令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 災害


    震源は三重県沖、なぜ関東・東北が揺れた? 「異常震域」の仕組み
    …大きく揺れる現象は「異常震域」と呼ばれる。三重県南東沖では数年に1度、M6クラスの地震が発生しており、いずれも今回のように異常震域が生じたという。  …
    (出典:朝日新聞デジタル)


    17時頃に発生した地震の震源が三重県南東沖であることが信じられないです。そんなに離れた場所が震源とは・・・・・

    【【地震】三重県南東沖の深発地震で異常震域】の続きを読む


    指摘する。

    健康で長生きするにはどうすればいいのか。脳科学者の西剛志さんは「脳年齢を若く保つことが重要だ。部屋が寒いと認知症リスクが高くなり、脳の老化が進みやすい。室温は18度以上に保ったほうがいい」という――。

    ※本稿は、西剛志『80歳でも脳が老化しない人がやっていること』(アスコム)の一部を再編集したものです。

    ■「何もしていない時間」が健康長寿をもたらす

    「毎日たくさんの予定を入れて、忙しくする。充実感もあるし脳にもいいので、いくつになってもその生活をキープしていきたい」

    もしあなたがそう思っていたら、少し待ってください。

    この考え方、脳にとってよくない部分もあります。スーパーエイジャー(80歳以上になっても新しいことに挑戦し続けて人生を謳歌している脳と体が老化していない人)の生活習慣で多くの人に共通していることのひとつに「リラックスする時間がある」ことが挙げられます。

    「ボーッとしている時間があると脳は働かなくなるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実はそれは半分正解で、半分間違いです。

    ここでいうリラックス時間とは、好きなことをする、お酒を楽しむ、仕事とは関係ない趣味をする、ボーッと空を見たり、風呂につかったり、好きな音楽にひたったり、カフェゆっくり本や新聞を読むなどの時間で、大切なのは「心がゆったりしていて、難しいことを考えていない状態」を指します。

    要は、「休息していると自分が認識している時間」ですね。

    こういう時間をしっかりととることがなぜ必要か、そこには明確な理由があります。それは、ストレスが脳にダメージを与えるからです。ストレスレベルが高いと、認知症リスクが上がることが、最新の研究で結論づけられました。

    リラックスできる時間は、脳のストレスを下げる効果があります。たとえば体の調子が悪いとき、面白いテレビや動画を見たり、音楽を聴いたりすると、気分が楽になって体調がよくなったように感じた経験はないでしょうか?

    専門用語では「打ち消し効果」と言って、私たちはマイナスな状態になったとしても、プラスのものに触れることで、ストレスが相殺されるのです。

    ■ボーっとしている時間に脳全体が活性化する

    リラックスする時間の中で、何もしていない時間に、実は脳が最も活性化していることがわかっています。これを「デフォルトモードネットワーク」と言います。

    デフォルトは英語で「何もしないこと・怠慢」などの意味です。何もしない状態(モード)の脳がネットワークが一番活性化しているという意味の用語です。何もしないときは、脳も何もしていない状態と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

    むしろ逆で、運動をしているときよりも、計算しているときよりも、活性化しています。しかも特定の部分だけではなく、脳全体が活性化しているのです。

    たとえば、入浴してボーッとしたり、カフェで何もせず時の流れに身を任せているとき。その瞬間、脳はこれまでの情報を統合しています。

    要はごちゃごちゃした状態を整理しているのです。インプットした情報を整理し、自分のものにしていくためには、休息の時間も必要なのです。

    睡眠中に脳はすごい働きをしているという話を聞いたことがありませんか? これも同じことです。睡眠不足は脳にとっても大敵ですし、若い頃にテストの一夜漬けをしても全く身についていなかったというのも、同じ原理です。

    いくら忙しくても、リラックスする時間、休む時間を設けることは脳に必要なことなのです。その時間をつくることで、認知機能が上がります。

    ただ、ここはバランスが必要です。ずっとリラックスしたまま、休息したままだとインプットされるものがないので、デフォルトモードネットワークは起きません。認知機能も上がりません。

