令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:政治 > 政治家


    丸山 穂高(まるやま ほだか、1984年〈昭和59年〉1月10日 - )は、日本の政治家、元経産官僚。NHKから国民を守る党所属の衆議院議員(3期)、同党副党首。 大阪府堺市出身。2002年西大和学園高校卒業、2006年東京大学経済学部卒業。 2006年、経済産業省に入省。大臣官房総務課や原子力安
    37キロバイト (5,235 語) - 2020年9月6日 (日) 16:19



    (出典 biz-journal.jp)


    予告通りに入れた。

    1 potato ★ :2020/09/16(水) 15:08:35.56

    国会では、安倍内閣の総辞職に伴う総理大臣指名選挙が行われ、衆参両院で菅義偉氏が選出されたが、衆議院での投票では小泉進次郎氏に1票が入った。

    小泉進次郎氏への1票はNHKから国民を守る党の丸山穂高議員が投票したことがわかった。

    丸山議員はSNSで事前に誰に投票したいかアンケートを呼びかけ、小泉進次郎氏を選択肢とするなどしていた。

    衆議院での総理大臣指名選挙の結果は、菅義偉氏が314票、枝野幸男氏が134票、片山虎之助氏が11票、中山成彬氏が2票、小泉進次郎氏が1票だった。

    https://www.fnn.jp/articles/-/85467


    (出典 www.sankei.com)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【小泉進次郎に1票を投じた議員、丸山穂高だった】の続きを読む


    石破 (いしば しげる、1957年(昭和32年)2月4日 - )とは、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(11期)、水月会会長、自由民主党水産総合調査会顧問。血液型B型。 防衛庁長官(第68代、第69代)、防衛大臣(第4代)、農林水産大臣(第49代)、自由民主党政務調査会長(第52代)、自由
    133キロバイト (18,581 語) - 2020年9月14日 (月) 06:49



    (出典 public2.potaufeu.asahi.com)


    国民の声を聞いてほしい。

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/09/14(月) 17:18:29.71

    自民党総裁選で3位に終わった自民党の石破茂元幹事長は14日、都内で記者団に「足りないところはすべて私の努力不足だ」と話した。

    菅氏には「選挙権がなかった国民の声をきちんと反映する。納得が共感がなければいけない」と注文をつけた。

    次期総裁選の立候補の意向を問われ「来年のことは終わったばかりで言えない」と述べるにとどめた。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63808270U0A910C2000000/


    (出典 s3-us-west-2.amazonaws.com)


    【【石破氏】 菅氏に注文 「選挙権がなかった国民の声をきちんと反映する。納得が共感がなければいけない」 [影のたけし軍団★]】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    いろいろあるみたいです。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/14(月) 16:28:47.37

    自民党総裁選は、国会議員票、地方票ともに菅義偉官房長官が有効投票総数534票のうち377票を獲得し、大差で勝利する結果となった。

    石破茂元幹事長は、当初「有利」とされた地方票でも十分に得票できず、菅氏はおろか岸田氏にも差をつけられて3位に沈んだ(地方票では2位)。下馬評では、世論調査の結果から、石破氏がポスト安倍の「1番人気」とされ、報道でも「党員投票」を行えば、石破氏がかなり有利であるかのような論評も多くあった。現実はそうはならなかったのは一体なぜなのか。各社世論調査のデータや総裁選のしくみから紐解いていきたい。

    「勝者総取り」方式で支持率以上に得票を上積み
    菅氏に投じられた地方票は全141票中89票と、実に63%に達した。この割合は、党員・党友における菅氏の支持率よりも高い。

    11日に報じられた、日本テレビの自民党員・党友向け調査(JX通信社協力)で支持する総裁候補を尋ねたところ、菅氏は46%、石破氏が35%、岸田氏が10%となった。態度未定・不明(9%)を除いて計算すると、ちょうど約半数が菅氏を支持する計算だ。

