令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 東アジア



    愛人女優が処刑される可能性があるなんて恐ろしい話です。

    韓国の聯合ニュースによれば、脱北者団体「自由北韓運動連合」は10日、北朝鮮に近いソウルの北西約50Kmの江華島(カンファド)から北朝鮮に向け、金正恩体制を批判するビラ30万枚とK―POPなどの動画を収めたUSBメモリー2000個を20個の大型風船にくくりつけて飛ばした。

    ビラの内容は詳らかではないが、同団体の朴相学(パク・サンハク)代表は「金正恩朝鮮半島統一を妨げ、永遠に君臨するという妄想をあらわにした」と述べており、金正恩氏が韓国との南北平和統一を放棄したことなどが書かれているのかもしれない。

    ちなみに、同団体が4年前に飛ばしたビラには、北朝鮮一般国民が決して知ることのできない金正恩氏の「出生の秘密」が書かれていた。

    ビラは、金正恩氏には異母兄の金正男(キム・ジョンナム)氏がおり、同氏は「浮気者の金正日」が既婚者であるソン・ヘリム氏と不倫関係となって生まれたと説明。金正恩氏の母で日本生まれの高容姫(コ・ヨンヒ)氏と金正日氏も正式な夫婦ではなく「不倫関係」だったとしていた。

    ビラはさらに、金正男氏が2017年2月、弟である金正恩氏が放った暗殺団により、マレーシアクアラルンプール国際空港で殺害されたことを暴露。その動機は、日本出身の母を持つ金正恩氏に対し、長男である金正男氏こそが本物の「白頭の血統」だったことにあるとしていた。

    こうした話は、北朝鮮では最大のタブーだ。金正日は自分の愛人だった女優を、口封じのために処刑したほどである。

    それだけに、こうした情報は国民の興味を激しく触発する。その情報は口コミで静かに広まり、いずれほとんどの国民が知るところとなる。そうすることで、北朝鮮の体制が独裁者を「神格化」する余地を狭める効果が、ビラ散布にはあると筆者は考えている。

    実際、このビラが散布された後、北朝鮮は激怒し、韓国との南北共同連絡事務所を爆破する暴挙に出た。

    これを受け、文在寅前政権は北朝鮮へのビラ散布を法で禁じた。しかし昨年9月、憲法裁判所が表現の自由を過度に制限しているとして違憲との判断を示し、ビラ散布を禁じる条項は効力を失った。

    ビラ散布は今後も活発に行われると見られるが、北朝鮮がどのような対応に出るかが注目される。

    高ヨンヒ氏


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】金正恩「出生の秘密」暴露され激怒…父の「愛人女優」は処刑の憂き目に】の続きを読む



    中国が南シナ海に海上原発を建設するとは驚きですね。環境への影響や安全保障上のリスクは大きいですし、近隣諸国との関係にも影響を与えるかもしれません。


    中国が南シナ海の紛争地域の海に浮かべる海上原子力発電所の建設を推進し物議を醸している、と韓国紙が伝えた。米軍当局者は中国が実際に海上原発を造るには数年以上かかる見通しだとしながらも、環境汚染と安全保障の二つの側面で危険要因になるものだとして懸念を示した。

    現時点で海上原発を運用する国はロシアだけだ。ロシアは2019年12月、極東地域チュクチ自治管区内のペベクでアカデミック・ロモノソフという名称の海上原発を稼動させた。無動力のバージ船に複層構造の発電所を設置した構造で、加圧水型の軽水炉2基と蒸気タービン2機が組み込まれている。

    ハンギョレ新聞によると、中国は南シナ海海域の軍事施設に電力を供給するために、海上に浮かべて発電する原子炉を2010年から研究・開発している。米紙ワシントン・ポストが2日、米軍当局者の話を引用して報じた。

    退任を控えていた米軍のジョン・アキリーノ・インド太平洋司令官はワシントン・ポスト紙に「中国の海上原発の構想は地域のすべての国にとって潜在的な影響を及ぼす」とし、「中国メディアは中国政府がこれらの海上原発を利用し、南シナ海に対する軍事的統制を強化する意図だとはっきりと報じている」と述べた。

