令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 東アジア


    日本勢はどうなるのかな?

    詳細画像はこちら

    英国では純EV向け補助金の対象外に

    textTom Morgan(トム・モーガン
    translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

     
    英国政府は電気自動車に付与される補助金の対象を、3万5000ポンド(525万円)以下のクルマへ限定した。多くの自動車メーカー向かい風となっているが、ヒュンダイへの影響も小さくない。

    【画像】ヒュンダイ・コナ・エレクトリック 欧州で競合する純EVクロスオーバー 全127枚

    エントリーグレードのコナ・エレクトリックは補助金対象のままだが、航続距離の長いグレードは対象から外れてしまった。その結果、ユーザーが支払う金額には大きな差が生まれている。

    詳細画像はこちら
    ヒュンダイ・コナ・エレクトリックアルティメット 64kWh(英国仕様)

    64kWhのバッテリーを積むアルティメットの英国価格は、4万375ポンド(605万円)。フォード・マスタングマッハEやフォルクスワーゲンID.4など、競争の激しい価格帯に含まれる。

    この時期のフェイスリフトは、良いタイミングだといえるだろう。安全運転支援システムなど車載技術がアップグレードされたと同時に、見た目もドラマチックに一新した。

    リフレッシュ前でもコナ・エレクトリックの見た目は、内燃エンジンを積んだコナと見間違えられることはなかった。フェイスリフトではテスラモデル3のような滑らかなフロントノーズを獲得し、一層の差別化が図られている。

    ヘッドライトLEDのデイライトデザインも新しくなっている。こちらは、通常のコナと共通なようだ。

    駆動用のAC同期モーターに変更はない。203psと40.1kg-mを発生し、シングルスピードのリダクションギアを介して前輪を駆動する。バッテリー容量は64kWhあり、航続距離は最大482km。DC急速充電器は、100kWの容量にまで対応する。

    ホットハッチに並ぶ鋭い加速力

    コナのボディサイズは4205mmと、現在の純EVクロスオーバーとしては小さい方。車内空間は必要十分といったところで、荷室も広いわけではない。

    インテリアを眺めると、硬質なプラスティック製部品があちこちに見られる。とはいえ、メーターパネルもモニター式となり、センターモニターは10.25インチへ大型化。最新のライバルへハイテク感では歩調を合わせている。

    詳細画像はこちら
    ヒュンダイ・コナ・エレクトリックアルティメット 64kWh(英国仕様)

    インフォテインメント・システムインターフェイスは、従来より鮮明になり扱いやすい。アップルカープレイとアンドロイドオートにも対応するが、独自のシステムでも不便は感じないと思う。

    試乗したコナ・エレクトリックは、最上級トリムグレードのアルティメット。サンルーフにヘッドアップディスプレイ、レザー張りのパワーシートなどが付いてくる。シートヒーターは、後席にも内蔵される。

    2018年の発表当時、車内空間は薄暗くて面白みに欠けると感じた。でもサンルーフがあるおかげで、ずっと明るさが増している。

    観察はこのくらいにしておこう。運転して驚かされるのが、クロスオーバーとしては鋭い加速力。高速道路の速度域まで、ホットハッチに並ぶ勢いでスピードを乗せていく。

    アクセルペダルを不用意に踏み込むと、発進時にフロントタイヤがホイールスピンしてしまう。フェイスリフト前より穏やかになった様子だが。

    ステアリングホイールに付いたパドルで強さを変えられる回生ブレーキは、筆者が経験した純EVの中では最高の水準。素早く3段階から切り替えられる。惰性走行も可能だ。


    乗り心地や操縦性での訴求力は小さい

    コナ・エレクトリックの加減速感は一貫性が高く、予想した距離の通りにクルマが進んでくれる。速度の維持も簡単で、例えばDS3クロスバック Eテンスなどより運転は安楽。航続距離を伸ばす上でも有利だ。

    内燃エンジンを載せたクルマから乗り換えドライバーにとっても、違和感は感じにくいだろう。

    詳細画像はこちら
    ヒュンダイ・コナ・エレクトリックアルティメット 64kWh(英国仕様)

