令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 事件・事故


    なくならないです。

    アートや演劇、映像など、さまざまな表現活動に関わる人に対するハラスメントについての調査結果をまとめた報告書「『表現の現場』ハラスメント白書2021」が3月24日、公表された。

    調査を実施したのは、現代美術家の岡田裕子さんらアーティストや研究者11人でつくる「表現の現場調査団」。2020年12月から2021年1月にかけて調査を実施して、アート、演劇、映像、デザイン、音楽、文芸、アニメマンガなど、さまざまなジャンルで表現の仕事をしている1449人が過去10年以内に経験したハラスメントについて回答した。

    「レッスン室に連れこまれ、レイプされそうになった」という女性音楽家や、「編集者に処女かどうかと聞かれた」という女性漫画家など、指導的地位を利用した女性に対する性的なハラスメントジャンルを問わず広く見られた。また、回答者のうち、フリーランスは5割を超え、労働問題に絡んだハラスメントも多かった。

    女性やフリーランスという弱い立場につけこんだハラスメントが多いという特徴があったが、泣き寝入りせざるをえず、対処されないまま、放置されてきた業界の構造的な問題や法整備の遅れが浮かび上がった。

    調査団は、引き続き調査をおこなうとともに、ジェンダーバランス(性による差別解消)の啓蒙活動やフリーランスに対する法的保護を求める活動を5年にわたり継続していくとしている。(弁護士ドットコムニュース編集部・猪谷千香)

    「表現の現場を変えたい」

    調査団はこの日、東京・霞が関の厚労記者クラブで会見し、メンバーの1人で、アーティストのホンマエリさん(キュンチョメ)が、調査の目的を次のように語った。

    「表現の現場では、ハラスメントがたくさん起きていますし、隠され続けています。たとえば、表現の機会をもらうために、暴言や長時間労働に耐えなければけない。作品のためだということで、性行為を強要されることもあります。そんなことはあってはいけない。許されてはいけないことです。

    ハラスメントの横行する現場を変えるため、どのようなハラスメントが、どのような現場でおこなわれているのかを調査しました」

    回答者1449人のうち、女性が約6割、男性は約3割で、残りの約1割は回答がない、あるいは、「どちらでもない」と回答した。年代は10代から70代以上まで幅広かったが、20代から40代までに回答は集中、30代が最も多く約9割となっている。

    アート、演劇、映像、映画、デザイン、音楽、文芸、アニメマンガ、建築、研究など、多くの分野から声が寄せられた。

    ギャラリーで女性作家にストーキング、レッスン室に連れ込まれレイプ直前

    分野別では、次のようなハラスメントがあった。白書から抜粋して紹介する。

    【美術分野】女性作家に対し、男性客がしつこくつきまとう「ギャラリーストーカー」が非常に多く見られた。中には深刻化して展覧会や表現活動を控えるケースもあったという。また、展示や企画の権限を持つギャラリーオーナー男性からのハラスメントも多かった。

    ・「20代で展示したとき、アート好きというおじさんから、しつこくデートなどの誘いを受けた」(30代、女性、デザイナー

    ・「展覧会に来た男性客から無料のキャバ嬢として作品に関係ない話の相手をさせられることが多々ある。女性というだけで見下しマウンティングしてくる男性客が多い」(20代、女性、美術家)

    ・「打ち合わせと称してギャラリーオーナーの家に呼ばれ、何度も性的関係を求められた」(20代、女性、美術家)

    【演劇分野】指導的立場の人が「演劇指導」といってハラスメント行為したり、プロデューサーや監督など現場で影響力ある肩書きの人がハラスメント行為をするなどがみられた。また、非日常的な空間を演出することが多い演劇では、社会から逸脱した不等な行為も許容されるケースが少なくない。

    ・「演出家に仕事先でホテルの部屋に呼び出され、「稽古」と称して身体を触られた。恐怖心があったが、変だと思っても何も言えなかった」(40代、女性、俳優)

    ・「アニメ監督が開催している演技講座のあと、ホテルに連れ込まれ、性的関係を求められた。尊敬している相手で、かつ明らかな上下関係があり、早い段階で拒むことができなかった」(30代、女性)

