令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ: 国際


    韓国のネットで話題に・・・

    2021年4月19日、日米首脳の「ハンバーガー会談」が韓国でも話題になっている。

    韓国・中央日報は、鳩山由紀夫元首相が18日、自身のツイッターにこのほど行われた日米首脳会談について「不慣れなオロオロ感と気恥ずかしさがモロだった。夕食を断られハンバーガー付きの20分の首脳会談では哀れだった」と投稿したことを伝えている。

    鳩山元首相は両首脳が「ヨシ」「ジョー」とファーストネームで呼び合ったことについても、「初対面なのに親しげに呼び合う演出は外務省の浅知恵でしょう」とし、「それでもバイデンの最初の首脳会談は日本と自慢するのかな」と書き込んだ。

    記事はこの投稿に対する日本のネットユーザーの反応として「共感のコメントが寄せられる一方で、自身の在任期間には米国との首脳会談がまともに行われなかったため『わずか10分で会談を終えた無能な元首相が言うべき言葉ではない』との指摘も出ている」と伝えている。

    日米首脳会談は今月16日に米ホワイトハウスで行われた。会談は約20分行われ、さらに約2時間20分にわたり小人数会議と拡大会議が開かれた。菅首相はバイデン大統領と3回にわたって会談したが、最初は通訳だけが同席して行われたハンバーガー昼食会だった。同行した日本人記者らに対し、菅首相は「ほとんど家族の話や人生経験について話した」と説明したという。ハンバーガーについては「全く手をつけないで終わってしまった。それくらい熱中した」とし、「たたき上げの政治家で共通点がいっぱいある。一挙に打ち解けた。付き合い続けていけると思った」とも話したという。

    これを受け、韓国のネット上では「強者に弱く、弱者に強い日本にとっては屈辱だろう」「日本が哀れでかわいそう」と厳しい意見が寄せられている。

    一方で「でも初対面でハンバーガーが出たんでしょ?。文大統領は中国でぼっち飯だった」「大丈夫。韓国には英語の質問自体理解できない大統領がいるから」と指摘する声も。

    その他「これは米政府が無礼だと思う」「でも原発処理水の放出は許可した。米国は何考えているか分からない」などの声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

    19日、日米首脳の「ハンバーガー会談」が韓国でも話題になっている。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日米首脳の”ハンバーガー会談”が韓国ネットでも話題に「日本が哀れ」「文大統領はぼっち飯だった」】の続きを読む


    反日国家


    NO.9410108 2021/04/19 13:47
    処理水の海洋放出に抗議で不法占拠続く 韓国・ソウルの日本大使館前
    処理水の海洋放出に抗議で不法占拠続く 韓国・ソウルの日本大使館前
    福島第1原発の処理水の海洋放出に抗議する団体が、韓国・ソウルにある日本大使館前の路上を不法に占拠し、ウィーン条約違反の状態が続いている。

    日本大使館前では、16日から、処理水の海洋放出に反対する学生団体が座り込みを続けているが、許可なしでの座り込みは、韓国の法律違反にあたる。

    また、ウィーン条約は受け入れ国に対して、大使館の安寧を守ることを義務づけていて、これにも違反している。

    日本大使館は、韓国政府に対応を強く要請し、警察は団体を排除しようとしたが、与党の国会議員3人が警察に抗議したために排除できず、ウィーン条約に違反した状態は、今も続いている。


    【日時】2021年04月19日 12:12
    【ソース】FNNプライムオンライン
    【関連掲示板】


    【処理水の海洋放出に抗議で不法占拠続く 韓国・ソウルの日本大使館前】の続きを読む


    崩壊するのかな?

    2021年4月14日韓国メディア韓国経済は、国際通貨基金(IMF)が韓国に対し「人口減少と高齢化により負債負担が爆発しないよう警戒すべき」だと警告したと伝えた。

    記事によると、IMF代表団の責任者アンドレアス・バウアー氏はこのほど、米ブルームバーグ通信がとのインタビューで「韓国は高齢化による追加負債が発生しても、後に負債が爆発しないよう、財政政策を長期的に策定する必要がある」と述べた。

    IMFの負債見通しでは、国内総生産(GDP)に対する一般政府負債比率が今年の53.2%から2026年には69.7%に上昇するとしている。他の先進国については、新型コロナウイルスの影響で増加した負債を今後減らしていくと見通しているが、反対に韓国は負債が継続的に増えていくとしている。

    バウアー氏は、高齢化対応に向け、労働者向けのセーフティーネット強化など、労働市場を改善する構造改革が必要だと強調。企業の規制緩和の必要性にも言及したという。

    韓国統計庁によると、昨年の合計特殊出生率(1人の女性が15~49歳までに産む子どもの数の平均値)は0.84人だった。2018年に0.98人で初めて1人未満となって以来、毎年数値は下落を続けている。国会予算政策処の人口推計によると、40年には0.73人まで落ち込むと予想される。生産年齢人口(15~64歳)100人当たりの扶養人口は20年の39.7人から40年には76.1人まで急増すると見込まれるという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「こんな国では子どもなんて産めない」「職は首都圏に集中してるのに、地方に住む人間は貯金して家を買って子どもを育てたいなんて思えない。ただ泣くばかりだ。首都圏の人たちも家が買えなくて困ってるし」「まず住宅価格を安定させて、若い夫婦が子育てできる環境を作るべきだ」「自分の知り合いの中でも、20代半ばから30代半ばまでで、結婚してるのは5%にも満たないよ。結婚しないと言ってる人がほとんどだ。文在寅ムン・ジェイン大統領はもうこの国を滅ぼした」「子どもへの虐待、性犯罪の犯人に寛大なこの国で、子どもを産み育てたいと思うのか」「まっ先にすべきは政権交代だ」など、現政権への厳しい声が多数寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