    反面、操縦性は強みではない。ステアリングホイールに伝わる感覚はほぼなく、フロントタイヤグリップ力も限定的。トラクションやスタビリティコントロールのお世話になることも少なくない。

    ラットフォームを共有するキアeニロは落ち着いたファミリーSUVに当たるから、さほど問題には感じられない。一方のコナ・エレクトリックはもっと若々しい。それでいてコーナーリング時の喜びは、ほぼない。

    サスペンションフロントがマクファーソンストラット式で、リアがマルチリンク式。乗り心地は、市街地では十分納得できる範囲ながら、郊外の流れの速い区間では落ち着きを失いがち。高速域では、風切り音も小さくはないようだ。

    後輪駆動マスタングマッハEの方が、ドライバーへの訴求力では上。ファミリーでの利用を考えるなら、価格で並ぶキアeニロの方がより適してはいる。

    しかし、英国政府からの3000ポンド(45万円)の支援がなくなっても、コナ・エレクトリックの魅力が完全に損なわれたとはいえない。482kmの航続距離は高く評価できるし、技術面のアップデートで新鮮味も保てていると思う。

    ヒュンダイ・コナ・エレクトリック・アルティメット 64kWh(英国仕様)のスペック

    英国価格:4万375ポンド(605万円)
    全長:4205mm
    全幅:1800mm
    全高:1565mm
    最高速度:167km/h
    0-100km/h加速:7.9秒
    航続距離:482km
    CO2排出量:−
    車両重量:1743kg
    パワートレイン:AC同期モーター
    バッテリー:64kWhリチウムイオン
    最高出力:203ps
    最大トルク:40.1kg-m
    ギアボックス:シングルスピード


    ヒュンダイの記事
    【航続距離482km】ヒュンダイ・コナ・エレクトリック 64kWhへ試乗 新鮮味を維持
    【ヒュンダイの成長を示す】ヒュンダイ・コナ・ハイブリッド1.6へ試乗 競合はC-HRやキャプチャー
    【バランスの良いSUV】新型 ヒュンダイ・ツーソン 1.6 T-GDiへ試乗 ISG+四輪駆動
    【タイガー・ウッズ事故】「ジェネシスGV80」どんなクルマ? 安全性は?  

    【航続距離482km】ヒュンダイ・コナ・エレクトリック 64kWhへ試乗 新鮮味を維持


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【航続距離482km】ヒュンダイ・コナ・エレクトリック 64kWhへ試乗 新鮮味を維持】の続きを読む


    報道されない


    NO.9409837 2021/04/19 11:46
    日本、月城原発の5400倍の発がん性物質の放出になぜ言及しないのか
    日本、月城原発の5400倍の発がん性物質の放出になぜ言及しないのか
    日本「月城原発からのトリチウムの放出はもっと多い」 
    炭素14など危険な物質の放出には言及せず 
    ストロンチウム90で比較すれば月城の5400倍を超える

    「韓国原発のトリチウム放出量が日本よりも大きいことが明るみになり、笑いものになるだけ」

     自民党の重鎮である佐藤正久・外交防衛委員長兼外交部会長が14日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本の汚染水の放出決定を国際海洋法裁判所に提訴する案を検討するよう指示したことについて「虚勢そのもの」だと嘲笑し、ツイッターに投稿したコメントです。日本の麻生太郎・副総理兼財務相も前日の記者会見で汚染水の放出について「中国やら韓国やらが海に放出しているのと同じ」だと述べました。

    日本メディアは政府の汚染水の放出決定を伝え、韓国の月城(ウォルソン)原発の年間のトリチウム(三重水素)放出量は23兆ベクレルであり、日本が毎年放出しようとする汚染水の22兆ベクレルより多いと報道しました。放出決定に反発する周辺国に対する日本政界の傲慢な態度がどこから始まったのか、教えてくれるものです。