    このような状況は中国が台湾、日本、フィリピン近海を含む南シナ海でますます軍事力を誇示し、軍事的な緊張が高まる中で起きている。最近、フィリピンの西側の海では中国海警局の公船がセカンド・トーマス礁(中国名・仁爱礁)付近の比国軍派遣隊への補給を始めた艦艇を阻止するため、放水を繰り返すなど直接の衝突を辞さずにいる。

    中国は海上原発の軍事的な意味を隠していない。共産党機関紙・人民日報の姉妹紙「環球時報」は2016年、「政府が南シナ海に原子炉20基を設置し、商業的開発や石油探査、海水淡水化などを支援する計画」としつつ、軍事利用の可能性にも期待感を示した。

    環球時報は「海上原発が設置されれば、南シナ海の島と環礁は本質的に原子力推進航空母艦となる」と説明。「これらは遠くから来る米国の空母艦隊よりも軍事的にさらに有利だ」と強調した。

    新米国安全保障センター(CNAS)のトーマス・シュガート研究員は「中国の海上原発の設置は中国が南シナ海に建設した人工島に対する支配をよりいっそう強化するものだ」と指摘。戦略国際問題研究所(CSIS)のグレゴリー・ポーリング氏は「中国が行うことには実際以上に私たちの警戒心を呼び起こすものが多い」と付け加えた。(編集/日向)

    中国が南シナ海の紛争地域の海に浮かべる海上原発の建設を推進している。米軍当局者は環境汚染と安全保障の二つの側面で危険要因になるものだとして懸念を示した。写真は南シナ海の海上原発。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】中国、南シナ海に海上原発の建設推進、米軍当局者は環境汚染と安全保障で懸念】の続きを読む



    (出典 mainichi.jp)


    資金ストップがあっても、彼らはまた新たな手法を考え出して信者からお金を巻き上げるだろう。利益至上主義が優先されてしまうのは悲しいことだ。

    1 PARADISE ★ :2024/05/12(日) 11:13:23.73 ID:cAvrGrqA9
     午後3時過ぎのFNNソウル支局。ふとテレビ画面に目をやると、あるテレビCMが流れてきた。「“母”の愛が平和を作る」「人類の涙を拭う平和の“母”」―。
    “母”とは、旧統一教会(現:世界平和統一家庭連合)の韓鶴子(ハン・ハクチャ)総裁を指す。30秒のCMは彼女の生きざまを称え、自叙伝を宣伝する内容だった。

    旧統一教会を巡っては、2023年10月、日本全国で組織的・継続的に不当な献金集めをしたとして、文科省が解散命令を出すよう地裁に申し立て、現在、審理が続いている。一方、教団本部がある韓国でも、旧統一教会は異端な宗教として知られているが、教団トップがCMに登場するとは、教団が日本ほど問題視されていないことの証左と言える。

    その旧統一教会が昨今、新たに「霊感商法」や「観光事業」に力を入れていることが分かった。現在は日本からの多額の送金が止まっているとみられる中、韓国国内で組織の運営資金確保に乗り出した模様だ。

    “除霊”で視力回復!?資金難で「霊感商法」に注力か
    「“中心霊”の解怨をお勧めしています」―。これはFNNが入手した韓国国内の信者向けSNSでの記述だ。 “中心霊”とは先祖の行いで生じた悪霊とされ、これが病につながるなどとして教団は除霊を求めている。SNSには韓国語に加え、日本語に翻訳されたページもある。

    旧統一教会内部に潜入取材した経験がある宗教ジャーナリストのオ・ミョンオク氏によると、除霊にかかる費用は、中心霊1体あたり約12万ウォン(約1万4000円)で、中心霊が何体いるかに関しては、事前に顔写真を送り、診断してもらう必要があるという。つまり教団の“言い値”に従う仕組みと言っていい。YouTube上には、除霊により「視力が回復した」「38年間治らなかった湿疹が改善した」などと信者の体験談が紹介され、中には一家で計122体の中心霊を取り除いたというエピソードも出てくる。1体あたり1万4000円なら、単純計算で170万8000円になる。

    旧統一教会の信者が約30万人(韓国メディアより)いるとされる韓国では、これまで日本のような厳しい献金の実態は取り沙汰されてこなかった。しかしオ氏は「日本からの送金が減ったことで、教団は新手の霊感商法の開発に血眼になっていて、金儲けの手段としてこれを利用している」と指摘する。

