令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:政治 > 政策



    (出典 amd.c.yimg.jp)




    地球温暖化は大きい問題です。

    1 みつを ★ :2019/10/09(水) 19:43:41.09

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191009/k10012119771000.html


    安倍首相「温室効果ガス削減の技術開発に30兆円投資」
    2019年10月9日 19時31分


    環境保護と経済成長の好循環の実現に向けて、安倍総理大臣は来年春に、クリーンエネルギーに関する国際的な研究拠点を立ち上げるとともに、温室効果ガスの削減につながる技術開発に、今後10年間で官民合わせて30兆円を投資する考えを明らかにしました。
    温暖化対策に取り組む企業への投資拡大など、環境保護と経済成長の好循環の実現に向けて産業界や金融界のトップらが話し合う国際会議が今週、東京で開かれていて9日夕方、会議の出席者を招いた会合が総理大臣官邸で開かれました。

    この中で、安倍総理大臣は「脱炭素社会」の実現を急ぐ必要があるとして「世界の英知を結集しなければならない。G20各国の研究機関をつなぎ、12万人の研究者の知見をこの分野に集中する」と述べ、水素エネルギーのコスト削減など、クリーンエネルギーに関する国際的な研究の拠点を来年春に立ち上げる方針を示しました。

    そのうえで、温室効果ガスの削減につながる技術開発に関する政府の戦略をまとめ、この分野に今後10年間で官民合わせて30兆円を投資する考えを明らかにしました。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【安倍首相】「温室効果ガス削減の技術開発に30兆円投資」】の続きを読む


    プレミアムフライデーは、2017年(平成29年)に日本国政府と経済界が提唱した個人消費喚起キャンペーンである。博報堂が事務局を受託している。月の最終金曜日に合わせて、民間企業はイベントやセールなどのキャンペーンを行っている。略称はプレ金。 日本国政府(経済産業省)および経済団体連合会を中心とした、
    8キロバイト (1,017 語) - 2019年4月10日 (水) 01:57



    (出典 omotecho.or.jp)


    民間企業にはなかなか広まらないでしょう。

    1 ばーど ★ :2019/09/27(金) 10:22:43.93

    経済産業省は、月末の金曜日に、日常よりも少し豊かな時間を過ごす「プレミアムフライデー」の取組を官民共同で推進しています。
    この度、プレミアムフライデー推進協議会から、9月の「プレミアムフライデー」直前情報が公表されましたのでお知らせします。

    9月の「プレミアムフライデー」直前情報

    今月のプレミアムフライデーは、9月27日(金曜日)です。

    プレミアムフライデー推進協議会が公表した9月の「プレミアムフライデー」直前情報をご紹介します。

    https://premium-friday.com/wp-content/uploads/2019/09/3d268ac3a6cf2a535138dbb2bd3ae631.pdf
    https://premium-friday.com/wp-content/uploads/2019/09/6b186ca9471b4cbf980022da765d1445.pdf

    2019年9月26日 経済産業省
    https://www.meti.go.jp/press/2019/09/20190926009/20190926009.html


    【【経産省からのお知らせ】本日プレミアムフライデー! 官民共同で推進中 午後3時に退社して豊かな時間を過ごしましょう】の続きを読む


    小泉進次郎氏、育休取得を検討 来年の第1子誕生で

    男性の育児休暇は必要ですね。

    小泉進次郎氏、育休取得「率直に考えている」 来年の第1子誕生で - 産経ニュース
    自民党の小泉進次郎衆院議員は31日、年明けの第1子誕生後に育児のための休暇取得を検討していると明らかにした。神奈川県横須賀市で「率直に考えている」と記者団 ...
    (出典:産経ニュース)


    (出典 prt.iza.ne.jp)


    小泉 進次郎(こいずみ しんじろう、1981年〈昭和56年〉4月14日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、自由民主党厚生労働部会長。血液型AB型。 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長、自民党農林部会長、自民党筆頭副幹事長などを歴任。
    33キロバイト (4,091 語) - 2019年8月29日 (木) 23:46

    NO.7746063 2019/08/31 18:36
    小泉進次郎氏、育休取得を検討 来年の第1子誕生で
    小泉進次郎氏、育休取得を検討 来年の第1子誕生で
    自民党の小泉進次郎衆院議員は31日、年明けの第1子誕生後に育児のための休暇取得を検討していると明らかにした。神奈川県横須賀市で「率直に考えている」と記者団に語った。

