令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 選挙



    攻撃されたら、かなり危ない。

    ウクライナ情勢を受けて原発政策の議論が真っ二つ

     現在、ロシアウクライナ侵攻で、エネルギー政策をめぐる国論が二分している。原発攻撃リスクを直視して脱原発を加速すべきとする野党と、原油価格高騰に対応するため原発再稼働を促進すべきとする自民党や維新が対峙している。

     小泉純一郎元首相が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」は6月2日、「原発再稼働は不要」とする提言を発表した。「原発ゼロ」を訴えて全国講演行脚を続ける小泉元首相の持論は「原発は自国に向けた核兵器と同じ」で、こう警告していた。

    「他国が日本に侵攻し、54基ある原発を攻撃すれば甚大な放射能被害が生じ、核兵器による攻撃を受けなくても亡国の危機に陥る」

     これと瓜ふたつの主張をしていたのが、枝野幸男立憲民主党前代表だ。

    「(ロシアウクライナ軍事侵攻で)今の政府や与党や、与党だか野党だか分からない人たちは、この機会に行け行けドンドン、(原発再稼働など)ノー天気なことを言っています。でも例えば、ロシアウクライナのやっていることを見て最初に気がつかないといけないことは、私は『早く原発を止めろ』だと思う」

    「海外にもし日本を攻撃しようという国があったら核装備なんか要りません。日本の原発に一発、通常ミサイルを撃ち込めば、原爆を撃ち込んだのと同じことになるのではないですか。それなのに、こういうリアルリスクについて(国会審議で)全然出てこない。むしろ、この機会に原発をもっともっと稼働させようというピント外れのことをやっている」(5月4日の京都街宣)

    ◆小泉元首相が新潟県知事選で再稼働反対候補に応援メッセージ

     そして原発政策での、参院選の構図も鮮明となっている。脱原発を促進しようとする立民・共産・社民・れいわと、原発再稼働しようとする自民・公明・維新・国民民主が激突するというものだ。

     小泉元首相の警告と連動する形で、れいわ新選組山本太郎代表は6月10日の会見で、拉致被害者家族連絡会の元事務局長で元東電社員の蓮池透氏を参院選比例代表で擁立することを発表した。原発廃止運動に取り組む蓮池氏は、「原発を最大限活用」と再稼働審査の迅速化も表明した岸田政権を批判、再稼働反対の考えも改めて訴えた。

     議員になる前から再稼働反対運動をしていた山本代表も、蓮池氏と同じく筋金入りの脱原発派といえる。「新潟県知事選(5月29日投開票)」でも二人は、原発攻撃リスクを目の当たりにして出馬を決意した会社役員・片桐奈保美候補の応援演説を行った。ちなみに小泉元首相も4月10日、新潟で行われた東京電力「柏崎刈羽原発」(新潟県柏崎市刈羽村)の再稼働をテーマとした集会にパネリストとして参加、片桐氏への応援メッセージを送っていた。

    ◆「原発ゼロに現実性はない」と訴える茂木幹事長

     参院選前哨戦でもあった新潟県知事選(現職の花角英世知事が再選)でも、この構図(対立軸)は鮮明だった。ラストサンデー5月22日、“隠れ原発再稼働推進派”とみられていた花角知事の応援に駆けつけたのは自民党の茂木敏充幹事長。新潟駅前で「原発ゼロは非現実的」と訴えた。

    ウクライナの問題は、決して対岸の問題ではない。日本を取り巻く安全保障環境、北朝鮮、中国、厳しさを増しています。我が国の新しい安全保障戦略、防衛体制を抜本的にこれから強化していきます。

     そしてウクライナ情勢。原油価格の高騰が、さらにはエネルギー安全保障を考えた時に何の根拠もなしに『原発ゼロ』と訴えて現実性のない政策を出している。これでは新潟の経済も日本の経済も回っていかないと思っている。現実的で大胆な政策を進めることができる実績経験のある花角英世(64歳)か72歳の新人か。それを選ぶのが今回の選挙です。

