令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 出来事



    (出典 nikkan-spa.jp)


    いろいろあるみたいです。

     40~50代の失業、数値には反映されない“新型”の無職中年が今、増加の一途を辿っている。現役世代を突如として奈落の底に突き落とす“社会の落とし穴”はいかにして生まれたのか!?

    ◆うつで非正規→無職。「社会に戻るのが怖い」

    ●秋吉友道さん(仮名・49歳)

     2年前から無職状態が続く秋吉友道さん(仮名・49歳)も、うつが転落のきっかけだった。家電メーカーで働いていた37歳のときにうつを発症。

    「退職から1年半後、うつの症状が寛解したのを機に再就職活動を開始しましたが、面接では1年半のブランクについて必ず聞かれました。ごまかしようがないので『うつでした』と明かすと、言動に変化はなくても面接官がスッと引くのがわかるんですよ。結局、就ける仕事は離職率の高いブラックな非正規ばかり。そんな非正規の仕事さえも、40歳を超えた頃から職探しが難航していきました」

     ただでさえ不安定な仕事を転々として気持ちが滅入っていた秋吉さん。食品倉庫への派遣社員として生計を立てていた45歳の頃、さらに追い打ちをかけるような事態と遭遇する。

    「20歳近く年下の正社員たちが『あの年で派遣は人生終了』『テキトーに生きてきたツケだろ』と笑って陰口を話しているのも耳にして心が折れてしまったんです。『俺だって頑張ってきたのに、どうしてこんなこと言われなきゃいけないんだ』って涙が出てきて……」

     その日から家で寝込む日が増え、うつを再発。以降2年間、求職活動は行えていない。

    「わずかな貯金と、恥ずかしながら80歳になる親の仕送りで生きています。働きたい気持ちはあるけど、またいつうつの症状が出るかわからない。『甘い』と思われるかもしれませんが、社会に出て再び虐げられるのが怖いんです」

    ◆40~50代は常に過当な競争に晒されてきた

     働き盛りの世代が転落する大きなきっかけとなる精神疾患。彼らの心が蝕ばれる構造を、労働経済ジャーナリストの小林美希氏はこう分析する。

    「40~50代の多くは不況下で就職活動を始めた世代。社会に出る前、そして出てからも常に『勝ち組』『負け組』に選別され、過当な競争に晒されてきたのもこの世代の特徴と言えます。たとえ正社員になっても、若い頃からの長時間過重労働がたたって、この年代になったときに心身ともに壊れて職を失ってしまうパターンは今非常に多いんです」

     10年以上の就労歴がある40~50代の無職1000人が回答したアンケートの結果を見ても、「再び仕事をする自信がない」「長期間のブランクによる不安」「求職活動の失敗が続き諦めた」といった再び社会へと出ていくことに対する不安や諦観が見て取れる。

    ▼「就労歴10年以上、現在無職の40~50代男性」1000人にアンケート
    (調査期間:’20年3月23日3月31日

    Q.求職活動をしていない理由は?
    1位 自信がない 28%
    2位 親の介護 25%
    3位 長期間のブランクによる不安 21%
    4位 求職活動の失敗が続いて諦めた 12%
    5位 治療・療養中 11%
    =====

    「秋吉さんのように、これまでの不安定な就労形態のなかで傷つき、働こうという意思があっても過去の体験のトラウマから動けなくなる状態に陥っている人も少なくありません」(ジャーナリスト・池上正樹氏)

     10代の頃から「勝ち組」「負け組」と選別されながら不況のなかを生き抜いてきた40~50代。たとえかつて「勝ち組」であっても、過当競争下で生き残ってきた“代償”が今になって転落という形で表面化しているということか。

    【労働経済ジャーナリスト・小林美希氏】
    『週刊エコノミスト』編集部記者を経て’07年よりジャーナリストとして活動。著書に『ルポ 中年フリーター「働けない働き盛り」の貧困』(NHK出版)など

    ジャーナリスト・池上正樹氏】
    ひきこもり問題を20年以上取材。著書に『ルポ「8050問題」高齢親子“ひきこもり死”の現場から』(河出新書)、『ルポひきこもり未満』(集英社)など

    <取材・文/週刊SPA!編集部 アンケート協力/リサーチプラス

    ―[新型[無職中年]が急増中]―


    2年前から無職状態が続く秋吉友道さん(仮名・49歳)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【うつで人生転落…大手退職したら求人はブラックな非正規ばかり】の続きを読む


    (出典 kashihara.mallkyujin.jp)


