令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 東南アジア



    (出典 blog-imgs-41.fc2.com)


    危険なことは身近にある。

    1 ばーど ★ :2020/09/27(日) 17:49:51.40

    密造酒で中毒症状 死者も

    インドネシアで複数の在留日本人が、密造酒が原因と見られる中毒症状を発症し、死者が出ていることが分かり、現地大使館が注意を呼びかけている。

    在インドネシア日本大使館は9月26日、首都ジャカルタ圏内で最近、密造酒(非正規の自家製アルコール飲料)を飲んだ複数の在住日本人が深刻な中毒症状を起こし、死者が出たと発表した。大使館がホームページ上に公開した当該密造酒はプラスチックのボトルに入っていた。

    インドネシアでは長年にわたって密造酒が大きな社会問題となっている。2018年には密造酒を飲んだ60人以上が死亡するなど、死亡事故が毎年のように相次いでいるのだ。過去に押収された密造酒からはメタノール成分や高カフェインの栄養ドリンク、虫よけ剤など検出された。

    安価な密造酒に手を出す人々も

    なぜ密造酒が国内で広く出回っているのか。インドネシアは国民の大多数がイスラム教徒で、戒律ではアルコールの摂取が禁じられているが、酒の販売は国の法律では認められている。一方でアルコール類の税率は高く設定されていて、低所得者層の人々は安価な密造酒に手を出すことが多い。厳しい規制が、結果的に密造酒が出回る原因ともなっている。

    在インドネシア日本大使館は、この“殺人密造酒”が他の在留日本人にも出回っている可能性があると指摘し、「インドネシアにおいては、密造酒や闇酒が広く出回っている状況がありますので、いかなる場合であっても、非正規のアルコール飲料の購入及び摂取は絶対にお止めください」と注意を呼びかけている。

    【FNNバンコク支局長 佐々木亮】

    9/27(日) 17:27 FNNプライムオンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/10dcf1e42c61878c136827898ee4ff93edf775e4

    (出典 fnn.ismcdn.jp)


    【【インドネシア】密造酒を飲んで中毒症状、複数の日本人死亡か…日本大使館が注意喚起】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    韓国はかなり過剰になっています。


    2020年9月23日韓国・聯合ニュースは「韓国の公務員の執念でベトナムの飲食店にある旭日旗デザインの看板が修正された」と報じた。
    記事によると、ヨン・サンベ龍山国際交流事務所長は1日、ベトナム中部のビンディン省クイニョン市に新しくオープンした和食店に旭日旗を連想させるデザインの看板が掲げられているのを発見。店主に「日本帝国主義を象徴する戦犯旗に似たデザインを変更してほしい」と頼んだが、店主からは「外部のインテリアメーカーが担当したものであり、デザインを変更する権限がない」との回答があった。ヨン所長はインテリアメーカーにも修正を依頼したが、「ネットで日本風デザインを検索し、目に留まったものを描いただけ」「ベトナムには旭日旗デザインを禁止する法律はない」などとして拒否されたという。
    そこでヨン所長は自身のフェイスブックに当該看板の写真を掲載して問題を拡散させた。すると和食店には抗議の電話が相次いだ。ヨン所長は翌日も和食店を訪れ説得したが、店主からは「フェイスブックの投稿のせいでイメージダウンした」として反対に損害賠償を求められた。それでもめげずに「投稿を削除し、費用も負担するので看板を修正してほしい」と説得したところ、店主は承諾し、3日後に看板のデザインが修正されたという。
    ヨン所長は変更された看板の写真をフェイスブックに掲載し、「賢明な判断をしてくれてありがたい。クイニョン市で最も有名な店になると信じている」と書き込んだという。
    これに韓国のネットユーザーからは「尊敬する。簡単なことではないし、キャリアアップにつながるわけでもないのに」「真の愛国者だ。全国民が彼のようなマインドを持ったら韓国は永遠に続くだろう」「こういう公務員には国から賞を与えるべき」など称賛の声が続々と寄せられている。
    一方で「日本から被害を受けた国は多いのに、なぜ韓国だけが日本と戦っているのだろうか」と嘆く声や、「外国の事業場で何をしているのか。恥ずかしい」「余計なおせっかい。ベトナム人は気にもしていないのに」など否定的な意見も見られた。
    旭日旗をめぐっては最近、フィリピンの人気インフルエンサー、ベラポーチ(Bella Poarch)さんも左腕に旭日旗柄のタトゥーが入った写真をSNSに掲載して韓国のネットユーザーから批判を浴びた。ベラポーチさんは「旭日旗の歴史的背景を知らなかった」として謝罪したがネットユーザ―の怒りは収まらず、「貧しいフィリピン人は小さくて学がない」など人種差別的発言が飛び交った。さらにこれを見たフィリピンネットユーザーが「韓国は謝罪せよ」とのハッシュタグで反撃に出る事態にまで発展していた。(翻訳・編集/堂本

    23日、韓国・聯合ニュースは「韓国の公務員の執念でベトナムの飲食店にある旭日旗デザインの看板が修正された」と報じた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ベトナムで旭日旗看板を発見した韓国人、執念の説得で修正させる=ネットで称賛の嵐】の続きを読む



    (出典 s.eximg.jp)


