令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 出来事



    (出典 www.nhk.or.jp)


    戦時中は食料が不足していましたから。

    終戦から75年。あのときのことを振り返る。

    祖母の古い着物で作った上着とモンペは、18歳の頃の私の大事な通勤着。着替えなどなく、僅かな配給の接見を大事に使って、継ぎ接ぎまでして過ごしました。
    冷蔵庫扇風機は勿論なく、冷たい井戸水が最高の飲み物でした。
    雑穀、とくに芋、大根で漁を増やしたご飯は傷みが早く、井戸に吊るしていました。味が少し変わってしまったら、煮返して食べ、捨てることなんて全くありませんでした。
    配給の芋粉はパンにしました。真っ黒なパンでも、甘味に飢えていた私たちには甘くておいしく感じました。
    現代では、食料・食材があまり、大量に捨てられていると知りました。あの当時とは比較にならない上質な食べ物を捨てるなんて。
    昔、祖母は幼い私に、物を、とくにお米を大切にするよう教えてくれました。粗末にすると目が潰れると言われて育ちました。

    今、高3の曾孫に、成人式の着物のパンフレットが送られてきます。その豪華さに驚き、これほどまでに二十歳を祝う意味を考えさせられます。
    戦争中は、二十歳の男子は全員徴兵検査が義務となっており、否応なく兵隊としての訓練を受け、戦争となれば死を覚悟して家族と別れて軍隊に入ることが決められていました。それが当然と思っていました。
    9年間の長い戦争の間、多数の戦死者が出て、兵員不足となり、16~18歳、今なら中高生が少年志願兵として集められ、私の同級生、知人も戦場に散りました。
    同じ二十歳。惜しい命です。なんという違いかと。こんなことを知る人も少なくなってしまいました。

    衣食住が満ち足りて、病気以外は何も心配することもない今。この平和が続くよう願いながらも、大事な食料を余れば捨てるとは、戦争に苦しんだ私にはつい勿体ないと感じます。(静岡県 S・O)

    「終戦75年の今、食品廃棄・食品ロス問題に思う」~本紙読者投稿より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「終戦75年の今、食品廃棄・食品ロス問題に思う」~本紙読者投稿より】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)


    他に活用できないのかな?

    1 HAIKI ★ :2020/11/23(月) 20:21:36.03

    コメの国内需要が急速に落ち込んでいる。人口減少や食生活の変化で下落傾向だったところに、新型コロナウイルス感染拡大が追い打ちをかけた。
    農林水産省が示した2021年産の主食用米の適正生産量の見込みは693万トンと、700万トンを割り込んだ。
    供給が需要を上回る「コメ余り」は深刻化し、米価の下落が止まらない。実りの秋なのに、コメ農家の苦悩は深まる一方だ。

    続きはソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/156c2ac5a808e91503a25b547e00c231d5b33bfa

    前スレ
    「コメ余り」が深刻 外食需要低下にコロナ追い打ち、価格は下落
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606106067/


    【「コメ余り」が深刻 外食需要低下にコロナ追い打ち、価格は下落】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)


    再開したけど、再び中止になると思います。

    1 少考さん ★ :2020/11/23(月) 20:51:12.82

    ※統一まで8ヶ月

    福岡空港に韓国からの旅客便 8カ月ぶりに到着|【西日本新聞ニュース】
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/666899/

    2020/11/23 19:44 (2020/11/23 19:49 更新)
    西日本新聞 仲山 美葵

    韓国のアシアナ航空は23日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していた仁川(ソウル)発福岡行きの旅客便の運航を約8カ月ぶりに再開した。入国制限が緩和され、福岡空港では17日から中国や韓国発の旅客便の受け入れが認められており、旅客便の到着は初めて。

    到着便には、韓国人のビジネス客や学生、韓国在住の日本人、韓国経由で来日したベトナム人など百数十人が搭乗。九州各地の目的地に向かった。

    韓国人のユ・ヨンサンさん(19)は4月に大分市の日本文理大に入学後、初めて来日し、「遠隔で授業を受けていたが、大学ならではの学びや友達づくりはこれから。わくわくしている」。韓国在住で長男(0)を連れて宮崎県の実家に帰省する女性(32)は「感染者が増えているので不安はあるが、家族とゆっくりしたい」と話した。

    アシアナ航空は12月まで毎週月曜に福岡-仁川の往復便の運航を予定。大韓航空なども今後、再開を計画している。 (仲山美葵)


    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    【【福岡】福岡空港に韓国からの旅客便 8カ月ぶりに到着【韓国】】の続きを読む



    (出典 tomoburo921.up.seesaa.net)


    エコバッグ万引き - YouTube

    (出典 Youtube)


    深刻な問題。

    ビニール袋patpitchaya/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    22日放送の『ビートたけしのTVタックル!』(テレビ朝日系)で取り上げられた「エコバッグ万引き」の実態に驚きの声が広がっている。