    確かに行きにくいですね。

    アイスクリーム専門店のサーティワンは、取り扱っている種類が多いところが魅力である。これからの暑い季節は、多くの人が足を運ぶことが予想される。

    画像をもっと見る

    ■「サーティワンが好き」6割に迫る

    しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に、「アイスクリーム店について」の調査を実施した。

    サーティワンが好きグラフ

    「サーティワンが好きだ」と答えた人は、全体で55.0%だった。

    関連記事:5割が「大人になって外出先で転倒」 女性が転びやすい理由とは

    ■女性に人気のサーティワン

    性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

    サーティワンが好き性年代別グラフ

    学校帰りに、友達と一緒に利用する女性も。

    「これからの暑い季節には、アイスを食べたくなる。サーティワンは友達と学校の帰りに寄って食べられるので、この夏もたくさん利用すると思う」(10代・女性)

    アイスの種類が多いところも、サーティワンの魅力である。

    アイスの種類がとても多いので、いつもどれを食べるか迷う。毎日通っても飽きないくらいだけれど、さすがにそれは太ってしまうので我慢している」(20代・女性)


    ■おじさんは行きにくい

    若い女性が多いために、行きにくいとの意見もある。

    「サーティワンはおいしいと思うけれど、さすがにおじさんが一人で行くには勇気がいる。並んでいるのは、若い女性ばかりだから」(30代・男性)

    子供を利用して、サーティワンに行く男性も。

    「サーティワンに行きたいと思ったときには、必ず子供を連れていく。子供を喜ばすためもあるけれど、自分が一人で行くのが恥ずかしいから」(40代・男性)

    ■コンビニアイスで十分

    コンビニアイスで満足しているので、サーティワンにはほとんど行かないとの意見も。

    コンビニで買えるアイスクオリティが上がっているので、近所にはないサーティワンまで足を運ぶことはない。近くにあるなら、たまに行くかもしれないけれど」(20代・男性)

    サーティワンは若い女性を中心に人気があるために、中高年の男性には近寄りがたい雰囲気があるのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→モテすぎると困ると思う人は4割以上 「それでもモテたい」と願う意見も

    (取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年4月24日2020年4月27日
    対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

    「サーティワンが好き」6割に迫る 「おじさんは行きにくい」の声も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「サーティワンが好き」6割に迫る 「おじさんは行きにくい」の声も】の続きを読む



    (出典 www.jomo-news.co.jp)


    変わるのかな?

     BIGLOBE(東京)は、新型コロナウイルス流行で発出された緊急事態宣言の解除後に、「withコロナに関する意識調査」を実施した。この調査は、社会人として働いている全国の20代~60代の男女1,000人を対象に、5月26日~27日に行った。

     まず、「新型コロナウイルスの流行を経て、日本社会は変わると思うか」を質問したところ、「大きく変化する」が33.5%、「やや変化する」が52.2%と、日本社会は変化すると感じている人が9割弱となった。

    【写真1】

     また、「新型コロナウイルスの流行を経験し、今後社会が向かうべき方向として、経済成長重視と社会福祉重視のどちらがあなたの心情に近いか」を聞くと、「経済成長重視」(15.4%)、「どちらかと言えば経済成長重視」(39.8%)、「どちらかと言えば社会福祉重視」(33.9%)、「社会福祉重視」(10.9%)という結果になった。

     一方、「新型コロナウイルスの対応として、今後政治に期待したいこと」(複数回答)を質問したところ、「ワクチン開発の促進」が72.3%で最多。「失業・休業の損失支援」(49.2%)、「医療関係者への支援」(43.5%)、「各種手続きの電子化」(42.2%)、「消費税などの減税」(41.8%)の順に。何よりも、ワクチン開発を優先してほしいという人が多いことがうかがえる結果となった。

    イメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本社会はコロナ流行を経て変わる!? withコロナに関する意識調査】の続きを読む


    上級国民(じょうきゅうこくみん)とは、一般国民とは違う上級国民を表す、ネット上などで用いられている俗語である。「エリート」 (the elite) の訳語として、「上流階級」・「選良」と同じく辞典に記載されている。2015年および2019年に、新語・流行語大賞の候補になった。
    20キロバイト (2,496 語) - 2020年5月29日 (金) 00:15



    (出典 cdn.ironna.jp)


    どうかしている。

    ■事件を起こしても「ごめん」で済んでしまった大臣

    誰もが知る「天下人」と言えば、豊臣秀吉徳川家康の名が挙がるが、栄華を極めた武将たちの裏には「身分制度」があったことも知られている。貧困層の対極にある特権階級の上級武士は豪華な邸宅に住み、美酒に酔い、大手を振って闊歩(かっぽ)していたことだろう。