    ・「客演の男優に、舞台本番中、セクシャルシーンでもないのに、胸や股間を含む体を触られた。演出家に訴えても改善されず、距離をとって演技するようにしたところ、わがままだと言いふらされた」(40代、女性、俳優)

    【音楽分野】商業的成功をエサにした音楽家へのハラスメント、特に音楽家への性的アプローチがみられた。また、アイドルなどは客からのダイレクトハラスメントも起きるが、相手に強く言えないなど対応も難しさが見られた。

    ・「ライブハウスで演奏する際に、見知らぬ女性から体をむやみに触られることが多いです。お客様なので強く言えません」(30代、男性、ミュージシャン

    ・「広報宣伝担当者に『愛人になる覚悟はあるか』と問われた」(20代、女性、音楽関係者)

    ・「個人レッスンでだんだん接触が増え、卒業祝いといい酒を飲まされ、レッスン室に連れ込まれてレイプ直前までされた」(20代、女性、演奏家)

    【漫画・イラスト分野】個人的な作業と思われがちだが、漫画スタジオなどでは集団で仕事をおこない、編集者とも日常的に打ち合わせがあるなど、人と顔をあわせる場面においてさまざまなハラスメントがあった。

    ・「編集者から『作品がつまらないのは、作者の人格や人生がつまらないから』『 漫画家社会のゴミ』など言われた。報酬が事前に提示されないことは日常茶飯事で、単行本出版にともなう書き下ろしなど報酬の発生しない仕事も当然のこととして要求される」(30代、男性、漫画家

    ・「オタクコンテンツにありがちな女性キャラクターの過度な露出や際どいセクシー表現などを、求められているから当たり前のようにデザインさせられる。フリーなので断ることができない」(30代、性別欄未記入、ゲーム関係者)

    ・「アシスタント先の漫画家から、飲み会の最中に身体を触られた。勤務していた2年間、交際のアプローチを受けた」(20代、女性、漫画家

    ハラスメントに背景にひそむジェンダーバランス

    「白書」では、寄せられたハラスメントケースを分析、類型に分けている。表現の現場では、いわゆるセクハラパワハラがみられたほか、「テクハラ」(テクスチュアル・ハラスメント)と「レクハラ」(レクチャリングハラスメント)の被害体験が多く集まるという特徴があった。

    「テクハラ」は、作品について作家が女性であることなどを理由に不当な仕方で評価すること。「レクハラ」は今回用いられた造語で、レクチャー(指導)の際に生じるハラスメントで、師弟関係や指導関係が生じるあらゆる場面で指導を装った、あるいは指導的地位を利用したハラスメントが広くみられたという。

    また、表現の現場でジャンルを問わず共通しているのは、「密室・隷属性のある環境」「泊まり・合宿・出張」「飲み会・打ち上げ」などでハラスメントが起きやすかった。

    特徴的な現象としては「ストーカー被害・つきまとい・プライベートへの介入・SNSでの誹謗中傷」「契約書なし」などがあった。

    調査団では、こうしたハラスメントが常態化・横行する背景として、「高い役職や地位についている層のジェンダーバランスの不均等」を指摘する。また、多くがフリーランスであり、「法的保護の対象外であることも大きな原因」とする。

    今後は法改正やジェンダーバランスの啓蒙求める

    労働者保護という視点から、今回の調査に関わった労働弁護団の笠置裕亮弁護士は、次のように指摘した。

    「今回の調査で、フリーランスの女性や若い世代の回答が多く、不安定雇用の中、労働法の保護が受けられないという特徴がありました。仕事を失わないためにハラスメントを甘受しなければならない状況があり、雇用体制の構造的な問題があると考えています。

    また、ジェンダー的な観点からすると、若い女性が年上の男性から指導をうける師弟関係の中で、男性側からの加害されるケースが多かった。契約上、不安定な立場に置かれている上に、ジェンダー的な偏りが問題の背景にあり、性差別的な格差是正は急務です」

    調査団では引き続き、ハラスメントの実態調査をおこなうとともに、表現の現場におけるジェンダーバランスの調査、フリーランスが法的保護の対象となるよう、法改正への訴えを進めていくという。

