令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 太平洋諸国



    酒が川に漏れたのかな?

    川

    飲みきれないほどの酒のことを、酒で満たした池に例えて「酒池」と言うが、現実に川の水が酒に変わるなど想像したことがあるだろうか。

    アメリカハワイ州のオアフ島を流れる川から、度数の高いアルコールが検出されたという不思議ニュースを、『Hawaii News Now』『Food and Wine』などの海外メディアが報じている。


    ■決して無視できない数値

    ハワイ州のオアフ島を流れるワイピオ川は、現地の言葉で「曲がった水」を意味する。このほど『Hawaii News Now』が川の水質調査を行ったところ、流れる水のアルコール度数はなんと1.2%にもなったという。

    これは、一般的なビールが5%程度とすると約4分の1程度ではあるものの、ノンアルコールビールでも0.5%以下であることを考えると、酒に弱い人なら酔っ払ってしまうかもしれない数値だ。


    関連記事:お酒の新スタイル「微アルコール」ブーム本格化 Amazonで人気の3ブランド

    ■閉め切ったパブのような臭い?

    現地を訪れた観光客によると、川の中に含まれているアルコールは辺り一帯を酒臭くするのには十分だったそうで、「3、4日間全く換気をしていないビアパブのようだった」と、その時の様子を振り返っている。

    また、この問題を保健省に報告したとされる環境活動家キャロル・コックス氏は、アルコール入りの川の水が自然にもたらす影響について、「非常に気がかりです」と述べている。

    ■原因はアルコール販売業者

    なぜワイピオは、突如として酒の流れる川になってしまったのか。その原因については、近隣に倉庫を構えるハワイ最大のアルコール飲料の販売業者である『パラダイスビバレッジ』の排水ではないかとされている。

    パラダイスビバレッジの担当者はこの問題を受け、現在は保健省や運輸省と協議を行いながら「(川に流れたアルコールは)私たちが原因かもしれないので、当局と協力して適切に対応していく」とコメントを出している。


    ■この川の水を採取して…

    このニュースを受け、SNS上では「酔っぱらいの観光名所になるかも」「この川の水を採取してミネラルウォーターとして販売しよう」「魚って酔っ払うの?」と、さまざまなコメントが寄せられた。

    突如として川の水が酒になるという、世の酒好きにとっては夢のような出来事ではあるものの、周辺に住む生き物たちがベロベロに酔っ払ってしまわないよう、早急に対処してもらいたいものだ。

    ・合わせて読みたい→ドイツの激ウマノンアルビール・ヴェリタスを凌駕 高級微アル・エルディンガーが絶品すぎる

    (文/Sirabee 編集部・びやじま

    観光地の川からアルコールが検出 一帯は「閉め切った酒場のような臭い」に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【観光地の川からアルコールが検出 一帯は「閉め切った酒場のような臭い」に】の続きを読む


    海洋プラスチックゴミの問題は大きいです。

    美しいビーチはハワイの魅力のひとつですが、今大量のプラスチックゴミに悩まされています。


    そしてそのゴミのなかには日本から流れ着いたものも大量に含まれています。


    今回はこのハワイの海のプラスチックゴミ問題と、豊かな海を守る取り組みについて考えてみたいと思います。


    太平洋ゴミベルトからの海洋ゴミが大量にハワイの海岸に流れ着いている


    Pacific-garbage-patch-map_2010_noaamdp

    参照:Wikipedia


    日本を含め世界で捨てられたプラスチックゴミは、海へ流れ出すと黒潮をはじめ、北太平洋海流、カルフォルニア海流、北赤道海流という4大海流の渦の中心に集まります。


    こうして集まった海洋ゴミは島のような固まりとなって漂っており、世界で最も大きなものがハワイ州カルフォルニア州の間にある「太平洋ゴミベルト(GPGP)」です。


    このゴミの島の大きさはなんと日本の国土面積の4倍の約160万平方メートル


    1.8兆個といわれる海洋ゴミの94%は2.5mm にも満たないマイクロプラスチックで、重さにするとゴミ全体の8%ほどです。


    ゴミの総重量9万トン(ジャンボジェット機500機分)のうち約46%を占めるのが漁業用の網で、そのうち10~20%が2011年に日本を襲った津波によるものとされ、その他にも様々なプラスチックゴミが含まれています。