    なぜ、菅氏は地方票でも支持率を上回る地滑り的勝利を収めたのか。地方票を割り振る「予備選挙」の仕組みにその一因がある。

    今回の自民党総裁選は、安倍晋三首相が総裁の任期途中で退くため、党則に基づき簡易な方式で行われた。党員投票を伴うフルスペックの総裁選と異なり、国会議員票394票と都道府県連に3票ずつの地方票141票、合計535票で争うというものだ。

    国会議員は1人1票投票できるが、都道府県連にはそれぞれ3票が割り当てられる。今回は、党員投票を行わなかった代わりに、北海道、新潟、秋田以外の44都道府県連で党員・党友を対象とした「予備選挙」が行われた。

    予備選の結果、3票をどう割り振るかは都道府県連によって異なるが、勝者総取りで割り振られるところも多いために、1位の菅氏にはこの支持率以上の得票率が集まりやすい構造となったのだ。

    例えば、自民党千葉県連では、予備選の結果、菅氏が1万998票、石破氏が7059票、岸田氏が834票を獲得したとされる。この結果をもとに3票をドント式で割り振ると、菅氏に2票、石破氏に1票が投じられることになるが、千葉県連の予備選は「勝者総取り」方式のため、菅氏に3票全てを投じることとなった。首都圏では、同様に神奈川県、埼玉県、東京都も「勝者総取り」方式であり、これらの都県の地方票は全て菅氏に投じられた。

    「勝者総取り」方式は、アメリカ大統領選でも州ごとの選挙人選出に用いられている。2016年のアメリカ大統領選では、トランプ大統領が民主党のヒラリー・クリントン候補より300万票以上も少ない得票であったにも関わらず、「勝者総取り」の接戦州の多くで選挙人を獲得したため、選挙人数では大差で勝利を収めた。自民党総裁選に置き換えると、議員票に比べて比重の小さい地方票の声を、より大きく増幅させる効果があったと言える。

    しかし、当初はその地方票でも石破氏が有利という見立てがあった。その根拠として、世論調査で石破氏への支持が最も高かったことや、前回2018年の総裁選で石破氏が安倍首相を相手に戦い、45%もの党員票を獲得したことが挙げられていた。これらの予想は、なぜ外れたのか。

    「石破支持」の中身は野党・無党派層など「反・安倍層」が軸
    まず前提として指摘しておくべきことは、世論調査が外れたわけではないということだ。むしろ、世論調査の内訳を丁寧に分析すれば、石破氏が党員から十分な支持が得られないことは事前に十分予測できた。

    各社世論調査では、菅氏の立候補表明まで、大半の調査で石破氏が「ポスト安倍」支持率1位だった。だが、これはあくまでも「全体」の話であり、自民党支持層に絞って内訳を見てみると様相が異なる。具体的には、石破氏のリードが縮まり、他候補の比重が増える傾向にあったのだ。これは、石破氏の「支持」の源泉が野党支持層や無党派層にあったことが影響している。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20200914-00198255/

    (出典 newsbyl-pctr.c.yimg.jp)


    ★1 2020/09/14(月) 15:40:18.99
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600065618/


    【【総裁選】「石破人気」はなぜ幻に終わったか 菅氏大勝の背景にある「制度」と「世論」】の続きを読む



    (出典 www.asgam.jp)


    橋下徹のように日本を変えようとする若手は必要ですね。

    1 ばーど ★ :2020/09/12(土) 18:47:07.88

    菅義偉官房長官は12日の日本記者クラブ主催討論会で、自民党総裁選に勝利した場合、新内閣の閣僚に橋下徹・元大阪市長(日本維新の会前代表)を起用する可能性を問われ、「いや、私知りません。いずれにしろ、それは首相になってから考えることだ」と答え、否定しなかった。菅氏は安倍晋三首相とともに橋下氏と定期的に会食しており、5日の民放番組では「改革の道筋を付けた」と橋下氏の行政手腕を評価していた。

    2020年09月12日16時29分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091200434&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

    ★1が立った時間 2020/09/12(土) 16:52:23.47
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599900250/


    (出典 data.smart-flash.jp)



    (出典 www.sanspo.com)


    【【菅官房長官】橋下徹氏入閣、否定せず】の続きを読む



    (出典 news.1242.com)


