令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:政治 > 政治家


    自民党の高市氏の発言には、大阪万博の延期が必要であるとの認識がうかがえます。

    1 首都圏の虎 ★ :2024/01/27(土) 15:26:11.25 ID:oVFO5Fwh9
     自民党の高市早苗経済安全保障担当相は27日、長野市内の会合で講演し、能登半島地震の復興を最優先すべきだとして、2025年大阪・関西万博の延期を岸田文雄首相に進言したと述べた。出席者が明らかにした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7dacb12fd67b8e61df897d5349cf284b0b194e59

    【【政治】大阪万博延期を首相に進言と自民高市氏】の続きを読む


    辞職した。完全に政界から引退して口を出すべきではないです。世代交代を進めるべきです。

    1 Hitzeschleier ★ :2024/01/23(火) 19:46:50.84 ID:pJAZJnOW9
    1月22日、政治資金をめぐる裏金事件で、略式起訴された谷川弥一衆院議員(82)が議員辞職願を提出し記者会見を行いました。

    谷川弥一衆院議員:
    このような事態に至ったことは、自身の認識の甘さがあったと深く反省しております。
    この場を借りて深くおわび申し上げます。

    ――派閥の指示だったのか?自身の判断か?
    谷川弥一衆院議員:
    それも答えません。私が悪いと言っている。

    ――自分が悪いということは自身の判断で不記載に?
    谷川弥一衆院議員:
    そんなことはない。そんなことはないよ。

    ――自身の判断での不記載ではない?
    谷川弥一衆院議員:
    結果としてはそうなっているんですよ。

    ――派閥の指示があったことは間違いない?
    谷川弥一衆院議員:
    ……まぁね。しょうがないね。


    政治資金収支報告書への不記載は認めたものの、誰の指示だったのかについては「私が悪い」とだけ語った谷川議員。

    “頭悪い発言”を記者本人に謝罪
    会見では2023年「頭が悪い」と言われた記者が、質問する場面もありました。

    記者:
    私に対して「頭が悪いね」という発言をされました。その時は?

    谷川弥一衆院議員:
    本当に深く申し上げます。すみませんでした。

    記者:
    どのような意図があってそういった発言をしたのでしょうか?

    谷川弥一衆院議員:
    申し訳ありません。配慮が足りませんでした。すみません、撤回します、すみません。

    さらに…裏金やその使い道についての記者からの追及に自らの思いを語りました。

    谷川弥一衆院議員:
    私は力をつけたかった。長崎県が抱えた課題をいろいろ処理していきたかった。それなら大臣並みの金を集めてやろうと思いました。
    ここが私の至らなかったところですが、金を集める力と、しっかり勉強して堂々と論陣を張れることは、政治家にとって偉くなるのに必須なことだと思っていた。私が勘違いしてました。

    さらに、使い道について追及されると…

    ――どんな政治活動費に使った?
    谷川弥一衆院議員:
    相手がいることだから、色々です。

    ――色々を説明しないと有権者に失礼では?
    谷川弥一衆院議員:
    しょうがないですね。失礼と思ったら思ってください。
    まあやめた。言わんわ。俺が悪い。一切言いません。言いたいことは山ほどあるけど...私が悪いです。
    派閥のことだからあんたが調べて。これ以上言うんだったら*しかないね。責任取れと言うなら、これ以上あんたが言うならば帰って*しかないよ。
    自分の言葉で語ってるじゃないですか。俺が悪いんだと言ってるじゃないですか、何回も何回も。

    谷川議員の辞職は、今週中に許可される見通しです。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/25748317/

    【【裏金事件】谷川弥一議員(82)、議員辞職願を提出】の続きを読む


    国民のために政治を行うことを心がけてほしいです。

    1 生玉子 ★ :2024/01/20(土) 10:02:24.36 ID:qhSO5Gai9
     自民党安倍派の福田達夫元総務会長は19日、同派の解散決定を受け「反省の上に新しい集団をつくっていくことが大事だ」と党本部で記者団に述べた。集団のイメージについては「派閥ではなく、新しいガバナンスの形」と表現した。福田氏の祖父は安倍派の源流である福田派(清和会)を創設した福田赳夫元首相。

    全文はソースでご確認ください。
    https://nordot.app/1121083992045716188

    【【安倍派】福田達夫氏「新しい集団つくる」 福田赳夫元首相の孫】の続きを読む



    どうなるのかな?

     11月10日福島県議選終盤、現職候補者の事務所内で応援演説をする小渕優子選対委員長(50)の姿があった。さぞかし奮闘していると思いきや……。

    ◆ ◆ ◆

    選対委員長として“機能不全”と言われる小渕氏

     小渕氏は陣営訪問前にこう伝えていたという。

    「本当にプライベートとして応援に行きます。チラシを撒いて人を集めるようなことはしないで下さい。(選対委員長という肩書も)言わなくていいですから」

     県連側が「そんなわけにはいかない」と最低限の聴衆を集め、事務所の中でマイクを持たせたのだが、

    「小渕氏は20分程度で東京にとんぼ返りした。しかも、現地で応援したその候補者が落選。自民党は議席を減らし、単独過半数割れとなりました」(県連関係者)

     政治部記者が続ける。

    「選挙の顔として抜擢された小渕氏ですが、10月の衆院長崎4区補選でもほとんどマイクを持たずに隠密行動を続けていた。“ドリル事件”が蒸し返されるのを嫌がっているようですが、選対委員長として機能不全と言われています」

