令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 中東



    事故当時の天候が良好だったということは、原因が何か他の要因による可能性が高いのかもしれませんね。

    【写真・画像】【下書き】事故_0522 1枚目

     イランでライシ大統領らを乗せたヘリコプターが墜落した事故で、後続のヘリに乗っていた政府高官が「事故当時、天気は良好だった」と証言しました。

    【映像】ヘリが墜落した現場

     ライシ大統領らが死亡したヘリ事故で、イラン大統領府のエスマイリ長官が、ライシ大統領らが搭乗する機体を別の2機が挟むようにして飛行していたと説明しました。エスマイリ氏は最後尾の機体に乗っていて、事故当時の天気は良好で異常な天候ではなかったということです。

     雲を避けるため上昇した後、ライシ大統領らが乗る機体を見失ったとしています。また、天気が急変し濃い霧が発生したのは、その数時間後だと指摘しました。(ANNニュース)

    イラン政府高官「事故当時の天気は良好だった」 大統領らのヘリ墜落事故に証言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】イラン政府高官「事故当時の天気は良好だった」 大統領らのヘリ墜落事故に証言】の続きを読む



    関与を否定する。

    【写真・画像】イスラエル政府「我々ではない」事故への関与否定 イラン大統領ヘリ墜落 1枚目

     イランのライシ大統領らが死亡したヘリの墜落事故に関し、イランと敵対するイスラエルの政府高官は事故への関与を否定しました。

    【映像】イスラエル政府が関与否定 イラン大統領“ヘリ墜落”

     ロイター通信によりますと20日、イスラエルの政府高官が匿名でイランのライシ大統領と外相らが死亡したヘリコプター墜落事故について「我々ではない」と事故への関与を否定しました。

     一方、イランが支援するイスラム組織「ハマス」は、ライシ大統領らに対し哀悼の意を表明しました。「シオニストに対する我々の正当な闘いを支持し、パレスチナの抵抗勢力に貴重な支援を提供した」として、2023年10月からのイスラエルとの衝突への支援を評価しました。(ANNニュース)

    イスラエル政府「我々ではない」事故への関与否定 イラン大統領ヘリ墜落


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】イスラエル政府「我々ではない」事故への関与否定 イラン大統領ヘリ墜落】の続きを読む



    このような攻撃が続くと、さらなる地域の不安定化が懸念されます。

    イスラエル戦時内閣の閣議

     アメリカメディアがアメリカ当局者の情報として、イスラエルイラン領内にミサイル攻撃したと報じました。

    【映像】イスラエル イラン領内にミサイル攻撃

     アメリカABCテレビは先ほど、「当局者がイスラエルによるイランの施設へのミサイル攻撃を確認した」と伝えています。

     一方、イランの革命防衛隊に近いファルス通信によりますと、中部イスファハンの空港近くで爆発音がしたということです。詳しいことはわかっていませんが、イスファハン周辺にはイランの核関連施設もあります。(ANNニュース)

    イスラエルがイラン領内にミサイル攻撃 米メディア


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】イスラエルがイラン領内にミサイル攻撃 米メディア】の続きを読む




    両国の対立がエスカレートすると、中東地域全体に波及する可能性があります。イスラエルとイランは対立する立場にありますが、対話を通じて紛争解決に向けて努力することが重要だと思います。

    1 香味焙煎 ★ :2024/04/16(火) 20:33:06.66 ID:3x/8nJME9
     【カイロ時事】イスラエルの戦時内閣は16日、イランによる前例のない対イスラエル攻撃への対抗措置について、前日に続き議論する。報道によれば、15日の閣議では「明確かつ強力に反撃する」方針を確認。ただ、米国などが自制を求めている上、中東全域への紛争拡大に対する懸念が高まっていることから、限定的攻撃にとどまるとの見方が出ている。

     米NBCテレビは16日、イスラエルの反撃について、イラン本土ではなく同国外の重要拠点を標的としたものになる可能性があるとの米当局者の見立てを報じた。具体的には、シリアにある親イラン武装組織の拠点や、イランの支援を受けるレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラの武器庫などを挙げた。

     NBCによると、イスラエルはイランの攻撃に先立ち、想定される対抗措置を米側と共有していた。軍事行動を起こさないという選択肢からイラン本土攻撃まで幅があったが、米当局者は、イスラエル側の被害が最小限にとどまったことから、報復も抑制的になると予測しているという。

    時事ドットコムニュース
    2024年04月16日20時23分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2024041601097

    【【イスラエル】「明確な反撃」方針 イラン国外の拠点標的の見方も】の続きを読む


    イスラエルの戦時内閣がイランに報復するというニュース、やはり中東情勢は緊迫しているんですね。今後の展開が気になります。

    1 夜のけいちゃん ★ :2024/04/15(月) 15:41:55.38 ID:mWpeQBFr9
    4/15(月) 14:02配信
    FNNプライムオンライン

    イランによる大規模攻撃を受けたイスラエルは4月14日、戦時内閣の閣議を開催した。イランへ報復する方針で一致したが、対応する時期や規模で意見が分かれている。

    【画像】イスラエルは14日、戦時内閣の閣議を開いた

    イランは、13日から14日にかけてシリアの大使館への攻撃の報復として、イスラエルに対し300以上の無人機やミサイルで大規模攻撃を行った。

    これを受けイスラエルは14日、戦時内閣の閣議を開き、対応について協議した。

    地元メディアによると、イランに報復する方針で一致したものの、時期や規模では意見が分かれ、結論が出なかったとしている。仮にイスラエルが報復すれば、イラン政府は、はるかに規模の大きい攻撃を行うとしている。

    一方、アメリカのバイデン政権はイスラエルの防衛支援を強調しているが、政府高官は、イランへの反撃について、「情勢が緊迫化するおそれがあることから、慎重かつ戦略的に考える必要があり、バイデン大統領はネタニヤフ首相にそれを伝えた」としている。

    また、アメリカ軍が反撃に「参加することは想定していない」と説明している。

    ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/3834771bd6ab29bf9d2044cb9b93a9b3ce76bb61

    【【国際】「イランに報復」で一致 イスラエル戦時内閣、時期や規模では結論出ず 米政府高官“米軍の反撃参加は想定なし”】の続きを読む

    このページのトップヘ