令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 芸能人



    まだ、男社会が残っている。

    NO.9999195 2021/11/18 12:52
    千原ジュニア「女性のことを考えていない」テレビ業界の長時間番組に苦言

    画像:時事通信フォト

    「ナプラスe」が開発した湯上りに装着できる生理用品を特集した14日の「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

    すると男性への理解が求められる生理問題について、MC千原ジュニアさんが持論を述べました。

    14日、「ナプラスe」が開発した湯上りに装着できる画期的な生理用品を紹介した「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

    生理用品の紹介から男性の生理との関わりに議論が及ぶと、MC千原ジュニアさんが持論を述べました。

    画期的な生理の登場に女性出演者らから感心するような声が上がる中、何が画期的なのか理解できない男性陣。

    スタジオの様子からも見て取れる生理への意識が弱い男性が多いということに、千原ジュニアさんは「この間『NHKスペシャル』で月経について色々教えてもらったんですけれども」とコメントを切り出し「やっぱり一つの問題として女性の中でも生理痛にかなりの個人差があると」と指摘。

    「生理ごときで休むの?」と女性の中でも生理を理解していない人が存在するとして「これが非常に厄介というか、人それぞれで正解がない」と述べました。

    また、千原ジュニアさんはテレビ業界の環境にも言及し「ネタ作るとなると平気で4,5時間会議するじゃないですか。あれが本当に迷惑で女性のことを考えていない」と苦言を呈すると「生放送の5時間、6時間の番組もみなさん大変なんですよね」、「だから赤坂あたりでスターに感謝するなら、40分くらいの番組にした方がええんちゃう?」と改善を要求。

    さらに「それはもちろん人によって生理期間中の1週間前、その後の1週間も本調子じゃない。だから本調子の期間って1ヶ月に1週間だけなんやて」と解説すると「だから男性は女性が今『月経期』だと思えば優しく接することができるから、そうなった方がいいんじゃないか」と男性出演者らに訴えていました。

    生理と男性の関わり合いについて、意識の改善を訴えた千原ジュニアさん。

    その後、女性が明治期まで「月経小屋」というところで隔離されたという負の歴史に触れると「今でもアフリカ辺りじゃそういう国もある」と社会的に遠ざけられている話題だと指摘。

    その上で「コンビニで買われるのも茶色の袋に入れられるけれども、そんなんじゃなくてドーンと一番目立つところに生理用のナプキンとかを置いて『あ、そういうことなんだ』とオープンにしてもっと我々がわかっていかないと」と生理用品の販売方法も変えていく必要があるとし、「女性には本当に優しくしなさいよと男に教える教育に変えんと」と性教育にも切り込みました。

    すると様々な生理問題に舌鋒鋭く持論を述べた千原ジュニアさんに対し、

    《ジュニアどうしたの?まともな発言でビックリした》

    《ジュニアさん素敵!この番組、みんなに見てほしい》

    《男性からこうやって言ってくれるのは嬉しい。本当にありがとうございます》

    などと番組を観ていた女性視聴者からは驚きの称賛の声が。

    情報番組内で男性出演者を交えた議論や、生理用品が購入できないことへの援助など動き出したように思える生理問題。

    しかし、千原ジュニアさんが挙げた問題点の多さからもすべてが解決するまでにはまだ時間がかかりそうです。

    (文:有馬翔平)

    【日時】2021年11月18日
    【提供】Quick Timez

    【千原ジュニア「女性のことを考えていない」テレビ業界の長時間番組に苦言】の続きを読む



    日韓会談はうまくいかない。

     17日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、来年3月に控える韓国大統領選の与党候補に持ち上がった不倫疑惑について特集。これに関連し、スタジオ出演していたおぎやはぎの小木博明の発言が物議を醸している。

     >>韓国の丸亀製麺パクリ騒動に「新大久保も韓国のを勝手にやってる」竹山、坂上の苦しい擁護に視聴者呆れ<<

     問題となっているのは、与党候補のイ・ジェミョン氏と女優のキム・ブソンとの過去の不倫疑惑。関係はキム・ブソン側が2010年から主張しているもので、現在は訴訟バトルにも発展。イ・ジェミョン氏は関係を否定している。

     番組ではキム・ブソンが過去に大麻などでたびたび逮捕されているとも紹介。一方、イ・ジェミョン氏にはこの他にも都市開発を巡る異常配当の疑惑もあると報じた。

     この話題について話を振られた小木は、「僕は不倫とかよりもこの都市開発の疑惑の方が重い」とした上で、「(韓国で)大統領になる人って、大統領になって任期を終えてから捕まるじゃないですか」と、韓国では大統領経験者の逮捕が多いことを指摘。「必ず犯罪に手を染めているというか」とコメントした。

     さらに小木は「キム・ブソンにも、大麻とかやってたら近寄らないですよね、普通なら。でもやっぱ、お互いが悪いことをやってるから、そのへんは寛容なんでしょ」と言いたい放題。その後も「大統領になる人はみんな犯罪犯してる人になっちゃうわけじゃないですか。だから、日韓首脳会談とかもうまくいかないんだな、と思いましたね。こんな人たちと話してうまくいくわけない」と断言していた。

