令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 東アジア


    納豆が人気。

    2021年2月25日韓国ウィキツリーは「清麹醤(チョンクチャン、韓国伝統の大豆発酵食品)より納豆を好む若者層が急激に増えている悲しい理由」と題する記事を掲載し、「大企業も納豆の生産に力を入れている状況で、韓国の伝統食品への無関心に懸念の声が上がっている」と伝えた。

    記事によると、韓国の清麹醤小売市場の規模は2018年に93億5000万ウォン(約8億8350万円)となり、16年の98億6000万ウォンに比べ5.2%減少した。一方、納豆市場の規模は14年に100ウォンを超えて以降、17年には325ウォンと3倍以上成長。同年の清麹醤は95億2000ウォンで、その差は3倍を超えた。理由としては、単身世帯や共稼ぎ世帯の増加など人口構造の変化により清麹醤の販売が伸び悩んだ一方、そのままでもサラダなどに混ぜても食べられる納豆が若者層を中心に好まれたと分析されているという。

    販売されている納豆についても、日本からの輸入品が増加傾向を見せている。これまで日本の納豆輸出国は米国が最も多く、中国が2位を維持していたが、韓国が2位に浮上。韓国への輸出額は1億円規模に上るという。

    これを受け、韓国のネット上では「納豆おいしいよね」「納豆があればご飯一杯軽々食べられちゃう」「芸能人に納豆ファンが多いからその影響だろう」など納得の声が上がっている。

    一方で「清麹醤の売り上げはたったそれだけ?スーパーや八百屋、どこでも売ってるのに?」「清麹醤にご飯混ぜたら最高なのに」「清麹醤ならご飯3杯はイケる」など清麹醤派も多く、「納豆を自分の周りでは食べてる人はいない」「本当に食べている人いるの?」と疑問を抱く声も見られた。(翻訳・編集/松村)

    2021年2月25日、韓国・ウィキツリーは「清麹醤(チョンクチャン、韓国伝統の大豆発酵食品)より納豆を好む若者層が急激に増えている悲しい理由」と題する記事を掲載し、「大企業も納豆の生産に力を入れている状況で、韓国の伝統食品への無関心に懸念の声が上がっている」と伝えた。

    記事によると、韓国の清麹醤小売市場の規模は2018年に93億5000万ウォン(約8億8350万円)となり、16年の98億6000万ウォンに比べ5.2%減少した。一方、納豆市場の規模は14年に100ウォンを超えて以降、17年には325ウォンと3倍以上成長。同年の清麹醤は95億2000ウォンで、その差は3倍を超えた。理由としては、単身世帯や共稼ぎ世帯の増加など人口構造の変化により清麹醤の販売が伸び悩んだ一方、そのままでもサラダなどに混ぜても食べられる納豆が若者層を中心に好まれたと分析されているという。

    販売されている納豆についても、日本からの輸入品が増加傾向を見せている。これまで日本の納豆輸出国は米国が最も多く、中国が2位を維持していたが、韓国が2位に浮上。韓国への輸出額は1億円規模に上るという。

    これを受け、韓国のネット上では「納豆おいしいよね」「納豆があればご飯一杯軽々食べられちゃう」「芸能人に納豆ファンが多いからその影響だろう」など納得の声が上がっている。

    一方で「清麹醤の売り上げはたったそれだけ?スーパーや八百屋、どこでも売ってるのに?」「清麹醤にご飯混ぜたら最高なのに」「清麹醤ならご飯3杯はイケる」など清麹醤派も多く、「納豆を自分の周りでは食べてる人はいない」「本当に食べている人いるの?」と疑問を抱く声も見られた。(翻訳・編集/松村)

    25日、韓国・ウィキツリーは「清麹醤より納豆を好む若者層が急激に増えている悲しい理由」と題する記事を掲載した。写真は納豆。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【韓国、国の伝統食品より納豆を好む若者が急増、メディアが懸念示す=ネット「本当?」「芸能人の影響で…」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    日中が衝突しそうです。

    1 ばーど ★ :2021/03/02(火) 08:10:30.40

    2021年3月1日 18時2分
    読売新聞オンライン

     【北京=比嘉清太】中国国防省は1日、沖縄県・尖閣諸島の周辺海域で続いている中国当局による領海侵入について、「中国公船が自国の領海で法執行活動を行うのは正当であり、合法だ。引き続き常態化していく」とする方針をSNS上で発表した。

