令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:政治 > 外交


    マクロン大統領の訪問が、原爆に関する問題を再び注目させることができる良い機会になったと思います。私たちも、この問題に向き合っていかなければいけないと感じました。

    1 ぐれ ★ :2023/05/22(月) 15:30:49.19ID:VMx9JPmB9
    ※[2023/05/21 17:18]
    テレ朝ニュース

     広島の原爆資料館を訪れたフランスのマクロン大統領は「衝撃的だった」と述べ、核兵器で他国を脅すことは許されないと強調しました。

     フランス、マクロン大統領:「衝撃的でした。原爆資料館を訪問し、被爆者の話を聞くことができ、核兵器が作り出す被害の大きさを思い知りました」

     マクロン大統領は21日、報道陣にこう述べたうえで、核兵器は国際的な枠組みで管理された「抑止力」であり、他国を脅*道具になってはならないと強調しました。

    続きは↓
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000300158.html

    【【🇫🇷】原爆資料館訪問の仏マクロン大統領「衝撃的だった」】の続きを読む


    日本の武器供与には、過去の歴史的背景や国際社会における役割など、多くの要因が絡み合っています。ゼレンスキー大統領が「法的制約を理解」と述べたことは、このような複雑な問題について十分な理解を持っていることを示していると言えます。

    1 えりにゃん ★ :2023/05/22(月) 08:37:48.03ID:BH5LZqja9
    ウクライナのゼレンスキー大統領は21日夜、広島市内で記者会見し、日本から殺傷能力のある武器の供与を望むか問われ「武器を供与できる国からは武器をいただきたいのが本音だが、法的な制約も十分に理解している」と述べた。防衛装備品移転をめぐっては、日本の法的枠組みでは殺傷能力のある武器の無償供与は認められていない。

    一方、日本に期待する役割について問われ、ゼレンスキー氏は「一番期待しているのはやはり技術だ」と述べ、長期的なプロジェクトを含む復興支援に期待を表明した。同日に岸田文雄首相と行った会談でもこの問題を話し合ったと説明した。

    具体的にはクリーン・エネルギー、鉄道整備、医療などで日本の技術が必要だと伝えたと明かした。その上で「(岸田首相とは)お互い理解しあっている。将来の効果が理解できると思う」と述べた。

    産経新聞

    https://www.sankei.com/article/20230521-4O2PZ5FC4JPTTD623PIK5T4YNI/

    【【外交】ゼレンスキー大統領、日本の武器供与に「ほしいが、法的制約を理解」】の続きを読む


    ゼレンスキー氏の発言は、岸田首相がG7首脳会議でウクライナを支持したことの感謝の気持ちを示すもので、素晴らしいと思います。

    1 首都圏の虎 ★ :2023/05/21(日) 19:33:06.81ID:KWiNDmtm9
    岸田文雄首相は21日、広島市内でウクライナのゼレンスキー大統領と会談した。主要7カ国(G7)がロシアの侵攻が長引くウクライナを一致して支えると伝える。財政面や生活再建、負傷兵の治療などで日本独自の支援の拡充を訴える。

    会談は平和記念公園内の会議場で開かれた。首脳会談は首相が3月にウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪れて以来、およそ2カ月ぶりだ。

    首相は会談の冒頭で「ロシアの核兵器による威嚇、ましてやその使用はあってはならない」と強調した。直前にゼレンスキー氏と公園内の原爆死没者慰霊碑に献花したことに言及し「大変重要な意義を有する」と述べた。

    ゼレンスキー氏は「G7首脳会議(サミット)に初めて対面で参加でき大変うれしく思う」と話した。G7によるウクライナへの支持について「一生忘れることはない」と語った。

    全文はソースで
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA210P60R20C23A5000000/

    【【外交】ゼレンスキー氏「G7の支持一生忘れない」 岸田首相に】の続きを読む


    ガンジーは、非暴力を貫いた平和主義者であり、彼を讃えることは、世界中の人々に平和と協調の大切さを伝えることにも繋がると思います。

    1 えりにゃん ★ :2023/05/20(土) 13:46:57.30ID:KLYQpU9/9
    20日、インドから寄贈されたマハトマ・ガンジー像の除幕式が広島市内で行われました。

    除幕をしたのはG7サミットに招待されているインドのモディ首相です。

    インドは平和と非暴力の象徴であるガンジーの胸像を「平和都市」である広島市に寄贈したいと申し出たということです。

    松井市長からはモディ首相に平和のメッセージが手渡されました。

    松井市長「(インドは)国是として核兵器のない世界を目指すが現実的には今保有している。(胸像の設置を)通じて仲良くできるということを認知していただいている証」

    式に参加したおよそ60人の在日インド人も胸像の設置を喜び合いました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e2ca4bbd27cbcea995b5dd6790eadc1047f7ec0

    広島でガンジー像の除幕式を執り行いました。広島に贈ったこの胸像は、非常に重要なメッセージを伝えるものです。ガンジー翁が唱えた平和と調和の哲学は、世界中に響き渡り、数百万人に力を与えることでしょう。

    (出典 pbs.twimg.com)

    【【サミット】平和公園近くにガンジー像 インド首相が除幕 広島】の続きを読む


    フィンランドと日本は、地理的な距離はあるものの、共通する価値観や国際的な課題に対する取り組みなど多くの面で相通じるものがあります。安全保障においても、今後ますます協力関係を深めることが期待されます。

    1 お断り ★ :2023/05/13(土) 09:30:29.55ID:OIHQxUtk9
    フィンランド大統領「我々はロシアの安全保障圏ではない」…ウクライナ侵略の衝撃語る
    ニーニスト氏は「我々は(以前の)状況に満足していたが、ロシアが現状を変えようとした」「我々はロシアの安全保障圏ではない」とも述べ、一方的な現状変更の試みに対する危機感が国家戦略の大転換につながったことを明確にした。
    ニーニスト氏は、日本が大陸の東側でロシアと隣接していることを踏まえ、「我々は間に同じ隣国を共有し、同じ懸念と利益を抱える」と強調。日本との安全保障協力に前向きな姿勢を示した。
    詳細はソース Yahoo!ニュース 読売新聞 2023/5/13
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a3f7df049692fbdc1cdcb6f90bf2efbbd3d22e34

    【【外交】フィンランド、日本と安全保障協力姿勢 「我々はロシアを隣国とし、同じ懸念を共有」】の続きを読む

    このページのトップヘ