令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 教育



    (出典 www.asahicom.jp)


    学費は無料にするべきです。

    コロナ禍で迎える初の受験シーズン、そして新しく始まる「大学入学共通テスト」。いまの高校3年生が迎える「大学受験」は昨年までとはちがった様相になることが考えられますね。また、高校生以下のお子さんを持つ親御さんにとって、今後の「学費」がどれくらいかかるか、は大きな関心ごとでしょう。

    「幼児教育・保育の無償化」、私立高校授業料の実質無料化など、ここ数年で、高等学校以下の教育費の負担が大きく軽減されるようになりました。

    その一方で、高校卒業後に必要となる学費は上昇傾向にあります。ただ、こちらは「私立」か「国公立」か、そして専攻する学問によってもだいぶ差があります。今回は、それらの違いを、「大学」「短期大学」に的を絞ってみていきます。

    大学進学にかかるお金

    文部科学省平成30年(2018年)度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」「国公私立大学の授業料等の推移」から、各学校にかかるお金についてみていきましょう。

    さいしょは、私立大学に進学した場合から。

    私立大学文科系学部

    (文・人文学系、経済・経営・商学系、教育系、法・政治学系ほか)

    397万7,697円

    ※「入学金」(初年度のみ納入:22万9,997円)と「授業料」(年額78万5,581円×4年分)と施設設備費(年額15万1,344円×4年分)

    私立大学理科系学部

    (理・工学系、農・獣医・畜産学系ほか)

    528万2,149円

    ※「入学金」(初年度のみ納入:25万4,309円)と「授業料」(年額110万5,616円×4年分)と施設設備費(年額15万1,344円×4年分)

    私立大学医歯系学部

    (医学、薬学、歯学など)

    2,356万8,949円

    ※「入学金」(初年度のみ納入:107万3,083円)と「授業料」(年額286万7,802円×6年分)と施設設備費(年額88万1,509円×6年分)

    私立大学その他学部

    (家政、芸術、体育、保健など)

    503万1,103

    ※「入学金」(初年度のみ納入:25万8,747円)と「授業料」(年額95万8,445円×4年分)と施設設備費(年額23万4,644円×4年分)

    次は国立大学に進学した場合をみていきます。

    国立・医歯系学部以外(4年間在籍)

    242万5,200円

    ※「入学金」(初年度のみ納入:28万2,000円)と「授業料」(年額53万5,800円×4年分)

    国立・医歯系学部(6年間在籍)

    349万6,800円

    ★「入学金」(初年度のみ納入:28万2,000円)と「授業料」(年額53万5,800円×6年分)

    次は公立大学です。公立大学の学費については、「地域内入学者」と「地域外入学者」で費用がかわることがあります。下記は、すべて地域外からの入学者の平均を記載しています。

    公立・医歯系学部以外(4年間在籍)

    254万7,327

    ※「入学金」(初年度のみ納入:39万2,321円)と「授業料」(年額53万8,734円×4年分)
    ※金額は地域外からの入学者の平均。

    公立・医歯系学部(6年間在籍)

    362万4,795円

    ※「入学金」(初年度のみ納入:39万2,321円)と「授業料」(年額53万8,734円×6年分)
    ※金額は地域外からの入学者の平均。

    さいごに、4年制大学ではなく、短期大学に進学した場合の費用もみていきます。

    私立・短期大学

    前述の文部科学省の「平成30年私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」を見ると、私立短期大学にかかる費用は以下のようになっています。

    199万5,960円

    ※「入学金」(初年度のみ納入:24万1,836円)と「授業料」(年額70万3,287円×2年分)と施設設備費(年額17万3,775円×2年分)

    いったん短期大学に進学し、その後4年制などの大学への編入を視野に入れているケースもあるでしょう。その場合は、すでに「大学に進学する場合」で述べた「入学料」と、在籍する年数分の「授業料」「施設設備費」、また「受験料」などが必要となります。

    「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

    「学費以外」に出ていくお金も…。

    進学先によって、金額は様々ですが、いずれにしても多額の教育費が必要になることは間違いありません。また、大学の学費以外にも、さまざまな費用がかかります。その代表的なものが、自宅外通学をすることになった場合のお金でしょう。

    そこで、日本政策金融公庫が公表した、令和2年(2020年)度「教育費負担の実態調査結果」から、自宅外通学をした場合、子ども1人あたりにかかる費用をみていきます。

    「自宅外通学を始めるための費用」平均39.3万円

    25万円未満…34.5%
    25万~50万円未満…30.0%
    50万~75万円未満…24.8%
    75万~100万円未満…3.5%
    100万円~…7.2%

