令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 出来事



    時間がかかっている。

    日本橋前後に架かる首都高を撤去し地下化する工事が進んでいます。まずは1年前に閉鎖された江戸橋、呉服橋出入口の橋を撤去。これにより、日本橋川に青空が「1割」戻ります。完全撤去はいつになるのでしょうか。

    日本橋区間の撤去工事が進む首都高

    首都高の橋で覆われた日本橋川、そこから見える青空が、少しずつ広くなっています。

    2022年6月24日(木)、首都高速道路日本橋区間地下化事業の現場を報道陣へ公開。同区間では、一部の橋の撤去工事が進んでいます。

    この事業は、C1都心環状線日本橋前後の区間約1.8kmを地下化し、川の上に架けられた既存の道路を撤去するものです。その手始めとして、2021年5月に江戸橋・呉服橋の両出入口が閉鎖。現在はその出入口ランプの撤去工事が進められています。

    今回は日本橋のたもとから船に乗り、橋桁を撤去する様子を見学。旧江戸橋出口ランプの1径間分(橋脚と橋脚のあいだ)の橋桁を、3時間半かけ少しずつ、待ち受けている台船まで下ろす作業の最中でした。

    船から見る日本橋川の姿は、橋脚が林立し、その上を橋桁が覆う、ジャングルとも呼ぶべきものでしたが、橋桁が撤去された部分からは陽の光が降り注いでいました。橋桁が1径間分だけでもなくなると、これだけ空が見えるのか、と思うかもしれません。

    「江戸橋、呉服橋出入口のランプを撤去することで、日本橋区間全体の橋桁の1割がなくなります。青空が1割戻る、といったところでしょうか」。首都高の担当者はこう説明します。ランプの撤去工事は2023年度まで続くそう。

    ただ、その後の日本橋川は少なくとも2035年までは、「青空が1割戻った状態」のままとなります。

    日本橋に青空、いつ戻る?

    江戸橋JCT付近から神田橋JCTまでの首都高を代替する地下トンネルは、日本橋川北岸から川を横断し、南岸の川沿いの地下を貫きます。いわば現在の本線に対し蛇行するような線形になります。

    現在の本線は、地下トンネル建設中も供用されます。しかし、トンネル建設にあたり江戸橋、呉服橋出入口ランプの橋脚がどうしても支障してしまうことから、まず両出入口を撤去するというわけです。

    そのトンネル2024年度に着工し、2035年度の完成見込み。交通を切り替えたのちに、川の上の本線部分を撤去することになります。事業が完了する2040年、ようやく日本橋川が完全に青空を取り戻します。

    船の上で、首都高の担当者がこう教えてくれました。

    「地下トンネルは今いるあたり(日本橋の東側)で川を横断し、さきほど船に乗った日本橋のたもとの桟橋(滝の広場)あたりに取りつきます。反対側に建つ白いビル(国分ビルディング)の地下を通りますが、あのビルも再開発のため取り壊されます」

    日本橋川周辺は、国家戦略特区の都市再生プロジェクトに位置付けられ、再開発が進められています。日本橋区間の地下化は、老朽化した首都高の大規模更新に位置付けられているものですが、こうした街の再開発と一体でなければ不可能だといいます。

    首都高が架かる日本橋を望む。写真左上は旧江戸橋入口ランプの一部が撤去された断面(中島洋平撮影)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【東京】首都高C1地下化、日本橋に「青空」いつ戻る? 進む橋の撤去 来年度には“1割の青空”】の続きを読む



    機密である。

    「主人公のモデルは実在します。もう退官されてだいぶたちますが、実際に海保情報調査室のリーダーとして、北朝鮮に関する事件を次々と摘発された方です」と語る川嶋芳生氏
    主人公モデルは実在します。もう退官されてだいぶたちますが、実際に海保情報調査室のリーダーとして、北朝鮮に関する事件を次々と摘発された方です」と語る川嶋芳生氏

    日本の海の安全を守るべく日夜奮闘する海上保安庁には、庁内の組織図にも載らない諜報(ちょうほう)チームが存在するという。FOX 海上保安庁情報調査室』はそんな彼らの知られざる活躍を描いた、暴露型スパイ小説だ。

    本作は、大手テレビ局プロデューサーである著者の川嶋芳生(かわしま・よしお氏が長年の取材で集めてきた、普通はメディアで報じられることのない危ない事実の数々をモデルに書かれている。ネタがネタだけにもちろんペンネーム顔出しNG。そうまでして伝えたかった真実とは?