    ですから、毎日やることをちゃんとつくり、その間にリラックス時間をつくる。そのバランスが大切なのです。

    ■趣味が多い人は認知症になりにくい

    65歳以上の人の約3割は「趣味の数がゼロ」だそうです。仕事や子育てに奔走していた頃はなかなか趣味の時間をとるのが難しかったという人もいると思いますが、65歳以上になったら趣味を持つことをおすすめします。

    趣味は人生を楽しむ要素というだけでなく、「認知症の予防効果」もあるからです。

    実は、趣味の数が多い人ほど認知症を発症しにくいというデータがあるのです。男性の場合は、趣味が5つ以上ある人は認知症発症が一番少なく、女性の場合は趣味が4つの人が一番発症が少なくなっています。

    趣味が多いと認知症になりにくい理由は、楽しいことに打ち込んでいると「打ち消し」効果でストレスが解消されるからです。ストレス認知症やうつのリスクを高めることがわかっていますが、趣味に打ち込む人はストレスを感じにくいため、脳が老化しにくいのです。

    ある調査によると、生きがいを感じるトップ3は、「趣味に熱中しているとき」「子どもや家族、友人と接しているとき」「美味しいものを食べているとき」だそうです。趣味に打ち込んでいる時間に生きがいを感じる人は世界的にも多く、そのことが脳の認知機能にいい影響を及ぼしています。

    また、趣味はひとつよりも2つ3つと数が多い人のほうが認知症の発症が少ないのは、「快感を感じる回数が多いほどストレスが解消される」「社会との接点を趣味でつくっている」「新しいことに挑戦している」などの理由があると考えられます。

    周りを見回してみてください。趣味が多い人って、いきいきしている印象がないですか? 一方で、無趣味の人はどうでしょうか。スーパーエイジャーも趣味が多い人ばかりです。

    「長生きしたけりゃ、趣味をたくさん持つ」

    これも、脳を元気に保つ秘訣(ひけつ)です。

    ■60歳からは犬を飼ったほうがいい

    話し相手がいないのは、60歳を超えたらリスクになります。なぜなら、孤独感認知症の発症に大きく関わっていて、脳の老化を進行させるからです。

    と言っても、一人暮らしをしていたり、夫婦関係が冷え切ってしまっていると、なかなか日常の中で人とのつながりを感じるのは難しいかもしれません。そんなときは、ロボットに話しかけるだけでもOKです。

    でも、ロボットよりもさらに効果が高いのがペットなどの動物に話しかけることです。温かいものに話しかけるほうがロボットよりも幸福度を高く感じるのです。

    ペットを飼うと孤独感が減ったり、動物に話しかけることで幸福ホルモン・オキシトシンが出ることがわかっています。また、動物と一緒にいると血圧が下がったり、認知機能の低下を防いでくれるので、孤独感だけでなく老人脳そのものを予防してくれる効果も期待できます。

    中でも特に、私たちに恩恵をもたらしてくれるのが、犬です。最新の研究で、犬を飼うと認知症リスクが減り、さらに介護リスクや死亡リスクまで減ることがわかっています(ちなみにこの効果は猫を飼っている人には見られなかったそうです)。

    犬の世話をすることは高度な脳の機能を使うので、認知機能の向上につながります。ただし、犬を飼っていても世話をしない人には認知機能への効果はありませんでした。

    ■「犬を飼っているとモテる」は本当だった

    ほかにも犬ならではのメリットがあります。それは、犬の散歩です。散歩が自動的に運動をする習慣をつくってくれるのです。外に出て日光を浴びる量が増えればセロトニンが出やすくなり、さらにメラトニンの分泌も増えるため、睡眠の質も高まりやすくなります。

    犬の散歩は、人とのつながりを生みやすいのも利点です。人は共通点がある人に親近感を抱きやすいので、犬という共通の存在がいることで、話しかけられたり挨拶したりと飼い主同士のつながりが生まれやすくなります。

    ブルターニュ大学の面白い実験があって、240名の通りすがりの女性に男性から声をかけて電話番号を教えてもらうのですが、普通に声をかけると9%だった成功率が、犬を連れているとなんと成功率が28%と約3倍にも跳ね上がりました。

