令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:政治 > 政治家


    岸田首相が財政拡張志向でいるというのは、日本の財政状況がさらに悪化する可能性があるということか。将来を不安視する声も増えるかもしれない

    1 蚤の市 ★ :2024/04/10(水) 07:45:31.56 ID:FwrRN9C49
     自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件の一斉処分を受け、財政政策に変化の兆しが出ている。最大派閥の安倍派を中心とする積極財政派に勢いがあったが、派閥解散と幹部失脚で発言力が低下しているためだ。日銀の異次元金融緩和策の転換で「金利のある世界」が視野に入る中、防衛費や国債費が過去最大を更新して将来不安も指摘される財政運営は見直しに向かうのか。(近藤統義、市川千晴)

    ◆軍事費を減らそうとした高橋是清蔵相を題材に
     安倍派幹部ら39人への処分が下された4日。自民党本部では、党紀委員会と同時刻に「財政健全化推進本部」の会合が開かれ、財政規律を重んじる財政再建派が存在感を見せつけた。
     会合には約40人が出席し、軍事費を削減しようとして暗*れた高橋是清蔵相を題材に財政運営のあり方を協議。本部長の古川禎久元法相は会合後、記者団に「財政規律を守るにはどうしたらいいか議論を深めたい。日本の財政は世界断トツで悪い。財政リスクに政治が向き合う姿勢は極めて大事だ」と強調した。
    ◆「野放図で無責任はいけない」
     国と地方を合わせた債務残高は1200兆円超。今後予想される金利上昇で、借金である国債の利払い費が膨らめば、財政再建をどう進めるかが急務となる。古川氏は「財政は国の安全保障の根幹。野放図で無責任なことはいけない」と大型の財政出動が続く状況にくぎを刺す。
     健全化の指標には、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)があり、かつては政府の経済財政運営の指針「骨太方針」に「2025年度のPB黒字化を目指す」と明記されていた。22年度からは安倍晋三元首相ら積極派の反発で目標年次を明示していない。6月にもまとめる今年の骨太で目標をどう設定するかが焦点だ。
    ◆マイナス金利解除では目立った批判なし
     処分前の3日には、党内の積極派が「財政政策検討本部」を開催。安倍派だった本部長の西田昌司参院議員は記者団に「PBを指標にするのは間違い」と指摘した上で「裏金議員の処分と関連づけて積極財政を否定するような話にしたらだめだ」と主張したが、安倍派の多くは裏金事件や処分で身動きが取りづらい。
     財政出動とともに「アベノミクス」の柱だった金融政策は3月、日銀がマイナス金利を解除するなど異次元緩和から脱却した。「終了すれば安倍派は黙っていない」(経済官庁幹部)とみられたが、実際には表立った批判はなかった。
    ◆防衛費膨張に拍車かけた岸田首相
     ただ、財政規律を重視するとみられていた岸田文雄首相は所得税減税に加え、防衛費の倍増や兵器ローンの恒久化で膨張傾向が続く。「今では安倍氏より財政拡張志向が強い」(政府関係者)と見る向きもある。
     野村総研の木内登英氏は「防衛費増や少子化対策で歳出は増え、2025年度のPB黒字化は現実味が落ちている。達成時期を2030年度にするなど現実的な目標に修正すべきだ。岸田政権は裏金事件で逆風下にあり、財政再建に踏み出すのは簡単ではないだろう」と話す。
     基礎的財政収支 社会保障や公共事業、教育など、国債の利払い費を除いた政策的経費を新たな借金に頼らず税収などで賄えているかを示す指標。内閣府が年2回試算している。小泉政権の2002年に初めて黒字化目標を導入し、当初は2010年代初頭の達成を目指していたが、一度も実現しないまま目標年次の先送りが続いている。

    東京新聞 2024年4月10日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/320246https://www.tokyo-np.co.jp/article/320246

    【【社会】安倍派失脚でも1200兆円借金は減らない? 財政再建派のはずの岸田首相「今や安倍氏より財政拡張志向が強い」】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    モラルの低い行為は許せません。子どもたちにも良い見本を示すためにも、花見やイベントでのマナーを守ることが重要です。

