令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > ヨーロッパ


    フランスは対応が早いです。

    新型コロナウイルス感染症COVID-19)の感染者合計が425万人、死者が9万人以上と猛威を振るっているフランスのカステックス首相が、2020年3月19日0時(現地時間)より4週間に渡りパリなどを含む16県にロックダウン都市封鎖)を導入。ロックダウン2020年3月と11月に実施されてから3回目となります。今回は外出が仕事や食料の買い出し、運動などに制限され、遠距離の移動を禁止や、商店の営業が生活必需品を扱う店や書店に限られるようになります。

    フランス国内では、英国変異株が新規感染者の3/4を占めており、カステックス首相によると現段階で感染者の1人が4分ごとに集中治療室(ICU)に運ばれている計算になっている状況に陥っているといい、11月の第2派のピーク時を超えています。

    医師で医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏(@KamiMasahiro)は、ロイターの記事を引用して次のようにツイート


    仏、パリなどで再ロックダウン コロナ第3波で1カ月間

    日本と対照的です。介入が早いです。昨秋から冬もフランスイタリアは感染拡大が早かったです。今回も同じような感じになっています。

    これに対して、「対策が早くてどうして日本よりも数倍も感染者数が多いのか」「ちょっと何言ってるかわからない」「日本も(感染者)4万人になってから介入すればいいのか」という声が続出していました。

    また、『殺人犯はそこにいる』(新潮社)などの著作があるジャーナリストの清水潔氏(@NOSUKE0607)は次のようにツイート


    なんだフランスはまだ第3波か。うちの首相なんか緊急事態解除、GOTO再開で4波を狙ってんだぜ。

    こちらには、「釣りですか?」「雑なスガガー」「遠回しにフランスをバカにしているのでは?」といった反応が集まっていました。

    フランスでは2021年3月17日に1日あたりの感染者数が38000人を超えて、20日には70415人と急増。過去最高を記録した2020年11月7日の86852人に次ぐ数となっています。3月7日~20日の二週間では370000人に迫る感染者数となっています。Googleでは各国の状況をWikipediaに基づいたデータをグラフ化して表示。こういった情報を冷静に見る必要がありそうです。

    ※画像はTwitterより
    https://twitter.com/KamiMasahiro [リンク]

    「日本よりも数倍感染者数が多いのはなぜ?」 フランス・パリなど16県ロックダウンに上昌広氏「介入が早い」にツッコミ多数


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「日本よりも数倍感染者数が多いのはなぜ?」 フランス・パリなど16県ロックダウンに上昌広氏「介入が早い」にツッコミ多数】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    どうするのかな?

    1 蚤の市 ★ :2021/03/15(月) 09:24:10.40

     【ベルリン時事】ドイツの2州で14日、州議選が行われ、両州ともメルケル首相の国政与党・キリスト教民主同盟(CDU)が大敗する見通しとなった。新型コロナウイルス禍でCDUへの不満が噴出した一方、緑の党に票が集まった。CDUにとっては、9月の総選挙に向け大きな痛手となった。メルケル氏は総選挙に出馬せず引退を決めている。
    新党首にラシェット氏 メルケル流中道路線継続へ―独与党CDU

     開票率約9割の段階で、南部バーデン・ビュルテンベルク州では、これまでCDUと連立を組んでいた緑の党が3割超の票を獲得。数字上はCDU抜きで緑・社民・自民の3党連立が可能になる見通しとなった。CDUは得票率約24%と過去最低に沈んだ。
     既に緑・社民・自民が連立を組む西部ラインラント・プファルツ州でも、緑の党が票を伸ばして連立維持が濃厚になる一方、CDUは過去最低の27%前後に低下した。

    時事通信 2021年03月15日07時14分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031500179&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


    【メルケル与党大敗、総選挙へ痛手 独で2州議選、緑の党伸長】の続きを読む



    (出典 img.buzzfeed.com)


    中国は黙っていない。

    1 Felis silvestris catus ★ :2021/03/13(土) 07:42:17.99

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR1282P0S1A310C2000000/
    【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)が、中国での少数民族のウイグル族への不当な扱いが人権侵害にあたるとして、中国当局の複数の関係者らに対する制裁を検討し始めた。複数の欧米メディアが報じた。実現すれば、EU内の資産凍結や域内への渡航が禁止される。

    【関連記事】

    日米豪印、対中国で結束 初の首脳協議へ
    中東欧、対中外交に温度差 「一帯一路」投資進まず
    英、ウイグル強制労働の対応強化 企業に罰金も
    習氏、ウイグル政策「完全に正しい」 6年ぶり重要会議
    「人権の先生いらない」習近平氏、EUに反発

    22日に開くEU外相理事会で判断する。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、EUが中国への制裁に踏み切れば、1989年の天安門事件以来。EU当局者は12日、日本経済新聞の取材に「議論は準備段階にあり、今後も続く」として詳細な確認を避けた。