    そしてこの太平洋ゴミベルトGPGPのすぐ側にあるのが私たちの大好きなハワイ諸島です。


    いまハワイ海岸線には太平洋ゴミベルト(GPGP)からプスチックゴミを中心とした海洋ゴミが大量に漂着しています。


    海洋ゴミはどのような被害を及ぼすのか



    海洋ゴミの大部分を占めるプラスチックは日光の影響で非常にもろくなり、他の漂流物や岩などにぶつかりマイクロプラスチックゴミになります。


    このマイクロプラスチックゴミは海中の残留性有機汚染物質(POPs)と呼ばれる有害化学物質を取り込みやすいことが分かっています。


    海洋生物や海鳥たちが餌と間違えて摂取すると、炎症反応、摂食障害などにつながることもあります。


    さらにマイクロプラスチックを摂取したプランクトンから始まる食物連鎖によって私たち人間が間接的に有害物質を摂取してしまうことも・・・。


    マイクロプラスチックゴミを減らすということは美しいハワイの海を守るためだけでなく、私たち人間を含めた生き物も守ることになるのです。


    日常生活のなかでできるハワイの海や海洋生物を守るアクション



    プラスチックはゴミとして適切に処理されれば問題ないのですが、ポイ捨てや不適切に処分すると風に飛ばされたり川などに流されたりしてやがて海に行き着きます。


    このようにして太平洋ゴミベルト(GPGP)へやってくる海洋ゴミは、その80%が私たちの日本も含まれるアジアからのものだといわれています。


    ハワイの海を守り、海洋生物や私たち自身を海洋ゴミから守るため、私たちに今何ができるのかを考えてみましょう。


    ハワイの海岸で行われるゴミ拾いのボランティアに参加するという方法もありますが、今は新型コロナで思うようにハワイに行くことができません。


    まずは日常生活の中で「リデュース(Reduce)」や「リユース(Reuse)」、「リサイクルRecycle)」など、簡単にできることを積み重ねていけば、日本からハワイの海を守ることにつながっていくのではないでしょうか。




    ハワイでも大きな問題となっている海洋プラスチックゴミ。ハワイを愛する私たち一人一人のプラスチックごみを減らすという意識や行動が、ハワイや世界の海の未来を守るはずです。

    ハワイの海が大量の海洋プラスチックゴミに襲われている!ハワイラバーとしてハワイのためにできることをご紹介


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ハワイの海が大量の海洋プラスチックゴミに襲われている!ハワイラバーとしてハワイのためにできることをご紹介】の続きを読む


    スゴい

    新型コロナウイルスワクチン接種の進み具合が国によって大きく異なるなか、1回目の成人に対する接種率が100%を超えるという「世界記録」を達成したという国が出た。南太平洋の島国、ナウルだ。同国政府観光局が2021年5月13日ツイッターで達成を報告すると、日本でも大きな注目を集めた。

    元々、ナウルでは新型コロナ感染者が確認されていない。さらに、国際的な枠組みを通じて十分な量のワクチンが供給され、接種会場の時間を延長するなどの柔軟な運営がスムーズな接種につながったとみられる。

    COVAX経由でアストラゼネカ製ワクチンの供給を受ける

    ナウル政府の5月11日付の発表によると、1回目の接種は5月7日まで4週間かけて行われ、国内の成人(18歳以上)7392人が接種を受けた。ナウル政府の推計では20年末の成人人口は6812人。全成人の1.08倍の人に接種した計算だ。接種の時間帯は事前に指定されたものの、予約なしの接種も歓迎。住民の勤務時間に合わせる形で、接種会場の運営時間を延長したりしたという。ナウルでは比較的若年層が多いため、それでも接種を受けた人の割合は全人口の63%にとどまる。