    さすがに今日においては、こうした「ヒエラルキー」は跡形もなく崩れたものだと思っていたが、どうも違ったらしい。

    今、日本には「見えない階層」が存在しているのだ。「上級国民」と呼ばれる彼らは、単に社会的地位や所得といった「スペック」が高いだけではない。たとえ法を犯した場合でも「下級国民」とは異なるケースが待っているというから理解に苦しむのである。令和時代の新たな「身分制度」に一般国民の怒りは、静かに、しかし確実にたまりつつある。

    「大臣を辞職し、会見で事実を認めて謝罪したことを考慮した」。東京地検特捜部は6月25日、選挙区内で秘書が香典などを渡したとして公職選挙法違反の疑いで刑事告発されていた自民党の菅原一秀前経済産業相=衆議院東京9区=について、起訴猶予処分とした。

    多くの国民は「えっ?」と驚いたことだろう。誰もが子供の時に「謝って済んだら警察はいらない」と習い、それはいかなる人でも平等に評価されると信じてきたからだ。東京地検は「公選法を無視または軽視する姿勢が顕著とまでは言い難い」「悪質性が低い」なども不起訴理由に挙げているが、昨年9月の内閣改造に伴い経産相に就いた菅原氏を1カ月余りの「超スピード辞任」に追い込んだ『週刊文春』は6月25日発売の誌上で、菅原氏の細かい指示があったとする元公設秘書の証言も掲載している。それと今回の処分を比較すると「なんだかなぁ」という暗い気持ちになる人々は少なくないのではないか。

    ■お線香配って辞職した小野寺議員が不憫でならない

    昨年10月の「文春砲」炸裂後、雲隠れ状態にあった菅原氏は6月16日に突如記者会見を開いて「一部、公選法に触れる事案があった」と認め、謝罪していた。この会見後まもなく不起訴処分が発表され、その理由に「謝罪」があることを重ねてみると「なに、それ……」と感じてしまう。ツイッター上にはハッシュタグ「#菅原前経産相の不起訴に抗議します」「#菅原前大臣ごめんで済んだら検察いらない」が現れ、「事前にアドバイスを受けていたのでは?」「本人が違法性を認識しているのになぜ不起訴?」などのコメントが相次いだ。

    ちなみに、「影の総理」といわれる菅義偉官房長官の側近でもある菅原氏は離党や議員辞職をする考えはないそうだが、同じ自民党小野寺五典元防衛相は初当選からまもない1997年支援者の弔問に行った際に線香を配ったことが公選法の「寄付行為」にあたるとして書類送検され、議員辞職したことも付記しておきたい。菅原氏の不起訴処分を受けて、寺田学衆議院議員6月25日ツイッターで「お線香配って辞職した小野寺議員が不憫でならない」と皮肉っている。

    ■現代における「上級国民」は何を意味する?

    「ちょ、待って!」と驚いたことは以前にもあった。2019年4月、東京・豊島区で旧通商産業省工業技術院の元院長が運転する乗用車が次々と歩行者らをはね、母子2人の命を奪い、8人が重軽傷を負った悲惨な事故が起きた。約7カ月後、当時87歳の元院長は自動車運転処罰法違反容疑で書類送検されたが、重大事故を起こしても逮捕されなかったことにインターネット上では「なぜ?」「高級官僚だった『上級国民』だから?」との見方も相次いだ。この件については、逃亡や証拠隠滅の恐れがないことなどが理由とされたようだが、腑に落ちなかったことだろう。

    で、上級国民って何? この言葉は2015年にもネット上にも現れている。来年夏に開催が延期となった東京五輪のエンブレムをめぐり、デザイン著作権侵害疑惑が浮上。ベルギーの劇場ロゴと酷似していると指摘された際、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長(元財務事務次官)が「組織委としては『模倣ではない』との専門家の説明がある以上、そう理解していたが、『一般国民』からは分かりにくいということは一致した見解だった」と説明した時だ。

    上から目線で「自分たち=上級国民」「それ以外=下級・一般国民」と分けるような表現を不快に思った人は多かっただろう。

    ネット上で炎上した結果、「上級国民」という言葉は2015年2019年新語・流行語大賞の候補にノミネートされている。明確な定義は定かではないが、「上級国民」とはかつてのように「上流階級にある者」というよりは「権力者とその周辺」「高い地位にある者・あった者」がイメージに近く、多くは国民の素朴な疑問とともに政治家や高級官僚らに向けられているようだ。

