令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 芸能人



    さすがに凍りつきます。

    藤井貴彦アナウンサー

    28日放送の『news every.』(日本テレビ系)では、「電力需給ひっ迫注意報」について特集。同局の藤井貴彦アナウンサーの発言にスタジオが凍りつく瞬間があった。


    ■「需給ひっ迫注意報」が発令

    資源エネルギー庁は、28日の15時から18時の時間帯に東京電力管内の電力需給が逼迫するとして「電力需給ひっ迫注意報」を出した。27日から2日連続での発令となる。

    暑い時間帯には引き続き冷房等を活用しながら、使用していない照明を消すなど、「無理のない範囲での節電」を呼びかけている。


    関連記事:覚えておきたい… スマホや懐中電灯で部屋をより明るく照らす方法

    ■無理のない節電メニューを紹介

    この日の番組では「電力需給ひっ迫注意報」の発令を受け、日本テレビの近野宏明解説委員が「電力ひっ迫」について解説。なお、番組の放送時間帯は同注意報で電力供給が逼迫するとされている時間だ。

    近野氏は、経産省が推奨する無理のない節電メニューについて「テレビ省エネモードにすることや、見ていない時は消すことで2.0%の節電効果がある」と紹介した。


    ■藤井アナのひと言にスタジオが…

    すると藤井アナは「もう節電なさっている方は今このテレビを見てらっしゃらないと思いますんで…」と一言。スタジオは静かになり、近野氏は「見てほしい、見てほしいけど節電もしよう」とフォローを入れていた。


    ■翌朝にツイッタートレンド入り

    また、29日の午前中には「藤井アナ」のワードツイッタートレンド入り。ネットニュースになったことや、ネットユーザーが動画を引用してツイートしたことによって、放送翌日に大きな話題となったようだ。

    ネット上では「藤井アナ流石だわ」「藤井アナはこれでいいんです」「やっぱり藤井アナ好きだわ」といった声や、「藤井アナはよくぞ言ってくれた」「社会風刺にも笑いにも自虐にも皮肉にもなって完璧なコメント」など、藤井アナの皮肉の効いたジョークを絶賛する声もあがっている。

    ・合わせて読みたい→小池都知事、今後の電力需給ひっ迫に危機感 「この夏はとくに厳しい…」

    (文/Sirabee 編集部・北田力也

    節電の話題で藤井アナが放った言葉にスタジオ凍りつく 「よく言った」の声も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】節電の話題で藤井アナが放った言葉にスタジオ凍りつく 「よく言った」の声も】の続きを読む


    海外では物価が高いです。

    1 シャチ ★ :2022/06/28(火) 22:35:23.23
    タレントの渡辺直美(34)が27日放送の日本テレビ「しゃべくり007」(月曜後9・00)に出演し、活動拠点としているニューヨークでの食費事情を明かした。
     帰国後バラエティー初出演の渡辺。ニューヨークに住んでいる渡辺は休みの日はセントラルパーク付近を「お散歩したりとか。ニューヨークの人たちは(私のことを)知らないので、堂々と散歩したり」と過ごし方を明かした。

     食事について聞かれると「高いんですよ、ニューヨークって。飯が本当に日本と比べ物にならないぐらい高くて」とお金がかかることを伝えた。「それこそ朝ご飯で、目玉焼きとパンとツナサラダ食べたら7000円ぐらい」と朝食とは思えない金額を明*と、しゃべくりメンバーは「えー」「そんな?」と衝撃を受けた。

     この金額に有田哲平は「それはそういうところに行ってるからでしょ」と信じられない様子。堀内健が「ハンバーガーが今1000円ぐらいでしょ?」と聞くと、「いや、もっと。2400円とか。ガンガン高いんですよ」と明*渡辺。有田からの「それはセレブの屋上とかで食べてるからでしょうが」という指摘には「勝手に決めつけないでください」と、決して高級料理店などで食べているわけではないと否定した。

     有田は「量の話じゃないの?」と言うが、渡辺は「本当に普通の量。大盛りとかにもしてない」と否定。さらに「ランチとかしたら2人とかで2万円。そこにプラスしてチップも払わなきゃいけない」と想像以上の金額の高さにしゃべくりメンバーは驚きを隠せなかった。


    ソース スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/27/kiji/20220627s00041000591000c.html

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)

    【【芸能】渡辺直美「ニューヨークは食費が高い。朝食で、目玉焼きとパンとツナサラダ食べたら7000円ぐらい」】の続きを読む



    遭遇する。マナーがないようだ。

    有吉弘行パーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」6月19日(日)の放送は、アシスタントマシンガンズの西堀亮と新宿カウボーイの石沢勤を迎えてお送りしました。