    * * *

    ――『FOX』、非常に面白かったです。一気読みでした。

    川嶋 ありがとうございます

    ――誰もが気にするところだと思いますが、書かれていることのどこまでが本当なのですか?

    川嶋 この本はノンフィクションではなく、あくまでも小説だということは先にお伝えしておきたいです。事実かどうかの指針は、警察が事件化したり、裁判で有罪判決が出たり、または国の機関が正式に発表したり、そうしたところにあると思いますが、私がこの本で書いた出来事は、まだそこに至っていないものばかりです。そういう意味では、事実ではありません。

    ――主人公海上保安庁情報調査室の室長、山下正明。朝鮮語韓国語の違いを瞬時に聞き分け、格闘術や潜水術をマスターした魅力的な人物ですが、モデルはいるのでしょうか?

    川嶋 はい、実在します。仮にHさんとしましょう。もう退官されてだいぶたちますが、実際に海保情報調査室のリーダーとして、北朝鮮に関する事件を次々と摘発された方です。

    例えば、日本の某社が農薬散布用に開発したラジコン機を、北朝鮮に密輸しようとしている人がいました。攻撃用ドローンを開発する技術の参考になるから、北朝鮮は欲しがるわけですね。

    その情報をキャッチして未然に防いだり、北朝鮮から麻薬を受け取った船を港まで追跡して摘発したり、海保の中でもずばぬけた諜報力で活躍なさっていました。

    彼が退官されてしばらくたった頃、「自分がやってきたことをなんとか後の世代に伝えられないか」とご相談をいただきまして。そこでHさんの活動をもとにした小説を出せばどうかと考えて書き始めたのがこの作品です。

    ――山下の祖父は陸軍中野学校卒の元情報将校で、彼の考えに大きな影響を与えたことが印象的に書かれていました。

    川嶋 そこはHさんのお話のままといってよいと思います。第2次世界大戦中、祖父が必死に集めた情報が生かされなかったために多くの人命が奪われたと。それに対する悔いをHさんも受け継ぎ、ご自身の任務の動機にされていたようです。

    ――ノンフィクションでなく、小説にしたのはなぜですか?

    川嶋 Hさんや海保の活動を多くの人に知ってもらうだけではなく、楽しんでもらえるものを作りたかったからです。また、ノンフィクションにすると、「ここまでは突き止めたけど未確認」のような形になってしまい、読み物としては消化不良の印象を与える懸念もありました。

    ――なるほど。初めての小説とのことですが、工夫された点をお聞かせください。

    川嶋 新たに情報室に着任した谷りさ子という人物の視点で進める、と決めていたのですが、女性視点を描くのは難しかったですね。あと、危険を伴う任務を書いているのでアクションそれなりに入れましたが、あまり陰惨になりすぎないようにしました。執筆には2年近くかかりましたが、担当の編集者さんがよく相談に乗ってくれたので楽しかったですよ。

    ――諜報に関する取材をしてこられて、ご自身が危険を感じたことはありますか?

    川嶋 いえ、私はありません。ただ現役時代のHさんは何度かあったそうです。電車に乗っていて、背中がスースーするな、と思ったらスーツもシャツもバッサリ切られていた、とか。

    ――作中にも北朝鮮がらみの脅しが描かれていましたね。殺すのではなく、「いつでもやれるよ」と見せつけるような手口の。

    川嶋 はい。それもHさんが実際に経験されたことです。彼のいた部署はいまでも残っていますが、Hさんがいたときとは違い、あまり独自の功績を上げてはいないようです。

    ――本書を読んで、海保に興味を持つ人も多いと思います。組織としての海上保安庁にはどんな面白さがありますか?

    川嶋 警察や自衛隊と違って、海保では緊急時に、現場指揮官の判断で行動をとることが許されています。

    例えば巡視船が不審船と遭遇した場合などです。もちろん本部に逐一報告はしますが、威嚇射撃のような実力行使も含め、現場の判断に委ねられているのです。本部の命令を待っていたら、乗組員の命に関わる場合もありますからね。

    予算の申請は国土交通省を窓口として行なうなど、防衛省とは雲泥の差の弱い立場にありますが、ユニークな組織ですよ。

    ――中国が海洋進出の動きを活発にするなか、海上保安庁の担う役割はますます重要になってくるのではないでしょうか?

