令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ: 国際



    (出典 news.livedoor.com)


    ロシア資産凍結の活用は経済的制裁として効果的な手段ですね。ウクライナに500億ドルの支援が行われることで、安定した経済状況が維持されることを期待します。

    1 ぐれ ★ :2024/06/14(金) 08:05:50.34 ID:3T+CWdRT9
    ※By ロイター編集
    2024年6月14日午前 5:10 GMT+93時間前更新

    [ボルゴ・エニャツィア(イタリア) 13日 ロイター] - 主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)が13日、イタリア南部プーリア州で開幕した。初日はロシアが侵攻を続けるウクライナ情勢を巡る協議が行われ、制裁で凍結されている約3000億ドルのロシア資産が生む利子を活用し、ウクライナに対し500億ドルの支援を行うことで大筋合意した。

    外交筋はロイターに対し、技術的な詳細は今後数週間で確定する見通しで、支援は年末までに実施される可能性があると明らかにした。

    米政府高官によると、米国は単独で最大500億ドルを拠出することで同意していたものの、他国が参画の意向を示したことを受け、米国の拠出額は大幅に減少する可能性がある。

    G7サミットに2年連続で参加したウクライナのゼレンスキー大統領は13日、バイデン米大統領と新たな長期安全保障協定に署名したほか、日本とも同様の安全保障協定に署名した。

    ロシア外務省のザハロワ報道官は13日、西側諸国が凍結されたロシア資産から生じる利益を奪おうとする試みは犯罪行為であり、ロシアによる対応は欧州連合(EU)にとって大きな痛手になると述べた。

    続きは↓
    https://jp.reuters.com/world/security/NHW2MJVEUBK4ZPNX5ZKO42SE4M-2024-06-13/

    【【G7】凍結ロシア資産活用で大筋合意 ウクライナに500億ドル支援】の続きを読む



    (出典 www.ukrinform.jp)


    F-16戦闘機の導入によってウクライナの航空力が強化されることは間違いありません。ロシアの脅威に立ち向かうためには、最新の装備が必要です。

    1 ごまカンパチ ★ :2024/06/13(木) 08:50:44.46 ID:kpGWlMzE9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7450d5fc4b15b93d4e729b0e5a292f28651bf0cc
    ■F-16は空対空以外にも使える戦闘機
     2022年より続くロシアによるウクライナ侵攻は、地上戦に焦点が当たりがちですが、その一方で航空優勢の獲得という、
    戦争の勝利を左右する重要な要素が「宙ぶらりん状態」にあるという特異な状況を呈しています。
    地上戦において圧倒的な打撃力を発揮する航空攻撃は、まさに現代戦における必須要素と言えるでしょう。
    しかしながら、ウクライナとロシアは互いの強力な地対空ミサイル網を前にして、積極的に航空機を運用できない状況に陥っているのが現状です。
    この膠着状態こそが、長期化する戦局の一因になっているとも言えます。

    しかし、ここに待望の救世主が現れるかもしれません。アメリカ製の戦闘機F-16「ファイティングファルコン」の登場です。
    まもなくウクライナ空軍が手にすることになるF-16は、単なる空対空戦闘能力に長けた軍用機ではありません。
    その真骨頂は、敵軍の地対空ミサイルを無力化できる能力にあります。

    敵防空網に対する攻撃の中核となる攻撃兵装AGM-88「HARM(高速対レーダーミサイルの英略)」を最大限に活用するため、
    F-16にはAN/ASQ-213「HTS(HARMターゲティングシステム)」というアビオニクス(電子機器)がエアインテークの側面に搭載可能です。
    「HARM」は、その名の通りレーダー電波の発信源を逆探知し誘導を行う空対地ミサイルです。

    ■MiG-29とF-16では「HARM」の相性が段違い!
    「HARM」は既にウクライナへ供与されており、既存のMiG-29戦闘機などに搭載し運用されていることが明らかになっていますが、
    ロシア製のMiG-29とアメリカ製の「HARM」では本来、システムの互換性はありません。
    そのため、おそらく既に位置が判明しているレーダー電波発信源、たとえば固定式陣地を構築する必要がある長射程地対空ミサイルS-300などに攻撃する、
    というような限定的な使い方しかできていないのではないかと筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)は推測します。
    しかし、「HTS」を搭載したF-16であれば、レーダー電波を逆探知することで、収集した電波情報を蓄積・共有している
    「電波情報ライブラリー」から詳細情報を得られるほか、その発信源位置を特定することまで可能です。