    ■レジ袋有料化に伴う万引き増加を特集

    番組ではレジ袋有料化に伴い、持参したエコバッグで万引きをするケースが急増している問題を取り上げる。スーパーアキダイの防犯カメラで撮影された万引きの様子を放送し、その手口が説明された。

    同社の秋葉社長は、エコバッグに加え、コロナ禍での飛沫シート設置の影響で店員がバッグの中身を確認しにくい状態になったことも、一因ではないかという見方を示す。

    さらに実際の万引き事件では、犯人の女に店の外で声をかけると「私は悪くない」と暴れたため、警察を呼んだことを明かした。


    関連記事:レジ袋有料化から3ヶ月… マジでおすすめしたい最強エコバッグ3選

    ■社長が対策を訴え

    スタジオ出演した秋葉社長は、「レジ袋有料化に伴ってエコバックを皆さん持つようになりましたね。万引きをする人からすると、今まで自分が違うバッグを持ってきて、それに入れることがやりづらかった。みんなエコバックを持ってたら、それが隠れ蓑になっている状況ですね」と話す。

    続けて「行政からなにか万引き対策についてケアやガイドラインはあったのか」という質問に、「そのことは、本当にぜひしてもらいたい」と、現状全く対策がされていないことを明かす。

    そして、「結局レジ袋有料化というのは、行政主導で始まったことですね。それによってエコバッグを使って、エコバック万引きが横行している。この事実を行政でもちゃんと認識していただいて、行政主導の下でエコバッグの持ち方っていうのを、発信してもらいたい」と訴えた。


    ■行政に怒りの声

    行政主導で実施されたレジ袋有料化によって増加したエコバッグ万引きと、事実上無策となっている状態に、「直ちに対策をするべきだ」「店舗運営に重大な影響を与えている以上止めるべきだ」「天下の愚策」と視聴者から怒りの声が上がる。

    一方で「環境面を考えるとエコバッグ推進は悪いことではない」「レジ袋を無料に戻しても、万引きをする人はする」という指摘もあった。


    ■有料化賛成者は5割

    レジ袋有料化は環境保護を目的に導入されたものだが、実施前から万引き増加や環境保護にならないという指摘があり、賛否両論だった。しらべぇ編集部が今年7月、コンビニレジ袋有料化について聞いた調査でも54.9%と賛成する人が僅かに多いが、意見がほぼ二分されている。

    レジ袋有料化に伴うエコバッグ持参で、万引き被害が増加していることは間違いない様子。今後、政府は有効な対策を講じる必要があるのではないだろうか。

    ・合わせて読みたい→シャトレーゼのホールケーキが入る保冷バッグ 安定感抜群の神商品だった

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年7月3日2020年7月7日
    対象:全国10代~60代の男女2,168名 (有効回答数)

    『TVタックル』が紹介したエコバッグ万引きの実態に驚愕 行政に怒りの声も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『TVタックル』が紹介したエコバッグ万引きの実態に驚愕 行政に怒りの声も】の続きを読む


    (出典 dol.ismcdn.jp)


    深刻な状況です。

     列島が首相の交代やGoToトラベルキャンペーンに沸いた今夏。専門家が警告していたとおり、秋の訪れとともにコロナ感染者が激増しているが、その陰では同じく深刻な問題が発生し、日本国民の命を奪っている。

    新型コロナよりも多く失われた命

    photo via Pexels

     「10月、自殺によってコロナの10か月間よりも多くの日本の命が奪われる」と衝撃的な見出しが躍ったのは、「CBS NEWS」だ。日本における自殺者の数が多いのは今に始まったことではない。というか、日々の「人身事故」などが当たり前になりすぎて、我々の感覚が麻痺しているという面もあるだろう。(参照:CBS NEWS

     しかし、そんな「自殺大国」でも、コロナショック下での自殺者数の増加は海外メディアにとって衝撃的だったようだ。

     「新型コロナウイルス感染症そのものよりも、はるかに多くの日本人が自殺によって亡くなっている。これはパンデミックの経済、社会的影響が絡んでいると思われる。全国の死者が2000人以下と、日本はコロナの流行に対して他国よりうまく対応した一方、警察庁の仮統計によれば10月だけで自殺者数は2153にも昇っている。これで上昇するのは4か月連続だ。

     現在日本では、今年に自ら命を奪った人の数は1万7000人以上にも昇る10月の自殺者数は例年より600人多く、女性の自殺は全体の約3割と80%以上上昇している」

     特に注目したいのは、女性や子どもの自殺が増えているという点だ。

     「主に育児を担ってきた女性は、パンデミックによる失業や不安の矢面に立たされている。また、彼女たちはよりDV被害の危険性に晒されており、相談所によれば世界各国と同じく日本でも状況は悪化している。全体から見ると子どもの自殺はもっと少ないが、こちらも上昇している」

