令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 出来事


    戻ってくるのかな?

    東京都は森元会長の女性蔑視発言で辞退たボランティアにも参加を求めて連絡してくるようです。詳細は以下から。

    世界中で大炎上した東京五輪組織委の森元会長の女性蔑視発言。二転三転の結果就任した橋本聖子新会長も過去のキス強要などの複数のセクハラ問題が蒸し返されることとなりました。

    さらに橋本氏の後任となった丸川珠代五輪相も選択的夫婦別姓を求める意見書採択を阻止すべく地方議員に圧力を掛けていたことが報じられるなど、ジェンダーを巡る問題が一気に噴き出た形となっています。

    当然ながらこの事態にはボランティアからも大きな不信感を抱かれ、大会ボランティアは約1000人東京都の「都市ボランティア」も少なくとも187人が活動の辞退を申し出ています。

    もちろんこれは律義に辞退を申し出た人の数でしかなく、連絡なしで当日現場に現れないであろう人々は含まれていないため、実際のボランティアの数はさらに減っているものと推測されます。

    そうした中、東京都辞退を申し出た再び戻ってきてほしいとしていて、今後、活動に参加するかどうか意向を調査するとのこと。

    都は大会の1年延期を受けてもともと全ボランティアに参加可否の意向調査するとしていましたが、この中で、今回の女性蔑視発言に端を発する一連の騒動で辞退したボランティアにも参加するかどうか聞くことにしています。

    つまり、開催側の人員確保の都合があるとはいえ、明確に辞退を申し出た相手の個人情報を使って意向調査の名目で「呼びかけ」が行われるといこと。

    森元会長の発言で露見した問題が解決したならまだしも、橋本新会長も透明性ゼロの密室で一本化されて決められた人物で、オリンピック憲章にも反する与党政治家というありさま。

    橋本氏はその後離党はしましたが、それだけで今回辞退ボランティアの納得を得られるかは極めて微妙なところ。個人情報を盾に取った「強要」が発生しないことを願うばかりですが…。

    【「再び戻ってきてほしい」森前会長発言で辞退のボランティアに都が「意向調査」へ】を全て見る

    「再び戻ってきてほしい」森前会長発言で辞退のボランティアに都が「意向調査」へ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「再び戻ってきてほしい」森前会長発言で辞退のボランティアに都が「意向調査」へ】の続きを読む



    (出典 www.komei.or.jp)


    オリンピックはどうなるのかな?

    1 蚤の市 ★ :2021/03/03(水) 08:08:06.18

     民間が実施した新型コロナウイルスをめぐる日米欧6カ国の世論調査で、今夏予定の東京五輪開催に反対する回答が日本と英国、ドイツで過半数を占めたことが2日、分かった。中でも日本の調査結果は反対が56%に達し、6カ国で最多だった。コロナ禍の収束が見通せない中、五輪開催に厳しい視線が注がれていることが浮き彫りになった形だ。

     独米PR戦略大手「ケクストCNC」のレゲヴィー日本最高責任者が取材に応じた。3日にも公表する。
     東京五輪の年内開催に「同意しない」との回答は日本が56%、英が55%、独が52%。米は賛否とも33%だった。米を除く5カ国で反対が賛成を上回った。
     五輪開催の可否はワクチン接種の進展が焦点とされる。供給体制が整った場合、「接種する」と答えた人の割合は、日本は64%で4位。最多は英の89%、次いでスウェーデン(76%)、独(73%)。米は日本と同じ64%だった。
     レゲヴィー氏は「国際オリンピック委員会(IOC)と日本政府は東京五輪開催に関する強い批判に直面している」と指摘。日本でワクチン接種が進展しなければ、国際的に反対論が強まる可能性があるとの見方を示した。
     ケクストCNCは米欧アジア広域で企業、金融機関などに広報戦略を助言。コロナ感染拡大では継続的に各国の世論を分析している。今回の調査は2月に日米英仏独とスウェーデンの各国1000人ずつ(18歳以上)に実施した。