    ワンズ社は“野党誹謗会社”だった

     そんな小渕氏だが、政治資金を巡って小誌は9月21日号で、ファミリー企業に政治資金1400万円を還流させていた問題を報道。だが、不可解なカネの流れはそれだけではない。資金管理団体「未来産業研究会」は2020年まで、都内のIT会社「ワンズクエスト」に、ホームページメンテナンス代などの名目で毎年数十万円を計上してきた。

    ワンズ社は、21年10月立憲民主党の参院議員2人が、同社が運用する匿名アカウントDappi』によるTwitter(当時)の投稿で名誉を傷つけられたとして、損害賠償請求訴訟を起こした相手です。Dappiは過激な言葉で野党や左派メディアなどを誹謗していた。東京地裁は今年10月ワンズ社の小林幸太社長の指示で業務として投稿が行われていたと認定し、計220万円の賠償を命じる判決を下しました」(同前)

     つまり、ワンズ社は自民党が有利になるように動く“野党誹謗会社”であることが司法に認められたのだ。

     ところが――。

    提訴後も契約を続けているワケ

     11月末に公開された昨年分の政治資金収支報告書を確認したところ、21年の提訴後もホームページメンテナンス代として計26万4000円を計上していたのだ。自民党関係者が囁く。

    「小林氏は、党の事務方トップとして、政権を支えてきた元宿仁事務総長の親戚です。しかも、小林氏も元宿氏も群馬県出身で、群馬県が地盤の小渕氏とは“同郷”という間柄。契約を続けているのは、そうしたしがらみゆえなのか……」

     群馬県に住む元宿氏の実弟によれば、小林氏は「俺のいとこの子供だ」という。そこで小林氏の自宅を訪ねると、本人が対応した。

    ――小渕氏の団体から仕事を受注し続けていた?

    「相手のあることですので、申し訳ございません」

    ――同じ群馬県同士で小渕氏と関係が深い?

    「特にそういったことはありません。通常の業務です」

    小渕氏からの回答は…

     小渕氏に見解を尋ねたところ、事務所を通じて主に以下のように回答した。

    「ホームページのメンテナンスにつきましては、報道を拝見し、今年10月で継続をやめております。この会社は知り合いの議員事務所の紹介でお願いしただけのことであり、会社代表者との面識はございません。

     選挙区事情は様々であり、最も効果的な方法で選挙対策をしているところです。必ずしも街頭活動が効果的でない選挙区事情の場合もあり、独自の方法で奏功した選挙もありました。ただ、力及ばず結果が出なかった選挙もありますので、今後とも党勢拡大のため精進してまいります」

     ドリル事件の傷から“脱皮”するのは難しいようだ。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2024年1月4日・11日号)

    選対委員長就任会見では涙ぐんだ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【政治家】小渕優子選対委員長が「Dappi」の“野党誹謗会社”にカネを流し続けていた】の続きを読む



    (出典 www.kanaloco.jp)


    小泉進次郎議員の街頭募金活動には賛否がありますが、私は彼の行動を賞賛します。政治家が被災地での支援活動に参加することは、重要です。彼の活動は単なるパフォーマンスではなく、真の意味での支援を提供するための手段として活かされるべきです。

    1 ばーど ★ :2024/01/09(火) 07:06:37.04 ID:Myt36LSR9
    1日に発生した能登半島地震を受け、自民党の小泉進次郎衆院議員が街頭募金を行ったことに、SNSでは称賛だけでなく批判的な声も広がっている。

    ◆地元で街頭募金を実施した小泉進次郎議員【写真】

    小泉議員は7日、自身のインスタグラムに横須賀中央駅前で街頭募金を実施したことを報告。「募金は全額が被災者支援に使われます」という”進次郎構文”のような文面が書かれた募金箱を手に、協力してくれた子どもや若者らが写った6枚の写真を投稿した。

    この行動に、インスタグラムやX(旧ツイッター)では賛否さまざまな反応が出ている。れいわ新選組の山本太郎代表が被災地入りし、批判を浴びていることと比較して「これは良い知名度の使い方」「こんな時に現地に行くような政治家や目立ちたがり屋のユーチューバーとはやっぱり違う」と称賛の声も多く見られる。

    一方で「一般人が募金活動するなら分かるけど、政権与党でいくらでも財政支出を決められる立場にある自民党やその議員である小泉進次郎氏が募金活動するのは、それこそ、単なるパフォーマンスにしか見えない」「悪気は無いのかもしれないが、いつもズレ過ぎている」などと冷めた視線も注がれている。

    また、地震と同様に世間を騒がせている自民党安倍派の裏金問題は、現職国会議員が逮捕される事態に発展。このため「お願いだから被災地に募金を募るのではなく、あなた方の裏金や領収書書かなくていいお金やボーナスなどを使って支援して、それでも足らない時に国民にお願いしてください」という厳しい意見も上がっている。

    1/8(月) 21:47 中日スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ad6423010e67e9e2bae48ceaaca6f3adb8c82a8b

    ■関連ソース
    小泉進次郎 能登半島地震のための募金活動に賞賛集まる「自分にできる場所でできることをやっている」
    https://jisin.jp/domestic/2280787/2/

    (出典 img.jisin.jp)

    【【能登地震】小泉進次郎議員の街頭募金に称賛と批判】の続きを読む

    このページのトップヘ