令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:政治 > 大臣


    旧統一教会との関係について、盛山文科相は正直に説明してほしいです。何も問題がないのであれば、隠す必要はありませんよね。

    【【旧統一教会】盛山文科相が旧統一教会系機関誌の送付について説明!問題ないとの見解示す】の続きを読む


    マイナ保険証利用率が5%割れとの報道を見て驚きました。

    1 バイト歴50年 ★ :2023/10/20(金) 14:52:53.58 ID:SQaX+XTZ9
    利便性どころか、手間の増大とトラブルの連続で利用が低迷するマイナ保険証。8月の利用率は4.7%と、ついに5%を割り込んだ。減少は4カ月連続だが、河野デジタル相は圧倒的な「ノー」に屈しない。普及のために血税を投じ、反転攻勢に打って出る構えだ。

     河野大臣は17日、医療機関向けの補助金を新設し、政府が月内にもまとめる経済対策に盛り込む考えを示した。医療スタッフがカード読み取り装置の使い方を覚えたり、患者に案内する負担がハードルになっているとして「負担を乗り越えられるようなしっかりとした支援を盛り込んでいきたい」と意欲マンマンだ。

     全国保険医団体連合会(保団連)事務局次長の本並省吾氏が言う。

    「マイナ保険証を使うと負担が増えることを政府が認めたに等しい。マイナ保険証を使えば医療費の窓口負担は割安になりますが、政府は『医療機関の手間が省ける分、患者の負担も軽くする』と説明してきました。その理屈に従えば、マイナ保険証によって手間が増える分、窓口負担を引き上げるのか。政府の説明は破綻しています」

    保団連に寄せられた医療機関からの意見は、早くも悪評ふんぷんだ。「使いたくないシステムに補助金を出されてもうれしくない」「利用率が低いのは受付が混雑するからではない。補助金でカードリーダーを増やしたら、利用者が増えると本気で思っているのか?」「リーダーを増やすのでなく、なくしてほしい」——。補助金によって利用率が上がるとは到底、思えない。そもそも、税金の使い道としてどうなのか。

    「IT投資というなら、他にやることがあるはずです。例えば、サイバーセキュリティー対策です。政府がオンライン化をゴリ押しする中、医療機関のセキュリティー対策は大きく立ち遅れています。資金がなくITのノウハウを持たない医療機関が少なくないからです。医療情報の漏洩などの事故につながりかねず、患者にとっても看過できない課題です。“待ったなし”のセキュリティー対策ではなく、“不要不急”のマイナ保険証の普及に補助金を支出するのは、どう考えても、適切な税金の使い方とは言えません」(本並省吾氏)

    (出典 i.postimg.cc)

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/330813

    【【政府】マイナ保険証利用率5%割れ…河野デジタル相は国民の“圧倒的NO”に屈せず、血税を投入し「補助金新設」】の続きを読む


    河野大臣がデジタル臨時行政調査会の廃止を表明しているのは非常に意義深いと思います。

    1 少考さん ★ :2023/10/06(金) 11:57:39.54 ID:lZY7BAAj9
    【速報】デジタル臨時行政調査会を廃止 河野大臣が表明 | TBS NEWS DIG
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/762970

    2023年10月6日(金) 11:38

    河野デジタル担当大臣は、国や地方の制度、システムなどの構造改革を早急に進めることを目的とした「デジタル臨時行政調査会」を廃止したと明らかにしました。

    河野大臣は、今月11日に開催を予定している「デジタル行財政改革会議」のもとで、政府が設置している既存のデジタル関連の会議体を整理集約する考えを表明していました。

    閣議後の会見で明らかにしました。

    【【政府】デジタル臨時行政調査会を廃止 河野大臣が表明】の続きを読む


    反論する。

    1 夜のけいちゃん ★ :2023/09/26(火) 01:18:45.75 ID:U8GP3wMm9
    9/26(火) 0:02配信
    FNNプライムオンライン(フジテレビ系)

    IAEA(国際原子力機関)総会で、福島第1原発の処理水放出について、非難した中国に高市科学技術相が反論。

    IAEAの総会が25日、ウィーンで始まった。

    中国は演説で、福島第1原発の処理水を「核汚染水」と呼んだうえで、「福島の海洋放出は原子力の安全性をめぐる大きな問題だ」と日本を非難した。

    高市科学技術相はこれに対し、「IAEAに加盟しながら事実に基づかない発信や、突出した輸入規制をとっているのは中国のみだ」と反論した。

    高市科学技術相「先ほど中国からは、科学的根拠に基づかない発言があった。日本としては引き続き中国に対し、科学的根拠に基づく行動や正確な情報発信を求めていく」

    また、各国に対しては「IAEAの継続的な関与の下、最後の一滴の海洋放出が終わるまで、安全性を確保し続ける」と訴えた。

    ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/a8a6c4b21fdd49c2b14817997e43136f1484edee