    昔から「犬を飼っているとモテる」という話がありますが、実験結果からも人間関係を円滑にする効果があることがわかっているのです。男性だけでなく女性が連れていても、話しかけられる頻度が上がるので、コミュケーションが苦手な人は特におすすめします。

    また、犬を飼う効果が最もあったのが、一人暮らしの高齢者です。死亡リスクが33%も減ったそうです。犬を介してコミュニケーションを実現するのが、犬を飼ういい部分のひとつなのです。

    ■室温が低いと脳は老化する

    脳年齢と部屋の温度が関係していると聞いて、驚く人もいるかもしれません。部屋が寒いと老人脳のリスクが高まります。寒いと血管が縮み、血圧が上がってしまうからです。高血圧認知症リスク因子なので、血圧を下げることは老人脳を防ぐために大切なことです。

    慶応大学の伊香賀俊治先生の研究によると、冬場の居間の室温が低い家と、それよりも5度暖かい家を比べた結果、暖かい家に暮らす人のほうが脳年齢が10歳も若かったそうです。当然ながら、認知症リスクも軽減されていると思います。

    WHO(世界保健機関)は冬場の住宅の室温を「18度以上に」ということを強く勧告していますし、高齢者や子どもがいる家は、さらに高い温度が推奨されています。

    実際の冬場の室温はどのくらいの家が多いのか。日本の住宅を2000戸調査したところ、居間で6割、寝室や脱衣所ではなんと9割の家が18度に達していなかったそうです。実際は、居間で16度、廊下や脱衣所は約12度だったそうです。

    確かに木の家が多い日本では、冬場はかなり温度は下がりますし、居間はともかく、廊下や脱衣所までは暖房器具がない家も多いでしょう。ただ、脳の老化を防ぎ、血管への負担を減らすためにも、室温対策はぜひ行ってください。

    イギリスでは「家の寒さと死亡率の関係」が長年調査されていて、その結果を「住宅の健康・安全性評価システム」として公表しているのですが、その調査によると「16度以下になると、呼吸系疾患に影響が出る」「12度以下になると、高血圧や心血管リスクが高まる」とされています。

    「18度以上」、この室温を冬場はぜひ守ってください。

    ■5度の違いで仕事効率が激変する研究結果も

    部屋の温度が集中力や作業効率に影響することもわかっています。寒かったり、暑かったりすると、やはり効率は落ちるのですね。脳の状態にも大きく影響します。

    アメリカの実験でこんなものがあります。フロリダにある保険会社で、主にパソコン作業をしている女性を対象に、室温と作業の効率を調べる実験が行われました。

    フロリダは避暑地としても有名ですが、年間通して暖かい場所です。オフィスでは冷房がついていることが多いのですが、室温が20度のときよりも25度のときのほうが、圧倒的に作業効率が上がったそうです。

    タイピングミスが44%減少
    タイプする文字量が150%増加

    すごい違いです。室温を変えただけでこんなに違うなら、1年通したらどれだけ差が出ることでしょうか。ちなみに、寒いだけでなく、室温が高くなりすぎるのもNGです。室温が25度を越えると、1度上がるごとにパフォーマンスが2%低下したそうです。

    ヘルシンキ工業大学の研究では、オフィスワークをする人を対象にリサーチした結果、22度が最も作業効率が上がる温度だったそうです。

    ■脳がフル稼働する湿度がある

    また、湿度も大切です。湿度が35%以下になると乾燥でまばたきの回数が増えるため作業効率が下がったり、70%以上だと疲れを感じやすくなることも指摘されています。

    私もいまでは湿度管理ができる空気清浄機をリビングに置いているのですが、部屋が快適だと集中とリラックスの状態が生み出されやすくなるため、同じ時間でも多くの仕事がこなせるようになり、目も疲れにくく仕事がはかどるようになりました。

    集中力が落ちてきたという自覚がある人は、部屋の温度と湿度に注意を向けてみてください。また、子どもの勉強効率も同様に上がります。子どもや孫が勉強に集中できる室温や湿度を、ぜひ設定してあげてください。

