令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 芸能人



    正論ですね。

     ABEMAの報道番組『ABEMA Prime』にコメンテーターとして出演しているギャルモデルのあおちゃんぺが、日本共産党志位和夫委員長の国の防衛費強化を巡るツイートに反論し、反響を集めている。

     発端となったのは、26日の衆議院本会議で、志位氏が防衛力強化に向けた「国家安全保障戦略」など3つの文書の案に「『日本を守る』ではなく日本を米国の戦争に巻き込み国土を廃墟と化す、これが正体」と反対意見を述べたこと。

     >>一茂、防衛費増額巡りミサイルと大谷翔平を比較し物議「無意味に野球に例えるな」呆れ声も<<

     さらに、志位氏は29日にツイッターで、小説家の加藤周一氏の「戦争の準備をすれば戦争の確率が高くなる。平和を望むなら、戦争の準備でなく、平和の準備をすべきだ」という言葉をツイート。また、「これは軍備拡大競争に走ったことが侵略戦争の惨禍を招いた歴史の教訓です」と綴っていた。

     この志位氏の一連の発言に対し、あおちゃんぺは29日にツイッターで反応。「まず戦争の準備じゃなく防衛の準備でしょ?」と「安保3文書」の目的を指摘し、「準備すれば確率が高くなるなら、強盗が来るかも セコム入ろ 防犯カメラ付けよ→強盗が来る確率が上がるから、平和の準備だ!鍵開けとこ!お茶出す準備しとこ!って事???」と志位氏の反対意見に疑問を呈した。

     さらに、あおちゃんぺは志位氏に対し、「遠回しに日本無くなって欲しい人??」と苦言。「平和ボケしすぎてない??」と批判していた。

     このあおちゃんぺのツイートに、ネット上からは「分かりやすいたとえ」「スーパード正論」「セコムの例えはわかりやすいです」「ある程度の守るための軍備は必要なのにね」「的確!あおちゃんペさんは凄く頭いい人だな」「一政党のトップギャルの対決は、ギャルに軍配!!」「ギャルっぽい文章でちゃんと矛盾突いててすごい」という感心の声が多く集まっていた。

    記事内の引用について
    あおちゃんぺ公式ツイッターより https://twitter.com/aochanp
    志位和夫公式ツイッターより https://twitter.com/shiikazuo

    あおちゃんぺ公式ツイッターより https://twitter.com/aochanp


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】ギャルモデル、共産党・志位氏を論破?「日本無くなって欲しい人?」と指摘、「ギャルに軍配!」の声も】の続きを読む


    無事で帰国できてよかったです。ウクライナの戦争が早く終わってほしいです。

    1 muffin ★ :2023/01/28(土) 15:28:23.06 ID:Tc5k7s8n9.net
    https://www.sanspo.com/article/20230128-KLV2YTJUP5GA5AVCEWOTFLPACU/
    2023/01/28 12:32


    タレント、デヴィ夫人(82)が28日までにツイッターを更新。「ウクライナより無事帰国」と同国への支援を終えて帰国した旨を報告し、「森元首相と鈴木宗男は老害以外の何者でもない。プーチンと写真を撮ったから“トモダチの国”を非難するな、自分が日露の外交を拓いたから、と*を言う。ロシアの公船が津軽海峡付近の太平洋に出没している非常時に。世界情勢を知らない者達が巣食うから日本は遅れを取るのだ」と、ウクライナ支援に疑問を呈した森喜朗氏(85)と鈴木宗男氏(74)を批判した。

    森氏は25日に東京都内で開かれた会合で、ロシアのウクライナ侵攻を巡る日本政府の対応について「こんなにウクライナに力を入れてしまってよいのか。ロシアが負けることは、まず考えられない」と公言した。鈴木氏は26日に公式ブログで米国とドイツがウクライナへの戦車供与を発表したことに触れ、「欧米がこうした武器を供与することにより、一つ間違いなく言えることは、戦争が長引き、犠牲者が増えることである。その犠牲者は、子供、女性、お年寄りが一番被害に遭うのである」とつづっていた。

    【【芸能】デヴィ夫人がウクライナから無事帰国 同国支援疑問視の2人を非難「森元首相と鈴木宗男は老害以外の何者でもない」】の続きを読む


    期待して投票した人もいる。

    1 jinjin ★ :2023/01/16(月) 00:04:03.88ID:+HjcnT619
    豊崎由里絵アナ ドバイ滞在のガーシー議員に不満「政治の裏を暴いてくれる期待があった」


    15日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)では、NHK党のガーシー(東谷義和)参院議員を取り上げられた。


    ガーシーをめぐっては、警視庁が暴力行為法違反(常習的脅迫)や名誉毀損などの容疑で関係先を11日に家宅捜索していたことが判明。

    ガーシーは、3月上旬にドバイから「国会に出るため」に日本に帰国すると明言した。
    実現すれば、昨年7月の参院選で当選して国会議員となって以来、初の帰国となる見通しだ。


    元MBSで現在フリーの豊崎由里絵アナウンサー(34)は、「日本でしらけてるのがどれくらいご本人に伝わっているのかなと思うんですけど、もともとこの人が国会議員になったのは、もちろん我々が選挙で選んだから」とし、ガーシー氏が当選した背景を推測。

