令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > ヨーロッパ


    ヘイトクライムも起きています。

    2021年3月10日、中国メディアの観察者網によると、ドイツで出版されたの児童向け図書に「新型コロナウイルスは中国から来た」と記載されていることに中国系住民らが反発していた問題で、出版社が謝罪し販売を中止した。
    記事によると、ドイツで4日に発売された人気児童図書シリーズの最新刊「アンナとモリッツのコロナの虹」は、子どもたちに新型コロナの知識を伝えることを目的に作られたものだが、作中で「ウイルスは中国からやって来て、そこから全世界に広がった」との説明があり、現地の中国系住民が憤慨していた。
    ドイツの中国系住民コミュニティーのSNSアカウントは5日に「同書の説明は、ウイルスが中国で作られ、ばらまかれたとの誤解を招き、中国の血を持つ住民の差別を引き起こしうる。特に対象が児童ということで誤った認識を抱きやすく、中国の児童との関わり合いの中で傷害が生じることになる」とのコメントを発表した。
    また、ハンブルクの中国総領事館も4日に「事態の動向を注視している」とし、速やかに出版社に対する抗議を申し入れたことを明かしたほか、「挑発、差別を含む言動はドイツの主たる価値観にそぐわない」との見解を示した。また、現地の中国系住民の保護者に対して、学校や幼稚園でこのような言動に遭った場合には自分の身を守るとともに、教師や学校に報告するよう子どもに指導するよう求めた。
    記事によると、騒動を受けて同書の出版社は「配慮不足だった」として公開謝罪するとともに、現在の出版分を販売中止とし、修正を施した上で再版することを表明。一方で、表現について「意図的なものではなかった」と強調したこともあり、現地の中国系住民からは「誠意が足りない」との不満の声が出ているという。(翻訳・編集/川尻

    10日、中国メディアの観察者網によると、ドイツで出版されたの児童向け図書に「新型コロナウイルスは中国から来た」と記載されていることに中国系住民らが反発していた問題で、出版社が謝罪し販売を中止した。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ドイツ絵本に「コロナは中国から」、出版社が謝罪し販売中止も中国系住民「誠意足りない」―中国メディア】の続きを読む



    (出典 blog456142164.files.wordpress.com)


    完全に脱原発する。

    1 ボラえもん ★ :2021/03/11(木) 16:17:27.31

    #再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX★) 

    【ベルリン=石川潤、フランクフルト=深尾幸生】

    ドイツの脱原発政策が最終局面を迎えている。残り6基となった原発を22年末までに停止し
    、再生エネルギーを軸とした電力供給へと切り替える。エネルギー業界の経営にも大きく影響している。

    ドイツのメルケル政権は2011年3月の東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、原発の早期廃止の検討にいち早く着手した。
    脱原発の市民運動の広がりと地方選挙での緑の党の躍進も後押しとなり、11年5月、22年までの脱原発を決めた。

    11年に17基あったドイツの原発はすでに11基が停止し、再生エネルギーへの転換が急速に進んだ。
    電力全体に占める原子力の割合は10年の22%から20年に11%に低下。その分、風力や太陽光などの再生エネは17%から45%に高まった。

    原子力から手を引けば、電気料金が跳ね上がり、産業が大打撃を受けるーー。10年前にはこんな懸念が広がった。
    実際に再生エネルギーを高く買い取るために電力料金に上乗せされる賦課金が重く、家庭用の電力の小売価格は10年から20年にかけて3割以上値上がりした。

    ただ一方で、産業用の電力は競争政策などで「一般家計よりもかなり低い水準に抑えられている」(独シンクタンクのアゴラ・エナギーヴェンデ)。
    脱原発を進めた時期と、巨額の経常黒字でドイツ経済が独り勝ちといわれた時期はぴたりと重なっており、少なくとも経済に壊滅的な打撃を与えてはいない。

    技術革新で再生エネのコストは下がり続けている。電力料金も21年は値下がりする見通しだ。
    独電力大手、RWEのマルクス・クレッバー次期社長も「再生エネの方が(伝統的な発電よりも)長い目で見て安い技術になる」と語る。

    脱原発には①電力の安定供給が脅かされる②石炭火力が増えて二酸化炭素排出(CO2)が増える③原子力が多いフランスからの電力輸入が増えるだけーーとの指摘もあった。
    だが実際には停電時間は短くなり、発電量あたりのCO2排出量も3分の2に減り、ドイツは電力の純輸出国の地位を維持している。

    4大電力会社のうち、独RWEと独エーオンは18年に事業交換し、RWEが再エネ、エーオンが送電・小売りに集中する戦略を鮮明にした。
    独政府が38年の石炭火力廃止を決めたこともあり、ドイツで電力事業を展開するバッテンファル(スウェーデン)、独EnBWも再エネへのシフトを大胆に進める。

    欧州でもすべての国がドイツと同じ道を進んでいるわけではない。ベルギーやスペインも脱原発を決めた。
    これに対して、英国やフランスは原発政策を維持、脱石炭を進めるために原発新設を検討するポーランドのような国もある。

    原発を巡っては、安全基準の強化などで工事は長期化し、建設費は高騰している。
    フランスのフラマンビル原子力発電所は12年稼働の予定が23年以降にずれ込み、予算は33億ユーロ(約4200億円)から124億ユーロへ増えた。
    原発は本当にコストに見合うものなのか。10年前に投げかけられた問いは、さらに重みを増している。
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR09BBV0Z00C21A3000000/

    参考:「ドイツはフランスの原発由来電力を輸入している」は本当か
    https://energy-shift.com/news/686fba8d-956a-45a3-8b61-15b7dea97909

    ドイツの欧州主要国との電力輸出入量

    (出典 cdn.energy-shift.com)



    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)


    【【「フランスから買っている」はウソ】ドイツ、原発ゼロ22年達成へ、再生エネに急転換】の続きを読む


    この光景は今でも見られるのかな?