    ◆最悪の状況はこれから
     日本ではこれまで女性や子どもの社会的地位や権利が低すぎると議論されてきたが、コロナショック引き金となり、まさにその層が被害を受けているのである。

     「日本は長きにわたって高い自殺率と奮闘してきた。それには複雑な理由があるが、7月に方向転換をするまで今年の自殺者数は下降傾向にあった。(自殺者数が増えたのは)『みんなで頑張ろう』というパンデミックの前向きさが欠け緩衝材となっていた補助金のインパクトが消えたからかもしれない」

     同記事は専門家のコメントを紹介しながら、こうした傾向は今後他国にも波及していくのではないかと分析している。

     「『我々はメンタルヘルスの流行の真っ只中にいます。状況は悪化していくでしょう』。先日、アメリカ心理学会会長のビビアン・ペンダー博士は、CBSの『サンデー・モーニング』でそう話した。

     『まだ、最悪の状況は終わっていないと?』。スーザン・スペンス記者は彼女にそう尋ねた。

     『いいえ、まったく。メンタルヘルスに関しては、最悪の状況はこれからでしょう。大勢の亡くなった人たちや失われた機会、夢、抱いていた希望に対しての深い悲しみと悲観が訪れます』」

     新型コロナウイルスが拡大するのと並行して、メンタルヘルスに関連したパンデミックがやってくる……。すでに日本はその第一波に飲み込まれているのだ。

    ウィズコロナの疲弊でメンタルヘルスが悪化
     新型コロナウイルスによる自殺者は世界中で増えているが、もとより高い自殺者に悩まされていた日本の現状は、まさに桁違いなのだ。

     「Bloomberg」も、「日本の自殺者急増が、コロナによるメンタルヘルスの死者数を示す」と、この問題を取り上げている。暗澹とした気持ちにさせられるのは、「一部の層」が特に被害を受けているという事実だ。(参照:Bloomberg

     「政府の統計によると、8月の自殺件数は15.4%・1854人に上昇した。なかでも、より少数の自殺、女性の自殺は約40%に跳ね上がっている小〜高校までの学生の自殺件数は59人と前年の倍以上となった」

     「経済的に、コロナウイルス不釣合いに女性を影響している小売りサービスなど、より変則的な雇用についていることが多いからだ。昨今の日本の失業のうち、彼女たちは66%を占めている

     また、親へのストレスが増していることで、子どもたちが発している「危険サイン」も見過ごされがちになっているという。同記事によれば、ここ数年日本の自殺者数は低下傾向にあるものの、未成年の自殺件数はいまだ上昇し続けている

    ◆進まないメンタルヘルスへの理解も背景に
     「アジアでは、欧米に比べてメンタルヘルスの問題について汚点がつきまとうことが、死者数の原因かもしれない。例えば日本では、自分の感情や本当の自分を見せることに対して、社会的圧力がある

     真っ先に「自助」を求められる社会では、追い詰められたときに助けを求めることすら叶わない。まさに生き地獄だ。

     「自殺者数は初め、ウイルスの感染拡大を防ぐため、春に政府が発表した緊急事態宣言の間は低下した。専門家は、職場や学校のストレスから離れたせいだとした。こうした集団的な連帯は、戦争や自然災害によっても発生した。

     しかし、経済が再開するとともに、一部の国民は置いてきぼりにされた。たとえば解雇された労働者や、家に居続けなければならなかった人たちだ。日本では、3か月間の閉鎖後、6月から学校が再開した。統計によればイジメが増加し、学業に追いつくためのストレスが加わった」

     あまりに多い自殺者数先進国のなかで遅れに遅れている女性の社会進出イジメ……。これらはすっかり我々にとって「当たり前の日常」となってしまった。いや、人によってはそれを「日本の文化」とすら呼ぶかもしれない。

     しかし、それは目の前にある問題に対して、無感覚になっていたことの裏返しなのかもしれない。これだけ多くの人が自ら命を奪ってしまう状況は、決して「当たり前」ではない。むしろ、当たり前であってはならないだろう。

     日々の生活を送るだけでも不安やストレスに蝕まれる今、たとえ身近な人の問題であっても、救いの手を差し伸べることは難しいかもしれない。だが、こうした問題に対して見て見ぬ振りをするのではなく、それを直視し、苦しんでいる人がいると理解するだけでも、社会は変わるはずだ。

     はたして、海外メディアメンタルヘルスの「ワーストケース」として取り上げる日本はどうなるのだろう。

     こころの健康相談統一ダイヤル:0570-064-556

    <取材・文・訳/林 泰人> 

    【林泰人】
    ライター編集者日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン

    photo via Pexels


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コロナの死者よりも多い自殺者数に海外メディアが驚愕。日本の「メンタルヘルス・パンデミック」】の続きを読む

    このページのトップヘ