令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 中東


    実行するのかな?

    1 ぐれ ★ :2022/06/30(木) 09:58:40.01
    2022/06/30 09:00
    ウクライナ情勢

    「クルド」で北欧2国譲歩
    スウェーデンとフィンランドの北大西洋条約機構(NATO)の新規加盟手続き開始は、反対していたトルコ政府が28日、一転して支持に回ったことで実現の見通しとなった。トルコは、ロシアをにらんで結束を急ぐNATOと安全保障を強化したい北欧2国に要求を丸のみさせる「外交勝利」(トルコメディア)を手にした。

    28日夕、NATO首脳会議の開幕を目前にしたマドリードの会議場で急きょ、トルコが北欧2国のNATO入りを容認する覚書の署名式が行われ、タイップ・エルドアン大統領は、北欧2国の首脳や外相と笑顔で握手を交わした。

     トルコは当初、自国がテロ組織とみなす「クルド労働者党」(PKK)や関連武装組織を北欧2国が支援しているとして加盟に反対。2国のうち特にスウェーデンは、人権重視の観点からスウェーデン在住のクルド人の引き渡しには慎重で交渉は難航してきた。

     ところが、マドリードで28日に2時間行われたトルコと北欧2国などとの首脳協議で、北欧2国はトルコのクルド人勢力らとの戦いを全面支持し、メンバーの引き渡しや資金源の捜査まで約束した。5月末から始まった高官協議で空白だらけだった覚書には、トルコの要求が全て盛り込まれた。トルコのメディアは「世界がトルコの外交勝利を目撃した」(29日付サバハ紙)と称賛した。

    続きは↓
    読売新聞オンライン: 「世界がトルコの外交勝利を目撃」…強硬姿勢貫き、北欧2国は要求丸のみ.
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20220630-OYT1T50062/

    【【国際】「世界がトルコの外交勝利を目撃」…強硬姿勢貫き、北欧2国は要求丸のみ】の続きを読む


    調査する機会が少ない。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/10(金) 11:51:54.28
    Paola Rosa-Aquino

    Jun. 09, 2022, 07:00 PM サイエンス

    ・極度の干ばつでチグリス川の水位が下がり、約3400年前の都市が出現した。
    ・イラクはここ数カ月の間、気候変動による干ばつに見舞われている。
    ・考古学者たちは、気候変動によって露出したり破壊されたりした遺物の保存を急いでいる。

    気候変動が引き起こした深刻な干ばつによってイラクの青銅器時代の古代都市が姿を現し、これによって調査する機会が得られたと研究者らが2022年5月30日に発表した。

    イラクのクルディスタン地方では、2022年12月にこの地域を襲った干ばつから農作物を守るために、チグリス川の貯水場から大量の水が汲み上げられた。そのため水位が下がり、川沿いにある3400年前の古代都市の建造物が再び姿を現した。

    国連によると、イラクは世界で5番目に気候変動の影響を受けやすい国だという。気温の上昇により乾燥し、干ばつになりやすく、農業とそこに住む人々の生活を脅かしている。

    イラク水資源省の上級顧問は4月、「水の蓄えは2021年の約50パーセントと、かなり少ない状況だ」とAFPに語り、この懸念される状況は「2020年、2021年、2022年と連続して発生した干ばつ」が原因だとしている。

    水面下に都市の遺跡があることは以前から知られていたが、調査ができるのは、干ばつ時に姿を現すときだけだ。前回遺跡が出現したのは2018年の干ばつ時であり、次がいつになるのか、研究者にも分からない。

    https://www.businessinsider.jp/post-254997

    【【考古学】気候変動による干ばつで、3400年前の古代都市が再び出現…イラク、チグリス川で】の続きを読む


    日本政府にも要請がくるのかな?

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/03(金) 18:03:34.13

    47分前
    ティファニー・ワートハイマー、BBCニュース
     
    トルコは今後、国連での国名を「Turkey」(ターキー)ではなく「Türkiye」(テュルキエ)に変更する。トルコ政府の正式な要請を受け、国連が同意した。

    トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、同国のブランド価値を刷新する方針を打ち出している。昨年12月には、「『テュルキエ』がトルコ人の文化、文明、価値観を最もよく表している」と述べていた。
    今回の変更はそのブランド刷新の一環。これを受け、いくつかの国際機関が対応を求められる。
    国連によると、トルコからの要請は今週受け取り、すぐに変更したという。
    ほとんどのトルコ人はすでに、自国名を「テュルキエ」と認識している。しかし、英語名の「ターキー」は諸外国で広く使われており、トルコ国内でも使用されている。
    国営放送局TRTは昨年、変更の方針が発表されると直ちに実施した。ブランド刷新に取り組む理由として、英語の「ターキー」と、クリスマスや新年、感謝祭と伝統的に関係がある七面鳥との関連もあると説明した。
    また、ケンブリッジ英語辞典が「ターキー」の意味の1つとして、「ひどい失敗」、「ばか者、愚か者」といった定義を挙げている点も指摘した。