    【日時】2021年04月19日 08:18
    【ソース】HANKYOREN
    【関連掲示板】


    【日本、月城原発の5400倍の発がん性物質の放出になぜ言及しないのか】の続きを読む


    大きいもの

    「この世で一番美しい季節」と言われる4月には、桜の花、杏の花、桃の花、梨の花などが次々に開花する。中国各地が「花見モード」に入り、桃の花祭り、桜祭り、梨の花祭りなど、さまざまな「花にまつわるイベント」が各地で盛んに開催されている。清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月4日)の連休には、「花見経済」の動きがことさらに目を引いた。

    「花見経済」はその花を一斉に咲かせているが、それと同時に、画一化、季節が限定されること、産業チェーンの短さ、関連サービスの未整備といった一連の問題も徐々に明らかになり、こうした問題が産業の安定的な長期的発展をある程度制約するようになった。

    ■1輪の花がどうやって1つの産業を「花開かせた」か?

    ここ数年、都市と農村の発展に伴って、中国の複数の地域で「花祭り」や「花見会」などが相次いで行われるようになった。中部地域の河南省では、10以上のエリアで清明節前後に数種類の「花祭り」が行なわれた。

    毎年4月になると、中国内外で名高い洛陽市の牡丹がシーズンを迎え、大勢の観光客が続々と洛陽を訪れる。今年の洛陽牡丹の会は日本とフランスにもサブ会場が設けられるほどだった。

    河南だけではない。河北省威県の梨の花祭り、江蘇省時集鎮の桃の花祭り、山西省杏花村の杏の花祭りなど、さまざまな「花祭り」が次々にスタートした。風景は「お金を稼げるもの」になり、それに伴って「花経済」が誕生した。

    河南省社会科学院都市・環境研究所の王建国(ワン・ジエングオ)所長は、「各地で盛んに行なわれる『花祭り』は、時代の進歩と都市農村経済発展に伴って出現した新業態で、『旬の物を売る』から『旬の景色を売る』への転換を実現し、農村振興と美しい農村建設につながるものとなる」との見方を示した。

    ■「花見経済」は開花期の制約を打ち破れるか

    「花見経済」が花開くと同時に、季節が限られる、観光できる期間が短い、商品の構造が画一的であるといった一連の問題が徐々に明らかになってきた。山西省太原市にあるラベンダー園を例として挙げると、景観エリアにはラベンダー、クマツヅラ、ひまわりローズマリータイム、菊など様々な花が植えられ、花が順を追って咲くことで、6月初旬から8-9月まで景色を楽しむことができ、夏から秋までのシーズンをほぼカバーできる。しかし春は咲いている花の種類が少なく、多くの観光客が「物足りなさ」を感じている。

    業界関係者は、「『花見』は『花見経済』の表面的な形態に過ぎない。この分野をより深く発展させるためには、一方では花の種類の組み合わせにオリジナリティーを出すことが必要で、それぞれの季節に合わせて発展的にオリジナルの景観を作り出し、『花見経済』に季節ごとの消費能力と個性的な特徴を十分に持たせることが必要だ。その一方で、花の多様な利用価値を十分に開拓し、単なる花見から、花を買う、花を食べる、花を利用するへと広げ、『花の内包』するものへの没入感と『花の外延』的な魅力を強化することも必要だ」と述べた。

    山東省のバックパッカーである祝爽(ジュウ・シュアン)さんは、今年の清明節連休には新疆ウイグル自治区の那拉提景勝地で花を楽しんだ。彼女は、「観光客を引きつけようと思ったら、古いものを守っていてはだめ。絵のような花景色や花の迷路を開発して植栽してもいいし、『花のホテル』や『花のレストラン』を作ってもいい。さらにはフラワーアレンジメント教室やフラワーティー文化の講座開催や、オリジナリティーある観光商品の開発もいいと思う。花を楽しめる期間は短いが、創造性は無限大だ。『一時的な盛り上がり』の限界を打ち破り、旅行商品の開発で絶えず古いものを淘汰して新しいものを打ち出す必要がある」と話した。

    ■同質競争の難問は解けるか?