    猫が優雅なのか、パリの街が優雅なのか、それともその両方なのでしょうか。いずれにせよ、そのかわいらしさに心奪われます。詳細は以下から。

    訪れたことのない人にはそこまでイメージはないかもしれませんが、フランスには多くの猫が住んでいます。

    Moments Parfaitsによると、2016年にはフランス全土で1270万匹の猫がおり、そのうち40万匹がパリに暮らしています。そしてフランスの世帯の28%が1匹以上の猫を飼っているとのこと。

    もちろんそれはずっと以前からのこと。20世紀半ばの美しいパリの街並みにも猫たちは優雅に、我が物顔で歩き回っていたのです。

    こちらは街角の猫たち。

    飼い猫の散歩中でしょうか。

    やっぱり愛されています。

    おばあちゃんと猫。どこの国でもテッパンですね。



    霧の立つドープな風景でも映えてますね。

    洗濯物と一緒。

    窓辺の猫たち。店番でしょうか。


    物珍しげに覗き込んでいます。

    飼い犬とのたまらないツーショット

    屋根の上の猫たち。

    セーヌ川の夜景を眺めていますが、絵になり過ぎです。

    世界のどこでもいつの時代も、やっぱり猫たちは自由でした。

    【いつの時代も神々しい…20世紀半ばのパリを我が物顔で闊歩する、絵になり過ぎる猫たちの姿】を全て見る

    いつの時代も神々しい…20世紀半ばのパリを我が物顔で闊歩する、絵になり過ぎる猫たちの姿


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【いつの時代も神々しい…20世紀半ばのパリを我が物顔で闊歩する、絵になり過ぎる猫たちの姿】の続きを読む


    日本人も襲われる可能性もあり得ます。

    中国メディアの海外網などは2日、英サウサンプトン大学で教える中国人講師が4人組の男に訳もなく襲われる事件があったと報じた。

    記事によると、被害者は37歳の男性講師で、先月23日のジョギング中に男らに襲われた。男性は地面に倒され、顔面や肩を負傷。鼻と唇からは多くの出血があったという。

    男性は今月1日に受けた英メディアの取材で、「中国ウイルス」「この国から出ていけ」など人種差別的な言葉の暴力も受けたことを明かし、現在の心境について「以前のようにここが安全だとは思わない。事件当時、もし子どもが一緒だったらどうなっていたことか」などと語った。帰国することも考えているそうだ。

    現地の警察は先月27日に容疑者1人を逮捕し、他の男らについても捜査を進めており、大学側は「人をとても驚かす理由のない襲撃だ」として捜査の行方を注視する考えを示している。(翻訳・編集/野谷

    中国メディアの海外網などは2日、英サウサンプトン大学で教える中国人講師が4人組の男に訳もなく襲われる事件があったと報じた。

    記事によると、被害者は37歳の男性講師で、先月23日のジョギング中に男らに襲われた。男性は地面に倒され、顔面や肩を負傷。鼻と唇からは多くの出血があったという。

    男性は今月1日に受けた英メディアの取材で、「中国ウイルス」「この国から出ていけ」など人種差別的な言葉の暴力も受けたことを明かし、現在の心境について「以前のようにここが安全だとは思わない。事件当時、もし子どもが一緒だったらどうなっていたことか」などと語った。帰国することも考えているそうだ。

    現地の警察は先月27日に容疑者1人を逮捕し、他の男らについても捜査を進めており、大学側は「人をとても驚かす理由のない襲撃だ」として捜査の行方を注視する考えを示している。(翻訳・編集/野谷)

    中国メディアの海外網などは2日、英サウサンプトン大学で教える中国人講師が4人組の男に訳もなく襲われる事件があったと報じた。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中国人講師が訳もなく襲われる、「中国ウイルス」と罵声浴びせられ―英国】の続きを読む



    (出典 kita-bon.com)


    世界も「中止」を望んでいるのかな? ワクチン接種を完了するまで、延期をして開催するべきです。

    1 ボラえもん ★ :2021/03/03(水) 19:11:11.27

     今夏の東京オリンピック(五輪)・パラリンピック開催について、英紙タイムズは3日、東京支局長の写真と名前入りのコラムを掲載し、
    「今年の東京五輪を中止すべき時が来た」と報じた。感染拡大を引き起こす可能性を指摘し、日本はおろか世界へと広がるリスクが大きすぎるとしている。

     理由として、200を超える国から1万5千人以上の選手や、関係者、審判らに加えて多くの観客が来日することを指摘した。
    厳しい規制などでリスクを抑え込み、大会を開催できる国があるとすれば「それは日本」と認めつつも、「確証はない」としている。

     タイムズの同支局長は1月21日、匿名の「連立与党幹部」の話として「日本政府は非公式ながら(東京大会を)中止せざるを得ないと結論づけた」と報じている。

     日本政府は同22日にこの報道を否定。IOCも「中止せざるを得ないという報道は断固として真実ではない」と声明を出した。(ロンドン=遠田寛生)
    https://www.asahi.com/articles/ASP3362VVP33UHBI02R.html

    引用元記事
    https://www.thetimes.co.uk/article/its-time-to-cancel-the-2021-olympic-games-3pb6sq9w9


    【【東京五輪】「中止すべき時が来た」 英紙タイムズ東京支局長がコラム】の続きを読む

    このページのトップヘ