    調査団のメンバーで、アーティストの笠原恵美子さんは、「調査団は、さまざまなハラスメントを可視化させて、仕方ないとあきらめていた被害者の現場を変えたいということを目的にしています」と話す。

    「今後、表現の現場に多く従事するフリーランスの法的保護のため、法改正を求めていきたいです。また、男性が決定する、指導するという構造的な問題として、ジェンダーバランスを啓蒙していきます。ジェンダーバランスを実現するために活動していきたいです」

    この白書は、調査団の公式サイト( https://www.hyogen-genba.com/ )で公開されている。

    表現の現場でハラスメント横行 「アニメ監督にホテルに連れ込まれた」「レッスン室でレイプ寸前」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【表現の現場でハラスメント横行 「アニメ監督にホテルに連れ込まれた」「レッスン室でレイプ寸前」】の続きを読む



    (出典 toyokeizai.net)


    抜け道があったようだ。

    1 記憶たどり。 ★ :2021/03/25(木) 11:29:19.53

    https://this.kiji.is/747641911884120064?c=39550187727945729

    元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告は24日放送されたCNNブラジルとのインタビューで、
    自身のレバノン逃亡について「日本人はとても規律正しいが(行動は)非常に予測が容易だ。
    計画を実行に移し、とてもうまくいった」などと話した。

    24日に報じたのはインタビューの一部で、全容は28日に公開される。CNNブラジルによると、
    犯人隠避の罪で東京地検特捜部に起訴された米国人親子の他、航空機のパイロット2人、
    空港タクシー会社のオーナーの少なくとも5人がゴーン被告の逃亡を助け、計1千万レアル
    (約1億9千万円)が報酬として支払われたとされる。


    【【プゲラ】ゴーン被告、逃亡成功を自賛。「日本人の行動は非常に予測が容易だ」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    いろんな人がいます。

    1 potato ★ :2021/03/25(木) 09:23:59.17

    中央線 立川駅~日野駅間で線路内立ち入り「多摩川橋梁付近で185系の廃車回送を撮影してた撮り鉄が集団で線路に侵入で車掌ブチギレ、逃走した人が鉄橋の下に落ちて救助活動」電車遅延3月24日
    https://matomebu.com/train/rail20210324-2/#toc3

    16時45分頃 中央線 立川駅~日野駅間で5人ほどの撮り鉄が線路内立ち入り

    線路内立ち入りで抑止、警察が出動

    アナウンス「安全のため一人ひとり移動させているため時間がかかる」 「5名~6名立ち入っているという報告があり確認に時間を要しています」車掌さんキレ気味

    撮り鉄が鉄橋の下に逃走

    17時15分頃 徐行で運転再開



    http://twitter.com/azusa183kei/status/1374630813073960963
    アクティー
    @azusa183kei
    立川~日野線路立ち入り

    (出典 pbs.twimg.com)



    http://twitter.com/Asama_take/status/1374662899231191040
    あさま
    @Asama_take
    日野の撮り鉄乱入
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1374662865827753987/pu/vid/720x1280/04kONW1z1ZHHEuNj.mp4


    http://twitter.com/Series205_Train/status/1374631227446026241
    Train Lover’s Channel
    @Series205_Train
    185系撮影のために…
    線路内人立ち入りのため10分以上抑止中

    中央線 立川~日野間

    #迷惑行為 #線路内立入 #危険

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)



    http://twitter.com/fsb40r1997/status/1374634531559415809
    40あwるc
    @fsb40r1997
    撮り鉄の仕業かな?
    人が鉄橋内の線路に侵入して橋の上で電車が停車しました。
    当局まで出動しています。
    乗車しているこちらとしてはタマリません。

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)



    http://twitter.com/tokyotaroganbap/status/1374633256537137152
    東京太郎 ガンばっぺ
    @tokyotaroganbap
    中央線抑止中 185系廃車回送を撮りにきた鉄オタが線路内に侵入して多摩川鉄橋から転落だそうで・・・


    http://twitter.com/EF64EF81/status/1374645669336469507
    赤いラピート
    @EF64EF81
    運転手による捕まった人達への説教タイム(笑)
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1374645631914962948/pu/vid/1280x720/qGEY4r_uHKkDUBl2.mp4
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    http://twitter.com/EF64EF81/status/1374643647967236098
    赤いラピート
    @EF64EF81
    未だ事情聴取中

    185系通かしたと時も事情聴取してるとか捕まりに来たんかな?