    ■黒川氏は賭けマージャンで逮捕されなかった

    最近では、安倍晋三政権に近いとされた東京高検の黒川弘務前検事長が朝日新聞社員や産経新聞記者と「賭けマージャン」していたことが発覚。その際にも「上級国民」批判が起きた。黒川氏は今年5月に辞任したが、刑法の「賭博」に抵触する行為をしたにもかかわらず、その処分が国家公務員法に基づく「懲戒」より軽い「訓告」だったことに批判が集まったのだ。

    安倍政権が今年1月、特例的に黒川氏の定年を延長して「次期検事総長」への階段まで用意していた裏には「捜査機関から守ってくれた政権の守護神」(国民民主党小沢一郎衆院議員)への配慮があったとの解説も目立つ。だが、過去には「賭けマージャン」をした自衛隊員が停職処分となった例もあり、黒川氏らが行っていた「点ピン1000100円」と呼ばれるレートで、同じく「賭けマージャン」をしていた岐阜市マージャン店経営者や客らが書類送検されており、「この違いはどこ?」との混乱を招いている。

    大阪府知事の橋下徹氏は5月27日TBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」で、「身内を救うために法律の解釈を変えるんじゃなくて、まず国民への説明が先でしょ」と痛烈に批判したうえで、「こういうことが容認されるならば、みんなで検察庁の前で賭博しましょうよ。大博打大会をやったらいいんですよ」と怒りを爆発させている。ちなみに、黒川氏の退職金は約5900万円に上ったというが、共同通信が5月29~31日実施した世論調査では、黒川氏の「処分が甘い」との回答は8割近くに達した。

    ■記者も検察とのなれ合い以前に罪を犯している

    上級国民」という観点から黒川氏のケースを見ると、その甘さもあわせて「賭けマージャン」の相手側である新聞社社員にも当てはまるのではないか。朝日新聞5月29日、経営企画室に勤務していた男性社員を停職1カ月の懲戒処分とし、産経新聞6月16日に東京本社社会部次長と記者の2人を出勤停止(停職)4週間とする懲戒処分を発表した。産経新聞の調査によれば、この次長らは3年前ごろから4人のメンバーが固定されて「月2、3回の頻度で集まっていた」というが、「これって、常習的とはいえないの?」と思う方々はいるだろう。

    さらに「情報を入手したい記者にとって取材対象者とのマージャンは、取材の機会を創出できる非常に重要な場だった」との趣旨を述べているが、検察とのなれ合いの前に「賭けマージャン」という法に抵触しているのではないか。「取材」だからといって許容されるものではないだろう。黒川氏は退職金を約800万円減額され、辞職。一方は停職処分だけという違いは何なのか。ちょっぴり黒川氏には同情してしまう。

    メディアには、財務省など省庁幹部や警察・検察、国会議員らとのマージャンが頻繁に行われてきた「なれ合い」が当然との雰囲気が今もあるが、日頃から厳しく「森羅万象を斬る」ことを仕事にしているのであれば、自分たちを「上級国民」に置くことなく、より厳格な対応が求められるだろう。

    ■国家公務員今年の夏のボーナスは満額約320万円

    漫画家小林よしのり氏の人気作『おぼっちゃまくん』には、前はスーツで後ろは全裸というキャラクター「貧ぼっちゃま」が登場し、「落ちぶれても元上流家庭」と見栄を張る名ぜりふが笑いを誘った。最近の「上級国民」による謝罪や説明を聞いていると、「前(表)で謝っている姿を見せ、後ろ(裏)では笑っている」のではないかとの疑念を持ってしてしまう。

    幼い頃から勉強ができて、社会的地位を獲得し、世の中を「操作」している錯覚に陥るのかもしれないが、そうした勘違いした人々とは「ともだちんこ~!」ができないことだけは断言しておきたい。

    コロナ禍で国民生活が大ダメージを受け、日銀短観が過去2番目の大きな落ち込みとなる中、6月30日に支給された国家公務員の夏のボーナスは8年連続プラスとなり、国会議員には満額約320万円が支給されたという。上級国民の皆様、今日も一般国民をなめてますか?