     自民党は全力で花角さんを応援します。そして公明党国民民主党、連合の皆さんも花角さんを応援している。共産党社民党、さらにはこちらの参議院議員(立憲民主党森ゆうこ参院議員=新潟選挙区)の方が相手候補を応援する。この構図は知事選、そして2か月後の参院選も同じことになるわけです」

     一方、同日の片桐候補の街宣で茂木氏と正反対の主張をしていたのが、森参院議員だった。

    「いまウクライナ戦争があって、『とにかく安全保障だ』と。もちろん国は守らないといけない。だけど、どうですか。北朝鮮に向かって、柏崎刈羽原発という世界最大の原発が北朝鮮に向かって立っているではないですか。これを何ともしようとしない。いくら国会で質問しても、誰も武力攻撃に対する安全の担保に、総理をはじめ原子力規制委員会も誰も責任を負っていないのです」

    ◆原発攻撃のリスクについて茂木幹事長を直撃

     二人の応援弁士の主張は大きく食い違っていた。そこで筆者は茂木幹事長を直撃した。

    「茂木さん、原発攻撃リスクについて一言お願いします。北朝鮮から(原発に)ミサイルを撃たれたらどうするのですか。原発を動かさない方が安全保障上、よいのではないかとの意見もありますが」

     しかし、茂木幹事長は無言のままだった。

     原発攻撃リスクを直視して脱原発を推進することは現実的なのか、それとも非現実的なのか。新潟県知事選と同様に、参院選でも隠れた争点になると思われる。投開票日は7月10日の予定だが、与野党の論戦が注目される。

    文・写真/横田一

    【横田 一】
    ジャーナリスト。『仮面 虚飾の女帝・小池百合子』(扶桑社)、小泉純一郎元首相の「原発ゼロ」に関する発言をまとめた『黙って寝てはいられない』(小泉純一郎/談、吉原毅/編)編集協力、『検証・小池都政』(緑風出版)など著書多数

    茂木幹事長は脱原発を「非現実的」と批判


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【原発原発】参院選の隠れた争点「原発再稼働」。原発攻撃のリスク回避かエネルギー確保か】の続きを読む


    投票率を上げるのに必死

    1 minato ★ :2022/06/22(水) 19:23:51.40
    22日に公示される参議院選挙で若い世代の投票を呼びかけるため、アニメのポスターが採用されました。

    愛知県選挙管理委員会は参議院選挙の啓発ポスターについて、東海地方で放送されたアニメ「シキザクラ」の制作チームにデザインの監修を依頼しました。

    前回の参院選で若年層の投票率が低かったことから、この世代から関心の高いアニメのデザインを採用し、投票を呼びかけたいということです。

    参議院選挙は、22日公示され、投開票は7月10日です。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/546b57a0ecb23cadddcd99ea70763d0b16767f7c


    画像

    (出典 pbs.twimg.com)



    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1539196111390654464/pu/vid/1280x720/BbzlzGGgt-TN4N9j.mp4


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1655871441/

    【【選管】参議院選挙 アニメのポスターで若者へ投票呼びかけ】の続きを読む



    意気込む。

    6月22日公示・7月10日投開票の参院選が熱を帯びている。火をつけているのはクセの強すぎる候補者たち。高支持率の政権で与党優勢が囁かれるなか、なぜ立ち上がったのか?今回は水道橋博士を直撃取材!

