令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 選挙


    旧統一教会以外にも支援しているところはあると思います。

     旧統一教会自民党の関わりが連日ニュースを騒がせており、宗教の政治への食い込みがクローズアップされている。旧統一教会は、主に自民党の候補者を支援することで下支えし、取り込みを図ったと言える。

     こうした間接的なケースではなく、かつては直接政治への進出を目論んだ宗教団体が存在する。それがオウム真理教だ。

     ​>>鈴木エイト氏、旧統一教会が二世元信者会見を妨害した裏事情を暴露 ヨーロッパへのアピール?<<​​​

     1990年2月に行われた衆議院議員選挙に、真理党から25名が出馬する。真理党はオウム真理教麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚(2018年に死刑執行)が党首となり、麻原元死刑囚東京都渋谷区中野区杉並区を選挙区とする当時の東京4区から出馬した。

     選挙戦では、麻原元死刑囚を模した巨大なお面が配られたほか、女性信者によるダンスパフォーマンスなどが行われた。「ショーコー、ショーコー」と名前を連呼する「尊師マーチ」のインパクトもよく知られている。

     真理党が選挙公約に掲げたのは、前年に導入された「消費税廃止」のほか「医療改革」「教育改革」「福祉推進」「国民投票制度導入の構想」といったもの。主張としてはきわめてオーソドックスなもので、宗教色は薄い。実際、真理党は国民に広くメッセージを訴えようとしていた側面があり、オウムは本気で政界進出を狙っていたと言えるだろう。

     麻原元死刑囚は自身がトップ当選すると思っていたようだが、結果は1783票にとどまり落選してしまう。ほかの候補者も軒並み惨敗の結果に。各候補者の擁立に掛かった約5000万円の供託金は全て没収となった。麻原元死刑囚の選挙区には信者の住民票を1つの住居に100名以上集めるなど、かなり力を入れていた様子も窺える。

     その後、オウム側は「機械による票のすり替えがあった」といった陰謀論を主張するように。これがオウムが過激化していくきっかけとなったとも言われており、宗教と政治の関わりを考える上で象徴的なトピックだろう。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【宗教】政界進出目論んだ宗教、オウム真理教過激化のきっかけは選挙出馬で惨敗?】の続きを読む


    森山選対委員長「現職の壁は厚かった」「国政への直接の影響はない」 沖縄県知事選、自民公明推薦の佐喜真氏敗北
     任期満了に伴う沖縄県知事選挙は、現職の玉城デニー氏が2期目の当選を決めた。自民公明が推薦した佐喜真淳氏は、自民党と旧統一教会の関係や国葬問題が逆風…
    (出典:ABEMA TIMES)

    現職の玉城デニー氏が2期目の当選を決めた。
    自民公明が推薦した佐喜真淳氏は、自民党と旧統一教会の関係や国葬問題が逆風となり敗北した。

    今回は旧統一教会は選挙で協力したのかな?

    1 豆次郎 ★ :2022/09/11(日) 21:28:07.48ID:wSBoXkiU9
    9/11(日) 20:00配信
    沖縄タイムス
    沖縄県知事選 玉城デニー氏の当選確実 新基地反対や経済再生を訴え

     第14回沖縄県知事選が11日、投票され、現職で「オール沖縄」勢力が推す玉城デニー氏(62)の2期目の当選が確実となった。いずれも新人で前衆院議員の下地幹郎氏(61)と、前宜野湾市長の佐喜真淳氏(58)=自民、公明推薦の2氏を破った。


     玉城氏は、①県経済と県民生活の再生②子どもや若者、女性の支援拡充③辺野古新基地建設反対―の主要3政策を「全てが一丁目一番地の重要課題」と位置づけ、選挙戦を展開。中学卒業までの医療費無料化などの1期目の実績を強調した。

     今回の知事選は、米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設の賛否や、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた県経済や暮らしの立て直しが主な争点となった。

     オール沖縄は、故翁長雄志前知事の誕生で政治勢力化した2014年以降、3期連続の知事選勝利となった。

     玉城 デニー氏(たまき・でにー) 1959年10月13日生まれ。うるま市出身。上智社会福祉専門学校卒。ラジオパーソナリティーなどを経て、2002年に沖縄市議に初当選し1期、09年に衆院議員に初当選し4期務めた。18年の県知事選で初当選し、現職。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2431249ad8e5112d89a5572f5e9901f3c877f736

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1662896476/

    【【速報】沖縄県知事選 玉城デニー氏の当選確実 新基地反対や経済再生を訴え】の続きを読む


    どうなるのかな?

    1 Stargazer ★ :2022/08/16(火) 22:14:41.13ID:5fiNlPkC9
     第2次岸田改造内閣の発足により、政調会長に就任した萩生田光一氏。その萩生田氏が先の参院選で、生稲晃子氏への支援を要請するため、生稲氏を伴って教会の関連施設を訪問していたことが明らかになった。

     萩生田氏は統一教会との関係について、これまで、意図したものではなかったと弁明している。ところが、統一教会の関係者は「実情は違う」と反論する。萩生田氏は2009年、自民党が下野するきっかけとなる衆院選で落選し、12年まで3年間、浪人生活を余儀なくされているが、

    「ちょうどその間、月に1~2回のペースで八王子市内の教会施設を訪ねてくれました。その施設は3階が講堂になっており、そこに数十人の信者を集めて演説をなさっていたのです」

