令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 中東


    残っている

    世界の海運の要所として知られるスエズ運河が巨大コンテナ船の座礁で通行不能となっていることは大きなニュースとなりました。

    ですが、その船が座礁の前にのこした航跡が「あるもの」に似ていると話題になっています。詳細は以下から。

    世界で最も交通量の多い水路のひとつとして知られるスエズ運河3月23日に全長400mの巨大コンテナ船「エバーギブン」が運河をふさいだ形で座礁し、紅海と地中海を行き交う100隻以上の船が足止めされています。

    突然の強風が原因と説明されていますが、船舶位置のリアル追跡サイト「VesselFinder」はエバーギブンがスエズ運河に入る前の待機時間の奇妙な動きを指摘しています。それが以下の動画。

    その航跡が示すのはふたつの丸とひとつの棒。ゴシップMETROはこれをデフォルメされた巨大な男性器に見えると指摘。確かに見えなくもありません。

    なおVesselFinderのスポークスマンも「陰謀や虚偽の入り込む余地はない」とし、同船の航跡は本物と明言。

    実際に位置情報を用いて絵を描くという表現は以前から広まっており、2020年には日本で初の全国大会が開かれるまでになっています

    コンテナ船の船長がこうした「お遊び」を行った可能性もありますが、直後の重大事故との関係を指摘されることにもなりそうです。

    【スエズ運河座礁のコンテナ船、その直前の航跡が「どう見ても巨大なアレ」と話題に】を全て見る

    スエズ運河座礁のコンテナ船、その直前の航跡が「どう見ても巨大なアレ」と話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スエズ運河座礁のコンテナ船、その直前の航跡が「どう見ても巨大なアレ」と話題に】の続きを読む


    かなり貴重なものです。

     およそ2000年前に書かれた聖書の原型ともいえる「死海文書」が新たに発見された。今回の発見は65年ぶり。

    ・【映像】崖を降りた"恐怖の洞窟"で歴史的発掘

     歴史的な発見があったのは中東の死海のほとりに広がるユダヤ砂漠で、調査隊は、ロープを付けて崖を降りなければ たどりつけない横穴、通称「恐怖の洞窟」で発掘を続けてきた。

     イスラエル考古学庁によると、発見されたのはおよそ2000年前に書かれた巻物の断片20個ほどで、ギリシャ語旧約聖書にある「ゼカリヤ書」の一節などが書かれてた。神の名前だけがヘブライ語で書かれていたという。

     このほか、およそ1万年前に作られた世界最古とみられる編みかごや、自然にミイラ化した6000年前の子供の遺体も発見されたという。この地域で発見された古代の文書は「死海文書」と呼ばれ、聖書の原型を知るうえで貴重な資料となっている。また、多くの謎が残されているため、世界的な関心を呼んで来た。1947年に初めて発見されて以降、何度か見つかっていましたが、今回は65年ぶりの発見となる。(ANNニュース
     
    「死海文書」が新たに発見される 65年ぶり、ユダヤ砂漠「恐怖の洞窟」で


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「死海文書」が新たに発見される 65年ぶり、ユダヤ砂漠「恐怖の洞窟」で】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)


    早いです。

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/02/25(木) 10:29:50.02

    イスラエル政府は新型コロナウイルスのパンデミックに伴い導入されたすべての規制措置を4月にかけて段階的に解除する。
    国内最大のシバ病院訪問後に行われた記者会見でベンヤミン・ネタニヤフ首相が明らかにした。

    ネタニヤフ首相は記者会見で、全成人に対するワクチン接種を3月中に完了し、
    4月には国内における経済活動を全面的に再開させると発言した。

    記者会見の様子はSNSやイスラエルの各メディアで生中継された。

    イスラエルでは5段階にかけて検疫体制の規制が解除されていく。第一段階ではいわゆる「グリーンパスポート」の発行で、
    ワクチン接種証明書の発行手続きが現在進められている。第二段階(3月第2週)では教育活動が完全に再開される。