    2020年4月の入学時に自宅外通学を始めるためにかかったアパートの敷金、家財道具の購入費などの合計です。

    「仕送り」年額平均90万3,000円(月額7万5,000円)

    0万円…10.6%
    0万円~50万円…15.4%
    50100万円…34.4%
    100150万円…26.5%
    150~200万円…9.8%
    200万円~…3.2%

    ※自宅外通学者が1人いる世帯

    自宅外通学者への仕送り額は返還平均90万3,000円。月額7万5,000円と換算するとイメージしやすいかもしれませんね。前回調査の102.3万円よりさがってはいるものの、保護者にとってはそれなりの負担となる金額です。住居費については、その土地の相場などによって差が出てくることも考えられます。

    さいごに

    「教育費って結構かかる…」と感じた人も多いと思います。必要になる時期は決まっていますので、お子さんが小さいうちから計画的に準備していきたいものです。

    毎月のやりくりがうまくいかず、ついつい「貯金」に手を出してしまう…という人も多いと思います。そんな場合は、教育費専用の口座を作って貯めていく、学資保険を利用するなどの方法を検討してみるとよいですね。

    お金を用途によって「色分け」していくことで、貯蓄の進捗状況も把握しやすくなります。「これは長男の教育費用の貯蓄」といった“ラベル“をお金につけることで、途中で引き出したくなったときに、心理的なブレーキが働くことも期待できそうです。

    また、高校卒業後の学費については、奨学金の活用を視野に入れるご家庭もあるでしょう。こちらはいわば借金。お子さん自身が就職後に返済していく必要があります。利用を検討したときは家族でしっかり話し合いをしましょう。

    【参考】
    平成30年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について文部科学省
    国公私立大学の授業料等の推移文部科学省
    令和2年度 教育費負担の実態調査結果」日本政策金融公庫
    『国立』『公立』『私立』『短期』大学の子供の学費、どれくらい違うのか」LIMO

    【ご参考】貯蓄とは

    総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大学の学費は「私立」と「国公立」でどのくらいちがう?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    プールにもコストがかかるからそうなる。冬でも授業できるようになる。

    1 蚤の市 ★ :2020/10/26(月) 12:18:06.89

     埼玉県志木市は、小中学校の水泳授業を民間のスイミングスクールに委託する取り組みを始めた。子どもたちの泳力向上や学校プールの管理コスト削減などが狙い。志木第四小学校を手始めに、8小学校と4中学校の全12校に広げていく方針という。

     今月16日、志木四小の2年生約80人が、東武東上線志木駅南口にほど近い「コナミスポーツクラブ新座」の屋内プールで1時間の授業を受けた。インストラクターは6人。児童15人に1人の割合だ。さらに全体を見守る監視員が2人の計8人態勢で担当する。

     低学年の授業は水に慣れる「水遊び」が中心。子どもたちは歓声をあげて25メートルプールの中を歩いたり、プールサイドに腰掛けてバタ足をしたりした。それを担任の教員らが見守った。

     市学校教育課によると、民間へ…(以下有料版で,残り314文字)

    朝日新聞 2020年10月26日 11時45分
    https://www.asahi.com/articles/ASNBT6SHVNBMUTNB00R.html


    【水泳の授業、民間スクールに委託 学校のコスト大幅削減】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)


    戦前と戦後では事情が違うと思います。

    1 樽悶 ★ :2020/10/11(日) 09:23:11.27

     中学から高校生のころ、作家の北杜夫さんの作品を好んで読んでいた。「楡家の人びと」「幽霊」など純文学の叙情的な文章が、多感な心に染みこんだ。学校の勉強に割くべき時間を北さんの本につぎ込んだ中高時代であった。他の場所でも書いたことがあるが、北さんの名著「どくとるマンボウ青春記」のことを書く。これは1968年に出版された名作で、ぜひ今の若い人にも読んでほしいと切に思う。なぜかというとここに「学校の神髄」が詰まっていると思うからなのだ。

     青春記は、北さんの10代半ばから大学卒業までを描いたユーモラスな自伝だ。中でも旧制松本高校時代の学校生活が秀逸である。世に旧制高校の素晴らしさ、面白さを広めたのは、この青春記といえるだろう。