    花の季節が限定されるだけでなく、「年々歳々花相似たり」と古詩に詠われるように、毎年咲く花は同じということからくる飽きもある。特に飽きによってもたらされる市場の疲弊感も、早急に解決しなければならない難題だ。たとえば、多くの地域が一斉にネットで人気の桜鑑賞スポットを打ち出しているが、実際のところ、こうした地域のスポットはどれも似たり寄ったりで、最大の違いは面積の違いに過ぎない。また、菜の花祭りはここ数年、各地の農村観光の主要コンテンツになったが、やはり「季節が限定される」、「楽しめる期間が短い」、「商品の構成が画一的」といったことから観光客に飽きられている。

    実際、一部の地域では、こうした状況を踏まえて、すでに興味深い探求を始めている。食べる、泊まる、移動する、遊ぶ、買うなどの要素を集め、周辺の観光スポットや観光ルートと連携したり、スポーツイベント、文化芸術パフォーマンスファミリー農場、美しい農村などと結びつけて、「花をめぐる経済」と「ビジネスコンセプト」を連携させ、「花見経済」が本当に「大輪の花を咲かせる」ようにしている。

    北京市の玉淵潭公園では桜アイスクリームネットの人気商品になり、北京植物園ではグッズショップの押し花のしおりドライフラワーのペンダントなどのクリエイティブグッズに自然の息吹が込められ、桜の名所として有名な湖北省武漢市の東湖桜園では、桜柄のスカーフや桜の石けんなどの商品デザインに古代の楚の文化が取り入れられている。

    重慶市潼南区では、小さな菜の花が潼南観光産業の大発展をけん引している。現地では遊覧船、小型の列車、ヘリコプターの観光プログラムを融合させ、水陸空が一体となった娯楽プログラムを打ち出し、観光客がさまざまな方向性から菜の花を楽しめるようにしている。

    3月初め、北京は「花の咲く日々——北京をそぞろ歩いて花を楽しみ建築を学ぶテーマ観光」と銘打った花見ツアー12路線を打ち出し、春の花の観賞と古い建築物巡りのツアーを結びつけた。広東省広州市では、各郷・鎮が花見スポットを連携させてルート化することに積極的で、見所の多い農村観光の大型ルートが打ち出された。

    こうしたことからわかるのは、各地域の「花見経済」には、持続的にチェーンの構築、延長、補強、強化を行い、合理的で充実した産業チェーンの構築を通じて、「花見経済」が安定的な長期的発展を遂げるようにする必要があるということだ。どんなよい製品も、芸術的な美しさ、実用的な価値、文化の香りを備えている必要がある。「花見経済」の商品もこれと同じだ。そのためには、関係各方面がイノベーションに力を入れ、花関連商品オリジナルな要素を増やし、「花見経済」の中に文化的要素をより多く取り込むことが必要だ。

    ■科学技術による展開 パーソナル体験を向上させる

    花見のシーズンが到来すると、観光経済にさまざまな好材料がもたらされるが、短期間に大勢の観光客が押し寄せるため、都市の観光施設にとってはより高い要求が突きつけられることにもなる。美団研究院が最近発表した調査研究報告書「ネット人気スポットのネット評価、発展トレンド、発展対策」も、よりポテンシャルが大きいのは、環境が優れ、価格が適切で、交通の便がよい景勝地だとの見方を示した。

    中国商業経済学会の宋向清(ソン・シアンチン)副会長は、「各地の『花をめぐる経済』を大きく、強く、活力あるものにしたいなら、市場化された手法をできるだけ採用するべきだ。伝統や規模だけでなく、産業と市場の支えも必要であり、都市農村の自覚的発展が内包する内在的な活力や原動力を絶えず向上させていくべきだ」と提起した。

    前出の王氏は、「各地が『花をめぐる経済』を活性化させたいなら、インフラ建設などの関連サービスに多くの力を真剣に注ぎ、さまざまな『花祭り』の産業チェーンを長く伸ばして、『花祭り』を各地で花開かせるとともに、実を結ぶようにし、四季を通じて常に旺盛なパワーを示すようにするべきだ」と提起した。