    ◆「スラップ訴訟に屈しない」芸人が出馬に秘めた思い

    「あなたもいつ訴えられるかわかりません」

     こう語るのは、れいわ新選組から出馬するお笑いコンビ浅草キッド」の水道橋博士。自分の身に起こったことは他人事ではないと訴える。

    日本維新の会松井一郎代表を批判しているYouTubeサムネツイッターで引用し、『事実でないなら今すぐ訴えるべきだと思いますよ(笑)』と書いたら、僕が訴えられた。僕だけならまだしも、リツイートした4000人も訴えるという。松井さんは公人ですよ。これは明らかに権力者が一般人の声を封じ込めようとするスラップ訴訟。たとえ僕が裁判で勝ったとしても、このままではすぐに新たな犠牲者が出てしまいます」

    消費税ゼロ、インボイス制度反対、ピルの購入も薬局で

     そこで供託金600万円を負担してくれたれいわ新選組から出馬を決意した。反維新を掲げるだけでなく、いくつも政策を打ち出している。

    「例えば消費税をゼロにし、消費マインドを刺激する。フリーランスを苦しめるインボイス制度には反対。また薬局でピルを買えるようにもしたい。医師会が利権を守るために反対しているが、女性の体を守るのはオヤジたちではなく彼女たち自身ですよ。

     政策を考えるのもネタと同じ。日常のなかの“あるある”や違和感をどうかたちにしていくか。頭のなかで考えたのをツッコミ、ブラッシュアップしていく。ずっとネタ作りをしてきたから、僕は政策を考えるのが得意だとわかった」

    ◆手ごたえは?

     下馬評では自民党が圧倒的優位のなか、手ごたえはどうか?

    「選挙に関心のない層をどれだけ取り込めるか。『吹けよ風、呼べよ嵐』。まさにプロレスラー・ブッチャーのテーマ曲。選挙は何が起こるかわかりませんよ。(立川)談志師匠が参議院選挙に出たときはなかなか当確が出ずに周りはヒヤヒヤ。最後の最後で当選を決めたとき、師匠は『真打ちは最後に上がるものだ』と。そういうのはかっこいいね」

     れいわ旋風が巻き起こるか。

    水道橋博士(59)
    れいわ新選組公認/全国比例 お笑い芸人。作家。’62年、岡山県生まれ。ビートたけしに弟子入りし、芸人の道に進む。25年間日記を書き続けている

    <取材・文/週刊SPA!編集部>

    「漫才と違いマイクを持つまで何を話すかは決めていない。一人ひとり聴衆の顔を見て決めます」(水道橋博士)写真/産経新聞社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【選挙】水道橋博士、参院選出馬の意気込み「消費税ゼロ、インボイス制度反対、ピルの購入も薬局で」】の続きを読む



    (出典 www.suginamigaku.org)


    参院選に出馬する。

    1 ひかり ★ :2022/05/18(水) 05:40:07.21

     お笑いコンビ「浅草キッド」の水道橋博士(59)が、今夏の参院選にれいわ新選組から立候補する意思を固めたことが17日、分かった。関係者によると、師匠のビートたけし(75)には報告を済ませたという。18日に東京・阿佐谷で行うトークライブに出演。れいわの山本太郎代表(47)の来場が告知されており、この場で正式表明となる。

     水道橋は15日に山本氏が川崎市内で行った街頭演説会場を訪れた際、山本氏から「ウチから出てください」とラブコールを送られていた。この時「もちろん検討します。経済政策で一番正しいと思っているのはれいわ。(政策の)消費税ゼロで行けると思っている」などと前向きに答えていた。その直後のスポニチ本紙の取材には「2万%出馬しません」と弁護士の橋下徹氏(52)が大阪府知事選への出馬を否定した際に用いたコメントで立候補をにおわせていた。

     選挙戦では「スラップ訴訟反対」を訴えていくものとみられる。スラップ訴訟とは通称「いやがらせ訴訟」とも呼ばれ、批判する相手に対し、反対運動を封じ込める目的などで起こす。水道橋は15日、街頭でマイクを握り「(大阪市の)松井一郎市長から訴状が届いた。反スラップ訴訟の法律を作りたい」と語った。山本氏は「自分自身がスラップの被害者ならば、その立場に立って、立法していくのはかなり説得力がある」と共闘を呼び掛けていた。