    (左から)石沢勤、有吉弘行、西堀亮


    先日、有吉は人生で初めて“転売ヤー”に遭遇したそう。スニーカーやブランド品などを収集する趣味がない有吉にとって、彼らはニュースなどで見聞きするだけの存在でしたが、あるお皿を買いに行ったところ、オープン前にも関わらずお店の前には行列ができていたそう。並んでいると「(前に並んでいた人たちから)聞こえてくる会話のほとんどが外国語で“海外の人にも人気なんだな”と思って」と振り返ります。

    お店側のルールで、混雑を避けるために5組ぐらいずつ店内に案内されるため、開店と同時に先頭にいた5組ほどが店内になだれ込んだと思ったら、陳列してあるお皿を無造作かつ乱暴につかみ取って床に並べ、店内に“携帯禁止”と書かれた張り紙があるにもかかわらず、スマートフォンで動画撮影を始めたそう。

    「携帯の画面を見てみたら、撮影したお皿の上に◯や×のマークが出るの、リアルタイムで。たぶん画面の向こう側の人が、それで“買う・買わない”の指示を出しているわけ」と有吉。

    そして、“いらない”と判断されたお皿は雑に戻し、別のお皿を取っては再び撮影。「花柄のかわいいお皿なのよ。それをさ、全身迷彩(柄の服を着た)の大男がお皿を撮っていて(笑)。それでさ、(画面越しの相手から)なかなか返事がこないと、そいつらは待っている間にやることがないんだよ。(お皿に)興味がないからさ、お皿の縁とかコップの取っ手を触ったりしてるの(笑)」とその微妙な状況を伝えると、石沢と西堀も「手持ち無沙汰で(笑)」と思わず吹き出します。

    その後も転売ヤーがお店を出る気配はまったくなく、前から20番目ぐらいに並んでいた有吉が入店できたのは、開店からなんと約2時間後。「店員もその光景に驚いたんだろうね。最初は厳しく言っていなかったんだけど、『30分が経ちましたので、すみませんが!』『これは買うんですか、買わないんですか!?』『ちゃんと扱ってください!』って、みんなピリピリし始めてさ」と状況を説明。

    さらに、有吉が入店したときは、最初に入った転売ヤーがまだ店内で撮影をしていたそうで、思わず「(携帯で商品を)撮るなよ!」と注意。しかし、彼らは日本語が分わからないフリをしてガン無視。そんな様子を振り返り、「もうなんかさ、楽しみにして集まっている人もいるんだろうなと思ったらさ……」と嘆く傍ら「(転売ヤーたちは)熊が鮭をつかみ取るみたいに(お皿を根こそぎ)グワッと取って、それを床に並べてさ……俺、初めて(転売ヤーを)目の当たりにして心臓がドキドキしたよ(苦笑)」と衝撃を受けたことを告白。

    そして「お店の人も大変だよね。これを機に“1人何点まで”とか“1人何分までに退店してください”とか(ルールや制限が)決まっていくんだろうな」と推測しつつも、「でも、あれは犯罪じゃないんだもんね? 買う側にしたら“商品を買っているんだから文句あんのか!?”ってことだから。でも、大きなリュックを背負って入ってきてその辺に投げてさ、もうマナーなんてないよ。(その光景に)ちょっとゾッとしたよ」と呆れ気味に話していました。

    <番組概要>
    番組名:有吉弘行SUNDAY NIGHT DREAMER
    放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
    放送エリアTOKYO FMをのぞくJFN全国24局ネット
    パーソナリティ有吉弘行
    番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
    スマホアプリAuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
    有吉、初めて遭遇した“外国人転売ヤー”に注意するも…「もうマナーなんてないよ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】有吉、初めて遭遇した“外国人転売ヤー”に注意するも…「もうマナーなんてないよ」】の続きを読む



    賛同する意見もある。

    2022年6月21日、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、『さんぽセル』について特集。

    さんぽセル』とは、重いランドセルキャリーバックのように運べるアイテム

    栃木県小学生たちが、重いランドセルの問題を当事者目線で考え開発したのです。

    ネットで『さんぽセル』が取り上げられると、大人から批判の声が上がり、対して、開発者である子供たちが反論するなど大きな話題となりました。

    アイディアをネットで叩かれた小学生 反論に「スカッとした」「キレキレで最高」

    加藤浩次の意見に、賛同の意見

    同番組では『さんぽセル』の紹介にあたり、教科書タブレットが入ったランドセルの平均的な重さは3.97kgであると紹介。

    大人の身体の大きさに換算すると、12.8kgの重量になるそうです。

    また同番組では、2018年から、文部科学省が、宿題などで使用しない教材を学校に置いて帰る『置き勉』を認めたことも紹介。

    しかし、「必要な物を準備するという習慣につながらない」「『置き勉』をすると、盗難やイタズラが心配」という声が上がっていることについても触れました。

    加藤浩次「なぜ、教科書を電子書籍化しない?」

    同番組のMCを務める、お笑いコンビ『極楽とんぼ』の加藤浩次さんは『さんぽセル』について「よくできている」「これを考え子供たちはすごい」と絶賛。

    一方で、「そもそも、教科書電子書籍化すればいいのでは?」と考えを示しました。

    僕、思うんですけど、パッド(学習用タブレット)になって、パッドの中に資料とか入るようになって、それが教科書になっていったら「パッドだけ持って行けばいいんじゃない?」って。

