令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 中央アジア


    トルクメニスタン Türkmenistan Туркмения 国の標語:なし 国歌:Garaşsyz, Bitarap, Türkmenistanyň Döwlet Gimni(トルクメン語) ^ トルクメニスタンでは憲法(英語版)規定により大統領自身が兼任している。 トルクメニスタントルクメン語:
    53キロバイト (6,145 語) - 2020年11月21日 (土) 09:02



    (出典 static.ukrinform.com)


    北朝鮮並みの独裁国家。

    謎に包まれた独裁国家に黄金の犬の像が

    中央アジアに位置する旧ソ連の国家、トルクメニスタン。グルバングルイ・ベルドイムハメドフ大統領の独裁政権下にあることで有名だが、その実態は北朝鮮以上に謎に包まれていると言われている。

    経済は天然ガス資源に依存しているが激しい貧富の差があり、国民のほとんどが貧困状態に陥っている。にも関わらず、税金がとんでもないことに使われていることが明らかになった。

    黄金の犬の像である。

    首都アシガバードにある公務員専用の住宅地に作られたこちらの像は、国内で自家繁殖されているアラベイ犬を模して作られている。2017年ロシアプーチン大統領に贈られた子犬と同一種だ。

    その高さは6メートルにも及び、土台にはLEDスクリーンが搭載され、アラベイ犬を称える映像が放映されている。その豪華すぎる仕様にどれほどの金額がかけられたかは不明である。

    国営メディアによると、この金の像は「この品種の誇りと自信を表している」とのこと。除幕式では、招待された少年にアラベイ犬をプレゼントしたという。

    大統領はかねてから友好国に犬や馬を贈る習慣があり、過去には先ほど紹介したプーチン大統領のほか、故ウズベキスタン大統領カタールの首長にも贈呈している。

    トルクメニスタン北朝鮮を超える自由度の低さが指摘されており、車の色を白に統一する法律から、大統領の写真が載った新聞などは捨てられないといった奇妙な禁止事項が存在している。これらもすべて、大統領政府の独断とのことだ。

     

    参照元:BBCFacebook

    【犬公方】トルクメニスタンの大統領、飢える国民をそっちのけで黄金の犬の像を建てる・・・


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【犬公方】トルクメニスタンの大統領、飢える国民をそっちのけで黄金の犬の像を建てる・・・】の続きを読む



    (出典 www.mlit.go.jp)


    脅威です。

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/07/10(金) 16:07:31.69

    2020年7月9日、人民日報は、カザフスタンで原因不明の肺炎が発生し、中国人を含む多くの死者が出ていると報じた。

    記事によると、カザフスタンにある中国大使館が「6月中旬以降、カザフスタンのアティラウ州、アクティウビンスク州、
    シムケント市で肺炎の発病率が高まっており、現時点で500人近くが感染し、30人余りが重症である」との情報を発表した。

    同国では今年上半期に肺炎で1772人が、6月だけで628人が死亡しており、死者には中国人も含まれているとのこと。
    また、致死率が新型コロナウイルスよりもはるかに高いとしている。

    そして、現地の衛生当局がこの肺炎を引き起こすウイルスについて研究を進めているものの、
    現時点で特定ができていないとし、同大使館が現地滞在中の中国人に注意を呼び掛けていることを伝えた。
    https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_819967/

    「新型コロナより深刻な肺炎、カザフで流行」と中国が報道
    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-kazakhstan-pneumonia-idJPKBN24B0NU


    (出典 natgeo.nikkeibp.co.jp)


    【【話題】 カザフスタンで原因不明の肺炎が流行、致死率は新型コロナよりはるかに高い】の続きを読む

    このページのトップヘ