自分が契約している駐車場に他の方が車を駐めること。来客に駐めさせているのか毎回車が変わるので、特定できず困っていた」(30代女性)などの意見が挙げられた。

    ●ご近所トラブルにどう対応する?

     「ご近所トラブルへの対応」について尋ねたところ、1位は「管理会社に相談する」(93人)、2位は「相手に直接伝える」(82人)、3位は「何もせず我慢」(69人)という結果になった。「管理会社」「警察」「自治会」など、第三者に相談する人が多かった。

     また「我慢する」「引っ越す」など、相手にも第三者にも伝えない人も一定数いた。

     ご近所トラブルを起こさないために気をつけていることを聞いた。1位は「生活音に気を遣う」(125人)、2位は「近隣住民とのコミュニケーション」(100人)、3位は「ルールマナーを守る」(88人)だった。

     「生活音に気を遣う」「ルールを守る」など、自分が加害者にならないよう注意している人が多かった。

     今回の調査は、ご近所トラブルを経験した人を対象にインターネットで行った。期間は10月13~27日、有効回答数は428人(女性277人、男性151人)。

    AlbaLinkは、ご近所トラブルを経験した人を対象に「ご近所トラブルに関する意識調査」を実施した


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】ご近所トラブルランキング 3位「駐車・駐輪関連」、2位「ゴミ出し関連」、1位は?】の続きを読む


    鍋の季節になる。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/11/13(日) 10:14:14.72ID:DS3au39U9
     今年も、鍋料理がおいしい季節が到来しました。近年はさまざまな種類の鍋用スープが発売され、家庭でいろんな味の鍋が楽しめるようになりましたが、あなたが特に好きな味はありますか。LINE(東京都新宿区)が運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」が、「好きな鍋のスープ・つゆの味」に関する調査を実施。その結果をランキング形式で発表しました。

    「キムチ」「豆乳」は女性に人気
     調査は2022年10月、LINEユーザーである日本全国の15~64歳の男女を対象に、ウェブ調査で実施。5254人から有効回答を得ています。

     おでんを除き、自宅や自宅以外で鍋を食べる際の「鍋のスープ・つゆの味」で好きなものは何かを聞いたところ、全体1位は「すき焼き」で、47.4%と高い割合を占める結果となりました。以降は「キムチ」(43.9%)、「鶏だし」(43.8%)、「しょうゆ・寄せ鍋」(43.4%)と、43%台の僅差で続いています。

     中でも「キムチ」は、特に30~40代で割合が高い結果に。また、年代が上がるにつれて「しょうゆ・寄せ鍋」の割合が高くなっている一方で、10代では「カレー・チーズカレー」が他の年代に比べて高い傾向となりました。

     男女別に見てみると、女性の1位は「鶏だし」(48.2%)、男性の1位は「すき焼き」(48.2%)という結果に。「鶏だし」は、特に20~40代女性で高い割合でした。その他、「キムチ」(47.8%)、「豆乳」(36.5%)も男性と比べて女性の割合が高くなっています。また、ランキング外とはなったものの、「トマト」「かんきつ系(ゆず、レモンなど)」も女性の方が高い割合に。一方、男性の方が高い割合となったのは「もつ・ホルモン鍋」(38.1%)、「とんこつ」(34.4%)でした。

     なお、「鍋料理は全く食べない」という人の割合は全体で2.5%。鍋を食べない人は少数派で、ほとんどの人は鍋を食べていることがうかがえる結果となっています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b05c20842dac5c0bb11ac1b207a8baea0a45d473

    【【社会】“鍋の季節”到来! 全国5000人超に聞く「好きな鍋のスープ・つゆの味」 3位「鶏だし」2位「キムチ」…1位は?】の続きを読む

    このページのトップヘ