    プラスアルファ、資料とか持っていけばいいんじゃないって思うんですけど。

    パッドの中に教科書を入れるっていうことが、なんでできないんだろう。

    (紙媒体の)教科書も常に持って、そしてパッドも持つからさらに重くなってる。

    今の技術だったらパッドの中に教科書入れるの簡単でしょう。だって電子書籍いっぱいあるんだから。

    何冊も(電子書籍が)パッドの中に入ってるんだから。

    「なぜできないの?」って、ここをよく考えたないといけないと思うんですけど。

    スッキリ ーより引用

    加藤さんはさらに、一般的にも電子書籍が普及していることを指摘し、「教科書を作っている企業が電子書籍化すれば、子供たちが重いものを持たなくてもいいし、より幅広い学習ができるのでは」と発言しています。

    また、同番組に出演していた森圭介アナウンサーは、小学生である我が子から「学校ではまだタブレットをまだ使いこなせていないと感じる」と聞いたといいます。

    我が子の発言を受け、森アナウンサーは「学校教育を批判しているわけではなく、まだタブレットを用いた授業が成熟していないため、教科書も必要になっている。過渡期だからこそ、どちらも必要なのでは」と考えを示しました。

    教科書電子書籍化や重いランドセルについて、ネットからはさまざまな声が上がっています。

    ・加藤さんに同意!子供たちにわざわざ重い荷物を毎日運ばせるのって変だよ。すぐに改善できないなら『さんぽセル』のような新しいアイテムを使わせるのがいいと思う。

    ・完全に電子書籍化するまでには、準備が必要だろうね。それでも、最終的にはすべてをタブレットに集約する形がいいと思う。実際に仕事だって、パソコンが1台あればいい現場が増えているし。

    小学生の親ですが、本当にそう思う。「タブレットをわざわざ導入した意味って何?」って思います。電子書籍化するのは大変だろうけど、頑張ってほしい。

    ・加藤さんの考えには賛成。でも、完全にタブレットだけを利用することで、子供たちの視力にどう影響が出るのかについては注意すべきじゃないかな。

    小学生の身体的な負担になっている、荷物の重量問題。

    大人たちが柔軟な対応や改善案を打ち立て、子供たちの負担を軽減させてあげられるといいですね。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    スッキリ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】加藤浩次「なぜ、教科書を電子化しない?」 重いランドセル問題への疑問に「本当それ」】の続きを読む


    再び登板する。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/09(木) 08:46:38.48
     お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、7月の参議院議員選挙開票日に行われるTBS系の特別番組『選挙の日2022 私たちの明日』でスペシャルキャスターを務めることが決定した。

     今回のTBS選挙特番のテーマは「変わる」。選挙結果をしっかり伝えることはもちろん、“選挙の日”という特別な1日を通し、大きく変化していく“私たちの明日”をどう生き抜いていくのか考えるきっかけとなるような番組を目指す。キャスターはホラン千秋と石井亮次、総合司会を井上貴博と小川彩佳が担当する。

     昨年10月の同局系での総選挙開票特番では、自身の言動が炎上騒動となった太田だが「参院選特番の『台風の目』にしたいです。前回いろいろありましたが、私の“芯”は変わらないし、今回も何が起こるかわからない感じにしたい。そのためにも、ホランさんと石井さんで脇を固めて、というか脇をガッツリつかんでもらおうと思います」とコメント。

     続けて「新型コロナと戦争で、世の中がこれまでと明確に変わった。これからコロナが終息し、戦争が終わった先の日本のスタンスはどうするのか? 日本をどう変えていくのか? 政治家の皆さんにズバリ聞きたいと思っています。衆議院だろうが参議院だろうが、政治家たるもの絶対考えていかなきゃいけない事ですから」との思いを語っている。

     キャスター、総合司会もコメントを寄せた。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf185aeccfe412a8177ec409d3bf58e7980c30cf

    【【芸能】太田光、炎上乗り越えTBS選挙特番に再び登板「私の“芯”は変わらない」】の続きを読む

    このページのトップヘ