     中国の海上保安機関・海警局(海警)の武器使用条件を定めた海警法が2月に施行されたことを日本側は懸念しているが、中国側は強硬姿勢を崩さない構えだ。海警は、中国軍の指導機関・中央軍事委員会傘下の武装警察部隊に属しており、「第2の海軍」としての性格を強めている。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19775818/
    前スレ 03/01(月) 20:08 [和三盆★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614620909/
    関連スレ
    【尖閣問題】志位和夫委員長が習近平・中国を痛烈批判「尖閣諸島は疑いなく日本の領土だ」★3 [りんごちゃん★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614600056/


    【【公式発表】中国国防省「尖閣海域への侵入を常態化していく。自国の領海であり合法」】の続きを読む




    中国は尖閣諸島を狙っている。


    NO.9283709 2021/02/26 16:43
    中国が「中印国境の死闘映像」公開、次は尖閣が舞台
    中国が「中印国境の死闘映像」公開、次は尖閣が舞台
    中国が突然、公開したインドとの「死闘」映像が、波紋を広げている――。

    2月19日、CCTV(中国中央電視台)の7チャンネル(軍事チャンネル)が、8分41秒の衝撃的な映像を公開した。

    それは昨年6月15日、中印国境のカラコルム山脈のラダック地方で、両軍が衝突し、インド側兵士20名が死亡したものだ。

    インド側からは、「中国側兵士も約40名死亡した」との証言が上がってきていたが、中国側はこれまで、この事件自体をひた隠しにしていた。

    それがいまになって唐突に、「死闘」映像の公開に踏み切ったのである。

    それは、ざっとこんな内容だ。

    ■顔面血だらけの兵士
    <祖国の西部の辺境、カラコルム高原で、昨年4月から、ある外国軍は両国の協議協定に違反して、一線を越えて即席の橋を作り始めたり、道路を修繕したりした。頻繁に一線を越えて、一方的に辺境管理の現状を改変しようと試みた。それによって、辺境の情勢はにわかにヒートアップしてきた。

    6月、外国軍は公然とわが方との間で一致した共通認識に違反して、一線を越えて挑発を行った。

    辺境の事件を処理する際の慣例と、双方が以前に結んだ約定に照らして、祁発宝団長は、問題解決の誠意をもって、数名の兵士を引き連れただけで、交渉のため前進した。

    そうしたら、相手方の暴力攻撃に遭ってしまったのだ(顔じゅう血だらけになってタンカで運ばれる映像が入る)。



    【日時】2021年02月25日 15:01
    【ソース】JBpress


    【中国が「中印国境の死闘映像」公開、次は尖閣が舞台】の続きを読む



    (出典 i.imgur.com)


    アメリカも脅威を感じているのかな?

    1 ボラえもん ★ :2021/03/01(月) 16:34:46.42

    【北京=川手伊織】

    中国の名目国内総生産(GDP)が2020年、米GDPの7割を超えたことが分かった。
    中国国家統計局が28日発表した公式為替レートをもとに計算したドル建てのGDPは、前年比3.0%増の14兆7300億ドル(約1550兆円)となった。

    20年平均でみた人民元の対ドル相場は1ドル=6.8974元だった。前年の平均より0.02%のわずかな上昇となった。
    人民元建てのGDPは101兆5986億元で、初めて100兆元を突破した。

    中国は年初に新型コロナウイルスがまん延し、早期に抑えこんだ。
    春以降は生産の回復を急ぎ、不動産開発などをてこに経済が持ち直した。
    外需も成長を押し上げ、20年は主要国で唯一のプラス成長となった。

    対照的に、米国は新型コロナ対応の初動でつまずき、経済の足を引っ張った。
    米商務省によると、米国の名目GDPは20兆9349億ドルと、19年より2.3%減少した。

    この結果、中国GDPの米GDPに対する比率は70.4%となった。19年より3.6ポイント上がり、2年ぶりに上昇した。
    10年に9%だった世界のGDPに占める割合も「17%を超えた」(国家統計局の盛来運副局長)。