     旧制高校とは、今の高校とは全く違う存在だ。まず、小学校(6年)の上に、旧制中学校というのが5年制であり、その上に3年制の旧制高校があった。49年の学制改革で、現在の制度になり、旧制は廃止されたが、明治時代から終戦後まで、日本の教育の軸になっていた学校といえる。

     旧制中学もそうだが、高校も厳しい受験競争があった。同世代の1%未満(0・2%というデータもある)しか入れない学校で、入って卒業すれば、選ばない限り旧帝国大学(東京大とか京都大などですね)に、試験はあるがまあ入学できることになっていた。なので、旧制高校は今の大学受験などの比ではなく、まさに激烈な競争を乗り越えて選ばれたスーパーエリートの集団であった。

     1学年200人ほどの男子校。現東京大の一高、京都大の三高といったナンバースクールや松本や新潟といった地名のついたネームスクールが各地に作られていた。受験時から文系と理系を分けた。授業では語学の重視など、特徴的なことはたくさんあるが、それより何より、先生と生徒の触れ合いが濃密であったことが最大の持ち味といえる。

     青春記でも「旧制高校の先生のよい点は、生徒と一緒になって人生を語り、親身になって相談に乗ってくれることであろう」と、北さんは書く。本では、面白くも羨ましい、その先生(旧制高では教授という呼称であった)と生徒のやり取りが描かれている。引用すると膨大な量になるのであえて引かないが、例えば北さんらが学生寮の部屋で、いろりを囲んで教授2人と酒を飲み、何かの話題で意見が交錯、北さんは教授の頭をポカリと殴った、という事件が書かれている。その後、うち一人の教授(有名なドイツ文学の専門家・翻訳家)と仲良くなり、北さんの人生に大きな影響を与えることになるのだ。あるいは、定期試験の話。物理の問題が分からず、答案用紙に長い詩を書いて、合格点(60点)に1点足りない59点をもらうといった、当時のおおらかな様子が描かれる。

     もちろんそんなふざけた場面ばかりではないだろうし、落第もあって、2年連続で落第すると放校といって退学処分になってしまう厳しい学校でもあった。

     旧制高校がエリート集団だったからできたのかもしれない。学力も高く、ぎちぎちと受験に向けた勉強をしなくてもよかったから、教師と生徒の人間的な関係や学校運営のおおらかさが認められたのやもしれぬ。

     今、物理の試験の答案に詩を書いて点をもらったら、大騒ぎになってしまうだろう。教師は懲戒処分かもしれない。酒を飲んで教師を殴れば、立派な傷害事件になって、裁判沙汰になる。

     学校の役割を考える。高校までは受験突破を目指し、しっかり勉強すること。良し。大学に入れば、ちょっと息抜きしてから就職試験突破に向けて、勉強すべし。これもまあ良し。しかし、いったいどこで「人間を作る教育」を施すのか? 教養を持った人をどう育てるのか? 人間の幅を広げるのは学校ではないのか? もちろん学校だけではないが、学校が外れることはありえないと思うのだ。

     青春記を読めば、本来の学校の大事な役割が見えてくる。「今の時代では不可能だ」と諦めるのではなく、良い点を取り込む学制を、新たに編み出すべきではなかろうか。私はそう思うのだ。

    毎日新聞 2020年10月7日 11時57分
    https://mainichi.jp/articles/20201007/k00/00m/070/082000c?inb=ra

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    ★1:2020/10/10(土) 21:19:09.82
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602332349/


    【【学校】入学率1%未満?戦前の旧制中学・旧制高校 卒業すれば旧帝大入り、選ばれたスーパーエリート】の続きを読む



    (出典 next.jorudan.co.jp)


    完全に中国に負けている。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/28(月) 23:31:04.04

    私は生命科学を専門分野とする研究者だ。妻が上海人ということもあり、5年ほど前に上海に異動し、それ以来こちらで研究教育を続けている。

     本稿執筆のきっかけとなったのは、最近発表された「Times Higher Education(以下、THE)」世界大学ランキングにおいて、「北京の清華大学がアジアトップの20位となる一方、東大の順位がそれより下の36位」といった内容のNHKニュースのツイートとそれに対する、ツイッターでの私のコメントだ。


    日本の多くの大学の世界ランキングはここ10年ほど大きく低下
     このニュースに対して、「中国の大学が東大より上位に位置し、アジアのトップになる」ということにショックを受ける反応が多くあったように見受けられた。

