令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 事件・事故


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    自粛警察などの行為は良いとは言えないです。

    【動画はこちら】

    飲食店の入り口に「営業するな!火付けるぞ!」と張り紙をした豊島区役所の63歳の非常勤職員の男が威力業務妨害で逮捕されました。男は「間違った正義感でやってしまった」と供述しているということです。

    ネットには「自粛警察が警察に逮捕されるって。。」「本当に怖いのはウイルスではなく人間だった」「自粛警察の正体」などのコメントが寄せられています。

    他県ナンバーの車両のナンバープレートに「自粛しろ」と油性マジックで書いたり、間違った正義を振りかざす自粛警察は全国的に問題になっています。逮捕されて少しは頭を冷やした方がいいと思います。

    【動画はこちら】

    「正義感で、、」自粛警察が警察に逮捕!飲食店にひどい張り紙をした豊島区の職員が逮捕される!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「正義感で、、」自粛警察が警察に逮捕!飲食店にひどい張り紙をした豊島区の職員が逮捕される!】の続きを読む



    (出典 news.tbs.co.jp)


    京アニは海外でも人気がありますので海外からも注目されると思います。
    死刑になるのは確実だと思いますが特にヨーロッパの国々では死刑などが廃止されていますので死刑に対する反発も予想されます(オウム真理教の元代表が死刑執行されたときも海外から批判がありました)。

    1 どどん ★ :2020/05/27(水) 09:55:52.71

     逮捕された青葉真司容疑者(42)は午前8時5分ごろ、大型ワゴンの介護車に乗せられ、入院先の京都市内の病院から京都府警伏見署に移送された。

     署で車から降ろされた同容疑者は、ストレッチャーの上で目をしっかりと開き、変色した指や顔には生々しいやけどの痕がうかがわれた。

     上半身を起こした状態のまま、バンドでストレッチャーに体を固定されていた青葉容疑者。白いマスク姿で、体には青いガウンをまとい、集まった報道陣に視線を向けた。
    全身を覆うように掛けられたシートからのぞく指先は黒っぽく変色し、額や頬、腕などには赤くただれたやけどの痕が残されていた。

     これに先立ち、同容疑者は同7時45分ごろ、盾を手にした警察官らが警戒に当たる中、病院を出発。出入り口はブルーシートで厳重に覆われ、車に乗り込む様子を
    うかがうことはできなかった。

     府警は青葉容疑者の健康状態に配慮し、ストレッチャーに横になったまま移送するため、専用の介護用車両を借り上げた。車には医療スタッフも同乗した。

     病院前には早朝から60人ほどの報道陣が詰め掛け、上空では数機のヘリコプターが旋回。近所の住人も驚いた表情で、移送の様子を眺めていた。 

    時事通信

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3caeba7ec587254106412033b699f4242ab632e7

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【青葉容疑者、やけど痕生々しく 指変色、ストレッチャーに固定 京アニ事件】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    ネットによる誹謗中傷は厳しく取り締まるようになってきています。

    1 ばーど ★ :2020/05/26(火) 12:28:28.60

    高市早苗総務相は26日の閣議後記者会見で、人気バラエティー番組「テラスハウス」出演者で、23日に死亡した女子プロレスラーの木村花さん(22)がSNS上で誹謗(ひぼう)・中傷を受けていた問題について、「匿名で人を中傷する行為は人として、ひきょうで許し難い」と述べた。高市氏は、匿名発信者の特定を容易にするなど「制度改正を含めた対応をスピード感を持ってやっていきたい」との意向を示した。

    インターネット上の誹謗・中傷の削除や発信者の情報開示手続きは、運営事業者に対する「プロバイダ責任制限法」で規定。総務省は先月、有識者会議を設置し、同法に基づく開示手続きの円滑化や開示対象となる発信者情報の拡充などの議論に着手している。

    2020年05月26日10時43分 時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052600293&g=soc

    ★1が立った時間 2020/05/26(火) 11:10:15.77
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590461426/


    (出典 www.nhk.or.jp)


    【【高市総務相】「匿名で誹謗・中傷する行為は、人として卑怯で許し難い。制度改正で対応」 木村さん死亡で】の続きを読む



    (出典 sun-tv.co.jp)


    この事件をきっかけで少年法の改正が言われるようになりました。

    1 フルネルソンスープレックス(神奈川県) [CN] :2020/05/22(金) 20:27:54.02


    神戸連続児童殺傷23年 加害男性からの手紙3年連続届かず「ぜひ書いて」
    5/22(金) 17:59配信

    1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で、小学6年の土師淳君=当時(11)=が
    亡くなってから24日で23年となるのを前に、父親の守さん(64)が神戸新聞社の取材に応じた。
    新型コロナウイルスの影響で、月に2回行っていた淳君の墓参りは1カ月ほど控えているが、守さんは
    「昔と変わらず、かわいい子ども」と慈しむ。この時期に加害男性(37)が送ってきた手紙は3年連続で
    届かず、「手紙は彼が事件と真摯に向き合う手段の一つ。ぜひ書いてほしい」と改めて求めた。
    主なやりとりは次の通り。
    (中略)
    【神戸連続児童殺傷事件】神戸市須磨区で1997年2~5月に小学生5人が襲われ、3月に小4の
    山下彩花ちゃん=当時(10)=が、5月に小6の土師淳君=同(11)=が亡くなった。兵庫県警は
    同年6月、殺人容疑などで中学3年の少年=同(14)=を逮捕。少年は関東医療少年院に収容され、
    2005年に退院した。