    第三段階ではグリーンパスポート所持者の活動制限が緩和される。
    第四段階(3月末)では16歳以上の高校生を含む、全成人に対するワクチン接種が完了する。

    第五段階(4月)ではすべての規制が解除され、通常生活が再開する見通し。

    ネタニヤフ首相は国内で少なくとも620万人(総人口は888万人)を対象にワクチン接種を行うとしている。

    イスラエルでは2020年12月20日からワクチン接種が始まり、翌1月10日には2度目の接種がスタートした。
    現時点で453万人が1度目の接種を受けており、314万人が2度目の接種も完了している。
    https://jp.sputniknews.com/covid-19/202102258180802/


    【【イスラエル首相】 「全成人に対するコロナワクチン接種を3月中に完了し、4月には国内における経済活動を全面的に再開させる」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    少し問題点はあっても、効果があったようです。コロナ終息の希望が見えてきました。

    1 みつを ★ :2021/01/31(日) 21:28:44.72

    【イスラエル】ファイザーのワクチン接種を受けた668,100人のうち473人が陽性になり、38人が入院、2人死亡 コロナ

    2021/01/31
    https://twitter.com/ariehkovler/status/1355843080080019458?s=21

    Israel vaccine update: Of 668,100 over-60s who had their second Pfizer jab more than a week ago, 473 have tested positive for the virus. Of them, 38 are hospitalised, 14 are considered 'serious' and 2 have died.

    イスラエルのワクチンの最新情報:1週間以上前に2回目のファイザージャブを行った60歳以上の668,100人のうち、473人がウイルス陽性でした。それらのうち、38人が入院し、14人が「深刻」と見なされ、2人が死亡した。

    https://twitter.com/ariehkovler/status/1355843568477335553?s=21

    For comparison, among ALL over-60s in the last week, 3,835 tested positive for the virus, some 0.25% of the total population of over-60s.

    比較のために、先週の60歳以上のすべての人の中で、3,835人がウイルスに対して陽性であり、60歳以上の総人口の約0.25%でした。

    中略

    https://twitter.com/ariehkovler/status/1355853293596135427?s=21

    From these numbers, the Pfizer vaccine appears to be very successful preventing new cases and serious illness. Highly likely that it's also cutting asymptomatic cases and therefore viral spread, too.

    これらの数字から、ファイザーワクチンは新しい症例や深刻な病気の予防に非常に成功しているようです。無症候性の症例も削減している可能性が高く、したがってウイルスの拡散も減少しています。
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【イスラエル】ファイザーのワクチン接種を受けた668,100人のうち473人が陽性になり、38人が入院、2人死亡 コロナ】の続きを読む



    (出典 ichef.bbci.co.uk)


    希望が持てます。

    1 マスク着用のお願い ★ :2021/01/26(火) 17:23:47.90

    https://www.cnn.co.jp/world/35165591.html
    2度目のワクチン接種後は「陽性率0.01%」 イスラエルの速報値

    (CNN) 世界に先駆けて新型コロナウイルスワクチンの接種を進めているイスラエルで、接種を済ませたグループが新型ウイルスの検査で陽性となる率は0.01%前後との速報データが報告された。

    イスラエルの医療保険システム、マッカビ医療サービスによると、米ファイザー製のワクチンの2回接種を完了した12万8600人のうち、2回目が終わって1週間以上経過した後の検査で陽性反応を示したのは20人にとどまった。

    検査は接種済みの全員に実施したわけではなく、症状が出た人や感染者と接触があった人を対象とした。

    ワクチンを共同開発したファイザーと独ビオンテックの臨床試験(治験)では、95%の予防効果が確認されている。

    陽性となった20人のうち、半数には慢性疾患があるという。陽性者の症状は頭痛やせき、倦怠(けんたい)感などだが全員軽症で、入院した患者はいなかった。

    同国では人口900万人あまりのうち、約250万人が1回目、約100万人が2回目の接種を済ませている。

    2021.01.26 Tue posted at 17:11 JST
    CNN


    【【COVID-19】イスラエル、2度目のワクチン接種後は「陽性率0.01%」 速報値】の続きを読む

    このページのトップヘ