    新型コロナ対応の明暗が米中GDPの接近を早める可能性がある。
    日本経済研究センターは20年12月の最新予測で、中国は28年にも名目GDPで米国を超えるとした。
    19年時点の予測では「35年までに追い抜くことはない」と見通していた。
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM280Q00Y1A220C2000000/

    ★1が立った時間:2021/03/01(月) 14:21:31.29
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614576091/


    【【経済】中国のGDPが対アメリカ7割を突破 2028年にも逆転し世界一となる予測】の続きを読む

    中国のマントウが注目される。

    2021年2月28日、中国メディアの観察者網は、中国北部の朝食に欠かせない具なし蒸しまんじゅうの「マントウ」に似た食べ物がこのほど日本で「常識を覆す新製品」として注目を集めたと報じた。

    記事は、日本メディアの報道として肉まんやあんまんで有名な食品メーカーの井村屋が昨年11月に中身のない中華まんすまん」を発売したと紹介。中華まんファン日本人の中に「皮だけ食べたい」というニーズがあるのを発見したことで生まれた商品であり、初期製造分が売り切れるほどの人気を博したため生産規模を拡大することが決まったと伝えている。

    そして、「すまん」について日本の市民からは「試してみたい」との声が多く聞かれる一方で、「あんのない中華まんには魂がない」との意見もあったと紹介した。

    記事は、中国のSNS上でもこの情報が注目を集めており「二次発酵する過程、あんなしという点も、そして見た目も、われわれが毎朝食べているマントウではないか」との驚きが広がっているとした。

    中国のネットユーザーは「具なしの中華まんって、まさにマントウだろう」「マントウは中国で1000年以上の歴史を持つ食べ物。長い歴史の中で残ってきたグルメというだけある」「マントウに白砂糖を挟んでおやつにしていた小さいころを思い出すよ」「韓国で発売されたのではなくてよかった。中国のマントウは韓国から伝わったって言い出しそうだもん」「まさか、作り方の特許を取られて自由にマントウが作れなくなるなんてことは、ないよね?」といったコメントを残している。

    また、「中国では当たり前なのに『すごい発想だ』思っているのは、いわゆる先進国の民衆による中国への認識がどれほど貧弱かを表している」と指摘するユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻

    2021年2月28日、中国メディアの観察者網は、中国北部の朝食に欠かせない具なし蒸しまんじゅうの「マントウ」に似た食べ物がこのほど日本で「常識を覆す新製品」として注目を集めたと報じた。

    記事は、日本メディアの報道として肉まんやあんまんで有名な食品メーカーの井村屋が昨年11月に中身のない中華まんすまん」を発売したと紹介。中華まんファン日本人の中に「皮だけ食べたい」というニーズがあるのを発見したことで生まれた商品であり、初期製造分が売り切れるほどの人気を博したため生産規模を拡大することが決まったと伝えている。

    そして、「すまん」について日本の市民からは「試してみたい」との声が多く聞かれる一方で、「あんのない中華まんには魂がない」との意見もあったと紹介した。

    記事は、中国のSNS上でもこの情報が注目を集めており「二次発酵する過程、あんなしという点も、そして見た目も、われわれが毎朝食べているマントウではないか」との驚きが広がっているとした。

    中国のネットユーザーは「具なしの中華まんって、まさにマントウだろう」「マントウは中国で1000年以上の歴史を持つ食べ物。長い歴史の中で残ってきたグルメというだけある」「マントウに白砂糖を挟んでおやつにしていた小さいころを思い出すよ」「韓国で発売されたのではなくてよかった。中国のマントウは韓国から伝わったって言い出しそうだもん」「まさか、作り方の特許を取られて自由にマントウが作れなくなるなんてことは、ないよね?」といったコメントを残している。

    また、「中国では当たり前なのに『すごい発想だ』思っているのは、いわゆる先進国の民衆による中国への認識がどれほど貧弱かを表している」と指摘するユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻)

    28日、観察者網は、中国北部の朝食に欠かせない具なし蒸しまんじゅうの「マントウ」に似た食べ物がこのほど日本で「常識を覆す新製品」として注目を集めたと報じた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本で「常識を覆す」と話題の新商品、中国には当たり前にあった―中国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