アメリカの言いなり。

小泉純一郎元首相が2021年3月1日菅直人元首相と一緒に登壇した記者会見は、大半が脱原発に関する話題で占められたが、数少ない例外がイラク戦争に関する問題だ。

小泉氏は首相在任時の03年、米国の開戦直後に支持を表明。米国は、イラク大量破壊兵器を隠し持っている「証拠」があるとして開戦に踏み切ったが、イラク戦争後の捜索では大量破壊兵器は発見されなかった。当時の日本の意思決定について現時点での考えを求められた小泉氏は、「イラクが査察を認めていれば戦争は起こらなかった」と主張。日本政府の意思決定への評価は避け、「戦争をいかに回避していくかということは、国際社会、これからも一番大事なことだと思いますけどね」と述べた。

「イラクが査察を認めていれば戦争は起こらなかったんですよ」

イラク戦争では、米国が03年3月19日(米東部時間)に英国などとともに「イラクの自由作戦」を開始し、開戦に踏み切った。小泉氏は翌3月20日(日本時間)に記者会見を開き、査察に協力すべきだとする国連決議をイラクが無視したことを指摘し、

「私はこの際、そういう思いから米国の武力行使開始を理解し、支持いたします」

と述べていた。

今回の特派員協会での記者会見では、大量破壊兵器が発見されなかったことを踏まえて、当時の日本政府の意思決定についての現時点での考えを問う質問が出た。小泉氏は

「一般的にいうと『なんで米国はイラク戦争を始めたんだ』という非難、批判があったのは分かる。しかしね、イラクが査察を認めていれば戦争は起こらなかったんですよ。なんで査察を認めなかったのか。隠してると思ったんだろ、米国は。結果、大量破壊兵器はなかったんだけど。イラクが査察を認めれば、国連でも決議してるんだから、受け入れれば戦争は起こらなかった」

と話し、開戦の責任はイラク側にあると主張。その上で、

「そういうことがあるから、やっぱり色々な事情、考えなきゃいけない。これからの世界をどうやって平和にしていくか。無駄な戦争、無駄でない戦争なんかないと思うけど、戦争をいかに回避していくかということは、国際社会、これからも一番大事なことだと思いますけどね」

と話した。

「当時の日本政府の判断は、今日振り返っても妥当性を失うものではなく」

政府が閣議決定した公式見解も、イラクへの武力攻撃は「正当化される」との立場だ。16年8年の逢坂誠二衆院議員の質問主意書に対する答弁では、イラクへの武力行使は、イラクへの査察受け入れや武装解除を求めた国連安保理決議第1441号など、関連する決議を理由に「正当化されると考えている」とした上で、当時の日本政府の判断は妥当だったと主張している。

イラクは、12年間にわたり、累次の安保理の決議に違反し続け、国際社会が与えた平和的解決の機会をいかそうとせず、最後まで国際社会の真摯な努力にこたえようとしなかった。このような認識の下で、我が国は、安保理の決議に基づきアメリカ合衆国、英国等の各国によりとられた行動を支持したものである。こうした当時の日本政府の判断は、今日振り返っても妥当性を失うものではなく、政府として改めて当該判断について検証を行う考えはない」

英国ではイラク戦争開戦の経緯について独立調査委員会(チルコット委員会)が16年7月に報告書を公表。報告書では「当時、軍事行動は最終手段ではなかった」として、当時のプレア政権が開戦を決めた判断は誤りだったと指摘している。

J-CASTニュース編集部 工藤博司)

日本外国特派員協会で記者会見する小泉純一郎元首相。イラク戦争についても見解を述べた


(出典 news.nicovideo.jp)

akila

akila

この親にしてセクシーあり。

down

down

イラクの返答がどうあれ起きてた気がするがなぁ・・・

momonokomati

momonokomati

そもそもイラクは無責任なんだよな!確かにアメリカが強行したのは事実だがフセイン打倒後!独裁政権の崩壊!と喜んだのもつかの間!今度はアメリがバッシング!結局さ!自分達で自分達の国をよくできないから他人に責任を押し付けてる!今の日本の女と一緒の価値観だってことだ!