     しかしながら、日本にとってより深刻な点だと私が感じるのは、「中国の大学が伸びているという話とはほぼ関係なく、日本の多くの大学の世界ランキングがここ10年ほど大きく低下している」ということだ。ここからは、その状況の解説とそれに対する提言をしたいと思う。

     なお、下記の解説および提言は、日本の大学の中でも私の専門である理系分野や法人化の対象となった国立大学を中心とした話となっている点についてご留意いただきたい。

    「英語圏の大学じゃないから不利」は関係なし
     さて、今回の世界大学ランキング発表に関連し、ツイッター上では「世界大学ランキングは英語圏の大学が有利」「国際化の度合いが重視されるので、英語圏の大学ではない日本は不利」といった内容のコメントが散見された。

     そういった要素も確かにある程度はあるかもしれないが、それらの指摘は「多くの大学の順位が大きく伸びている中国は英語圏ではない」「そもそも世界大学ランキングにおいて国際化の指標は評価項目全体のごく一部でしかない」という事実に反する。

     それでは、世界大学ランキングにおける日本の大学の大幅な順位低下の理由は何か? 結論から述べると、世界大学ランキングにおいて最も重視されるのは研究力だが、その研究力が日本の大学において近年大きく低下しているからだと考えられる。

    新興国の伸び関係なく、ほぼ「一人負け」の日本
     実際、「THE」世界大学ランキングの評価項目をみてみると、研究内容とそれに伴う論文の引用数の要素の2点が6割を占めている。「THE」と並ぶ著名な世界大学ランキングである「QS」においてもそれは同様だ。

     日本の科学技術分野における「研究力」低下は周知の事実だ。文部科学省直轄の「科学技術・学術政策研究所 (NISTEP)」が毎年発行している「科学技術指標」という調査報告書によると、主要国の中でほぼ唯一日本だけが科学技術論文の「量」(論文数)と「質(引用数トップ1%・10%論文数)」共に大きく停滞していることがわかる。これは「中国をはじめとする新興国が伸びた分、日本が落ちた」というレベルではなく、ほぼ一人負けといっていい状況なのが下記の表からわかると思う。

     現状、「引用数トップ10%論文数ランキングでは、インドとほぼ同水準」、「引用数トップ1%論文数では、イタリアに抜かれ、オランダと同水準」であり、「論文総数についても主要国で唯一純減」という状況だ。逆に中国は質・量ともに近年大きく伸び、アメリカに次ぐ順位まで来ていることがわかる。

    大きく裏目に出た「選択と集中」
     こういった状況の中、「研究力」が重視される世界大学ランキングにおいて日本の大学の順位が低下するのも自然だと思われる。では、研究力低下の原因は何か? その大きな要因として大学教員らからよく指摘されるのが、研究費配分における「選択と集中」政策と「国立大学の法人化」だ。

    全文はソース元で
    https://www.jiji.com/jc/bunshun?id=40293

    (出典 www.jiji.com)


    ★1 2020/09/28(月) 18:51:23.07
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601292766/


    【東大が中国勢より下位に…上海の研究者が見た、大学ランキング・日本「一人負け」の原因】の続きを読む



    (出典 twmu-gastro-endosc.jp)


    額が大きいです。

    1 孤高の旅人 ★ :2020/09/28(月) 02:06:35.75

    東京女子医大、学費1200万円値上げ コロナで経営難
    9/27(日) 21:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/237ac2fc7d485167c98f73a356be274c19fe3bb0

     私立大学の医学部で学費を値上げする動きが出ている。東京女子医科大は2021年度の入学生について6年間で計1200万円上げる。コロナ禍による大学病院の経営悪化の影響などが指摘されている。

     東京女子医大がホームページで公開している入学案内によると、6年間の学費は4621万4千円。広報担当者によると年間200万円の施設設備費の項目が新たに加わったという。値上げの詳しい理由はホームページでは示しておらず、取材にも回答していない。

     河合塾が私立大医学部の20年度の募集要項などをまとめたところ、主な選抜方式で総額が最も高いのは川崎医科大(岡山県)の4736万5千円。今回の値上げで東京女子医大は21年度から、金沢医科大(石川県)を上回り2番目に高いところになりそうだ。

    ★1:2020/09/27(日) 21:43:31.54
    前スレ
    【社会】東京女子医大、学費1200万円値上げ コロナで経営難 ★2 [孤高の旅人★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601215270/


    (出典 www.twmu.ac.jp)


    【【社会】東京女子医大、学費1200万円値上げ コロナで経営難】の続きを読む

    このページのトップヘ