    たとえば、ロシア軍が移動可能な中型の「ブーク」地対空ミサイルを隠蔽し、F-16を待ち伏せしていたとします。
    ほかのレーダーサイトなどからF-16飛来の報告を受けた「ブーク」がこれに奇襲をかけるためレーダーを起動しF-16を照準した場合、その瞬間にF-16の「HTS」は探知します。
    これによって自らの位置を暴露した「ブーク」は、逆に「HARM」に対して照準情報を与えてしまい、F-16の攻撃に晒されることになります。
    「ブーク」を始めとした地対空ミサイル側が「HARM」から逃げるには、「HARM」そのものを撃墜するかレーダー電波を停止し即時移動しなくてはなりませんが、
    「HARM」は高速対レーダーミサイルの英略どおり高速で飛んでくるため、避けるまでの時間が極めて短いのです。

    加えて、その推定射距離は100kmと、一部の大型地対空ミサイル以外はほぼ上回るほどリーチも長いため、F-16に対して攻撃をしかけるのは反撃されるリスクを覚悟し、
    場合よっては諦める必要があるでしょう。

    ■「HARM」撃てるF-16がいるだけで疑心暗鬼に
    F-16と「HARM」そして「HTS」の組み合わせは、この「相手にレーダーOFFを強制させる」という点において白眉なのです。
    ゆえに、地対空ミサイルを使わせないミッションを「SEAD(敵防空網制圧)」と呼び、短い時間に限った航空優勢を確保することができます。
    これによって、自衛だけではなく他機が行う航空作戦の遂行を助けることも可能です。
    ※続きはソースで

    関連スレ
    フランス、ウクライナにミラージュ2000戦闘機を提供へ マクロン仏大統領が明らかに [ごまカンパチ★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1717926258/

    【【国際】F-16戦闘機が「いるだけ」でロシアは黙る!? ウクライナへ供与目前 空を一変させるその意味】の続きを読む


    日本は地震大国と言われていますが、日本人は普段から地震や災害に対して気を配っているようですね。

    1 昆虫図鑑 ★ :2024/06/12(水) 16:16:05.28 ID:WvPnraJw
    2024年6月12日、韓国メディア・韓国経済は「同日午前に全羅北道扶安郡(プアングン)で発生した地震と関連し、韓悳洙(ハン・ドクス)首相が緊急対応を指示した」と伝えた。

    記事によると、韓首相は行政安全部に対し「全体の状況管理を徹底しつつ余震に備え、危険兆候が見られた場合は当該地域住民が迅速に避難できるよう行動要領を案内し、予報・警報施設の作動状態を総合的に点検せよ」と指示した。

    産業通商資源部・科学技術情報通信部・国土交通部には「原発、電気、通信、交通など国の基盤サービスに障害が発生しないよう徹底的に点検し、有事の際の非常対策にも万全を期してほしい」と求めた。

    韓国気象庁によると、同日午前8時26分ごろ、全羅北道扶安郡から南南西約4キロメートルの地点でマグニチュード(M)4.8の地震が発生した。今年に入ってから朝鮮半島とその周辺で発生した地震のうち最大規模となった。これ受け、韓国政府は中央災難安全対策本部非常第1段階を稼働させている。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「人生で一番強く揺れを感じた地震だった」「扶安から遠く離れたところに暮らす私でもかなり驚いた。扶安郡の住民たちはどれだけ驚いたことか」「揺れの大きかった地域の住民は相当恐ろしかっただろう。どうか被害がありませんように」「黄海側の地震は久しぶり。もうこの国に地震安全地帯はないみたい」「高層マンションは怖いよ」「寝ていたのに飛び起きた。こんな恐ろしい経験は初めてだ。これが頻繁に起こる日本の人たちは一体どうやって暮らしているのか」「韓国では地震が起こらないという安逸な考えは捨てて、日本のように耐震設計で建設するよう建築法を強化するべき」などの声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b935171-s39-c100-d0191.html

    *関連スレ
    【韓国】 南西部・扶安でM4.8の地震 過去16番目の強さ [6/12] [仮面ウニダー★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1718161062/

