(出典 dol.ismcdn.jp)


景気の後退が感じます。

 新型コロナウイルスの感染が広がった後、「給料が減った」という人が2割にのぼることが日本生命の調査で分かった。

 この調査はおよそ2万4000人を対象に行われ、新型コロナの流行が一月の給料にどう影響したかを聞いたところ、「変わらない」と答えた人がおよそ7割、「減った」と答えた人はおよそ2割で、減少額は平均でおよそ10万円だった。「去年より残業が減った」という人が3割近くいたため、日本生命は給料の減少は残業が減ったことが影響した可能性を指摘している。

 調査は先月行われたもので、冬のボーナスは反映されていない。(ANNニュース
 
コロナで「給料減った」約2割 残業の減少が影響か 日本生命調査


(出典 news.nicovideo.jp)

只の旅人

只の旅人

生命保険維持できてる人は給料が減った人もいるだろう・・・ただ仕事が無くなった人は生きるために必死になるので、実質カウント除外されてるんだろうな・・・

kibabayasi

kibabayasi

一時期は残業代だけで毎月10万以上あったのに、残業が少なくなり手取りが減ってしまった…

NaK

NaK

この記事では、全国民を対象としたのか、給与所得者のみを対象としたのか、日本生命の保険加入者のみを対象としたのかすら分からん。調査対象や調査方式について最低限の記述すら無い記事では、無価値なばかりか有害だ。