    オンラインで賛否の声

    ブランド刷新の取り組みには、すべての輸出製品に「メイド・イン・テュルキエ」の表示をつけることも含まれる。今年1月には、「ハロー・テュルキエ」というキャッチフレーズの観光キャンペーンが始まった。
    こうした動きに、オンラインではさまざまな反応が示されている。政府関係者が支持を表明する一方で、あまり効果のない気晴らしだと言う人もいる。トルコは経済危機のただ中にあり、エルドアン氏は来年の選挙をにらんで準備を進めている。
    国名の変更は珍しいことではない。
    2020年には、オランダがブランド刷新のため「Holland」の使用をやめた。その前には、マケドニアがギリシャとの政治的対立から「北マケドニア」に改名。2018年には、アフリカ南部のスワジランドが「エスワティニ」に変わった。
    さらに歴史をさかのぼると、イランはかつてペルシャと呼ばれていた。シャムは現在タイになっており、ローデシアはジンバブエに変更された。

    <解説>鳥と共有する名前――オヌル・エレム、BBCトルコ語

    「Ü」は、この文字を使わない国の人にとっては厄介かもしれない。しかし、ドイツ語の「Ü」と同じであり、英語では「pure(ピュア)」や「cue(キュー)」の「U」と同じ音だ。英語話者は、「Turkey(ターキー)」の最初の母音を「Ü」に変え、「pet(ペット)」の「E」の音を最後につけるだけで、新しい国名を完璧に発音できる。
    しかし、なぜこの変更が必要だったのか。エルドアン大統領は何年も前から、この動きを推進してきた。鳥と単語を共有するより、トルコ語の国名を使ったほうが、よりよく国を表すことができると主張している。
    七面鳥は、多くの言語でさまざまに呼ばれている。ポルトガル語では「ペルー」、トルコ語では「ヒンディー」だ。
    多くのソーシャルメディアユーザーは、この事実を引き合いにして、トルコ政府の動きをばかばかしいと批判している。一方で、必要なブランド刷新だとして賛成する人もいる。
    トルコは「Turkey」、「Turquie」、「Twrci」などと表されてきた。世界の人々が「Türkiye」を受け入れるのか、様子をみる必要がある。
    (英語記事 Turkey changes its name in rebranding bid)

    https://www.bbc.com/japanese/61680276


    【【国際】トルコ、国連での国名を「テュルキエ」に ブランド刷新と大統領】の続きを読む


    同意せず。

    1 ぐれ ★ :2022/05/29(日) 21:13:16.56

    ※2022年05月29日21時04分

     【イスタンブール時事】トルコのエルドアン大統領は28日、北欧のフィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟をめぐる両国との協議が「期待する水準に達していない」と指摘し、現段階では加盟を支持できないという認識を示した。トルコのメディアが29日、アゼルバイジャン訪問の帰途、機中で記者団に語った内容として一斉に報じた。

    続きは↓
    時事通信ニュース: トルコ大統領、北欧2国との協議不調 NATO加盟支持できず.
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052900399&g=int


    【【国際】トルコのエルドアン大統領、北欧2国との協議不調 NATO加盟支持できず】の続きを読む


    反対する。

    1 あずささん ★ :2022/05/17(火) 08:46:03.90

    トルコのエルドアン大統領は16日、首都アンカラで記者会見し、北欧のスウェーデンとフィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟について「同意しない」と表明した。対トルコ制裁への不満などが背景にある。NATOに加わるには全30加盟国の承認が必要で、トルコが反対姿勢を貫けば加盟は実現できなくなる。
    エルドアン氏は、スウェーデンによるトルコへの武器禁輸措置を念頭に「トルコに制裁を科す国の加盟に対し、われわれはイエスと言わない」と強調。スウェーデンとフィンランドがトルコへの政府代表団派遣による説得を試みていることをめぐり「無駄骨はやめた方がいい」と述べ、応じない考えを示した。

    ソース/時事通信社
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051700162&g=int

    前スレ(★1の立った時間 2022/05/17(火) 07:28:20.91)
    【国際】トルコ、北欧2カ国のNATO加盟「同意せず」 エルドアン大統領が表明 [あずささん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652740100/


    【【国際】トルコ、北欧2カ国のNATO加盟「同意せず」 エルドアン大統領が表明】の続きを読む

    このページのトップヘ