令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 事件・事故



    早く、捕まってほしいです。

    千葉東金道路を自動車で走行していた運転者が、あおり運転を受けて強制停車させられたとする動画がユーチューブアップされ、ネットで話題となっている。

    投稿者は、動画の概要欄で、「自動車専用道路の本線をふさぐような形で暴言を吐かれ、恫喝される映像です」としたうえで、「当該映像は千葉県警察本部へ提出済みであり、現在犯人の特定と逮捕へ向けた捜査が行われています」と述べている。

    動画では強制的に停車させられたとする場面が大々的に映されている。

    高速道路の中央で「車体を横向き」

    動画が始まる場面の前段階からすでに何らかのトラブルが発生していたのか、冒頭から運転を妨害される撮影者が千葉県警に通報している様子が流れる。

    撮影者は相手の車の車種やナンバーなどを尋ねる警察に冷静に伝える中、相手は速度を落とし始めて進路を塞ぐなど本格的に妨害し始め、ついには道路中央付近に車体をほぼ横向きにする形で停車する。

    道路のほとんどを塞いでしまったため、撮影者以外の車の進路まで妨害する状況も発生してた。相手は車の窓を開けて、撮影者に何かを叫んでいる様子が映されている。

    相手は他の車が避けていくのは妨害しないものの、撮影者への妨害は継続。横を抜けていこうとする撮影者の車の前に出て、蛇行しながら妨害し始める。

    再び左車線の中央寄り部分で停車。車体こそ進行方向を向いているものの、撮影者や他の車を妨害している状況には変わりない。その後、撮影者がさらに警察とやり取りを続けていると、気が済んだのか、スピードを上げて走り去っていった。

    投稿者によると、動画は、運転を妨害された自動車に登載されたドライブレコーダーで撮影したものとしている。

    あおり運転は「重罪」

    他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキや車間距離を極端に詰めるなどのあおり運転をした場合は、「妨害運転罪」として刑事責任を問われる可能性がある。罰則は、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」となっている(道路交通法117条の2の2第11号)。

    また、違反点数25点であり、行政処分として運転免許の取消し(欠格期間2年、最大で5年)となることもある。

    さらに、あおり運転によって著しい交通の危険を生じさせたときは、「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」を科されることもありうる。この場合、違反点数35点で、当然運転免許の取消し(欠格期間3年、最大で10年)となる。

    言うまでもなく、高速道路の本線道路中央付近で車体をほぼ横向きにする行為は、複数の車を巻き込む多重事故にもつながりかねない極めて危険な行為だ。

    撮影者はリアルタイムで警察に通報し、投稿者も動画を提出したとしていることから、動画内容が事実であるとすれば、今後の捜査次第で事件化される可能性は十分考えられる。

    高速道路の中央で「車体を横向き」 生々しい「あおり運転」動画、ネットで話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【高速道路の中央で「車体を横向き」 生々しい「あおり運転」動画、ネットで話題に】の続きを読む



    未解決事件

    時効直前、ある男をうそ発見器に 結果は「黒に近い灰色」 グリコ・森永事件の内幕
    警察をからかう挑戦状、毒入り菓子のばらまき、不気味な「キツネ目の男」-。これほど社会を揺るがした未解決事件はないだろう。劇場型犯罪と言われた「グリコ・森永事件」。犯人は現金強奪の最後の舞台に滋賀を選んだ。警察の極秘捜査が名神高速道路で進行中のまさにその時、高速道と交差する栗東市の一般道で、事情を知らないパトカーが犯人の一人が乗る不審車を発見。逃走する車を追跡したが、逃げられてしまった。犯人逮捕の最大のチャンスを逃してしまった県警は強い批判を浴びた。

    「滋賀は何してるんだ」。県警は情報漏れを恐れてハウス事件の専従要員を85人に絞ったことが裏目に出た。盗難車を追跡したパトカーの隊員は極秘捜査を知らされていなかった。元捜査1課の今江明弘さん(76)は「刑事部長が警察庁の役人からぼろかすに言われたと聞いた。部長も課長も悲痛な顔をしていた」と振り返る。

     屈辱に耐える日々。8カ月後、勇退する山本昌二本部長が異動発令の日に公舎で焼身自殺した。責任を取ったとみられる。間髪を入れず犯人は声明文を出し、「くいもんの 会社 いびるの もお やめや」と終結宣言を出した。1985年8月12日のその日、日航ジャンボ機が墜落した。犯人は姿を消し、社会の関心は移り変わった。

    【日時】2022年04月19日 10:30
    【ソース】京都新聞
    【関連掲示板】

    【時効直前、ある男をうそ発見器に 結果は「黒に近い灰色」 グリコ・森永事件の内幕】の続きを読む


    ブラック企業なのかな?