     元々、水道橋と松井市長のバトルは2月、松井氏を批判したYouTubeを水道橋が引用して、ツイート。その内容について松井氏はツイッターで「水道橋さん、これらの誹謗(ひぼう)中傷、デマは名誉毀損(きそん)の判決が出ています」とし「言い訳理屈つけてのツイートもダメ、法的手続きします」と警告していた。今回訴えられたことについて、水道橋は「スラップ訴訟」と主張している。

     山本氏はビートたけしが司会を務めた「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の企画に「メロリンQ」として出演し、芸能界入り。水道橋とは「たけし」でつながる縁もある。“れいわのたけし軍団”としてタッグを組む。

     ◇水道橋博士(すいどうばしはかせ、本名小野正芳=おの・まさよし)1962年(昭37)8月18日生まれ、岡山県出身の59歳。ビートたけしに憧れ、明大に進学するも4日で中退。たけしに弟子入り後、浅草フランス座での活動を経て、1987年に玉袋筋太郎(54)と漫才コンビ「浅草キッド」を結成する。テレビ朝日「ザ・テレビ演芸」やテレビ東京「浅草橋ヤング洋品店」で人気を博した。近年はコメンテーターとしても活躍。血液型A。

     《ノックさん、きよし、東国原ら》国会議員に転身したお笑い芸人には、1968年の参院選で初当選し、後に大阪府知事を務めた横山ノックさんらがいる。71年には立川談志さん、74年にはコロムビア・トップさん、86年には西川きよし(75)が参院選に当選。たけし軍団からは東国原英夫(64)が宮崎県知事を務めた後、2012年に衆院議員となった。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a5a428fb4e8b4775402b7bcf7f22edf5dc74a99


    【【芸能】水道橋博士 れいわから今夏参院選出馬、師匠・たけしにも報告済み】の続きを読む



    立候補するのかな?

    元おニャン子・生稲晃子氏「自民出馬」急浮上の舞台裏…参院東京選挙区“安倍派案件”の納得
     なかなか決まらなかった今夏の参院選東京選挙区の2人目の自民党候補に「おニャン子クラブ」の元メンバーで女優の生稲晃子氏(53)が急浮上した。生稲氏は、2016年に設置された政府の「働き方改革実現会議」の民間議員を務めた。当時の安倍首相に対し、乳がんの治療と仕事を両立した経験から、サポート体制を提言してもいる。そうした経緯から、生稲氏に白羽の矢が立ったとみられる。

    自民は東京選挙区で現職の朝日健太郎氏(46)を公認済み。もうひとりの現職の中川雅治元環境相(75)は出馬せずに引退する意向のため、2人目の候補者探しを進めてきた。

    「朝日さんと支持層が重ならないよう『女性候補』で探してきましたが、元アナウンサーで弁護士の菊間千乃さんやキャスターの小谷真生子さんなど、ことごとく断られたようです。しかし、7月10日の投開票が見込まれる参院選は、公示まであと3カ月となり、準備を考えればそろそろ候補者を決めなくてはならない時期。どうしようもなくなったら、近く安倍派入会の観測も囁かれる片山さつき参院議員を、比例区候補から東京選挙区に回して擁立するしかないんじゃないか、なんて話も出ていました」(永田町関係者)

    引退する中川氏は安倍派所属で、後継候補は「安倍派案件」とされる。安倍氏肝いり会議のメンバーだった生稲氏なら、納得か。ただ、党本部や東京都連内に慎重論があるというから、スンナリ決定するのかどうか。

    【日時】2022年03月31日 14:31
    【ソース】日刊ゲンダイ
    【関連掲示板】

    【元おニャン子・生稲晃子氏「自民出馬」急浮上の舞台裏…参院東京選挙区“安倍派案件”の納得】の続きを読む

    このページのトップヘ