    参考文献
    デフォルトモードネットワークRaichleME.“Thebrain’sdefaultmodenetworkAnnu.Rev.Neurosci.2015,Vol.38,p.433-47
    ・趣味が多いほど、認知症になる人が少ない/LingL.,et.al.,“Typesandnumberofhobbiesandincidenceofdementiaamongolderadults:Asix-yearlongitudinalstudyfromtheJapanGerontologicalEvaluationStudy(JAGES)”,日本公衛誌,2020,Vol.67(11),p.800-810
    日本人生きがいを感じるトップ3/高齢者の生活と意識に関する国際比較調査,平成27年度(内閣府
    ・趣味が多いほど、死亡リスクが下がる/KobayashiT.,et.al.,“ProspectiveStudyofEngagementinLeisureActivitiesandAll-CauseMortalityAmongOlderJapaneseAdults”,J.Epidemiol.,2022,Vol.32(6),p.245-253
    ペットを飼うと孤独感が優位に減る/BanksMR.&BanksWA.,“Theeffectsofanimal-assistedtherapyonlonelinessinanelderlypopulationinlong-termcarefacilities”,J.Gerontol.ABiol.Sci.Med.Sci.,2002,Vol.57(7),M428-32
    ・動物に話しかけるとオキシトシンが出る/Marshall-PesciniS.,etal.,“TheRoleofOxytocinintheDog-OwnerRelationship”,Animals(Basel),2019,Vol.9(10),p.792
    ・犬も飼い主の目を見るだけでオキシトシンが出る/NagasawaM.,“Socialevolution.Oxytocin-gazepositiveloopandthecoevolutionofhuman-dogbonds”,Science,2015,Vol.348(6232),p.333-6
    ペットといると血圧が下がる/Motooka, M., et.al., “The physical effect of animal assisted therapy with dog, Japan J. Nursing, 2002, Vol.66, p.360-367/Lynch J. 1983 10章 動物を眺め、動物に話しかけることと血圧の関係―生き物と相互作用の生理的結果―キャッチャー、A.M.&ベック、A.M. 編コンパニオンアニマル研究会訳1991 『コンパニオンアニマル』誠信書房, p.119-130
    ペットを飼うと認知機能の低下スピードが下がる/“Companion Animals and Cognitive Health; A Population-Based Study-Do Pets Have a Positive Effect on Your Brain Health? Study Shows Long-Term Pet Ownership Linked to Slower Decline in Cognition Over Time”, American Academy of Neurology 74th Meeting Press Release 2022, Feb.23,
    ・犬を飼うと介護や亡くなるリスクが半減(ネコは効果がなかった)/TaniguchiY.,“Evidencethatdogownershipprotectsagainsttheonsetofdisabilityinanoldercommunity-dwellingJapanesepopulation”,PLoSOne,2022,Feb23,Vol.17(2),e0263791
    ・犬を世話していることが認知症リスク低下する行動と関連/OpdebeeckC.,etal.,“WhatAretheBenefitsofPetOwnershipandCareAmongPeopleWithMild-to-ModerateDementia?FindingsFromtheIDEALprogramme”,J.Appl.Gerontol.,2021,Vol.40(11),p.1559-1567
    ・犬を連れていると電話番号を教えてもらえる/GuequenN.&SergeC.,“DomesticDogsasFacilitatorsinSocialInteraction:AnEvaluationofHelpingandCourtshipBehaviors”,Anth.AMultidis.J.Inter.People&Animals,2014,Vol.21(4)
    ・犬を飼っている一人暮らしの人は死亡リスクが33%低下/MubangaM.,etal.,“Dogownershipandtheriskofcardiovasculardiseaseanddeath-anationwidecohortstudy”,Sci.Rep.,2017,Vol.7(1),15821
    ・部屋が寒いと血圧が上がる/Umishio,W.,et.al.,“Cross-SectionalAnalysisoftheRelationshipBetween”

    ----------

    西 剛志(にし・たけゆき)
    脳科学
    脳科学者(工学博士)、分子生物学者。T&Rセルフイメージデザイン代表。LCA教育研究所顧問。東京工業大学大学院生命情報専攻修了。博士号を取得後、知的財産研究所を経て、特許庁入庁。大学院非常勤講師を兼任しながら、遺伝子や脳内物質など脳科学分野で最先端の仕事を手がける。2008年に企業や個人のパフォーマンスアップを支援する会社を設立。著作に『なぜ、あなたの思っていることはなかなか相手に伝わらないのか?』(アスコム)などがある。