    「この人が国会議員になったら、政治のウラだったり、裏金だったりを暴いてくれて、日本をよくしてくれるのではないかなと期待が少しあったじゃないですか。それを期待されてなってるのに、結局国民を裏切っている形になっている」と不満を示した。


    さらに、「私たちが選んでいる責任はもちろんありますけど、私たちが選んだからこそ、私たちを裏切ったらそれを下ろす、除名する方法があった方がいいんじゃないかなと思う」と訴えると、
    犬塚浩弁護士は「法律上は国会の3分の2の賛成があれば、議員辞職させる規定はあるんですけど、発動されることはほとんどない」と回答。


    豊崎アナは「除名もできるけど、過去にほとんどいらっしゃらない。それって国会議員側が今度自分の立場が危うくなるのが嫌だから、と勝手にこっちも思ってしまうし、今後、こういう人が現れないように、国会議員の制度を変えていかないと」と語気を強めた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/84651867999bc864eefb0599cb32ca382b10fe13

    【【芸能】豊崎由里絵アナ、ガーシー議員に不満「政治の裏を暴いてくれる期待があった」「日本でしらけてるのがご本人に伝わってるのかな」】の続きを読む


    現役の子育てをしている人からの提案です。かなり名案だと思います。
    日本政府はこの意見を聞くべきだと思います。

    1 muffin ★ :2023/01/06(金) 19:27:35.15ID:CJsAkluI9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202301060000311.html
    2023年1月6日11時24分

    5児の父であるタレントつるの剛士(47)が6日までにツイッターを更新。少子化対策に向けた自身の考えをつづった。

    岸田文雄首相は4日に行った年頭の会見で、少子化対策を進めるとの意向を示し、児童手当などの経済的支援や、幼児教育、保育サービス等を強化すると表明した。

    ただ、児童手当は現在、中学校修了前までの子どもを養育する世帯を対象に、子ども1人あたりに月5000円~1万5000円が支給されているが、所得制限もある。また、財源の問題もあり、SNS上では首相の打ち出した「異次元の少子化対策」を冷ややかに受け止める声が少なくない。

    つるのは「税金を一時的な給付金や出産一時金増額…などに回すよりも、子育て世帯からの回収を継続的に減らす、例えば子どもの人数に応じて累進所得税減税や、所得制限撤廃…などのほうが希望が持てるのでは?と思う子育て世帯主のつぶやき」と提案。

    フォロワーからは「それいいですねぇ!政府がお金をばら蒔くよりも、各家庭が申告してくれるようになればお役所の方も管理・確認がしやすいでしょうし、家庭持ってる人たちも免税されるならと正しく報告しようとしてくれますよ。お互いにとって優しい提案だと思います」「ほんとそれ!!です。付け加えるならば、年少控除を復活させることで、納税額を減らせる&多子世帯に大きくプラスに影響するので、対策の一つにぜひ加えていただきたく!」「同意します!もう一人産めるかな…と思えるのは子育て期間中の支援です。ただ、一番欲しいものは、大学までの学費など教育費の完全無償化です。それならば絶対にもう一人産みます」などといった賛同の声が多数寄せられた。

    【【5児の父】つるの剛士、少子化対策に私見「子どもの人数に応じて累進所得税減税や所得制限撤廃のほうが希望が持てるのでは?」】の続きを読む


    差別を受ける。

    1 muffin ★ :2022/12/21(水) 16:15:54.33ID:g62/rv2U9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/12/21/kiji/20221221s00041000347000c.html
    2022年12月21日 15:18

    5人組バンド「Novelbright」のボーカル・竹中雄大(27)が、21日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。海外で人種差別に遭ったと報告し、「音楽の力で差別をなくしていきたい」と新たな決意を語った。

    竹中は「初めて人種差別に遭いました」と動画で告白。スウェーデンのストックホルムに滞在中、食事後の夜の街を散歩中に、気になるクラブを発見し、店頭にいた警備員に入れるかと尋ねたところ「今日は人がいっぱいだから入れない」と言われたという。確かに多くの人が並んでいたが、並んでいる人々は入場していったため、「人が減ったら入れるんですか?」と食い下がったところ「今日はとにかく入れない」ときっぱり断られてしまったという。

    納得できなかった竹中は、理由を問い詰めたところ「ここに入るには予約しないと入れない」と告げられ納得。帰ろうとしたところ、後から来た2人組は予約なしに入場していった。だが、続けて来店した黒人の方が断られていたのを見て、竹中は初めて「あ、俺、差別受けてるわ」と実感。「ここだけかなと思ったら、他のクラブでも同じ理由で断られた」といい、その後もクラブのみならずバーにも入店できず、「これがなんと5軒連続でありました」と明かした。

    「この辺りは、マジでアジア人いないんですよ。だから、どこに行ってもアジア人だって見られるんですけど、がっつり差別は初めてだった。そういう風習が残っている場所があるんだと、勉強になりました」と吐露。「全ての人が悪いわけではなく、親切な方もたくさんいました。みなさん気を付けてください」と呼びかけ「世界ではこういうこともありますが、音楽は国境を超えるというか、いい音楽は世界共通。差別もあったりしますけど、音楽を通じて新たな出会いもありますし、音楽で差別をなくしていきたい」と決意を新たにしていた。


    (出典 pbs.twimg.com)

    【【芸能】Novelbrightボーカル・竹中雄大「スウェーデンで初めて人種差別に遭いました」衝撃だった海外滞在中の出来事告白】の続きを読む

    このページのトップヘ