    関連スレ 
    【IAEA】高市早苗、反論 [ニョキニョキ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695648240/

    【【国際】処理水 高市科学技術相が中国に反論 IAEA総会 中国は日本を非難】の続きを読む


    世代交代は大事ですね。

    代替テキスト
    (写真:時事通信

    8月31日に、東京電力福島第1原子力発電所の処理水を「汚染水」と発言した野村哲郎農林水産大臣(79)。

    同日午後に首相官邸で漁業関係者への支援策について関係閣僚らと協議した後、記者団に「汚染水のその後の評価等について情報交換をしたということです」と語ったのだ。現職の農水相による言い間違えに批判が相次ぎ、余波は広がり続けている。

    この発言に、岸田文雄首相(66)も激怒。同日中に「遺憾なことであり、全面的に謝罪するとともに撤回するよう指示を出した」と、記者団に述べていた。

    8月24日に海洋放出が始まった原発の処理水ですが、汚染水とは別物です。多核種除去設備『ALPS』によって、汚染水から大半の放射性物質を取り除いた水を処理水といいます。ただしトリチウムという放射性物質は除去できないので、濃度を下げるために処理水を海水で大幅に希釈してから海洋放出しています」(全国紙記者)

    岸田首相の指示を受け、「処理水を『汚染水』と言い間違えたことについて、全面的に謝罪して撤回をしたい」と陳謝した野村大臣。いっぽう、「なぜそのときに汚染水と言ったのか、私も自分で言ったということを、もう全然記憶になかった」と語っていた。

    そして一夜明けた9月1日。野村大臣は記者会見で、「福島の皆様を始め関係者に申し訳なかった気持ちでいっぱいだ。あらためて緊張感をもって万全を尽くしたい」と改めて謝罪。いっぽう記者から“紙を読んで謝罪している”と指摘されると、笑いながら「顔を上げて言えばよろしかったでしょうけど、私は時々口が滑ってしまう恐れがあるので。こうして間違わないように、昨日は読ませていただいた」と釈明したのだった。

    野村大臣は続投を表明し、岸田首相も「信頼を挽回してもらうことが重要」と更迭を否定。だが野村大臣の釈明は事態を悪化させてしまったようで、ネット上では辛辣な声が相次いでいる。

    《『時々口が滑ってしまう』人に任せられる職務なんだろうか?》
    《口が滑るってのは、思わず本当の事を口にした時に使う言葉だよ》

    ■不安視されてきた野村大臣の“緊張感の欠如”…「定年制の導入」求める声も

    野村大臣といえば、昨年8月に発足した第2次岸田改造内閣に当時78歳で初入閣した人物。だが大臣就任後は、“緊張感の欠如”も指摘されていた。

    鹿児島県霧島市出身の野村大臣は、JA鹿児島県中央会で参事や常務を歴任。’04年参院選鹿児島選挙区から立候補し初当選し、現在は4期目です。農林水産大臣政務官や参議院農林水産委員長自民党・農林部会長(3期)を務めてきた実績があります。

    しかし、立憲民主党の泉健太代表(49)が会見で『以前からおかしい』と指摘していたように、野村大臣の緊張感のない言動は不安視されてきました。最近では8月1日の会見で、携帯に着信があると電話を取り出して『いま会見中です』と応じたというのです」(政治部記者)

    原発の処理水をめぐって、国は風評被害が深刻な漁業者に対して「全責任を持つ」と呼びかけている。しかし野村大臣の“失言”によって、風評被害が助長する恐れもある。国民の“食の安全・安定供給”を担う立場であるにもかかわらず、重要な局面において「口が滑ってしまう」との言い訳は通用しないだろう。

    岸田内閣において最高齢である野村大臣の言動には“年齢的な不安”を指摘する声もあり、ネット上では「政治家の定年制」の導入を求める声が広がっている。

    《ほんと切実に政治家に定年制度設けて欲しい……》
    《年齢的にやはり大臣職も65歳以下にする等した方が良いと思います》
    《後期高齢者は議員自体引退でいいんじゃないですか? 若い方のサポートに回ってください》



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【政府】野村農水相(79)「汚染水」発言を謝罪もトンデモ釈明で火に油…高まる「政治家の定年制」導入論】の続きを読む

    このページのトップヘ