     これにはスタジオ出演者たちもタジタジに。出演していたカンニング竹山も「大統領本人が犯した事件じゃなかったりするから。身内がやってたとか……」とフォローするも、小木は「周りの群れもそうだけどさ、そういう人たちが大統領を持ち上げて、作るわけでしょ? 大統領チームを」と指摘。続けて、「そんなところに日本のね、いい子ちゃんが行ってもかなわない。話が進まない。それが分かった、この事件で」と話していた。

     この小木の一連の発言にネット上からも「めちゃくちゃ言ってる」「いくらなんでもひどいな」「おいおい…」「とんでもないこと言い出してる」「こんなこと言って大丈夫なの?」といった困惑の声が聞かれていた。

     小木の暴走にMCの坂上忍も深くツッコめず、慌てて話題を変更していた。

    おぎやはぎ・小木博明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小木、韓国大統領経験者の逮捕率を指摘「だから日韓首脳会談もうまくいかない」 暴論にスタジオも動揺】の続きを読む



    討論番組の司会でもするのかな?

    爆笑問題・太田光

    爆笑問題太田光が出演した『選挙の日 2021 太田光と問う!私たちのミライ』(TBS系)での炎上が注目を集めている。

    『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)や、7日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも話題となった。単なる炎上と扱われがちだが、真正面から評価してみたい。


    ■太田光と政治家の倫理

    太田は選挙特番でMCを務め、話題を呼んだ。自身のラジオや『サンジャポ』でも選挙特番での炎上を扱った。妻である光代社長にも怒られたのは、態度や言葉遣いの悪さだった。国民の代表たる政治家リスペクトするのは大切なことだろう。

    しかし一方で、社会科学の泰斗であるマックス・ヴェーバーも、「政治家は責任倫理が問われる」としており、政治家は議論に応えることが求められる。


    関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

    ■太田とピケティ氏

    実際に、太田の政治家への質問は、一定の体系的な主張を背景にした質問であり、ジャーナリストにありがちなとにかく批判するスタイルとは一線を画するだろう。岸田文雄首相への質問では、太田は今の時代の成長とは何かを尋ねた。

    この知識は、一世を風靡(ふうび)した経済学者であるトマ・ピケティの『21世紀の資本』でも、1970年から2010年までの1人当たりの成長率が、アメリカヨーロッパも日本も等しく1.5~2%に収まると示されている。

    結局、各国の成長の帳尻はあってしまい、現在の日本が戦後のような成長をするのは難しい。


    ■太田と田原総一朗氏

    爆笑問題・太田光・田原総一朗

    特に話題を呼んだのは、れいわ新選組山本太郎氏との討論。太田は、山本の財政規律を軽視するスタンスについて疑問を呈した。

    山本が自国通貨建ての話として金本位制との比較から話し始めると、太田は、「まどろっこしい」「時間がない」として山本の説明を止めたのは、視聴者の批判を浴びる。

    しかし、金本位制まで持ち出すのは実際に冗長であり、また、太田が分かりやすい説明を求めるのは、田原総一朗氏を思わせるものだろう。


    ■太田 vs 山本太郎氏

    山本氏は「2020年度には112兆円の新規国債を発行しても国は崩壊していない」、「変動相場制において、日本円という通貨を持っている日本はインフレ率を上限とし、お金を増やせるのは当たり前で世界の常識」と主張した。

    どちらの態度が悪いかが問われたが、山本氏のあまりに一方的な断定もあまりよい議論態度とはいえないだろう。しかし、山本氏の主張に、ネット上では拍手喝采。


    ■神格化される山本氏

    山本太郎

    一方、太田はバブル時代の土地神話や、円に対する外国の信用などのリスクについて話題にし、疑問を呈した。

    ネット上では太田に非難轟々だが、山本氏が示唆する、インフレ率や経済・金融をコントロールできるという主張は、太田がまさに言った通り、批判もなされるところだ。

    金利が上がれば日銀当座預金の利払いも巨額となり、また一方で、国債を保有する民間銀行の混乱もいわれる。ネットの反応の偏りは否めないだろう。


    ■SNS炎上の闇

    芸能人の炎上では、真面目な議論はなされない。わずかな擁護として、ウーマンラッシュアワー村本大輔は、落選への失言が辻元清美氏であれば、ネットは歓迎していただろうとツイート

    実際、ネット上の批判が強かったのは、山本氏や自民党高市早苗政調会長への太田の対応であった。山本氏が依拠するMMT理論もネットの保守層に人気だ。

    結局はこの偏りは、ネット上の保守層の偏りであり、炎上記事も安易。これまでの数々のタレントの仕事を奪ってきたSNS炎上の説得力も疑問視できる事件だろう。

    テレビ各局は、太田の評判の内実をしっかりと見極め、ポスト田原総一朗氏の可能性へと前進させてみてもらいたいものだ。

    太田光が”ポスト田原総一朗”になれる理由 進化した深さとわかりやすさ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【太田光が”ポスト田原総一朗”になれる理由 進化した深さとわかりやすさ】の続きを読む



    大統領選挙のことを言っているのかな?