    ナウルは、国連主導の途上国向けワクチン共同調達の枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」を通じて、英アストラゼネカ製のワクチンの供給を受けている。同社製のワクチンは2回接種することになっており、8週間の間隔が必要。2回目の接種は7月中旬を予定している。

    そもそも、ナウルでは新型コロナ感染者数はゼロが続いている。ナウル政府の発表では、

    「政府のコロナウイルス対策本部は、この世界記録を非常に喜ばしく思うとともに、ナウル新型コロナがなく(Covidフリー)で安全であり続けるために役割を果たしている、ナウルの全ての皆様に感謝する」

    などとして国民の取り組みに感謝している。

    近隣国14日+隔離施設5日の水際対策も奏功?

    世界的に国境を越えた往来が困難な状況が続くが、ナウルへの入国は特にハードルが高い。まず、ナウルに入国しようとする人は、クック諸島、フィジー、仏領ポリネシア、キリバス、マーシャル諸島といったナウルが指定する近隣国・地域に14日以上滞在する必要がある。入港後も「指定住居-移行ステーション」と呼ばれる施設で最低5日間の隔離措置が義務づけられている。こういった煩雑な手続きが水際対策として奏功しているとみられる。

    元々の人口が少ないため単純に比較はできないが、比較的接種が進んでいるとされる国々に比べても、ナウルの接種率は飛び抜けて高い。オックスフォード大が運営する統計サイト「アワー・ワールド・イン・データ」によると、少なくとも1回接種を受けた人の割合は5月11日時点でイスラエルが62.70%、英国52.62%。日本は2.91%だ。

    J-CASTニュース編集部 工藤博司)

    太平洋の島国、ナウルでは新型コロナワクチンの1回目の接種率が100%に達した


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【島国ナウルが「ワクチン接種率100%」達成 日本でも話題...快挙の背景は】の続きを読む



    (出典 www.globalservice.co.jp)


    影響が残っているのか。


    日本がポツダム宣言を受諾したその時まで日本の一部であり、今も親日国として知られる南の楽園パラオ共和国スペイン統治時代やドイツ統治時代にはなかったインフラ設備を当時の日本人が整備し、その後も様々な経済協力を行っていたことから日本は好かれているようです。そんなパラオ共和国には、実は公用語日本語の地域があるのです。

    ほぼ同じ!パラオ

    こちらの画像に出ているのは本当にごく一部。単語だけでも約800語が日本語由来の言葉だそうです。美味しいが「アジダイジョーブ」、ビールを飲むが「ツカレナオース」、オウムが「ヤッコチャン」なところ以外はほぼ同じです。他はニュアンスで分かるけど、ヤッコチャンって何だろう。

    source日本教育学論文(ダニエル・ロング)

    なんかとてもかわいい

    この一つ下に該当の動画も貼り付けていますが、動画で見て頂ければ可愛さが伝わるかも。なぜか本当に可愛く感じます。動画内の1:10のあたりのイワシ(何故かサバの缶詰めを指すらしい)とか、不思議なモノもありますが概ね日本語と同じでなんだかとてもうれしくなります。

    是非動画も見てみて欲しい

    動画内では、開始40秒すぎくらいの部分から、沢山の日本語由来のパラオ語を紹介してくれています。「バカヤロ」(罵詈雑言として使う、そのまま馬鹿野郎の意)「ノンベエ」(そのまま酒飲みの意)なんか本当にスゴイです。

    それにしても、これだけ日本語が通じるならすぐにでも行ってみたくなるようなきれいな島ですね。アフリカで一番浸透している意外な日本語も不思議な縁がありましたが、日本語が通じると何故か嬉しくなるのは何故なのでしょう。

    画像掲載元:写真AC

    source在パラオ日本国大使館



    画像が見られない場合はこちら
    日本語と完全に一致するパラオ語が可愛すぎると話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本語と完全に一致するパラオ語が可愛すぎると話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