    江南大学設計学院の朱蓉(ジュウ・ロン)教授は、「スマート観光地の構築により、関連サービスの整備が実現できるかもしれない。ビッグデータを革新的に運用することが、未来の観光地の計画・発展のトレンドになるだろう」との見方を示した。(提供/人民網日本語版



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【中国キーワード】「花見経済」発展の潜在力はどれほどのものか】の続きを読む


    反日国家ですから

    中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で16日、日本政府が原発処理水を海洋放出する方針を決めたことに対する韓国側の反発の様子が紹介された。中国もこの件で日本を批判しているが、中国のネットユーザーからは韓国の徹底ぶりに驚きの声が上がっている。

    新華網の微博アカウントは「ソウルのある大型スーパーが『日本製品ボイコット』のスローガンを数多く掲げた」と述べ、日本政府の決定に韓国各界が抗議していると伝えた。同アカウント文在寅ムン・ジェイン大統領や外交部、海洋水産部の対応にも言及。一方、央視財経は「日本側の方針決定を受けて日本の水産物に対する韓国の人々の反発はただちに高まり、水産物の販売業者も怒りの感情を隠しきれなかった」と述べ、ある業者が「日本の原発処理水に関する報道が出るたびに客の多くがすぐさま日本産を買わなくなる。今回も例外ではない」と話したことを紹介した。

    央視財経は、「2011年から日本の水産物を売っておらず今後もこの措置を変更する計画はない」との声がスーパーなどから聞かれたことに言及した上で、「だが消費者にこの状況を確実に知ってもらうため、あるスーパーは案内文を貼り出して日本の水産物を扱っていないことを強調している」と説明。この他、25の水産団体が14日に日本政府の決定を「韓国ひいては全世界の水産業を脅かす無責任な行為」と非難する共同声明を発表したとも伝えた。

    韓国側のこうした厳しい対応に中国のネットユーザーからは、「韓国はわれわれよりすごいと認めざるを得ない」「中国とは大違いだ」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷

    中国版ツイッター・微博で16日、日本政府が原発処理水を海洋放出する方針を決めたことに対する韓国側の反発の様子が紹介された。写真は水産市場。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【韓国で日本の水産物ボイコット、その徹底ぶりに中国ネット驚く】の続きを読む



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    どうなるのかな?

    1 puriketu ★ :2021/04/16(金) 19:11:03.95

    日本政府が東京電力福島第1原子力発電所にたまり続ける処理水の海洋放出を決めたのを受け、
    行政院(内閣)農業委員会の陳吉仲(ちんきちちゅう)主任委員(閣僚)は14日、
    台湾周辺海域の漁場での環境モニタリングを強化する方針を示した。魚類のサンプル検査の件数を2倍以上に増やすほか、
    海水のモニタリング地点を約3倍にする。陳氏は、農業委の目標は国民の食の安全と漁業従事者の権益を保障することだと述べた。

    農業委漁業署の統計によれば、昨年は魚類計208件に対して放射性物質の検査を行った。内訳は台湾近海で捕獲された回遊性魚類158件、
    北西太平洋で漁獲されたサンマ50件。陳氏によれば、今後はサンプル検査の件数を500件に増やす。

    海水サンプルの検査については、モニタリング地点を現行の20カ所から62カ所に増やすほか、検体採取の時期を夏と冬のみから春夏秋冬に増加させる。
    また、浮遊生物や仔魚、稚魚も検査する。

    張致盛漁業署長によれば、同署は2011年から回遊性魚類とサンマに対してセシウム134とセシウム137の検査を実施。
    今年3月末までに計2212件を検査した結果、いずれも合格だったという。

    陳氏は、日本政府が処理水を海洋放出するのは2年後のことであり、どのような影響が出るかについては現時点では科学的根拠がないと説明。
    日本が放射性物質のトリチウムを含んだ処理水を海洋放出した後に台湾の漁業への影響を示す具体的な科学的根拠が出た場合、
    日本政府に賠償を求める考えを示した。
    https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202104150001.aspx


    【台湾「日本の処理水海洋放出が台湾の漁業に影響を与えた場合、日本に賠償を請求する」】の続きを読む

    このページのトップヘ