    オ氏によると、旧統一教会は約2~3カ月前、教団本部がある京畿道・加平(カピョン)に新たな宮殿「天苑宮」を4700億ウォン(約527億円)以上かけて完成させた。

    しかし日本からの送金が停止したことなどが影響し、建設業者への工事費未払いも発生した。さらに財政難により、教団は職員の給料を減らしたほか、ソウルの一等地に所有するビルを1800億ウォン(約202億円)で売却すると明らかにするなど、不動産処分の動きも相次いでいるという。今後より一層、霊感商法などで、韓国国内の信者にノルマを課して締め付けを強める可能性もあり、約7000人いるとされる在韓日本人信者への影響も少なからずあるだろう。

    以下ソース
    https://www.fnn.jp/articles/-/695603?display=full

    【【旧統一教会】「除霊で視力回復」旧統一教会が霊感商法 日本資金ストップで財政難か】の続きを読む


    こんな事件が起きると、日本人観光客全体に対する信頼が損なわれてしまいますね。

    1 @おっさん友の会 ★ 警備員[Lv.0][新芽] :2024/05/11(土) 20:05:11.06 ID:Efqog7Dq9
    韓国警察は、観光と偽り入国し、売春行為を行っていた疑いがあるとして、日本人女性3人を逮捕しました。

    ソウル警察庁によりますと、ソウル市江南のホテルで9日、いずれも20代の日本人女性3人が出入国管理法違反などの疑いで逮捕されました。

    3人は今月初旬に観光目的と偽って韓国に入国し、売春行為を行っていた疑いがあるということで、警察は売春をあっせんした疑いで経営者ら4人を逮捕したということです。

    2024/05/11 16:44
    Yahooニュース TBS
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0db9b5db0c7bae4420b945f119249633ed2d481f

    ★1 2024/05/11(土) 17:39:19.90
    ※前スレ
    韓国で20代の日本人女性3人を逮捕、観光と偽り入国し売春行為を行っていた疑い…他30人も ★2 [おっさん友の会★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1715420792/

    【【国際】韓国で20代の日本人女性3人を逮捕、観光と偽り入国し売春行為を行っていた疑い…他30人も】の続きを読む



    外国人観光客にも人気がある。


    中国メディアの頭条新聞は8日、日本で「社畜」を観察できるカフェが外国人観光客に人気になっているという話題を取り上げた。

    記事は、中国ではメーデー(労働節)連休後に一般的に6連勤になることに触れた上で、「そんな状況にぴったりのニュースを紹介しよう」とし、日本の報道を引用して、東京・品川駅のカフェが「社畜観察」にぴったりだとして外国人観光客に人気のスポットになっているとの話題を伝えた。

    カフェは品川駅の遊歩道を見下ろせる位置にあり、朝夕の通勤ラッシュ時にはスーツを着た集団が一方に向かって黙ってぞろぞろと歩いていく珍しい光景を見られることから外国人観光客に人気になったという。

    品川駅構内

    記事は、海外の評価サイトで「店員の接客が素晴らしい。特にラッシュ時には駅の人の流れが見下ろせて、外国人観光客には魅力的」「おいしいコーヒーと素晴らしい眺め。カウンター席から通行人が歩く姿を見られるのがスペシャルだ」などと好評を博したものの、苦情が寄せられたためか同店に「NO PHOTOGRAPHY(撮影禁止)」の注意書きが登場したと伝えた。

    これに中国のネットユーザーからは「中国も同じ」「中国に来ればもっと美しい(混雑した)景色が見られるよ」「中国ではもっと人が多い」「中国の地下鉄をご覧ください」「広州の工場通りの深夜0時の通りは、これ(品川駅)よりももっと衝撃的だけどね」「広州地下鉄では雨の日はみんなスリッパで通勤して、なんとか車内に体を押し込めたと思ったらホームに片方のスリッパが残ってる(笑)」「中国は少なくともスーツにネクタイで統一はされていない。わが国の社畜は服装の上では自由なわけだ」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)

    中国メディアの頭条新聞は8日、日本で「社畜」を観察できるカフェが外国人観光客に人気になっているという話題を取り上げた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】日本の「社畜」を観察できるカフェが外国人観光客に人気=中国ネット「わが国の社畜の方が自由」】の続きを読む

    このページのトップヘ