    川嶋 そうですね。アメリカバイデン大統領もおっしゃっていましたが、これからは軍ではなく海上警備の人員を用いて対中国の監視体制を強化していく戦略を、日、米、そして東南アジアの国々で共有していくようです。

    アメリカならコースガード、日本なら海上保安庁の力を使うということです。軍同士が対峙(たいじ)すると緊張が高まってしまうので。すでに海保は巡視船東南アジアの国々に提供し、運航できるよう人員教育まで行なっています。

    ただ、ますますマンパワーが足りなくなるのが心配です。沿岸部でウニなどの高級食材を密漁するケースが多発しており、その監視も海保の仕事ですし、遊覧船の事故があれば捜索もするし、手いっぱいな印象です。

    ――多忙な海保の中にも諜報部門があるくらい、情報戦は重要なのですね。

    川嶋 われわれの生活の背後には常に国益のぶつかり合いがあり、情報戦が繰り広げられています。ひとつの情報が、有事の際には国民の命を守る強力な盾になりうる。そのリアリティを感じてもらえたらうれしいです。

    ――ちなみにペンネームの由来は「東洋のマタ・ハリ」と呼ばれる関東軍の女スパイ、川島芳子ですか?

    川嶋 はい。単純に、スパイ小説だからこうしました(笑)

    ●川嶋芳生(かわしま・よしお
    1970年生まれ。大学卒業後、某大手テレビ局入社。報道記者として海上保安庁を担当。2001年に東シナ海で発生した北朝鮮の不審船による九州南西海域工作船事件のほか、2017年大陸間弾道ミサイル発射など、多くの事件や事変を担当。アメリカ連邦捜査局(FBI)捜査官を取材したほか、金ファミリー北朝鮮の現役工作員へのインタビューを敢行。現在、旧東ドイツ諜報機関・シュタージに関する取材も続けている現役のテレビプロデューサー

    ■『FOX 海上保安庁情報調査室』
    徳間書店 1980円(税込)
    海上保安庁情報調査室は、海上ルートで密輸される麻薬の摘発や対テロ関連の捜査、北朝鮮に関連する事件や調査を主な任務とする謎の組織。室長の山下正明(二等海上保安監)は、アメリカCIA(中央情報局)や韓国の国家情報院と太いパイプを持つ人物だ。ある日、組織の再編に伴い、谷りさ子(二等海上保安正)が情報調査室に着任。山下と行動を共にするうち、谷は知られざる国際謀略と犯罪、駆け引きの世界を目の当たりにすることになる――

    取材・文/前川仁之 撮影/苅部太郎

    「主人公のモデルは実在します。もう退官されてだいぶたちますが、実際に海保情報調査室のリーダーとして、北朝鮮に関する事件を次々と摘発された方です」と語る川嶋芳生氏


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大手テレビ局Pが匿名で著した暴露型スパイ小説。メディアでは報じられない海保の極秘任務とは?】の続きを読む



    対策をしなかったら、治安が悪化する可能性もあります。

    華字メディアの中文導報網は20日、「日本が低学歴国家に?最終学歴『小卒』の外国人が約2万人」との記事を掲載した。以下はその概要。

    日本政府は最近、国勢調査の結果を公表した。データによると、2020年10月時点で最終学歴が小学校卒業の人は80万4293人で、うち1万9731人が外国人だった。50代以下では外国人が過半数を占め、これは多くの外国人が十分な教育を受けずに日本で働きながら生活していることを反映しているようだ。

    年代別の具体的な人数は90歳以上が40万3206人(うち外国人は938人)、80代が34万1213人(同3030人)、70代が2万9376人(同1924人)、60代が1万641人(同2705人)、50代が6663人(同3609人)、40代が6163人(同3560人)、30代が4221人(同2427人)、20代2508人(同1381人)、15~19歳が302人(同157人)だ。十分な教育を受けられなかった人に学習機会を提供するため、日本国内では「夜間中学」の設置が呼び掛けられている。

