ワクチンを接種して、収束させるしかないです。

 この記事が公開される頃には、発売されているが私は「ニューウィーク日本版」(2月23日発売号)の企画で今年1月から2月の中頃にかけて、「医療崩壊」をテーマにした取材をしていた。そこで、私が書いたのは医療崩壊について語っている「現場の声」のSNSインターネット上で語られていることはほんの一部にすぎないということだった。

地道に実践を重ねて準備している人々はいる

 大学病院、地域の基幹病院、クラスター支援に入る看護師新型コロナ患者を診察する街のクリニック、そして訪問医療……。様々な現場に通い、声を集めてみて初めて見えることがある。一部の声をあたかもすべての「代表」であるかのように受け取ることは、「現場」を見誤る。「現場」は広範に広がっており、最前線はいくつも存在しているからだ。

 インターネット上でさほど注目を集めないが、あるいはメディアを動かすような提言はしないが、しかし、地道に実践を重ね、「医療崩壊」を起こさないよう準備している人々はいる。

感染者が減らないことを前提に対策を取るべき

 こんなことを考えたのは、東浩紀さんのインタビュー記事「『自由』」を制限してもウイルスは消えない」(「文藝春秋」3月号掲載)を取材・構成したことが大きい。東さんのインタビューは『ゲンロン戦記 「知の観客」をつくる』(中公新書ラクレ)以来だったが、洞察の視点はまったくブレがない。

 記事で東さんが強調しているのは、「長期的な戦略として感染者が減らなかったらどうするか、という視点」だ。外出自粛や、接触を減らすこと、飲食店の時短営業で感染者が減ればいい。最後のカードとして緊急事態宣言を出し、感染者が減るのならばそれに越したことはない。だが、これで減らなければどうするか。減らないことを前提に対策を取ることを優先すべきであって、私権制限ばかり議論されるのは「感染症に対する恐怖に駆られ、『長期的に感染者は増える』という現実から目を逸らしているようにも見えます」という。

黙っておくのが正解という空間

 東さんのSNSには、時にこうした発言に対して「現場を見てから言ってくれ」といった批判がやってくる。「医療現場に精通している」というポジションから、「現場を知らない知識人」を批判することで、前者には賞賛も集まり、後者は「机上の空論」というレッテルを貼られる。

 ここ数年はその傾向が強まり、「部外者」は黙って、物事をよく知る専門家の言うことを聞けばいいという空気が強くなっている。派手な発言や提言をする専門家の周囲には、専門家の「代弁者」のような人たちも群がり、一種のファンコミュニティも出来上がる。彼らを刺激する発言は、耐えず批判にさらされる。その結果、生まれるのは、よほどの強者ではない限り、黙っておくのが正解という空間だ。

 当然ながら「現場」も一枚岩ではないファンコミュニティの弊害は、多様な現場の声も言いづらいものにしてしまう空気の醸成にある。その一例を示そう。

「つくづく、日本は運がいい。第1波と同じで、医療体制を大きく変えなくてもいいと思うんじゃないですかね。社会への脅しみたいな訴えでは限界があるのに……」と語ったのは、まさに新型コロナ患者をずっと相手にしてきた、「現場」の最前線にいる医師だった。

「日本は運がいい」の根底にある強い使命感

 これは東さんの考え方と共鳴する発言である。目の前の感染者抑制と、最前線の治療、平常時ではない—私はコロナ禍を「災害」と捉えたほうがいいと考えている—医療体制整備は両立する課題だ。

「日本は運がいい」の根底にあるのは、現場から見ていても現状の医療体制には限界がある以上、今の段階で早く議論を進めて、第4波、ひいては次のパンデミックに備え、長期的に患者数増加に耐えられる体制づくりの方向性を示さないといけないという強い使命感だったように思える。

みなを「ホーム」に閉じ込めてもコロナは消えない

「長期ヴィジョンがない罰則強化の導入は、『罰則強化をやれば目の前の数字が下がる、数字が下がればコロナについて考えなくてすむ』という思考停止に戻ることでしかありません」(「『自由』を制限してもウイルスは消えない」より)

新型コロナ禍で明らかになったのは、今の日本社会には長期的に考えることが欠如しているという現実です。短期的に感染者数を抑えることだけに捉われてしまっている。私権を制限し、みなを『ホーム』に閉じ込めても、それだけではコロナは消えません。むしろ格差が広がるだけです」(同)

 振り返れば、この1年間、メディア上の議論の主役は常に「感染者数」にあった。感染者数が増えればこぞって「このままいけば医療が崩壊する」と社会に訴え、メディアもそれに乗っかり、「国民がメッセージを誤解して夜の会食を注意したら、昼から飲みに行っている」などと社会の同調圧力を高め、行動変容を説いて回るような記事を出している。