    1 バイト歴50年 ★ :2024/04/10(水) 12:40:24.16 ID:DRw/xIID9
    元環境相の小泉進次郎衆院議員が10日までに自身のSNSを更新。お花見での「見たくない景色」を目撃し、「残念すぎる」とつづった。


     インスタグラムで「夜、ある公園の夜桜が綺麗だなぁと公園内を歩いていたら、桜の木の下は桜の美しさとは対照的な見たくない景色が広がっていました」とコメントし、ビニール袋や割り箸などのゴミが地面に散乱している様子をアップ。「残念すぎる」とし、「#桜#花見#公園#ゴミ#小泉進次郎」とタグを添えた。

     フォロワーからは「本当にそうですね、、残念です」「マナー違反が横行してますね」「子ども達も見てるのに、、、」「日本人はもう少しマナーが良いかと思ってましたが…海岸などもバーベキューのあとは悲惨です」「モラル低い」「ゴミを平気で捨てる人の気持ちが全くわかりません」「桜の木の下にゴミを放置できるなんて理解不能」などの指摘が集まっている。https://news.yahoo.co.jp/articles/9c17c1324b8b4f58f2b4eed1eb4e5726f6a5e152

    【【社会】小泉進次郎氏、花見で「残念すぎる」景色を目撃…「マナー違反が横行」「モラル低い」「子ども達も見てる」】の続きを読む



    (出典 www.asakawayoshiharu.com)


    UFO探知機の導入とは、まさに未来的な発想ですね。今後の安全保障に役立つかもしれませんね。

    1 少考さん ★ :2024/04/09(火) 17:16:09.94 ID:xtJmwhI19
    維新・浅川義治議員 衆院安全保障委員会で木原稔防衛相に〝UFO探知機〟導入を提案 | 東スポWEB
    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/298430

    2024年4月9日 15:04

    東スポWEB

     日本維新の会の浅川義治議員が9日、衆議院安全保障委員会で木原稔防衛相に、米国で開発中の〝UFO探知機〟の導入を提案した。

     まず浅川氏は、現実に即した防衛体制、自衛隊の統合作戦司令部の新設、予備自衛官補制度、貸費学生制度、日英伊で共同開発の次期戦闘機などについて質問。

     続けて「先日、米国防総省がいわゆる〝UFO探知機〟としての『グレムリン』を開発しているとの報道がありました。持ち運びできるセンサー探知機と検知システムの総称とのことです。この開発について、防衛省、自衛隊は何もからんでないのでしょうか?」と質問した。

     防衛省の今給黎学(いまきゅうれい・まなぶ)大臣官房審議官は「米国防総省の全領域異常対策室(AARO)がグレムリンという名称を付した監視システムを開発していること、同システムではケースの中にセンサーを収容でき展開可能であること、将来的にUAPの報告がみられた安全保障上重要な施設やインフラに配備することが可能であること、を発表していることは承知しております。引き続き米国防総省の取り組みを注視して参りたいと考えております」と答えた。

     浅川氏は「できれば自衛隊でもできあがったものを導入した方がいいのではと思います。というのは、米国防総省が西日本でのUAP目撃多発をホームページで公表しています。他国の最新兵器かもしれないものがうようよと飛んでいる中、アメリカが探知機を開発しているのであれば、早期に取り組んで、自衛隊基地の周辺にも配備した方がいいと思います」として、木原稔防衛相に提案した。

     木原氏は「識別不能な物体を含めたわが国の安全に関わる事象については、対応に万全を期すことは必要不可欠であると考えております。こういった認識のもとで、識別不能な物体の情報収集・分析を任務とするAAROを含めた米国政府と緊密連携を行っているところです。識別不能な物体が他国の最新兵器や偵察機であった場合の危機感といった問題意識は、浅川委員と共有しております」と応じた。