ゲスト

ゲスト

イラク国民と米軍人の命が金と票にしか見えてない米民主党がそんなもんで止まる訳ねーだろ、ボケ老人

yhila

yhila

元祖ポチ。

niko2

niko2

元気なうちにイラク三馬鹿の真相についても喋ってくれないかな

yhila

yhila

当時の大統領はブッシュ。狂産党と狂和党は同類かも。

age-s

age-s

フセイン殺っちゃったのがもともとの間違いだしなんとも…

きゅうび

きゅうび

当時の日本の判断が間違ってたとは俺は思わないが少なくとも小泉は平和主義ではない

きつねこ

きつねこ

私は当時の事を次の様に記憶していますよ 1(怪しい機関や建物を)査察させろ 2書類で核開発(ウラン濃縮含む)していないか答えろ 3書類は期日を守って答えろ 4書類に空白は許されない・誠実に答えろ (※警告も有ったのに「2〜4」が3回ほど無視されて) 5それでは空爆するからな で戦争になった(と記憶してます)補足とかあれば教えて欲しいです

cresc.

cresc.

「大量破壊兵器があるかもしれない」という疑義をフセインが交渉上の圧力として利用しようとしてしまったのも致命的だった。「あるだろ!調べさせろ!」「無ぇよ!」から「あるだろ!」「あったらどうする?ん?」ってなった瞬間「本当だったらもう動かないと間に合わなくなる状況」になったのでアメリカも動くしかなくなったし日本も支持した。

SHINNYA

SHINNYA

日本にとってイラクに大量破壊兵器が在ったかは嘸かし問題では無く、寧ろ日本のエネルギー問題では中東諸国に依存している所もあった筈で、深刻に捉え考えなくてはならない世界情勢である。国際社会は腹黒く、根深く疑う。勿論、日本では非核三原則に忠実に則って、そういった物騒な代物は備えていない筈。ただ、日本も第二第三のイラクの様な二の舞ものに成らない事を祈るばかりだろう。

CMRY

CMRY

実際、査察の結果大量破壊兵器が無い事が分かれば(実際無かったのだ)、攻撃の大義名分も無い。湾岸戦争は起きなかっただろう。

まっしゅα

まっしゅα

強盗「大人しく金出してりゃ殺されずに済んだんだ!」

cresc.

cresc.

どっちかっていうとモデルガンで強盗に入ったやつが射殺された事例が近いけどな

ヨタ

ヨタ

反フセイン派の人間が嘘情報アメリカに流してそれ信じ込んで攻め込んだって言う。後に情報提供者があれは嘘だって認めたし。

憂国の士

憂国の士

大量破壊兵器があるっつって戦争を吹っかけるアメリカに、いち早く賛同したのが小泉だったよな(笑。

kosuke

kosuke

ここのコメ欄の左の方はイラクのクウェート侵略を都合よく忘れてるようでね。その後の経済制裁で石油をロシアがくすね続けてるのが判明してフセインをつぶさなくてはならなくなった。そこまでして守った中東へのプレゼンスをあっさりロシアに明け渡すオバマ、黒いゴルバチョフとしかいいようがない

T-Rex Hi

T-Rex Hi

イラクにクウェート侵攻「させた」のが湾岸戦争の切っ掛けですがね… 多国籍軍による『電撃作戦』成功が、イラク戦争を招く遠因と言えなくもないけど、あれはそもそも『機甲師団の進軍が可能な高速道路』イラクが建設しちゃってたお陰と、「戦車は鈍重」なイメージ覆すM1エイブラムスの予想以上の快進撃によるもので…

T-Rex Hi

T-Rex Hi

イラクの旧式戦車より遠方から一撃で撃ち抜くDU徹甲弾と、砂漠だろうが道路だろうがお構い無しにぶっ飛ばし快進撃過ぎた戦車師団のせいで補給部隊の進軍が追い付かず、度々補給待ちの進軍停止を挟んでもあっという間にイラク首都まで駆け込んだからねぇ、湾岸戦争は…