    この問題に対し、日本の学者は「貧困に陥りやすい」として相当数の日本人の最終学歴が小学校卒業であることに懸念を示した。また、ある弁護士は在日外国人子どもの教育問題について、「教育を受けることを希望すれば日本の子どもと同じように公立の小中学校に無償で通えると文部科学省は表明したが、言葉の問題で勉強についていけず、退学する子どももいる」との考えを示した。各市町村が配置する学校の通訳や情報提供方法はさまざまで、全ての子どもが十分な学習機会を得ているとは言い難い。

    今年5月、日本のあるメディアも日本社会の学歴状況を懸念する記事を掲載し、「日本の現代化と経済発展を支えた『人材立国』モデルが揺らいでいる」と指摘した。(翻訳・編集/野谷

    華字メディアの中文導報網は20日、「日本が低学歴国家に?最終学歴『小卒』の外国人が約2万人」との記事を掲載した。写真は東京・池袋。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】日本が低学歴国家に?最終学歴「小卒」の外国人が約2万人―華字メディア】の続きを読む



    かなり痛い。

     目の前に大量のお金を積まれて、魔がささない自信はありますか? お金は時として、人の心を狂わせ、人間関係やもめ事などトラブルの元になります。そこで、「bizSPA!フレッシュ」で過去に掲載した記事の中から特に反響の大きかった「お金のやらかし話」にまつわる人気記事を再掲載します(初公開2021年05月10日、情報は掲載当時のものです)。

    =====

     やりたいことがいまいち見つからないという人の中には、福利厚生や給与面に魅かれて入社する会社を選んだ人もいることでしょう。

    面接 就活
    画像はイメージです(以下同じ)
     誰もが知る大手金融会社の営業職として新卒入社した今野叶さん(仮名・27歳)も、その一人。しかし、今野さんを待ち受けていたのは、自転車操業をしなければ生活できない日々でした。

    福利厚生と給与システムに惹かれた

    「金融機関に入社したのは、福利厚生と安定した給与システムに惹かれたからです。もともとは全く別の業界に行きたかったんですが、思うように就職活動が進まなかったこともあって、とにかく手探りでした。

     そんな中で、ライフイベントに寄り添った福利厚生制度がある金融系の営業職が魅力的に思えて入社することを決めたんです。さらに、社歴の浅いうちはインセンティブとは別に固定給制度があるのも魅力でした。

     しかも別の業界の初任給と比べても額は多め、1年目からボーナスは年に2度支給。これなら家賃も、奨学金も払えるだろうと入社を決めました

    控除額の多さに驚愕…

    金欠女子

     初任給で家族に買うものを思い描き、貯金計画を立てるなどの期待に胸を膨らませていた今野さん。しかし、初任給を受け取った時に、その夢はあっけなく崩れていったといいます。

    「初年度の給料は25万円プラスインセンティブ。当然、税金が引かれることは分かっていましたが、まさか振り込まれる金額が20万円を割るとは予想外でしたね

     なぜなのか気になって明細を見たら、税金・社会保険とは別に、引かれているものがたくさんありました。組合費のほか、資格試験を受けるための金額やその指定テキスト代、さらには部署で共通で使うお客様へのお土産代まで、予想以上の控除額にさっと血の気が引きました」

     家賃8万円、携帯代などの固定費に2万円、奨学金の返済は月2万円、今野さんの手元に残る額は9万円弱でした

    自己負担すべきものが多すぎる

    飲み会 お酌

     しかし、今野さんは9万円を自由に使えるわけではなかったそう……。

    「手元に残った9万円から、スーツを新しく買ったり、お客様に配るためのクリアファイルや飴などを買わなければいけませんでした。1番納得いかなかったのは、部署主催のお客様を招いて行われる飲み会。なんでもかんでも数値目標が設定される環境だったので、1人あたり何人呼ぶかのノルマが決まっていたんですね。

     でも、自分のお客様を1人呼ぶごとに2000円払わなければならなかったんです。別に飲み会がしたいわけでもないのに、他人の分も支払わなければいけないことが嫌でした。でも、呼ばないと上司に呼び出され、“目標達成をするためにどうするのつもりなのか”と詰められるんです」

     結局、今野さんの手元に残るのは月に2万円程度。そのうち1万円は交通費などの立替金に消え、営業用の携帯代も自己負担だったため、実質、今野さんが使える金額は1万円にも満たなかったそうです