    タレントテレビプロデューサーデーブ・スペクターが、31日に自身のツイッターを更新。同日投開票の第49回衆議院総選挙を念頭に、投票率よりも“投票質”が重要だと警鐘を鳴らした。

    【ツイート】考えた上での投票を呼びかけるデーブ


    ■「投票率だけではなく投票質も大事」

    この日は衆議院解散に伴う総選挙の投開票日。テレビ・新聞やSNSといった各メディアでは、投票を呼びかけるキャンペーンが行なわれている。

    かしこれに関して、デーブ午後3時ちょうどに「アメリカの失態を見れば分かるように、投票率だけではなく投票質も大事」とツイート。母国の選挙結果を“失態”と表現し、軽率な投票行動は避けるべきだと有権者へ熟考を求めた。

    デーブはかねてからアメリカドナルド・トランプ大統領に厳しい見方を示しているため、トランプ大統領を引き合いにしたと見られる。


    関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

    ■ネットでは賛否両論

    投票率さえ高ければいいというムードの世論に対し、臆することなく物を申したこのツイートは、1時間あまりで2,000もの「いいね」を獲得。

    ユーザーからも、「これこそが大事 中身が伴わなきゃ逆に危険」「これはその通り」「行けばいいというだけの雰囲気は怖い」などと賛同が寄せられている。

    しかし一方では、「質が悪いというのは、色々考えて投票した人に失礼」「そのリスクも込みで普通選挙であり、民主主義」など否定的な意見もあり、賛否は両論の状態だ。


    ■午前出演の『サンジャポ』でも…

    デーブは同日午前に生出演した『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも、投票済証明書の提示で飲食店が割引になるといった投票促進企画に対し、「本来なら、投票するモチベーションはそれじゃないんですよ」と指摘。

    投票をモノで釣る形に疑問を述べ、「民主主義の良さとか、他の国はできないとか、別な観点で学校で教わってれば、本当はそういうもの(特典)は必要ないと思うんですよね」と、投票の重要性をしっかりと認知することが望ましいとの持論を述べている。

    果たして、今回の投票率と“投票質”はどのような結果となるのだろうか。


    ■デーブのツイート


    デーブ・スペクター、単純な投票率アップに警鐘 「投票質も大事」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【デーブ・スペクター、単純な投票率アップに警鐘 「投票質も大事」】の続きを読む



    告白する

    NO.9877510 2021/09/29 12:09
    宮迫が闇営業問題について赤裸々に告白「誰も反社だと認識をしていない状況だった」

    青汁王子こと実業家の三崎優太が自身のYouTubeチャンネルで、『闇営業の真相を本人に直接聞いてみた』と題した動画を25日に公開。宮迫が闇営業問題について赤裸々に告白した。

    今回宮迫が三崎のYouTube動画に出演し、お笑い芸人を目指した理由や最高月収、闇営業問題などについて語った。

    闇営業問題に言及した宮迫は、雑誌社の記者に直撃された当時を振り返り、記者から参加した芸人たちの写真を見せられ、「(写真に写っている)この人たち全員100万円貰いましたよね?」と質問されたと話す。

    それに対して宮迫は、「僕と亮(ロンブー)は可能性はあるけど、このメンバーが100万円なんて全員もらうわけない。そんなわけないよ。」と返答。

    すると、記事には「100万円を貰っていない」と書かれ、聞かれた質問に対する回答がメディア側に一部のみ切り抜かれ、脚色された内容が記事になったという。

    6年、7年前、カラテカ・入江から「営業先に兄さん顔出せないですか?」と尋ねられたという宮迫は、「暇やったら顔出すわ」といい、後輩のためにその営業先に何度か顔を出したことがあったと述べたが、昔の話のため金銭は受け取ったか覚えていなかったそうだ。

    しかし、後になって金銭を受け取っていたことがわかり、「そんなもん記事にもなんもならへんやろ。大丈夫ちゃうか?」と思ったという。

    このとき、直営業した先が反社などとは入江や宮迫も含めて誰も知る由もなかったそうだ。

    この件を吉本興業に報告する際に宮迫は、「金銭を受け取っていたというとややこしいことになる」と思い、「貰っていない」と伝えたことも告白。

    ところがその一連の出来事が記事になり、軽い気持ちで言った嘘が記者会見を開くまでの大きな話題になってしまったそうだ。

    宮迫は闇営業問題に対して、「誰も反社だと認識をしていない認識できない状況だった場所で、関係もない芸能人もまるで全員同じ場所にいたかのような扱いを受けた」と言葉を残した。

    宮迫、入江を含む多くの芸人の人生を一変させた闇営業問題。状況はどうであれ、会社にウソの報告をしたことでより大きな問題になってしまったようだ。


    【日時】2021年09月29日 12:03
    【提供】らいばーずワールド

    【宮迫が闇営業問題について赤裸々に告白「誰も反社だと認識をしていない状況だった」】の続きを読む

    このページのトップヘ