 こうした記事を読むたびに、今、ここで考えないといけないのは、一体なんのための緊急事態宣言だったのか、というそもそもの問いではないのか、と私は考え込んでしまう。東さんは「ステイホーム」が格差を拡大させるのではないかという問題を記事の中で提起しているが、知識人までインターネット上で、感染者数に一喜一憂するだけで、長期的に緊急事態宣言の弊害を捉えようとしていない。「ホーム」にいない人々を攻撃するような凡庸な発言もあいかわらず目立っている。

日々忘れないようにしたい警句

 これも当たり前のことだが、パンデミックはやがて終わる。そして、多くの人々は辛い経験をしたとしても、それ以後の日常を生きていかねばならない。例えば2011年3月11日以後と同じように、である。だからこそ、この警句を日々忘れないようにしたいと思う。

パンデミックが終わった後に、大切なものを失ったと気づいたとしても、取り戻すことはできないのです」(同)

(石戸 諭/文藝春秋 digital



(出典 news.nicovideo.jp)

あると

あると

政府は最初から「感染爆発(感染者の人数)のピークをずらし、ワクチンで以前のに近い生活に戻す」って言ってましたが?

もっぷ

もっぷ

制限加えないと減らないから海外では罰則つけてまでやってるのでは?

MONO

MONO

すまないけど、何を言いたいのか全くわからない。

ゲスト

ゲスト

■「東浩紀」。あいちトリエンナーレの主要メンバー。作品を監督する立場にあり、炎上を謝罪したが、「僕は天皇制に反対する立場ではありません」と発言。「株式会社ゲンロン」の設立者であり、空間デザイナー「李明喜」(横領をして追放)と設立。社外取締役は「津田大介」。慶応と早稲田の非常勤講師。津田大介、夏野剛、茂木健一郎らと対談番組

ゲスト

ゲスト

「 東浩紀 あいちトリエンナーレ 主要メンバー 」

Ry

Ry

お前らが緊急事態宣言って連呼してんだろうが。痴呆か?

かに(ずわい)

かに(ずわい)

インフルエンザだって、ワクチンである程度予防ができて、特効薬があって治る病気だけど、しぬ人はいる。そもそもインフルエンザウイルスは消えてないでしょ。

ちょっさん

ちょっさん

「要するに遊びまわりたいから罰則なんて嫌だ」ってことかな?

2kg

2kg

じゃあ、今から生き残りと経済破綻をかけて感染爆発でもさせてみる?

WindMind

WindMind

もっともらしいこと言って煙に巻くことをすんな。多くの人は感染が拡大しないように慎ましく生活してる。一部の馬鹿どもを制限するのに罰則が必要なんだ

さが

さが

あーーーーーほんとさぁ・・・!なんでこんなときに自由を履き違えてるウジ虫左翼がしゃしゃり出てくるんだよ。まじで4ねよ、左翼はよ。宣言出さなきゃ対応が遅い、宣言出せば自由ガー、これマジでやってんのか左翼?だとしたら左翼っていうのは脳の異常だということになるが。

お地蔵

お地蔵

自由を適切に制限できる中国・台湾・シンガポールあたりは一瞬で収束しましたが…

You

You

>「パンデミックが終わった後に、大切なものを失ったと気づいたとしても、取り戻すことはできないのです」 命より大切なものはそうそう思いつかないな

NEET

NEET

黙れパヨク!貴様に国民が救えるか!

yakusidou

yakusidou

自由を制限すれば、ウイルスは減るよ。なんで達成出来ない0か100かの発想で考えるのか。

yhila

yhila

パヨクだろうが、トリエンナーレだろうが、ウイルスに関して言ってることは正しい。感染死者のレベルが欧米とは桁違いなのに、欧米と同じようなウイルス対策を強いることの愚に気付け。加えて言えば、ウイルス対策をとらなかった国より、人口当り死者がはるかに多い国が多数存在することを直視したらどうか。医療関係者が言うことを鵜呑みにするなら政治は要らない。

てるてるBo’zu

てるてるBo’zu

感染者が増えた!政府の責任だ対策しろ!→対策して制限かけました→制限するな!不自由だ! うーんこのダブスタっぷり

下衆な人

下衆な人

ウイルスは消えないけど少なくとも「ウイルスを撒き散らす迷惑極まりない馬鹿」の行動は抑えられるから

tadarepanda

tadarepanda

「ワイの知ったかにプロがパンチ入れるとか大人気ないやろ!」とか泣き言を言う大人気のなさ

mamo

mamo

>「だが、これで減らなければどうするか。」 それが分かるのであれば、主張すれば良いし、分からんのであれば、控えておるのが良いだろう。