    14日、韓国・韓国経済は、国際通貨基金(IMF)が韓国に対し「人口減少と高齢化により負債負担が爆発しないよう警戒すべき」だと警告したと伝えた。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【IMFが韓国経済に警告「負債負担が爆発しないよう警戒を」=韓国ネット「この国で子どもなんて産めない」】の続きを読む



    (出典 wedge.ismcdn.jp)


    日本人が行くのは危ないかもしれない

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/04/20(火) 02:16:05.05

     今アメリカで社会的に問題となっている、アジア系アメリカ人に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)。増えるヘイトクライムの背景とは何なのか。

     東京大学中退の経歴で、明晰な頭脳を生かしマルチに活躍するラッパー・ダースレイダー(44)の連載「時事問題に吠える!」では現代に起きている政治や社会の問題に斬り込む。

     今回は、アジア系アメリカ人に対するヘイトクライム問題に関して、ダースレイダーが2回にわたり解説。まずは、その前編をお届けする(以下、ダースレイダーさん談)。

    増えるアジア系へのヘイトクライムと背景
     今アメリカでは社会現象とも言える状況になっている「アジア系アメリカ人に対するヘイトクライム」。特に3月のジョージア州アトランタのマッサージ店で起こった連続の銃撃事件で犠牲になった、8人のうち6人がアジア系の女性でした。

     ニューヨークのマンハッタンでは、教会に向かう途中の65歳のアジア系女性が、通行中の男性に突如暴行を受け、大けがを負った事件がありました。このときの監視カメラの映像から、現場の目の前にあったビルのドアマンが助けることもなく、ドアを閉めてしまったことが明らかになり、周囲の人たちの対応にもかなりショッキングな反応が多くなっています。後日、そのドアマンは解雇されたようです。

     実際に今、現地にいるアジア系のアメリカ人の感覚としては、一人で歩いているのが非常に怖かったり、マスクやサングラスをして自分がアジア系であることをわからなくして歩くなどの対応をしている人も多いようです。

     こういった状況には、いくつか背景があります。“移民の国・アメリカ”と言われていますが、アジア系の移民の数がどんどん増えていったのは、1965年に改正移民法が制定されて以降の話です。アジア系の移民はアメリカにおける新しい動きとして認知されていますが、いま数がどんどん増えていて全体で2000万人ほどいます。

     中国系、インド系、フィリピン系が多く、日系アメリカ人の数は約140万人、米人口の0.4%(2015年/ピュー・リサーチ・センター)と実はそれほど多くないです。もともと戦前から日系のアメリカ人はいて、さらにいうと第二次世界大戦中に敵性移民として強制収容所に入れられたという歴史的背景もあります。

    欧米人には、アジア系の顔は見分けがつかない

    2020年に『ラスト*マン・イン・サンフランシスコ』という映画が公開されました。そこで描かれるサンフランシスコの市街は、もともと日系人が住んでいたところで、第二次世界大戦中に日系人が強制収容されたあとに黒人が住むようになり……という街です。この映画は、そんなサンフランシスコの移民の歴史を踏まえて作られたものだったりします。そういった背景でいうと、アジア系のアメリカへの移民数は、実は1965年以降に増えていったと。

     ちょうど今、アカデミー賞作品賞の有力候補とも言われている『ミナリ』という映画が公開されています。この映画は、1980年代のレーガン政権時代のアメリカを舞台にしています。当時の韓国は民主化運動をしている最中で、軍事政権下の韓国から移民してきた一家が、アメリカのアーカンソー州という田舎に農場を拓き、父親、母親、姉と弟、そして母方の祖母とそこに暮らして、なんとか自分たちで土地を耕して農業をしながら暮らそうとする話です。


    4/19(月) 8:46
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3c79adeec272028c951d4a5425c7215f26aa7f9e


    【【アメリカ】米国でアジア系ヘイト急増。“永遠の外国人”扱いは、なぜ変わらないのか】の続きを読む


    言論の自由がなくなっている

     ミャンマーで治安当局に拘束された日本人ジャーナリストが最大都市ヤンゴンに移送されたことを現地の日本大使館が確認した。

    【映像】ミャンマーで拘束された日本人ジャーナリスト、刑務所に移送

     18日午後8時ごろ、最大都市ヤンゴンで現地在住の日本人ジャーナリスト、北角裕樹さんが治安当局に拘束された。

     ミャンマーの日本大使館は北角さんが自宅で当局に拘束された後、現在はヤンゴンにあるインセイン刑務所に移送されたことを確認したと明らかにした。

     北角さんの健康状態や拘束された理由などは分かっていない。

     現地メディアによると、拘束の際、当局が北角さんの自宅から複数の箱を持ち出す様子を近所の人が目撃していて、部屋にあった資料などが押収されたとみられている。
    ANNニュース
     
    拘束された日本人ジャーナリスト、刑務所に移送 ミャンマーの日本大使館が確認


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【拘束された日本人ジャーナリスト、刑務所に移送 ミャンマーの日本大使館が確認】の続きを読む

    このページのトップヘ