    【【M4.8】韓国で今年最大の地震発生、首相が緊急対応を指示=韓国ネット「日本人たちは一体どうやって暮らしているのか」】の続きを読む


    日本の男女平等が低いというのは残念ですね。これからもっと女性が活躍できる社会になってほしいですね。

    1 蚤の市 ★ :2024/06/12(水) 07:48:08.20 ID:Gl/Argtb9
     【ジュネーブ共同】スイスのシンクタンク、世界経済フォーラムは12日、各国の男女平等度を順位付けした2024年版「男女格差(ジェンダー・ギャップ)報告」を発表し、日本は調査対象の146カ国中118位だった。過去最低だった23年版の125位から順位をやや上げたが、管理職や議員に占める女性の割合や所得格差が影響して低迷が続いている。

     先進7カ国(G7)では依然として最下位で、87位のイタリアにも離されている。

     報告は政治、経済、教育、健康の4分野で男女間格差を分析して数値化した。23年版に比べ、世界全体で「改善の速度は落ち込み、完全な平等を達成するまで134年かかる」と懸念を示した。

     日本は経済で120位、政治で113位。指導的な職務に就く6人のうち5人を男性が占め、推定所得の額も「かなりの格差を示している」と指摘した。女性閣僚は増えたが、国会議員全体では長期間でわずかな変化しかないとしている。

     教育では大学や専門学校などの就学でやや差があり、23年版の47位から72位に後退した。

    2024年06月12日 07時27分 共同通信
    https://www.47news.jp/11046782.html

    【【社会】日本の男女平等、118位 管理職、所得に格差】の続きを読む



    (出典 www.j-cast.com)


    長女が日本語を流ちょうに話せるなんて驚きですね。

    1 PARADISE ★ :2024/06/12(水) 10:50:31.12 ID:If9whu0I9
     ロシアの経済イベントに、プーチン大統領の2人の娘が相次いで登場しました。プーチン大統領の長女が、日本テレビのカメラの前で口にした、意外な言葉とは──?

    ロシアのプーチン大統領“肝いり”の経済イベント、「国際経済フォーラム」。ウクライナ侵攻後は、欧米の制裁に対抗するため、中国など友好国との連携強化を狙って開かれています。

    今回、世界を驚かせたのが──

    平山 晃一記者 NNNサンクトペテルブルク
    「多くの来場者が注目するなか、プーチン大統領の長女、ボロンツォワ氏も参加するセッションが始まりました」

    7日、プーチン大統領の長女、マリヤ・ボロンツォワ氏が登場したこと。内分泌学者であるボロンツォワ氏は、学校教育での生物学の重要性などを訴えました。

    注目したのは、この直前、私たちのカメラにみせた“意外な一面”。
    それは…

    記者
    「こんにちは」

    プーチン大統領の長女 マリヤ・ボロンツォワ氏
    「(※日本語)こんにちは。初めまして」

    記者に対し、流ちょうな「日本語」で応じたのです。

    プーチン大統領の長女 マリヤ・ボロンツォワ氏
    「(日本語)ちょっと話せます」

    ボロンツォワ氏は4年間、「日本語」を学んだといいます。

    プーチン大統領の長女 マリヤ・ボロンツォワ氏
    「(日本語)ロシアにいらっしゃいませ」

    そして、こんな“本音”も…。

    プーチン大統領の長女 マリヤ・ボロンツォワ氏
    「スーパースターになった気分だけど、私は控えめで、スポットライトに慣れていないんです」

    さらに、この前日(6日)にはオンラインで、ロシア企業の国産品を強化する“国家プロジェクト”を率いる、二女も登場しました。

    プーチン大統領の二女 カテリーナ・チホノワ氏
    「ロシアの国内市場は、ロシア製の商品であふれていて、高度な技術も出てきています」

    欧米の制裁対象になっている、姉妹2人が登場した、今回の経済イベント。

    公の場に、姉妹が相次いで姿を見せるのは、異例です。

    動画はソース
    日テレ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed16cfd32bce5f622a85dbb5143ebfd3a66e091b

    【【国際】プーチン氏の長女、流ちょうな「日本語」を披露 経済イベントに 姉妹が相次いで登場】の続きを読む

    このページのトップヘ