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616596230/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【非常識】撮り鉄さん、集団で線路内に立ち入って電車を止めてしまう 車掌ブチギレ→慌てて逃げるも鉄橋の下に落ち救助活動される】の続きを読む



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    株が下がるのかな?

    1 ばーど ★ :2021/03/24(水) 18:22:01.29

    CASIO社長「パワハラ音声」
    【音声動画】
    (出典 Youtube)


    「レベルが低すぎんだよ、バカじゃねぇの。上期中に*でも終わらせてください。そもそも、あなたのこと信用できないんですよ。いま、みんなの前で信用できる言葉で私を説得してください」

    その音声データには陰湿なパワハラ発言がいくつも収められていた――。

    冒頭の発言をしたのは、大手電機メーカー『カシオ計算機株式会社』社長の樫尾和宏氏(かしおかずひろ)(55)だ。管理職の50代男性社員がこう告発する。

    「その発言があったのは、去年の春に行われた10人以上の執行役員らが参加する社長と人事部の打ち合わせの場でした。問い詰められているのは人事部課長のAさんです。社長に無茶な要求をされ、休日も働きづめで仕上げた資料にケチを付けられている場面です。

    彼が事情を説明しかけると、社長が遮(さえぎ)ってまた攻撃するんですよ。挙げ句の果てには、『ふざけてんじゃないよ。人事部総取っ替えだよ』と、脅すように言い捨てました。2時間以上に及ぶ会議の中で、Aさんを長時間責め続け、反論の余地すら与えなかったんです」

    30代エンジニアが続ける。

    「労働組合にはAさんだけではなく、10件以上の社長によるパワハラ被害が報告されています。社内がこんな体質なので、社員のモチベーションも低く、多くの優秀な若手エンジニアが去っていきました」

    パワハラを受けたAさんは会議から数日後、社内の公益通報窓口に被害を文書で報告。監査委員会が調査を開始したが、状況が改善することはなかったという。営業職の40代男性社員が話す。

    「社内では創業者一族である社長の発言力が絶大なんです。現社長は前会長の息子で、創業者の甥(おい)に当たります。役員たちはイエスマンで、パワハラの現場にいても見て見ぬフリをして何も言うことはありません。

    Aさんは社長から『あなたが来れば、いじめますけど』と追い詰められ、結果うつ病を罹患し、休職状態です。調査はウヤムヤなまま、何事もなかったかのように終了しました。今年1月に、パワハラ問題をめぐり団体交渉も始まりましたが、議論は平行線のままです」

    今年2月頃には、音声データと被害男性(Aさん)が提出した通報文書が社内に拡散し始めたという。樫尾氏はその事実を知りながらも、いまだにパワハラについて公式になんの説明もしていない。解決する気はあるのだろうか。3月8日、都内の自宅から出勤する樫尾氏を直撃した。

    ――樫尾社長の言動で心身に不調をきたした社員が増えていると聞いています。

    「あの、ちょっとあらためまして……」

    ――カシオは日本を代表する企業ですよ。

    そう本誌記者が述べると、樫尾氏は向き直り、取材に応じた。

    ――団体交渉が行われているそうですが、パワハラはあったんでしょうか。

    「基本的には全部処理は終わっています。一部だけ切り取られているし、過剰に書かれている部分もあります。謝って、その後のフォローもしました」

    ――人事部以外の部署からもパワハラの訴えがあったと聞きますが。

    「ないです。断言できます。現場サイドと事実がすれ違っているんだと思います。なかには過激な人がいるんですよ」

    取材中、樫尾氏から「説明したいので、会社に来てください」と申し出があった。あらためて連絡すると会社に招かれるどころか、本人ではなく役員から次のような回答書が1通、メールで届いた。