    ----------

    ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Andreus


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】長生きしたければ「冬場の暖房代」をケチってはいけない…脳科学者が指摘する「脳がボケる部屋」の条件】の続きを読む



    重要です。

    移住先で災害にあわないために「重ねるハザードマップ」をチェックしよう

    「地方移住したいけれど、どうやって移住先を見つければいいかわからない!」そんな悩みを持つ人のために、二拠点生活を営む気象予報士防災士の筆者から「災害にあわないための移住先の見つけ方」をお伝えします。

    国土交通省「重ねるハザードマップ」を一部編集

    国土交通省「重ねるハザードマップ」を一部編集


    「重ねるハザードマップ」の確認方法と最低限確認するべき4つの災害リスク情報

    ハザードマップ」という言葉をなんとなく聞いたことがある人は多いはず。でも、具体的に何をどう見ればよいの?と疑問に思う人も少なくないですよね。最低限確認してほしいのは

    ・洪水
    土砂災害
    ・高潮
    ・津波

    の4種類の災害リスク情報(≒ハザードマップ。詳しくは文章下段の「※注意」を参照)。特に山沿いや川沿いの地域へ移住を考えている人は洪水や土砂災害にあわないために「洪水」と「土砂災害」の災害リスク情報を、海沿いの地域へ移住を考えている人は高潮や津波にあわないために「高潮」と「津波」の災害リスク情報をチェックしましょう。おすすめのチェック方法は、国土交通省が運営している「重ねるハザードマップ」を利用する方法。調べたい災害リスク情報の種類や、移住したい地域の住所から危険箇所や避難場所を検索できるのでとても便利なんです。次に具体例をあげて見方や使い方を解説していきます。

    国土交通省「重ねるハザードマップ」を一部編集

    国土交通省「重ねるハザードマップ」を一部編集


    山沿いや川沿いの地域に移住したい人は「洪水」と「土砂災害」の災害リスク情報を要チェック

    眺めの良い山間地域や、川のせせらぎが気持ちいい川沿いの地域に移住したい人は「洪水」と「土砂災害」の災害リスク情報を重点的にチェックしておきましょう。というのも、近年は線状降水帯をはじめとした短時間強雨や前線・台風による記録的な大雨によって、土砂災害や洪水で住宅が浸水したり流されてしまう事例が頻繁に発生しています。せっかく移住したはいいものの、大雨によって災害にあってしまっては本末転倒です。

    具体的に筆者も二拠点生活をしていて「住み続けたい街1位(2020年)」に選ばれた香川県を例にとってみましょう。上の図は、高松市を中心とした「重ねるハザードマップ」で「洪水」と「土砂災害」の災害リスク情報を選択したものです。凡例の通り濃い黄色や赤色の着色があるほど危険度が高いことを示しています。図の中の着色箇所を見ると赤色の丸の地域は土砂災害の危険度が高く、紫色の丸の地域は洪水や浸水による危険度が高い地域であることがわかります

    もちろん「重ねるハザードマップ」で危険箇所と表示されている地域で、将来必ずしも災害が起きるとは限りません。どの程度危険度を許容するかは個人の考え方次第になりますが、なるべく危険箇所にかぶらないように移住先の住居を選ぶことをおすすめします。

    国土交通省「重ねるハザードマップ」を一部編集

    国土交通省「重ねるハザードマップ」を一部編集


    海沿いの地域に移住したい人は「高潮」と「津波」の災害リスク情報を要チェック

    上の図は、同じく香川県高松市を事例に「高潮」と「津波」の災害リスク情報を選択した「重ねるハザードマップ」です。写真の青色の丸はオレンジの色が濃く高潮や津波の影響があることを示しています。瀬戸内海側は太平洋に直接面している地域と比べて大きな波の影響を受けにくいといわれているのですが、平成16年8月30日には台風の影響をうけて海抜高度2mを超える高潮が発生し、床上浸水約6,000戸・床下浸水約16,000戸となった記録もあるのです。賃貸であれば引っ越しが可能ですが、住居を購入してしまった場合は大変です。移住先の住居を選択するときは「重ねるハザードマップ」を見て特に危険度の高い地域を避けつつ、しっかりと風水害に対応した保険に入っておくことをおすすめします。