    インセンティブは月800円、ボーナスは10万円

     あまりにも少なすぎる給与を見て、今野さんはインセンティブボーナスを1円でも多くもらえるよう努力することに。

    「努力した結果、同期内では常にトップ5に入る成績、部署全体で見てもトップ20に入っていました。しかし、いくつかある月の目標、契約数や継続率などで結果を残しても月に入ってくるインセンティブ1000円以下……

     1000万円一括払いの大型契約を取って商標された月のインセンティブ5000円前後でした。さらに『1年目でこんなにもらえる人はいないよ』と言われ渡されたボーナスの金額は10万円。

     基本給のない社歴が長い先輩であれば、もっともらえるそうですが、インセンティブ率の低い1年目の社員は、どんなに大きな契約を取っても大きな金額をもらえることができないと知りました

    給料が入るとすぐにATMに…

    ATM

    「良い成績を残すためには、それなりのお金と時間がかかる。お金と時間をかけなければ、思うような営業活動ができない。成績がほしいと思えば思うほど、自分の手元に残る金額は減っていきました。その結果、月末の引き落とし日に口座残高が足りないということもざらにあったんです

     そう語る今野さんは、給料が入るとすぐにATMに走り、利用可能額を増やす。その利用可能額で月の固定費を支払うを繰り返していたとのこと。さらにはリボ払いにまで手を出し、にっちもさっちもいかなくなってしまい……。結局、家族に泣きついて、転職することを決めたとか

    「自分の趣味に使えるお金はほとんどありませんでした。でも、ストレスフルな職業だったから息抜きは必要。利用可能額の上限をフルに使って、旅行やコンサート、エステなどに通う生活が当たり前になっていました。いま思い出しても当時はボロボロでしたね」

    「もうあんな生活、経験したくないです」と話す今野さん。現在は今度こそ「福利厚生がしっかりした」会社で、忙しくも充実した日々を過ごしているそうです。

    TEXT/於ありさ イラストパウロタスク(@paultaskart)>

    【於ありさ】

    サンリオと男性アイドルお笑いが好きなライター。さまざまなWEB媒体で、著名人へのインタビュー&執筆を担当している。生粋のオタク気質のため、何事にも深く長くハマりがち。 twitter:@okiarichan27 Instagram:@okiarichan27



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【落とし穴】有名企業なのに初任給9万円…新卒女性がいきなり“貧困状態”になった落とし穴】の続きを読む



    矛盾がある。

    画像イメージ

    画像イメージ

    就活や資格取得時など、なにかと気になる学歴。キャリコネニュースでは学歴に関するアンケートを行っているが、今回は四年制大学を出ていないことに思うところのある女性2人の声を紹介する。(文:コティマム)

    ※キャリコネニュースでは学歴をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

    「周りが当たり前のように『大卒』という前提で話をしてくるのも辛い」

    兵庫県の40代女性(クリエイティブ/フリーランス/年収300万円)は高卒だ。学歴について「個人的には不要だと思っている」というが、「世間がそうではない」と感じるという。女性自身も「転職活動をする上で学歴がネックになり、応募資格を満たせないことが多々あった」と明かす。

    「今は大学進学率も高いので、周りが当たり前のように『大卒』という前提で話をしてくるのも辛い」

    さらに女性は、「『学歴なんて関係ないよ』と言ってもらえる時もある」と語るが、そう話す人も「『自分の子どもには大学を出てほしい』と矛盾したことを言っている」と指摘する。

    「やはり本音は『大学を出るのが普通という考えなのだな』と感じた。転職活動で学歴がネックになった経験から、自分の学歴には不満。どんな大学であっても『大卒』というだけで高卒との初任給が違うので、そういう意味でも不満」

    短大卒女性が感じた現実「学歴フィルターというのは依然として存在する」

    短大卒の神奈川県20代女性(事務・管理/正社員/年収200万円)は、「学歴フィルターというのは依然として存在する」と語る。女性自身も、「短大卒であるが故に、応募できない企業や職種があった」と振り返る。

    「学歴がなくても成功する例は多くあるし、学歴があっても失敗する例もあるが、未だに物差しのひとつとして学歴があるのが否定できない」

    女性は「学歴フィルター」を実感したからこそ、「学歴は必要」と考えている。

    「学歴は関係ない」と話す人も「自分の子どもには大学を出てほしい」と言う矛盾


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】「学歴は関係ない」と話す人も「自分の子どもには大学を出てほしい」と言う矛盾】の続きを読む

    このページのトップヘ