    ----------

    麹町 文子こうじまち・あやこ)
    政経ジャーナリスト
    1987年岩手県生まれ。早稲田大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーランスとして独立。プレジデントオンラインプレジデント社)、現代ビジネス講談社)などに寄稿。婚活中。

    ----------

    ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Dmytro Diedov


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【殺人、賄賂、賭け麻雀もお咎めなし…わが国の"上級国民さま"という人間のクズ】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)


    めちゃくちゃです。

    1 ramune ★ :2020/07/07(火) 12:00:41.31

     新型コロナウイルスの感染が世界で拡大する中、幸福の科学の教祖・大川隆法総裁が、
    オウム真理教による「ポア思想」を彷彿とさせるメッセージを「霊言」の体裁で発信している。
    オウムの同等の殺人教義とまでは言えないものの、注意が必要だ。

    「ポア思想もどき」は、その中の1つ、『大恐慌時代を生き抜く知恵 松下幸之助の霊言』に登場した。

    〈神様・仏様を信じない人を護る必要はないから。無神論・唯物論を広めて、それでガチガチになってる人は、
    *であの世で地獄に行く人達ですけど、早く*せてあげたほうが、罪が浅くなって天上界に上がれる率が増えるので、早く罹ったほうがいいかもしれない。〉(同書より)

     オウム真理教教祖・麻原彰晃による1989年の説法と比較してみよう。

    〈例えば、Aさんという人がいて,Aさんは生まれて功徳を積んでいたが慢が生じてきて,
    この後悪業を積み,寿命尽きるころには地獄に堕ちるほどの悪業を積んで*でしまうだろうという条件があったとしましょう。
    (略)ここで,例えば生命を絶たせた方がいいんだと考え,ポアさせた。大変な功徳を積んだことにならないですか〉(平成16年2月27日東京地方裁判所判決)

     死後に地獄に落ちるような人たちは早く*だ方が本人のためという論法は、大川総裁も麻原も同じ。
    しかし麻原によるポア思想は積極的に*ことを奨励するもので、坂本弁護士一家殺害事件でも地下鉄サリン事件でも、
    麻原は「ポア」という言葉を用いて犯行を指示し、実行犯たちにとって自己正当化の論理となった。
    単なる思想ではなく、信者に殺人を実行させる道具だった。

     一方で大川総裁の「ポア思想もどき」は、*ことを奨励してはいない。「*だらいい」という願望を述べているだけだ。

     とは言え、いままで「無神論者」「唯物論者」を適ししてきた大川総裁が、人
    々の死と具体的な死に方を期待する発言をしたケースは、筆者自身、記憶にない。
    これまでにない変化のように感じる。

    (中略)
    ■批判者に対する攻撃

     批判者に対する攻撃も同様だ。1991年に幸福の科学は、批判的な記事を掲載した週刊誌『フライデー』に抗議して、
    発行元の講談社に乗り込んで騒ぎ立てたり、全国の信者を動員して抗議の電話やFAXを講談社に殺到させ通信を麻痺させたりした。訴訟も乱発した。

    教団は未だに一連の行動を「希望の革命」と称して美化している。

    ■繰り返される暴力

     ケガを負わせるほどではないが暴力も用いる。筆者自身、3度ほど経験している。
    公道や公営野球場での取材の際に、職員らから体を押さえつけられるなどして取材妨害を受けたケースや、路上で信者に引っ叩かれたり組み敷かれて取材メモを強奪されたり。

     昨年は、香港民主活動家のアグネス・チョウ氏の霊言として、チョウ氏が香港への自衛隊派兵を望んでいるかのような内容を公表した幸福の科学に対して、
    教団施設前で筆者や賛同者が抗議活動を行った。この場でも、垂れ幕越しに教団職員が抗議活動参加者を小突く場面もあった。

    法律より偉い大川総裁

     前出のオウム真理教の犯罪行為を支えた主要な要素を思い出して欲しい。
    ①支配者志向、②指導者の絶対視、③終末論、④教団の利害、⑤遵法意識の欠如、そしてポア思想が、⑥実際の人権侵害・違法行為につながった。

     大川総裁の著書などからその言動を追うと、幸福の科学はこれらの要素を全て備えていることがわかる。
    今回登場した「ポア思想もどき」が積極的な殺人奨励には至っていない点と、実際の人権侵害や違法行為がテロや殺人よりは軽微なものである点は、オウムと違うが。

     幸福の科学が自らの問題を正当化する上で最大の根拠となるのが、「大川総裁はとにかく偉い。法律より偉い」という設定である。

    全文ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e95fbf34f33c4a5def726bd24d756a754241339f?page=4

    ■参考
    「幸福の科学大学」設置申請に萩生田光一自民党・衆議院議員が「仲介・調整」役で奔走!!
    https://iwj.co.jp/wj/open/archives/458824
    いつの間にか日本政治の中枢に浸透した「宗教右派」の源流
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51581


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    【【カルト】幸福の科学、コロナ禍に発行された霊言本で、「ポア思想もどき」が出現…「無神論者は早く死なせてあげたほうが良い」(HBO)】の続きを読む

    このページのトップヘ