    制裁を発動する場合、EUが2020年12月に新設した「深刻な人権侵害」を対象とする枠組みを初めて適用する見通しだ。個人への制裁が迅速にできるようになる。

    制裁を検討する理由は、ウイグル族への不当な扱いに限り、香港での民主化後退などは外しているもようだ。だがEUのボレル外交安全保障上級代表(外相に相当)は12日、香港の選挙制度が事実上民主派を排除する形で見直された事実を指して、基本的な自由や民主的な原則が後退したと批判したうえで「追加的な対応を検討する」と警告した。

    オランダ議会は2月26日までに中国におけるウイグル族の扱いを「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定する動議を可決しており、中国の人権問題を巡るEUの視線は一段と厳しくなっている。

    EUは「深刻な人権侵害」を対象とする枠組みを使い、北朝鮮、リビア、ロシアなどへの制裁も議論しているもようだ。


    【EU、中国に制裁検討 ウイグル族へのジェノサイド(民族大量虐殺)で】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    終息しないです。

    1 愛の戦士 ★ :2021/03/13(土) 10:33:16.40

    朝日新聞 ローマ=河原田慎一
    2021/3/13 8:33

     イタリア政府は12日、首都ローマや北部ミラノなど、国内の主要都市を含む過半数の州や地域で、15日からロックダウン(都市封鎖)を行うことを閣議決定した。同国では2月中旬から新規感染者数が再び増加傾向となり、特に英国の変異株による感染が急拡大している。キリスト教の重要な祝日である「イースター(復活祭)」を4月上旬に控え、ワクチン供給が進むまでは規制をより強化せざるを得なくなった。

     同国メディアによると、食料品や薬など生活必需品を販売する店を除いて閉鎖し、仕事や健康上の理由以外の外出を禁止する「レッドゾーン」を、全土の半数以上の州や地域に適用する。その他の地域も、1週間で人口10万人あたり250人以上の感染者が出た場合はレッドゾーンとする。規制は、イースターが終わる4月6日まで続ける。

     同国の高等衛生研究所(ISS)によると、2月中旬の時点で、英国の変異株による新規感染が全体の54%を占めた。変異株は感染力が強く、3月に入ると新規感染者数が2万人を超える日が相次いだ。12日には2万6824人に達し、「第2波」が猛威を振るった11月下旬の水準に逆戻りした。フィウミチーノ空港のワクチン接種会場を訪問したドラギ首相は「新たな対策は、より厳しい規制を避けるためにも必要で、結果をもたらすだろう。ワクチン接種の加速が、パンデミックから抜け出す唯一の道だ」と述べた。

     ドラギ政権は、ワクチン接種の推進を重要政策の一つに掲げている。12日には、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発した新型コロナワクチンの使用を承認。1回の接種で済むのが特徴で、政府は6月までに730万人が接種を受けると見込んでいる。(ローマ=河原田慎一)

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASP3F2J54P3FUHBI00J.html


    【【コロナ】イタリア、再びロックダウン 英国変異株の感染が急拡大】の続きを読む



    (出典 www.sustainablebrands.jp)


    物を大事にするのもイイですけど、電気の消費量も変わります。

    1 ウラヌス ★ :2021/03/12(金) 21:12:03.77

    家電が不調でも、修理どころか中を開けて掃除や確認もできない場合は少なくありません。保証期間を過ぎで泣く泣く買い換えたことのある人も多いのではないでしょうか。

    この権利が広がれば、壊れたら捨てる文化から直して使い続ける文化へと変わってゆくかもしれません。詳細は以下から。

    イギリスで2021年夏に「修理する権利(Right to Repair)」が法的に認められることをBBCが報じています。

    これまで消費者からは家電などの耐用年数が短く、自宅で修理できないケースが多いと不満が出ていましたが、法改正により初めて製造業者が製品のスペアパーツを準備して消費者に提供することが義務付けられます。


    以降ソースにて
    https://buzzap.jp/news/20210312-right-to-repair/
    家電「修理する権利」初の法制化へ、環境負荷とゴミ削減狙う
    2021年3月12日18:00


    参考)
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/630848/
    家電修理と部品保有期間【暮らしのヒント】2020/7/30

    https://annai-center.com/article/%E8%BB%8A%E6%A4%9C%E6%99%82%E3%81%AB%E5%8F%A4%E3%81%84%E8%BB%8A%E3%81%AF%E6%90%8D%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%82%8A%EF%BC%9F%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%81%AE%E5%86%85%E8%A8%B3%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%82%82%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86/
    車検時に古い車は損ばかり?費用の内訳なども見てみよう
    (新車登録から13年以上経過時と18年経過時に税額が上がるのが特徴です。)


    以上


    【【イギリス】家電「修理する権利」初の法制化へ、環境負荷とゴミ削減狙う】の続きを読む

    このページのトップヘ