    〈当社と当社労働組合との間で、現在、団体交渉が行われていることは事実でありますが、当社としては誠実にこれに対応しております〉

    前出の50代男性社員に事実関係を確認したところ、次のように話した。

    「Aさんは現在、社長と会うのを拒否しています。公式に謝罪もしていないし、フォローもなかったと聞いています。今も再三にわたり、組合は説明と謝罪を求めていますが、社長はこれまで2回行われた討議の場に出席すらしていません。

    次の団体交渉は日程すら決まっていません。まったくもって解決済みと断言できる状況ではないです。 会社を変えるためには創業者一族に会社から去ってもらうほかない、とストライキも辞さない段階まできています」

    社長のパワハラで揺れる『CASIO』。樫尾氏の進退が問われている――。

    3/24(水) 11:02配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c04530b24b98b9e4d5405d149f8591083aac9b2f

    ★1:2021/03/24(水) 17:00:19.67
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616572819/


    【【FRIDAY】「バカじゃねぇの。上期中に死んでも終わらせて」カシオ社長のパワハラ音声入手 労組には社長による被害報告が10件以上】の続きを読む



    (出典 jp.techcrunch.com)


    どうしようもない。LINEは使うことができなくなるのかな?

    1 お断り ★ :2021/03/24(水) 18:47:19.47

    だから言わんこっちゃない、LINE情報漏洩の深すぎる闇

    今回、朝日新聞・峯村健司さんらの報道で明らかになった、日本国内で最も利用されているSNS「LINE」の個人情報が、日本国外である韓国のサーバーに暗号化されていない無防備状態格納されており、しかも再委託先の中国企業などがアクセス可能な状態だったという事件は、第一級の情報漏洩事案である可能性があり、安全保障上、極めて重大な損失を日本の国家・社会に与えかねないものだと認識しています。

    筆者は、LINEが設立に関与した一般財団法人情報法制研究所の事務局次長と上席研究員を兼任し、また、日本の個人情報保護の枠組みについて研究を行ってきました。
    本件LINEの事件についても知り得る立場にあり、2014年ごろからこの問題について警鐘を鳴らしてきたつもりではありましたが、今回の一連の報道でようやく広く国民の知るところとなり問題視された件については、安堵と同時に忸怩たる気持ちを抱きながら、問題の詳細について本稿で解説して参りたいと存じます。

    この問題が進む過程で、筆者自身が長年執筆をつづけてきていた「ヤフーニュース個人」の1000本以上の記事が、すべて削除されました。言うまでもなく、LINEを運営していた旧LINE社とヤフージャパン社は経営統合を今年3月1日に行っており、本件問題について従前より指摘をしてきました。また、この経営統合について望ましくないと論じてきた筆者が疎ましかったのかもしれません。

    が、相応の根拠を持って問題を指摘してきた筆者に対する言論封殺とも言える事態が起きている件については、これが世界と戦うプラットフォーマーを目指すと標榜した会社のやることかと疑問に感じますので、冒頭にまず申し上げておきたいと思います。

    2014年7月号の会員制月刊誌「FACTA」(14年5月発行;当時・阿部重夫編集長)で、LINEで書かれているトークの内容を含む個人情報が、韓国の情報部門「韓国国情院」を通じて、中国系ICTコングロマリット大手であるテンセント社(騰訊)に漏洩していたという記事「韓国国情院がLINE傍受」が発表されました。

    その直後の14年7月、韓国経済紙の報道を追う形でロイターが「アリババとソフトバンクによるLINEへの出資交渉」が進んでいたことを報じています。当時より、LINEの事業の主体は韓国よりも日本、タイなどの他国でのSNS事業がメインであることは知られていましたので、アリババグループやソフトバンク系がLINEを欲しがった理由は、まさにLINEが持つSNS機能そのものはもちろん、SNS経由で取得される日本人などの個人に関する情報であることは言うまでもありません。

    講談社 現代ビジネス 2021/3/24
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81476?imp=0


    【 LINEのトーク内容、中国別企業に漏洩していた ヤフー、LINE告発ライターの記事1000本以上を全削除 (現代ビジネス)】の続きを読む

    このページのトップヘ