    1 デデンネ ★ :2022/04/20(水) 16:45:14.69

    https://bunshun.jp/articles/-/53685?page=1

     4月1日早朝、山梨県甲府市にある寿司チェーン店「無添くら寿司」に勤務する30代の男性店長が、店の駐車場で自*ていたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。

    上司から日常的にパワハラを受けていた
    2021年10月期には過去最高売上を更新した
     亡くなったのは中村良介さん(仮名・享年39)。中村さんは自身の車を店舗の駐車場に停め、車内に火を放ち、自ら命を絶った。

     くら寿司は東証プライムに上場する回転寿司チェーンの最大手企業。「コロナ禍で飲食業界が厳しい中、2021年10月期(連結)の売上高は1476億円と過去最高を更新している」(経済誌記者)。

     業績好調のさなかに衝撃的な事件は起きた。

     中村さんは神奈川県出身。地元の大学を卒業後、くら寿司に入社。横浜の店舗での勤務を経て、甲府に赴任した。「本当に優しい人でバイトの子にも怒らない。面倒見が良く、従業員に好かれていた」(現役の従業員)という。

     そんな中村さんについて、「今年3月に着任した上司のスーパーバイザー(SV)・X氏から日常的にパワハラを受けていた」と複数の従業員、元従業員が証言している。

    「Xは店長と同期ですが、上司です。アルバイトや部下など自分より立場が下の人には威圧的な物言いをするタイプ」(元従業員)

    「罵声や叱責は特に本人にはしていない」
     別の元従業員によると、X氏は着任直後から頻繁に中村さんに激高。「大きな怒声が厨房からフロアにまで響き、客からクレームが入ったこともある」という。

     次第に追い詰められていった中村さんは、周囲に対し、「店に火をつけてやりたいと思っている。いつも空の灯油用ポリタンクを車に積んでいるんだ」などと漏らしていた。

     退勤後のX氏を直撃した。

    ――罵声を浴びせたり叱責したのか。

    「『こういう風にやるんだよ』と指導することはありましたが、そういうこと(罵声や叱責)は特に本人にはしていませんので」

    くら寿司側の回答は…
     くら寿司本社にX氏のパワハラや中村さんの*理由などについて聞くと、

    〈当社において中村(※回答では本名・以下同)店長の就労状況について調査を実施しましたが、ご指摘のような中村店長に対するパワハラ行為があったとの事実は確認できておりません。

     なお、ご指摘のX(※回答では本名)SVについては、当該店舗に着任して1ヶ月しかなく、その間も中村店長との間では数回程度しか接点もなかったため、そもそも「日常的」な関係性があったとの事実は確認できておりません。

     事故については、ご遺族ともお話をさせていただいており、当社における業務に関連しない中村店長の個人的な事情によるものであることが推定されておりますが、プライベートに関わる問題であるため、当社としては回答を差し控えさせていただきます〉

     と回答した。

    4月20日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および4月21日(木)発売の「週刊文春」では、中村店長が追い詰められていく様子、従業員や元従業員による詳細なパワハラ証言、そして中村店長の父親の想いについて詳しく報じる。


    (出典 i.imgur.com)


    【【文春】「くら寿司」店長が店の駐車場で焼身自殺  上司から日常的にパワハラ】の続きを読む



    腐敗していた

    「やり手」元町長の人生なぜ暗転 1億円横領事件、関係者の証言 茨城県
    自身が理事長を務める社会福祉法人の預金1億2500万円を横領したとして、茨城県河内町の前町長、雑賀正光被告が逮捕・起訴された事件。「やり手の経営者」として知られた元町長の人生はなぜ暗転したのか。関係者らの話を追った。

    ■「どうしても2500万円を用意しなくてはならない」

     2020年7月9日、会社社長の男性(61)のスマートフォンから、焦った様子の男性の声が響いた。声の主は、当時現職の河内町町長の雑賀正光被告(66)だった。

     雑賀被告はその日のうちに、自身が理事長を務める社会福祉法人「河内厚生会」の口座から、千葉市内に本店を置く男性の会社に2500万円を振込送金。男性は求めに応じ、同日夕方に東京・日本橋のメガバンク支店で全額を引き出すと、JR東京駅近くのホテルで現金のまま手渡した。

     男性から自身に環流させる形で、河内厚生会の預金を着服したとされるスキーム。「高級腕時計などを購入したクレジットカードの支払日が明日に迫っている」。雑賀被告は2500万円の使い道について、男性にそう説明したという。

     会社関係者によると、代表取締役の男性と雑賀被告が知り合ったのは、その3週間ほど前の6月21日。共通の知人を介して日本橋のホテルで面会した男性は、その場で雑賀被告に新規事業への3億円の融資を頼み込んだ。

    【日時】2022年04月19日 09:44
    【ソース】毎日新聞
    【関連掲示板】

    【「やり手」元町長の人生なぜ暗転 1億円横領事件、関係者の証言 茨城県】の続きを読む



    風評被害などがあります。

    日本政府が核汚染水の海洋放出を決定してから1年が経つ中、ますます多くの地元の人がこの計画に反対し、核汚染水を合理的に処理するよう訴えています。

    東京電力2023年春ごろから核汚染水の海洋への放出を始める計画で、放出期間は20年から30年続く見通しだと示しました。東電はまた、核汚染水を海に放出する長さ約1キロの海底トンネルを建設し、同年末に海底地質調査の開始計画も発表しました。

    これに対し、福島県や周辺地域の住民や漁師だけでなく、コールチェーンや水産加工などの関連業界が打撃を受けることに懸念が広がっています。福島県漁業協同組合連合会や全国漁業協同組合連合会などは、汚染水の海洋放出案に強く反対しています。

    なお、福島県宮城県にある4つの非政府組織(NGO)は3月30日、核汚染水の処理に別の方法を講じるよう経済産業省東京電力に求める要請書を提出しました。(提供/CRI

    日本政府が核汚染水の海洋放出を決定してから1年が経つ中、ますます多くの地元の人がこの計画に反対し、核汚染水を合理的に処理するよう訴えています。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【福島の住民・団体 日本政府の核汚染水海洋放出計画に反対】の続きを読む

    このページのトップヘ