     そして、萩生田氏の演説の場では“ある特別なお触れ”が出されたそうだ。

    「萩生田さんがみんなの前で演説する場合、教会長や青年部長ら幹部が“ビデオは回さないように”と信者たちに指示していました」

     どうやら証拠を残さぬように、という意図らしい。

    信者に取って萩生田氏は「家族同然」

     さらに、

    「今さら、統一教会との関係を一切なきものにしようだなんて、人間として薄情すぎやしませんか。以前は、礼拝を兼ねた日曜日のバーベキュー大会にジャージ姿で駆け付けてくれたりもしてたんです。萩生田さんが来ると、やっぱりその場がパッと盛り上がるし、みんなそうやって楽しく過ごした時間を覚えています。信者たちからすれば“家族”同然だと思っていたんですから」

     地元八王子の政界関係者によると、毎年クリスマス・イブの前後に八王子市内の宴会場で、統一教会の関連団体である「世界平和女性連合」が主催するクリスマス会に、萩生田氏の秘書は必ず出席し、本人も夫人同伴で何度か顔を出していたという。

    生稲氏の支援を統一教会に要請

     萩生田氏と統一教会の関わりは、先の参院選にも影響を及ぼしていた。

     東京選挙区で初当選を果たした元おニャン子クラブのメンバー・生稲晃子氏。彼女の擁立工作を主導した萩生田氏は選挙中、生稲氏を伴って八王子市内の統一教会関連施設を訪ね、支援を要請していたというのである。この件について、生稲氏の事務所に質すと、

    「八王子での演説終了後、演説を聞いていた方から、“ここに来られなかった仲間が近くにいるので生稲さんのお話を直接聞かせてもらいたい”とのお話しがあり、スタッフが相談をして次の日程への移動の合間に(教会の施設に)立ち寄らせていただきました。その際に(演説の)現場にいらっしゃったご地元の萩生田先生に同行していただきました」

     萩生田氏は生稲氏とともに施設に立ち寄ったことを認めた上で、自身と教会の関係については、

    「選挙の際、当方から支援依頼をしたことはなく、選挙戦のお手伝いをしていただいた事実はありません。旧統一教会が主催する礼拝やバーベキューに参加した事実はございません」

     と回答した。8月17日発売の「週刊新潮」では、統一教会ベッタリ内閣の全容について詳報する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/83ba4625439d264edc56a8b8626b112fcc6b98b9

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1660647637/

    【【自民党】萩生田光一政調会長、生稲晃子氏の選挙支援を統一教会に要請か 教会関係者は「萩生田さんは家族同然」】の続きを読む


    再選するのかな?

    1 oops ★ :2022/08/14(日) 18:02:10.79ID:C+xcZYnH9

    (出典 www.jiji.com)

    東国原英夫氏

    任期満了に伴う宮崎県知事選(12月8日告示、25日投開票)をめぐり、前知事の東国原英夫氏(64)の後援会事務所は14日、同氏が17日に宮崎市内で記者会見を開き、出馬表明すると発表した。同知事選をめぐっては、3期目の河野俊嗣知事(57)が4選を目指し立候補する意向を表明している。

    東国原氏は2007年1月、官製談合事件で当時の同県知事が辞職したことに伴う知事選で初当選し、1期務めた。今月7日に宮崎市内で開かれた講演会終了後には、報道陣に対し「県民の皆さんがもう一回チャレンジしろという力強い後押しをしてくだされば、考えていかなければと思う」と述べていた。

    2022年08月14日17時14分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022081400247

    【【宮崎】東国原氏、知事選出馬へ 17日に正式表明】の続きを読む


    繋がっている。

    1 みの ★ :2022/07/27(水) 16:16:48.78ID:67MwOrs99
    ■安倍元総理が応援している候補なら「ほぼ確実」

    「週刊新潮」7月28日号では、岸信介元総理が当時の米レーガン大統領に宛てた「統一教会の開祖・文鮮民の釈放を求める親書」について報じた。安倍家と教団のこうした関係性は、安倍晋三元総理の代になっても続いていた。選挙時の統一教会の支援対象は、安倍氏の一存で決まっていたというのだ。

    「選挙で誰が統一教会の支援を受けるかは、安倍さんの一存で決まるといわれていました」

     と明*のは、自民党のベテラン秘書。

    「教会の組織票は約8万票といわれています。ただ、衆院選では1選挙区当たりの統一教会の票数はそれほどでもないので、参院の全国比例でその組織力が発揮されます。どの候補を応援するかは、安倍さんの意向がかなり反映される。落選しそうな意中の候補がいれば、安倍さんから“彼を頼む”といった具合です」

     実際、過去に統一教会系の団体から推薦を受けた元議員はこう語る。

    「推薦を受けるにあたって団体のトップと面談をします。そこでは、不倫スキャンダルや金銭トラブルがないことが条件で、さらに安倍元総理が応援している候補であれば、ほぼ確実に支援してもらうことができます。選挙の直前になると、統一教会系の施設で泊まりがけの研修を行います。自分の場合は妻同伴で2泊3日でした」

    …続きはソースで。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/07271132/
    2022年7月27日

    前スレ:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1658902103/
    ★1が立った日時:2022/07/27(水) 12:45:16.22

    【【新潮】統一教会の支援対象は、安倍晋三氏の一存で決められた 推薦候補は選挙直前、統一系施設で研修】の続きを読む

    このページのトップヘ