    詳細はうぇbで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000021-kobenext-soci


    (出典 president.ismcdn.jp)


    【【酒鬼薔薇聖斗】神戸連続児童殺傷事件から23年】の続きを読む



    (出典 www.kabukicho.or.jp)


    コロナの中で空き巣もいます。治安が悪化している。

     

    緊急事態宣言中、対象となる「バー」などの飲食店は店を金銭面と、もう一つの恐怖と闘わなければなりません。店をしめている間に侵入する、空き巣です。それを避けるために例えば、新宿歌舞伎町ゴールデン街では店主同士でチームを組んで、見回るようにしています。いわば自警団のようなものです。

    ゴールデン街は数百メートル四方の空間に200軒ほどのバーがひしめきあっています。因みにゴールデン街と一口に言っても「ゴールデン街」と「花園街」に分かれていて、それをまとめて「ゴールデン街」という通称になっています。

    以前は青線でした。青線とは非合法売春地域。赤線は合法(新宿二丁目はかつての赤線ですがゴールデン街のように建物は残っていないようです)。赤線も青線も日本全国にありました。青線の特徴の一つとして、店と店が密着しており、いったん火事が出ると延焼していまう為、店主たちもそこだけは用心していました。

    しかし、空き巣被害は起きました。

     

    参考記事:「自粛警察」という名の嫌がらせ悪質行為を許すな! 驚くべき奴らの手口を見よ 罵詈雑言を残すために街を徘徊する者たち | TABLO

     

    「週に3回、昼にゴールデン街に行って店の様子を見ていたんです。店を換気してそれから自転車でぐるっと一周するような感じで見回っていました」(ゴールデン街店主)。

    ゴールデン街は今、外国人の旅行者の間ではすっかり観光地になり、例えばラグビーW杯の時は細い路地が外国人でいっぱいになったものです。

    「当番制でパトロールしていました。2人一組で6月までの予定でした」(前出・店主)。

    6日の午前1時ごろ、店主の店は被害に遭いました。この時間帯のゴールデン街は真っ暗です。

    「私は家に帰っていたので近所の店主に聞いたのですが、すごい音がしたそうです。それはドアのぶを壊した時のようです。その人が様子を見ていたら3分くらいして男性が店から出て来たそうです」(前出・店主)

    とがめると、男は片手にジャックダニエルの瓶(後で判明)を持って襲ってきました。何とか近所の交番に連れていき、男は現行犯逮捕。

    「それから電話がかかってきて店に行きました」(前出・店主)

    すると、ドアがノブごと壊されており、そこから店に侵入したと思われます。警視庁四谷署の管轄なので所轄の警察官と現場検証をした店主。

    「店内を調べたら、さほど荒らされていなくて。でも棚を見たらジャックダニエルがなくなっていました」

    容疑者の男が持っていたものと同一だと思われます。が、四谷署は窃盗、器物損壊では逮捕出来ないと言ったようです。

    「店のと男が持っているものと同一か、分からないからと言うんです。民事なら訴える事が出来るとか不可思議な事を言っていました」(店主)

     

    関連記事:コロナ不況で強盗事件発生! 売れてない歌舞伎町のホストが凶悪化!? 人通りの少ない道にはご注意を…! | TABLO

     

    結局、四谷署で朝まで事情聴取。容疑者の男性は外国人で酔っ払っていた模様。結局、被害届は不法侵入だけにとどまりました。通常なら、窃盗、器物損害などがつくと思われますが……。

     

     

    「不法侵入だけでなく窃盗、器物損壊でも調べて欲しいと言ったのですが、『不法侵入だけだよ』と言われました」(前出・店主)

    翌日に四谷署から「DNA鑑定をさせて欲しい。器物損壊で逮捕するので立ち合ってもらいたい。スタッフにもお願いしたい」と店主は言われます。が、コロナ禍で外出自粛の現在、外出をさせたくありません。最初から器物損壊で捜査して欲しかったと店主は言います。

    それにしても、状況と店主の報告と目撃証言だけで不法侵入・器物損壊・窃盗のセットで取り調べられると思うのですが、四谷署はどうなっているのでしょう。テレビの「警察24時」的な番組では不審と見るだけで、しつこく職質をするのに、こちらのケースは不審どころか目視で、前記の三件の容疑で逮捕出来ると思われます。

    「四谷署の警察官は『今コロナ禍で署員が少ない』と言っていました」(前出・店主)

    もしかして人手不足の現在、四谷署としては面倒だから不法侵入だけで済まそうとしたのではないでしょうか。もしそうならば、警察の任務とは何でしょう。この不安な時勢だからこそ、国民の安全を守らなければならないのではないでしょうか。(文・写真◎編集部)

     

    あわせて読む:コロナ禍で不平不満ばかりの世の片隅…平時から誰にも助けてもらえない“障害者” 50歳過ぎで生活保護の存在を知る|裁判傍聴 | TABLO

     

    ドアを壊して不法侵入していた空き巣(写真・編集部)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【新宿・ゴールデン街で空き巣を取り押さえる! …が警察がコロナを理由に捜査を手抜き】の続きを読む

    このページのトップヘ