令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > ヨーロッパ



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    かなり痛いですね。

    1 神 ★ :2022/09/15(木) 13:29:09.51ID:7VeDi4U/9
    脱炭素優等生のドイツで電力の3分の1が石炭火力に…7年前に亡き専門家が鳴らしていた警鐘
    電気代は昨年比6割高…故・澤昭裕氏「中長期的な供給力不足が心配」
    2022年09月14日 06:00

    再生可能エネルギーの優等生とされてきたドイツの脱炭素政策が、大きな転換点を迎えようとしている。ドイツ連邦統計局(Destatis)が7日に発表したプレスリリースによると、ドイツで生産される電力のほぼ3分の1が石炭火力発電所の電力だという。

    (中略)

    高騰する電気・ガス代はビジネスにも影響大

    ロシアからの天然ガスの供給量が大幅に減ったことで、このところ、ドイツでは電気・ガスの値上がりが止まらない状況だ。ドイツの電気・ガスの料金はわずか2カ月余りで2倍ほどに上昇。ヨーロッパの指標である1年先の電力価格は、2年前は1MWhで40ユーロ(約5700円)だったが、現在は540ユーロ(約7万8000円)を超えた。ドイツのエネルギー関連ニュースの専門サイト「Clean Energy Wire」によると、今年のドイツの一般家庭の電気・ガス代は昨年と比べると6割も上昇しているという。
    https://sakisiru.jp/36139

    2022/09/15(木) 10:54:41.07

    ※前スレ
    【脱炭素】ドイツ、電力の3分の1が石炭火力に 電気代は6割上昇 [神★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1663206881/

    【【脱炭素】ドイツ、電力の3分の1が石炭火力に 電気代は6割上昇】の続きを読む


    女性差別になっている。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/09/04(日) 09:09:28.69ID:F2wrT+/p9
    EDUCATION
    2min2022.8.30
    男子が「過小評価」されている──は本当か
    「大卒の女性が増えると少子化になる」ハンガリーが出した報告書が大問題に


    ガーディアン(英国)ほか
    Text by COURRiER Japon


    ハンガリーの国家監査局が、国の教育制度が「あまりにも女性的になっている」リスクについて報告書を出したことが物議を醸している。

    英紙「ガーディアン」によれば、同報告書は、「フェミニン化する教育」を「ピンク教育」と表現し、そのリスクについて「ピンク教育は、男子の発達を阻害し、人口問題(少子化)を引き起こす可能性がある」と、述べている。

    「もし、国の教育が、“女性の特性”、たとえば、『感情表現の豊かさや、社会的成熟度の高さ』などを好意的に評価する傾向が強まれば、(男女の)平等はかなり弱められてしまうだろう」

    そして、こう警告しているという。

    「もし、(女子に比べて)より起業家精神に富み、リスクを冒す傾向のある男子の特性が過小評価され、男子たちの自由な成長が阻まれれば、男子たちは精神や行動面において問題を抱えかねないだろう」

    ハンガリー当局は、このように警告する理由として、男子たちの「創造性と革新性を備えた特性」が、「(国の)経済の最適な発展に必要」だからだと主張している。

    https://courrier.jp/news/archives/299225/

    【【国際】「大卒の女性が増えると少子化になる」ハンガリーが出した報告書が大問題に】の続きを読む



    報じる。

    2022年9月3日、中国メデイアの環球網は、フランスマクロ大統領が、アジア太平洋地域においてフランスが中国と対抗するロジックは存在しないとの考えを示したことを報じた。

    記事は、仏紙フィガロの1日付報道を引用し、マクロ大統領が同日大統領府で在外使節と会見した際に、「フランスと欧州は地政学的な独立を築き上げなければならない。われわれは絶対に選択を迫られるようなことがあってはならず、いかなる場所においても行動の自由を保たなければならない」と語り、国際情勢が揺れ動く中でフランスバランス調整の役割を発揮する考えを示したほか、北大西洋条約機構NATO)における欧州の地位向上に努め、「欧州が米国の従属的パートナーとならないようにする」と述べたことを紹介した。

    また、8月30日から9月1日にかけてニューカレドニア周辺でフランスオーストラリアと日本の艦船が海上合同演習を実施し、「中国を念頭に置いたものだ」との憶測が流れる中、マクロ大統領が1日に「われわれはインド太平洋地域で中国との対抗戦略を取る用意はない。われわれは対抗のロジックの中におらず、対抗のために構築された同盟をインド太平洋地域にまで拡大すべきだとは考えていない」と明確にコメントしたことを伝えた。

    さらに、米国についてマクロ大統領が、価値観は非常に近いとする一方で「何らかの勢力と同盟を結成したり、従属したりしたことはない」語ったほか、ウクライナ情勢については引き続きロシアとの対話を継続する姿勢を示したと紹介している。(翻訳・編集/川尻

    3日、環球網は、フランスのマクロン大統領が、アジア太平洋地域においてフランスが中国と対抗するロジックは存在しないとの考えを示したことを報じた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】マクロン仏大統領「中国との対抗のロジックは存在しない」―仏メディア】の続きを読む


    ロシアの報復

    1 少考さん ★ :2022/09/03(土) 06:29:45.66ID:9pcmqGB19
    ※AFPBB News

    ロシア、独へのガス供給を無期限停止 修理理由に
    https://www.afpbb.com/articles/-/3422065

    2022年9月3日 5:51 
    発信地:モスクワ/ロシア [ ロシア ドイツ ヨーロッパ ウクライナ ロシア・CIS ]

    【9月3日 AFP】(更新)ロシアの国営天然ガス大手ガスプロム(Gazprom)は2日、ロシア産天然ガスをドイツへ供給するパイプライン「ノルドストリーム(Nord Stream)」について、主要機器に問題が見つかったことから、修理のため稼働を停止すると発表した。ロシアからドイツへのガス供給は無期限で停止されることになり、欧州のエネルギー危機がさらに悪化する見通しだ。

     同パイプラインは、ロシア第2の都市サンクトペテルブルク(St. Petersburg)近郊からバルト海(Baltic Sea)を経由してドイツへとガスを輸送するもので、ガスプロムの主要供給路となっている。保守点検のため3日間停止されていたが、3日に再稼働する予定だった。

    ガスプロムは、独電機大手シーメンス(Siemens)と共に行った点検で、同社製タービンからの「オイル漏れ」が見つかったため、修理が完了するまで「ノルドストリーム経由のガス供給は完全に中断する」と説明。メッセージアプリのテレ(略)


    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【【国際】ロシア、独へのガス供給を無期限停止 修理理由に (ガスプロム・9/2)】の続きを読む


    これから出席辞退者が出てくるのかな?

    1 どどん ★ :2022/09/02(金) 08:23:22.18ID:RGLb7SGj9
    【ベルリン=南毅郎】安倍晋三元首相の国葬にドイツのウルフ元大統領が出席することが1日、分かった。「ドイツの代表として参加する」とウルフ氏の事務所が日本経済新聞の取材に明らかにした。調整を進めてきたメルケル前首相は出席を見送る方向だ。

    ウルフ氏は北西部ニーダーザクセン州の州首相などを経て、メルケル政権時の2010~12年に連邦大統領だった。現在は外交特使などの役割を務める。

    日経新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR300240Q2A830C2000000/

    【【国際】国葬、メルケル氏出席見送りへ ドイツ】の続きを読む

    このページのトップヘ