    時事通信 2021年03月03日07時34分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030200886&g=cov&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


    【五輪開催反対、日本が最多 英独も過半数―民間の6カ国調査】の続きを読む

    教育費が無償化するだけでも変わると思います。

    世帯年収400~600万円の暮らし

    世帯年収400~600万円の暮らし

    夫婦共働き世帯が増えてきた今、厚生労働省の発表した平均世帯年収(平成21年調査)は547万5000円だった。世帯年収400~600万円はほぼ平均値だが、どのような生活をしているのだろうか。都内に住む40代女性(パート/世帯年収500万円)はキャリコネニュースに、

    「贅沢はできませんが、外食は月1回、旅行も年1回のペースで行けています」

    という声を寄せている。女性は夫と2人で暮らしており、「自分たちの時間を大切に過ごせています」と語った。今回は世帯年収400~600万円のリアルに迫る。(文:中島雄太)

    コロナでほとんどオンライン授業なのに、授業料の割引がないのが不満」

    都内の40代女性(金融系/世帯年収500万円)は、彼氏と3人の子どもの5人で暮らしており、2匹の犬を飼っている。

    子ども私立大学生2人、私立高校生1人です。正直余裕はありませんが、子どもたちは奨学金を借りているためなんとかなっている状況です。とはいえ家族仲は良いので、とても満足しています」

    一方で女性は「コロナ禍でほとんどオンライン授業なのに、学費の割引がない。理系の大学は年間168万円の授業料がかかっているため、損をした気分です」と不満もこぼす。

    同じく都内に住む50代女性(サービス業/世帯年収400万円)は「都営住宅の家賃が10万円を超え『出て行く努力を』と言われます。でも光熱費や通信費、保険料を払うとほとんど残らず、貯金などできません」と苦しい生活を嘆く。女性は「自宅と職場を往復するだけの生活をしています」と打ち明けた。

    「これまで節約生活をしてきたので、現在の年収でもお金が貯まります」

    都内の30代男性(小売業/世帯年収600万円)は「贅沢をしなければ買いたいものを買えます」と語る。男性は昔から節約家で、「貯金は得意。お金がどんどん貯まります」と自信を見せる。また男性は、

    「仕事柄、土日でも仕事になることが時々あります。毎回突然決まるので、予定が立てにくいです」

    と仕事に対する不満もこぼした。

    京都府の30代女性(サービス業/世帯年収600万円)は「女性の平均年収を大きく上回っているのはありがたいけど、生活にゆとりはない」と明かす。「必死に働いてこんなものかと思う」と胸中を語った。

    ほかにも、

    「家や車はかなりの維持費がかかるので、持てるイメージがわきません」(東京都/30代男性/サービス業/世帯年収600万円)

    「どれだけ労働に時間を費やしても税金で持って行かれます。車を持つことも子どもを育てることも現実的ではありません」(福岡県20代男性/不動産/世帯年収600万円)
    それなりに節約しないとすぐ赤字になってしまいます。ボーナスの一部と妻のパート代しか貯蓄できていないことに不安も募ります」(広島県/40代男性/メーカー600万円)

    という声が寄せられている。

    ※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートへのご回答や【アマギフ1000円プレゼント】読者エッセイを募集しています。

    —–

    【あわせて読みたい】
    世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
    「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800~1000万円、家族関係に不満がある人の声

    世帯年収400~600万円の暮らし「節約しないと即赤字」「子どもは奨学金を借りてるからなんとかなっている」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【世帯年収400~600万円の暮らし「節約しないと即赤字」「子どもは奨学金を借りてるからなんとかなっている」】の続きを読む



    (出典 blog.ks-product.com)


    いろいろあります。

    1 スタス ★ :2021/03/02(火) 19:16:56.59

    ※プレジデント

    世界一「陰湿で心が狭い」日本人が、自ら小売店を殴り*
    中途半端で封建的な残念すぎる国民

    前略

    お上の言いつけに厳格に従う従順な日本人像

    近世以前の日本人にはそのような陰湿な同調圧力は希薄で、農民が田畑を放り投げ、江戸や大坂(大阪)などの大都市部等に職を求めて流入する勝手気ままな性質が浮き彫りになっている。幕府はそのたびに数多の「帰村令(帰農令)」を出したが、「お上」の言うことを聞かない民衆は、ほとぼりが冷めるとまた担当田畑を捨てて逃散を繰り返した。