    安全な移住先を見つけるための「重ねるハザードマップ」の使い方 まとめ

    いかがでしたか?地方移住を検討している人は、災害にあわない安全な移住先を探すためにも

    ・洪水
    土砂災害
    ・高潮
    ・津波

    この4種類の災害リスク情報を「重ねるハザードマップ」で必ず確認してくださいね。下の関連リンクからも移住先で災害にあわないための工夫を学ぶことができるので、移住に失敗したくない人はあわせてお読みください。みなさんがよき移住先を選択できるお役に立てれば幸いです。

    ※注意
    「重ねるハザードマップ」は、国や都道府県等の関係各機関が作成した災害リスク情報をWeb上で重ね合わせてシームレスに確認できるサービスであり、関係法令に基づき市町村が作成したハザードマップではありません。最新かつ詳細な情報は、わがまちハザードマップhttps://disaportal.gsi.go.jp/hazardmap/index.html)より市町村が作成するハザードマップをご確認ください。また、「重ねるハザードマップ」に表示している指定緊急避難場所データは、災害対策基本法第49条の4に基づき市町村長が指定した指定緊急避難場所の情報を各市町村に提供いただき、当該市町村に確認の上、地図上に表示したものです。最新かつ詳細の状況などは必ず当該市町村にご確認ください。

    安全な移住先を決めるために絶対に確認するべき「重ねるハザードマップ」のチェック方法


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【災害】安全な移住先を決めるために絶対に確認するべき「重ねるハザードマップ」のチェック方法】の続きを読む


    引き上げる。

    1 ベクトル空間 ★ :2022/07/24(日) 21:36:38.05ID:SHqMmFFl9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220724/k10013734191000.html

    鹿児島県の桜島で24日午後8時5分ごろ、爆発的な噴火が起きて、噴石が火口から2.5キロ付近まで飛びました。

    気象庁は、桜島に噴火警報を発表したうえで、噴火警戒レベルを最も高いレベル5の「避難」に引き上げました。

    南岳山頂火口と昭和火口から3キロ以内の鹿児島市の有村町や古里町の一部で大きな噴石に厳重に警戒が必要です。

    また、火口からおよそ2キロの範囲では火砕流に警戒が必要だとしています。

    自治体からの避難の情報に従って直ちに避難するよう呼びかけています。

    また、風下側では火山灰だけでなく、小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。

    爆発に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため、注意してください。

    今後の降灰の状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性があるので注意が必要です。

    全国の火山で気象庁が噴火警戒レベル5の噴火警報を発表したのは、平成27年に鹿児島県の口永良部島に発表して以来で、平成19年に噴火警戒レベルが導入されてから2回目です。
    桜島 噴火警戒レベル「5」は初
    気象庁が桜島の噴火警戒レベルを「5」に引き上げたのは、平成19年12月に噴火警戒レベルが導入されてから今回が初めてです。
    気象庁が記者会見へ
    桜島の噴火に状況について、気象庁は午後10時50分から記者会見をして、最新の情報や防災上の留意点を説明することにしています。
    警察 消防 被害の情報なし
    鹿児島県警察本部や鹿児島市消防局によりますと、24日午後9時20分の時点で、被害の情報は入っていないということです。
    桜島の南西部にある桜島病院によりますと、24日午後9時10分時点で噴火によるけが人や搬送されてくる人の情報はないということです。
    政府 官邸対策室が情報収集
    気象庁が桜島に噴火警報を発表したうえで、噴火警戒レベルを最も高いレベル5の「避難」に引き上げたことを受け、政府は、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している情報連絡室を「官邸対策室」に格上げし、関係省庁と連絡を取り合うなどして、情報収集にあたっています。
    緊急参集チームを招集
    政府は、関係省庁の担当者をメンバーとする緊急参集チームを総理大臣官邸の危機管理センターに招集し、情報の収集と被害の確認などにあたっています。
    専門家「大規模噴火の兆候見られていない」
    桜島の噴火活動に詳しい京都大学火山活動研究センターの井口正人教授は「南岳山頂火口の噴火で大きな噴石が火口の東方向に2.4キロほど飛散するのは、これまでも桜島の活動が活発だった1970年代や1980年代にたびたび起きていた」としたうえで、「先週ごろから続く山体膨張を示す地殻変動はまだ解消されていないが、これまでの観測データから大正噴火のような大規模噴火の兆候は見られていない」と指摘しています。
    桜島 最近の活動は
    気象庁によりますと、桜島では今月18日から島内に設置している傾斜計と伸縮計で山体の膨張を示すわずかな地殻変動が観測されていて、24日午後3時ごろからは変化がおおむね停滞した状態が続いていたということです。