    世界でいろいろやっているみたいです。

    2020年9月10日韓国ファイナンシャルニュースは「フィリピンでは最近、嫌韓感情が高まっているが、過去にはベトナムでも嫌韓騒動があった」と報じた。
    記事によると、フィリピンの女性インフルエンサー、ベラ・ポーチ(Bella Poarch)さんが最近、Tiktokダンス動画で自身の腕に入れたタトゥーを公開した。赤い心臓から16本の赤い光線が伸びていることから、韓国のネットユーザーを中心に「旭日旗を連想させる」と物議を醸したという。
    その後、ベラさんはツイッターで「私は歴史についてよく知らなかったし、その事実を知ってからタトゥーを消すための予約をした。自分自身が恥ずかしく、心からおわびする」とした。しかし一部のネットユーザーは、フィリピンについて「貧しい国」「小さな民族」など非難の言葉を浴びせ続けた。
    すると、フィリピンネットユーザーから、ハッシュタグ「キャンセルコリアcancel Korea)」を使った運動が始まった。ベラさんもツイッターに「韓国の方が私を攻撃するのは大丈夫だ。しかし、フィリピンの人々を攻撃してあざ笑うのは我慢できない」と非難したという。
    また、記事は「新型コロナウイルス発生初期にはベトナムでも嫌韓が広まっていた」としている。韓国からベトナムに入国した韓国人を隔離した際、バインミーベトナムサンドイッチ)を提供したのだが、ある韓国人がこれを「パン切れ」と発言したことに端を発したものだったという。
    これを受け、韓国のネット上では「どちらも情けない発言。人種差別はしてはならない」「国の品格を落とすのはやめてくれ」「韓国は外国人差別が深刻」など、ため息交じりの声が上がる一方、「今後はベトナムフィリピンの顔色もうかがわなきゃいけないの?」との声も見られた。(翻訳・編集/松村)

    10日、韓国・ファイナンシャルニュースは「フィリピンでは最近、嫌韓感情が高まっているが、過去にはベトナムでも嫌韓騒動があった」と報じた。写真はフィリピンの国旗。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【フィリピンで嫌韓拡散、過去にはベトナムでも?=韓国ネットため息「情けない」】の続きを読む



    (出典 www.seirogan.co.jp)


    脅威です。

    1 ばーど ★ :2020/08/17(月) 18:18:59.13

    ・インドからの帰国者から始まったクラスター、少なくとも3人検出
    ・変異株は「D614G」と呼ばれ、世界の他の地域でも確認されている

    感染力が10倍高いことが判明している新型コロナウイルス株がマレーシアで確認された。

    「D614G」と呼ばれるこの変異株は世界の他の地域でも確認されているが、レストランのオーナーから始まったクラスターの感染者45人のうち少なくとも3人に見つかった。この男性はインドから帰国した後、14日間の自宅隔離措置に違反した。このウイルス株はフィリピンからの帰国者を含む別のクラスターでも確認された。

    マレーシアは新型コロナの感染再拡大をおおむね阻止してきたが、ここにきて新たな感染者数が増加傾向にある。15日には26人の新規感染者が確認され、7月28日以来最多となった。16日の新たな感染者は25人だった。

    原題:
    Malaysia Finds Virus Strain That’s 10 Times More Infectious (1)(抜粋)

    2020年8月17日 13:17 JST
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-17/QF6QVTDWRGG301

    ★1が立った時間 2020/08/17(月) 16:11:13.21
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597648273/


    (出典 www.med.kurume-u.ac.jp)



    (出典 s.skygate.co.jp)


    【マレーシア、新型コロナウイルスの変異株「D614G」を確認 10倍高い感染力】の続きを読む



    (出典 www.intage.co.jp)


    どうなるのかな?

     経済が急成長しているベトナムは、今後のさらなる発展が期待される国でもある。米中摩擦で中国から工場をベトナムに移転させる企業も少なくないが、新型コロナウイルスの問題をきっかけにこの流れはさらに加速すると見られている。中国メディアの騰訊はこのほど、ベトナムが次の日本や韓国になる可能性について分析する記事を掲載した。

     記事は、ベトナムが中国でも見直され始めていると紹介。ベトナムに行ったことのある人は、1990年代の中国を思い出し、懐かしく感じるそうだ。開発地区を作り、外資を引き込んでいるためで、ますます多くの企業が中国からベトナムに生産拠点を移しているという。

     このようにベトナムはかつての中国に似ており、急速に経済発展を遂げているため、「将来日本や韓国のようになるのではないか」という意見もあるようだ。しかし記事は、その可能性を否定し「成長したとしてもせいぜいタイ止まり」との見方を示している。その理由は3つあるそうだ。

     その1つは「産業が単一すぎること」。ベトナムで生産されるもののほとんどが衣料品、靴、電子製品などのローエンド製品で、労働力の安さを武器に他人がやりたがらない仕事をしているだけだと指摘した。

     2つ目は現時点では「単なる中間業者に過ぎない」こと。産業チェーンを持っているわけでもなく、革新技術もなく、ただ外資系に頼って経済発展して「漁夫の利」を得ているだけなのだとしている。

     3つ目には「貿易摩擦によって金融開放を余儀なくされること」。特に対米貿易黒字が大きく、これが米国の不満を引き起こしていると記事は指摘。そのため市場拡大や金融開放を要求されるようになり、これはベトナムのような国にとっては大きな打撃になるとしている。

     とはいえ、ベトナムが注目されているというのは間違いない。人口が約1億人で国民の平均年齢が30歳あまりと若者の多い国でもあり、今すぐ「次の日本」になることはできなくても、中国人に警戒感を与えるほど将来性があると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    「次の日本」、「次の韓国」になれるのか? 急速に経済発展を遂げているベトナム=中国


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「次の日本」、「次の韓国」になれるのか? 急速に経済発展を遂げているベトナム=中国】の続きを読む

    このページのトップヘ