    当然、反発もあるでしょう。

    自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官による「消費税率引き上げ必要」との発言が大きな反響を呼んでいる。2020年9月11日11時時点で「消費税増税」を含むツイート数は約7万件。新型コロナ禍による景気悪化でむしろ消費減税の必要性が叫ばれる中、「逆張り」とも言える発言だけに、驚きを持って受け止められたようだ。

    発言は9月10日夜の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)で飛び出した。自民党総裁選に立候補している石破茂・元幹事長、岸田文雄・政調会長とともに出演。司会者が「消費税は将来的に10%より上げる必要があるか」と質問したところ、「○」「△」「×」の3択のうち菅氏だけが「○」を挙げた。石破氏と岸田氏は「△」と答えた。

    「コロナ禍で大変な時に」「国民経済は完全に破綻」

    菅氏は「なかなか、引き上げるという発言はしない方がいいだろうと思った」と述べつつ、「これだけの少子高齢化社会で、頑張っても人口減少は避けることはできない。将来的なことを考えたら、行政改革は徹底して行った上で、国民にお願いをして、消費税は引き上げざるを得ない」と持論を語った。総裁選で菅氏が消費税増税に言及するのは初めてだ。

    この発言が10日夜から11日朝にかけて相次いで報じられると、ネット上は反対論が続出。ツイッターでは11日11時時点で「消費増税」のワードを含むツイートが約7万件を超え、トレンド入りした。大半が「反対」の考えからの投稿だった。

    「このコロナ禍では尚更必要不可欠となっている消費税減税を否定するばかりか、逆に『増税』にまで言及した菅官房長官。自助をしろという同じ口で増税と。これで、もうハッキリしただろう。これ以上、自民党に国政の舵取りをさせれば国民経済は完全に破綻する」
    コロナ禍で日本中が大変な時に消費税増税などとよくも言えたもんだ。行政のスリム化が条件だというなら、むしろ消費税減税ができるということじゃないか」

    SNS分析ツールソーシャルインサイト」など各種のツールやサイトで調べても、ツイートリツイートの大半は増税に反対する趣旨のものだった。

    菅氏は「将来的なこと」と前置きした上で発言したわけだが、石破氏や岸田氏だけでなく、 新・立憲民主党の代表戦でも枝野幸男代表と敗れた泉健太氏が消費税の減税を唱えるなど、政界では消費税の減税論が今の「主流派」だ。新型コロナウイルスの感染拡大で経済が冷え込んでいるため、減税で家計を支援するという主張だ。

    「安倍総理は『今後10年くらいは上げる必要はない』、私も同じ」と強調

    そもそも「アベノミクス」を継承すると表明する菅氏は、積極的な財政出動に後ろ向きで財政規律を重んじる財務省を「毛嫌い」した安倍首相と同様に、消費増税には後ろ向きとみられてきた。永田町では20年秋の衆院解散・総選挙も視野に入れているとされる中で、この時期の消費増税発言は新政権発足後も尾を引く可能性がある。

    菅氏は11日午前の記者会見でも発言について問われ、「総裁候補として個別の発言については控える」と前置きした上で、

    「あくまでも将来的な話としてお答えしました。(中略)安倍総理はかつて『今後10年くらいは(消費税率を)上げる必要はない』と発言されていますが、私も同じ考えです。(10日夜の発言は)あくまでその先のことを念頭に置いた話です」

    と述べ、税率引き上げの時期は「将来的な話」とことを繰り返した。

    SNSなどでの反対論も意識したのだろう、直ちに増税するわけではないという「念押し」をした形と言える。

    安倍政権では5%だった消費税率を2014年4月に8%、19年10月に10%に上げた上で、安倍晋三首相が19年7月、10%を超える消費税増税に関して「今後10年くらいは必要がない」と述べていた。

    自民党総裁選で共同記者会見に臨む菅義偉・官房長官ら(2020年9月8日、東京都千代田区)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【菅氏の「消費税増税」言及、SNSで反対論続出 翌朝会見では「あくまで将来的な話」と念押しも...】の続きを読む

    このページのトップヘ