    「お上」の縛りで有名な5代将軍綱吉による、いわゆる「生類憐みの令(――実際には諸法令の総称)」も、野犬による伝染病や感染症から身体弱者を守る朱子学的政策にほかならず、この時期に来日したドイツ人医師・ケンペルも、「お上の言いつけに厳格に従う従順な日本人像」などどこにも記してはいない(――よって現在、綱吉治世の再評価が急速に進んでいる)。

    また、古代・中世期の日本は「島国」とは程遠い、環日本海文化圏をその土台として、島嶼とうしょを超えた大陸との広範な交流を活発に行ってきたことが明らかになっている。

    俗にいう「島国根性」「日本人気質」は、同調的で相互監視的で「お上」の意向にことさら弱く従順、とされがちな日本人の民族性を指した言葉だ。だが、古くからこの国の人々にそういった性質が強固に根付いたわけではない。

    コロナで「島国根性」「日本人気質」がむき出しに
    現在のコロナ禍では、この俗にいう「島国根性」「日本人気質」がむき出しになっている。感染が発覚した患者宅への投石や差別落書きを筆頭に、お上による自粛「要請」にもかかわらず、まるで法を破った罪人であるかのように旅行



    このような日本人の“同調的で相互監視的で「お上」の意向にことさら弱く従順”という気質は、いったいどこからきているのだろうか。経済学者の野口悠紀雄氏は、その著書『戦後日本経済史』(連載原題・戦時体制いまだ終わらず)の中で、日本社会の翼賛的性質は戦時統制下で形成され、その体質が戦後になっても途絶えることなく継続されてきたことに遠因があると説いた。氏はこれを「1940年体制」と呼称した。

    どうやってお上を気にしすぎる文化ができたのか
    実際、現在日本社会の様々なシステムは、戦時統制下から一貫して変化がないものが多々ある。戦前、現在とは比較にならない数の新聞社があったが、戦時統制下で「全国紙・ブロック紙・地方紙」の3つに再編され、「一県一紙」体制が確立したことは事実である(――これに加えて新聞原料である紙の供給を軍が握ったことにより、軍批判が抑えられた)。

    民主的改革が不徹底だったことから

    戦時統制下で翼賛体制に組み込まれてお上を常に意識してきた日本人の精神も簡単に変化することはなく、1970年代におおむね高度成長が一服すると、日本人の忠誠意識は「国家」から「企業」に転換しただけで、翼賛意識は温存された。「企業社会」の誕生である。兵士はモーレツ社員となり、終身雇用と年功序列といういささか軍隊的な帰属意識が蔓延した。企業内部に疑似国家ができたわけである。

    教育方面では、敗戦により国家への忠誠が徹底的に排除されたものの、軍隊的な方針はまったく改善されないまま残存し今に至る。一時期問題になった「丸刈り」(現在ではさすがに廃止)や、諸外国に例をみない危険な組体操が、現在でも学校教育の現場で平然と行われているのは、教育が国家への忠誠を排除した代わりに、教職員団体や学校機構そのものへの忠誠へと置き換わったにすぎないからである。

    こうして日本社会は、敗戦という一大混乱を経たにもかかわらず、民主的改革が不徹底だったことから、その意識は翼賛的なまま現在まで温存されてきたのであった。

    真の民主的な自意識の涵養が急務

    つまるところ「島国根性」「日本人気質」とは、伝統的に日本人や日本社会が有していたものではなく、戦時体制下の気質が高度成長を経て、日本人が護持し、なまじその強烈な同調体制がこれといった弊害を生むことなく、結果経済大国となった過去五十年余の成功体験からきているのである。こういった日本人気質は、日本の歴史の中で日本人が持ちえなかった、悪い意味で全く新しい民族性なのである。