     また、浅川氏は中国の動画投稿サイトに、護衛艦「いずも」の艦上をドローンで撮影したかのような動画が投稿されたことを取り上げた。3月26日に投稿された動画については捏造説と本物説が出ているが、現在、防衛省では総合的に分析を進めているところだという。

     傍聴したUFO研究家の竹本良氏は「UFO探知機というと、オールドファンは矢追純一先生監修のユータンを思い浮かべますが、ここで話題のグレムリンとは、ペンタゴンとジョージア工科大学が共同開発した装置で、(略)

    ※全文はソースで。

    【【UAP】維新・浅川義治議員 衆院安全保障委員会で木原稔防衛相に〝UFO探知機〟導入を提案】の続きを読む


    政治家としての発言には慎重さが求められると思います。反省していると言うのは良いことだと思いますが、今後は気をつけてほしいですね。

    1 蚤の市 ★ :2024/04/06(土) 18:46:56.81 ID:XpMp2v9q9
     自民党の長谷川岳参院議員(北海道選挙区)は6日、札幌市で報道陣の取材に応じ、道庁職員らへの言動が威圧的などと指摘を受けたことについて「表現方法に関して無自覚だったと心から反省している」と釈明した。パワハラに当たるかどうかは明言を避けた。

     長谷川氏は「正しいことをストレートに発言するところを取りえだと思っていた」とした上で、「ストレートすぎるところは十分にあったのではないか」と振り返った。

     週刊文春が3月、長谷川氏からの要求への対応で札幌市職員の残業が月100時間を超えているなどと報じた。秋元克広市長は同月の記者会見で「かなりきつい調子で言われる方」と言及した。

    2024年04月06日 16時58分共同通信
    https://www.47news.jp/10754878.html

    【【政府】自民・長谷川議員、言動を反省 「表現に無自覚だった」】の続きを読む



    (出典 news.tv-aichi.co.jp)


    自民党の裏金問題は決して軽視できないものですね。清廉潔白な政治家が求められる時代だと改めて感じました。

    1 少考さん ★ :2024/04/05(金) 07:36:24.76 ID:TKFSldXY9
    鈴木宗男氏 自民の裏金問題処分に“苦言”「やはり腹の座っていない政治家は駄目だとつくづく」― スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2024/04/04/kiji/20240404s00042000761000c.html

    2024年04月04日 21:50

     鈴木宗男参院議員が4日、自身のブログを更新。この日、政治資金パーティー裏金事件を巡り、自民党が関係議員ら39人の処分を決めたことに対して、私見を述べた。

    (略)

     これを受けて鈴木氏は「報道されてきたような流れでの処分であり、国民はどう受け止めるであろうか」とし、「清和政策研究会(旧安倍派)5年間で6億7千万円、志師会(旧二階派)5年間で2億6千万円、いずれも会計責任者は立件されている。ならば旧安倍派の塩谷座長は自ら議員辞職して、天下に責任の所在を果たすべきではなかったか。派閥の座長の腹のなさが将来ある政治家の道を閉ざしているように見える」と持論を述べた。

     「政治家としての潔さ、矜持が足りなさすぎると思うのは私だけではないだろう」と苦言を呈した鈴木氏。「旧二階派も二階氏の秘書が立件されている以上、二階氏本人が、自分が責任を取ると言って議員辞職したならば、二階氏に対する国民の目は大きく変わったことだろう。こうした事態の時、政治家の器量が問われる。読者の皆さんはどう受け止めたでしょうか」と責任の取り方に疑問を投げかけた。

     最後に「“身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ”という言葉を噛みしめながら、やはり腹の座っていない政治家は駄目だとつくづく思った次第である。私もさまざまな経験をしたが、信念を持って筋を通して生きてきたが、その心構えだけはこれからもずっと守って参りたい。今日の自民党の処分を国民はどう受け止めるか。明日からの反応を冷静に見て参りたい」と締めくくった。

    ※全文はソースで。

    【【社会】鈴木宗男氏 自民の裏金問題処分に“苦言”「やはり腹の座っていない政治家は駄目だとつくづく」】の続きを読む

    このページのトップヘ