    このため鹿児島地方気象台は、多量の噴煙を伴ったり、やや規模の大きな爆火的な噴火が発生する可能性があるとして、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう注意を呼びかけていました。

    【【桜島】桜島で爆発的な噴火 噴火警戒レベル5「避難」に引き上げ】の続きを読む



    かなり苦しい

    手島千尋アナウンサーパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」。6月18日(土)の放送では、首都直下地震による避難所生活の「災害シナリオ」について取り上げました。


    ※写真はイメージです



    東京などの首都圏を襲う「首都直下地震」。東京都は、首都直下地震の被害想定を10年ぶりに見直しました。今回のタイミングで、生活に及ぼす影響やライフラインなどへの被害が地震の後にどのように変化するのか、1ヵ月以上にわたって時系列で具体的に示した「災害シナリオ」が新たに盛り込まれました。

    災害シナリオで想定された“避難生活”の内容については、「避難所に避難したとき」と「在宅避難を続けたとき」とで分けて検討されました。

    避難所に避難するケースでは、地震発生直後は多くの人の避難が見込まれますが、停電や通信の断絶によって、行政側による避難者の数の把握や安否確認のほか、避難所で必要な物資を把握することが難しくなる可能性があることが指摘されています。

    例えば、臨時に開設された避難所などは、行政に把握されないまま食料や救援物資などが届かない事態が生じる可能性があり、地震発生から3日後以降は、自宅で避難していた人が、備蓄がなくなって避難所に避難してくるケースが増える可能性もあります。

    また、この頃には避難所に非常用の発電機があったとしても、燃料がなくなって使用できなくなるなど、テレビスマートフォンによる情報収集や、照明、空調などの利用が難しくなる恐れがあるとのことです。

    地震発生から1週間後ぐらいからは、計画停電の実施が及ぼす影響も考えなくてはなりません。携帯電話の基地局の停電で、さらに通信障害が発生したり、空調が使用できなかったり……といった事態が想定されます。自宅に大きな被害がなく、周囲に火災などの危険性もなく、備蓄がある程度確保できているときなどは、在宅避難も想定されます。

    マンションなどの中高層階に住む人は、地震の発生直後からエレベーターの停止により、地上との往復が難しくなる恐れがあります。徐々に停電が解消されたとしても、エレベーターは点検作業が完了するまで使用できない恐れもあります。

    東京都によると、都内にある高さ45メートルを超える高層建築物は、前回の被害想定の公表以降、この10年でおよそ1.4倍になっています。また、共同住宅の6階以上に住んでいる世帯も3割以上増加したということで、高層階に住む人たちに対して在宅避難を想定した備えを呼びかけることが重要です。

    在宅避難は「避難所で避難生活を送るよりもストレスが少ない」と言われていますが、今回紹介したような状況が想定されます。マンションの住民同士で、首都直下地震が発生したときのことについて事前に話し合い“共助”の意識を高めることも大切です。

    <番組概要>
    番組名:防災FRONT LINE
    放送日時:毎週土曜 8:25~8:30
    パーソナリティ:手島千尋
    番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/bousai/
    通信、照明、空調が使えない恐れも…「首都直下地震発生」から1週間後の“避難生活”はどうなる?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【地震】通信、照明、空調が使えない恐れも…「首都直下地震発生」から1週間後の“避難生活”はどうなる?】の続きを読む

    このページのトップヘ