    続きと略部はソース
    https://president.jp/articles/-/35208?page=1

    前スレ

    【美しい国】世界一「陰湿で心が狭い」日本人が、自国の小売店を殴り* 「従順で封建的で残念な日本人」はどうやって形成されたのか [スタス★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614674859/


    【【民度】世界一「陰湿で心が狭い」日本人が、自国の小売店を殴り殺す 「従順で封建的で残念な日本人」は戦時に形成され…】の続きを読む


    帰れない事情がある。

    今や283万人の在留外国人が暮らす日本。コロナ禍で多くの人々が困窮するなか、外国人が置かれた環境は、さらに過酷なものだった。仕事もできず、帰国もできない…そんな彼らの極貧生活に迫る。今回は、難民申請中で働くことができない実態を取材した。

    ◆食事は一日1回夕食のみ。もらい物の白米と野菜が頼り

    「母国では施術をしてくれるはずだった呪術師からレイプを受けました。そういうことは珍しいことじゃない。初めて日本に来たときは感動しました。安全で自由に歩き回れるから」

     4年前にアフリカの某国から来日したハネリーさん(仮名・32歳)はそう言って涙ぐんでいた。

     日本に来た理由はもう一つある。母国でエステの学校を卒業したハネリーさんには、日本で美容関係の仕事をするのが夢だった。

    「日本で黒人向けのメイクを開発してみたいんです。日本語学校と美容学校に通うために、学費を稼ごうと就労ビザを取って清掃の仕事を始めました。毎年、就労ビザを更新していたのですが、3年目に在留ビザの保証人だった勤め先の雇い主が故郷の国に帰国してしまい、保証人も仕事も失いました」

     ビザが切れる前、雇い主に雇用延長を相談すると、「あとで連絡する」と言われた。しかし、連絡がないままビザは切れてしまう。母国は治安が悪化しており、危険で戻れないと考え難民申請をした。

    「どうしたらいいかわからず、オーバーステイのまま貯金を崩して生活していました」

    ◆警察に行ったら逮捕され…

     そんなある日、苦しみを紛らわすために知人の飲食店でお酒を飲みまどろんでいたハネリーさんを3人の日本人が襲い、強姦されかけるという事件が起こる。

    「助けを求めるために警察に行ったら、『在留カードを持っていますか?』と聞かれました。持っていないと答えると、保護ではなく逮捕されてしまったんです」

     東京入管に収容され、昨年11月に仮放免となったが、就労許可はなく、現在の収入はゼロ。現金が必要な場合は友人から借りている。

    ◆毎日フェイスブックを眺めて過ごす

    「今は知人の好意でゲストハウスに住まわせてもらっていますが、ここも家賃がかかる。働けずお金もないし、コロナも怖いので毎日フェイスブックを眺めて過ごしています。食事は一日1回夕食のみ。支援者からもらう白米と野菜が頼りです」

     自室の冷蔵庫には乾いてすっかり硬くなってしまった大盛りのご飯と、わずかな野菜が入っていた。

    ◆帰国したら、見知らぬ人と望まぬ結婚

     自らの命と人生を守るために、難民申請中のハネリーさんだが、日本の難民認定率は平均すると年1%。先進国では異例の狭き門だ。

    「家族はコロナが落ち着いたら帰ってきなさいと言うけれど、30歳を過ぎた私は見知らぬ人と望まない結婚をさせられます。本当は日本で夢を叶えて自由に暮らしたいのに、今の生活ではその気力も削がれていきます」

     就労も認められぬまま、難民認定を待つ日々が続く。

    <取材・文/週刊SPA!編集部>

    ―[[緊急ルポ]在留外国人の極貧生活]―


    アフリカ訛りの英語を話すハネリーさん。この日は自分で作ったドレッドヘアのウィッグをつけていた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【食事は一日1回夕食のみ。ビザが切れても帰れない在留外国人の極貧事情】の続きを読む

    このページのトップヘ