    議員として最良の形式を考えたいとして「いろいろな方のアイデアを聞きたい」と述べた。「まずは、生まれてからのことより、無事に出産を迎えてほしい」とも強調した。



    【日時】2019年08月31日
    【ソース】共同通信
    【関連掲示板】


    【小泉進次郎氏、育休取得を検討 来年の第1子誕生で】の続きを読む


    「就職氷河期世代」就労を後押し 年齢で採用可 差別禁止の例外に 厚労省 - 毎日新聞
    厚生労働省は7日、バブル崩壊後に学校を出た「就職氷河期世代」の就労を後押しするため、この世代を対象に、年齢条件を掲げた採用活動を企業が行うことを認める方針 ...
    (出典:毎日新聞)


    フリーター (カテゴリ 就職活動)
    就職氷河期」の到来である。2000年~2005年の超氷河期と呼ばれた時期は過酷さを極め、大学卒業者ですら、半数近くが就職すらできないという状態であった。 さらに、ハローワークの中途採用枠も、求職者数(就職希望者)に対して求人数(雇用口)が半分近く不足状況であったため、新卒の段階で就職
    41キロバイト (5,892 語) - 2019年7月7日 (日) 15:07



    (出典 static.blogos.com)


    もっと早く対策をしてほしかったです。

    1 記憶たどり。 ★ :2019/09/01(日) 13:40:43.42

    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190901/1000035043.html

    いわゆる「就職氷河期」世代の正規雇用を増やすため、厚生労働省は、企業が求人を出す際に
    年齢制限を設けることを禁じた法律の運用を緩和し、ハローワークに限って、この世代に限定した
    求人を認めることになりました。

    「就職氷河期」世代は、バブル崩壊後、新卒の就職が特に厳しかった時期に社会に出た30代半ばから
    40代半ばの人たちで、政府はことし6月、この世代の正規雇用を3年間で30万人増やす方針を示しています。

    これを踏まえ、厚生労働省は、企業が求人や採用を行う際に年齢制限を設けることを禁じた法律の運用を緩和し、
    ハローワークに限って、この世代に限定した求人を認めることになりました。

    具体的には、この1年間、正社員としての雇用がない人や非正規雇用の経験が多く安定した就労の機会が
    乏しい人などを採用することを前提に、求人票に対象の年齢を35歳から54歳までと記載することができます。

    一方で、求人には雇用の期間を設けず、同じ職での経験を条件としないこととしています。

    厚生労働省は、全国のハローワークに「就職氷河期」世代のための専門の窓口も設置する方針で、
    今後、就労支援に力を入れることにしています。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1567305193/
    1が建った時刻:2019/09/01(日) 07:35:28.65


    【【氷河期救済】ハローワークに限り「就職氷河期世代限定」の求人募集がスタート。求人票の対象年齢は35歳から54歳まで】の続きを読む


    引きこもり支援課、開設10日で相談100件 明石市 - 神戸新聞
    兵庫県明石市は7月、「ひきこもり相談支援課」を保健所内に新設した。精神保健福祉士ら専門職が戸別訪問などで実態把握に乗り出す。厚生労働省は「実態把握は自治体 ...
    (出典:神戸新聞)



    (出典 www.j15.org)


    引きこもりは外の世界に出さないといけないですね。

    1 ガーディス ★ :2019/08/22(木) 08:47:06.79

     厚生労働省は、農業と福祉の連携による新たな就労支援モデル事業を2020年度から始める方針を固めた。
    引きこもりなどが理由で長く仕事に就いていない人に、農家で短期間の農業体験をしてもらい、
    本格的な就労のための準備を後押しする。20年度予算概算要求に関連経費約1億円を盛り込む方針だ。

     農業や農山漁村が持つ自然や人とのつながりの力を福祉分野で生*取り組みは「農福連携」と呼ばれる。
    就労していない期間が長く生活が不規則になりがちな人や、他人との接触が苦手な人が農業体験を通じ、
    生活リズムの改善やコミュニケーション能力の向上を図ることを期待している。
     モデル事業は、就労希望者を受け入れる農業事業者と、市町村などに設けられている自立相談支援機関をつなぐ
    「マッチング支援機関」を設け、都道府県単位で取り組みを進める。全国5カ所程度で進める方向で、
    マッチング支援機関は各地の農協や農業法人などを想定している。
     農福連携の取り組みはこれまで各地で進められてきたが、市町村が独自に協力先の農業事業者を確保することが一般的だった。
    モデル事業では、マッチング支援機関同士が連携することで、県域を越えた展開も可能にする。
     市町村単位ではなく、より広域での取り組みを目指す背景には、就労支援を受けることを希望する人が多く住む都市部と、
    農業体験の場である農山村が離れていることがある。都道府県単位でマッチングを図ることで、
    こうした距離の離れた地域同士の連携を進めたい考えだ。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082100607

    (出典 www.jiji.com)


    【厚労省が引きこもりの就労支援として農家や福祉業界に送り込む事業を開始 コミュニケーション能力が向上するってよ】の続きを読む

    このページのトップヘ