(出典 static.hokkaido-np.co.jp)


可能なのかな?

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーハードキャッスル エリザベスパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。10月27日(火)放送のコーナーリポビタンD TREND NET」のテーマは「菅総理が所信表明演説で語った“エネルギー政策”」。ジャーナリスト株式会社メディアコラボの代表・古田大輔さんに話を伺いました。

※写真はイメージです



203臨時国会が10月26日(月)に開かれ、菅義偉首相は就任後初となる所信表明演説をおこないました。そのなかで菅首相は「わが国は2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする。すなわち 2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします」と表明しました。

*  *  *

鈴村:臨時国会で注目される法案はいくつもありますが、今後、私たちの生活に特に直結しそうな話題としてエネルギー政策を取り上げます。30年後の2050年に「温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」宣言しましたが、実現性は?

古田:かなり難しい目標であることは間違いないです。ただ、国際ルールのパリ協定「産業革命以降の平均気温上昇を2℃未満に抑制し、1.5℃未満への抑制が努力目標」とされています。既に今も大変な状況ですが、“これをしないと本当に大変なことになりますよ”と。そのためには、“2050年に排出ゼロ”が1つの目標になっています。

実は既に、世界で120ヵ国がそれを宣言しています。これまで日本は、“2050年までに80%削減”とまでしか言っていなくて、「おい、日本……もうちょっと頑張ってくれよ……」と世界で批判されていました。

そのことに関しては、環境省小泉進次郎環境大臣などが「(他国から)批判されていますよ」とずっと発言されていて、今回、菅首相がバシッと言ったわけですけど。これ自体は、すごく良かったと思います。

鈴村:目標を掲げるということは大事ですよね。菅首相は、演説のなかで「積極的に温暖化対策をおこなうことが、産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながるという発想の転換が必要」と言っています。

この部分は確かにそうだと思います。以前、この番組でも取り上げたのですが、世界的には環境に配慮しない企業は“評価されない”“投資の対象にならない”という風潮があるそうですね?

古田:そうですね。「ESG投資(社会的責任投資)」と言われるもので、「環境(Environment)」「社会(Social)」「企業統治(Governance)」がきちんとできている企業にしか投資しませんよ、そこにお金を出しませんよ、という風潮は急激に強まっています。例えば、“いや、うちはそういう問題とは関係がないし……”と言うような企業にはお金が集まらないし、人材も集まらなくなってしまう。これは世界共通の問題として、“地球は1つしかないから、環境は守らないといけないよね”という意識は、経済界にも確実に広がっています。

菅首相は、今回のこの動きに2人の大臣が関係していると明言しています。1人は環境省の小泉大臣、もう1人は経産省の梶山弘志大臣。経産省は、どちらかというと“二酸化炭素を出す側の人”。でも、経産省の梶山大臣も「これをやるぞ!」と明言していると。しかも、この2人は菅首相に非常に近い大臣ということで、これは強烈なタッグだと思います。

鈴村:なるほど。今後は、ESG投資が当たり前になってくるので、“環境を守ろうね”ではなく、“守ることが前提”になってくる。僕らの日常も、どんどん変わってきますよね。例えば、今年7月からスタートしたレジ袋有料化など。

古田:これから大きく変わるものでは、僕らが日常で使っている物の“裏側”の変化。その1つがエネルギー問題。経産省が大きく関わってくるところです。

まず、再生可能エネルギー。風力や水力、太陽光発電などを増やしていかなければならない。それによって、炭素由来、例えば火力発電のようなものをぐっと抑え込まないといけない。

そこで、もう1つポイントになるのが、“原発はどうするの?”という問題です。経産省の梶山大臣は今、その問題にも触れています。今後はそういった計画が明確になり、具体的な話になっていくと思います。

鈴村:“具体的にしていこう”という動きはあるんですね。ちなみに、“温室効果ガスの排出ゼロ”を明言した、菅首相の一番大きな課題は?

古田:まさに、日本の話になると、原発問題が大きな議論になると思います。“2011年福島第一原子力発電所事故を乗り越えて、我々はどこに向かおうとしているの?”というところから大きな議論になると思います。

番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/
菅首相の「温室ガスゼロ」宣言、2050年までに実現できる? 今後の大きな課題は?


(出典 news.nicovideo.jp)

hinode

hinode

とりあえず2050年には多分菅総理は生きていないから。

たまつき

たまつき

トラストミー

.43

.43

今後の大きな課題は? いかにパヨどもの妨害に負けずに原発を稼動させ、その間に核融合の実用化を進めていくかにかかっているでしょうね。あと、「再生可能エネルギー」という言葉は高速増殖炉にこそ相応しいと思うのだが、「リベラル」と同じくすっかり胡散臭い言葉に成り下がってしまいましたね。

エフィア

エフィア

私は普通に無理だと思う。詳しくは知らないけど、除塩フィルターやら、廃棄煙突に細工をするのも限界はあるし、現状の工場の他の廃棄物に混ぜ込ませるのも、不要廃棄物の処理が必要なのは変わらないので。温室効果ガスは、記事みたいに発電所からしか出ない分けではないので、再生可能エネルギーとやらを増やしても、熱源体やケミカル混合ガスを廃棄する施設の処置無しには、解決しない

ニワカアメ

ニワカアメ

人間が生きてるだけでCO2出るし。もっと温室効果の高い屁もこくし。

iwan

iwan

CO2排出抑制で本当に効果があるかどうかは置いておくとして、本気で減らしたいなら、世界の総排出の4分の1を占める中国に言え。 あいつら未だに増え続けてるぞ。

傘醒

傘醒

絶対無理だろうけど諸外国の圧力躱しの為、実際にやるんじゃなくて目指しますって姿勢だけにするのかな?

hinode

hinode

宣言であって約束ではない、自分が死んだ後のことまでは当然約束は出来ないし。

グレラ

グレラ

地球の未来のために、できる手はどんどん打ってもらいたいですね。口だけで終わらないことを祈ります。

zoumo1

zoumo1

日本がどれだけ頑張っても、あの国とかその国とかが帳消しどころか台無しにするレベルだから結局効果は薄いんだろうな。

AcousticMiku

AcousticMiku

世界の政治家のおじいちゃんたちはみんな生きてないやん。どっかの小国以外、目標を達成できないと思う。逆に化石エネ使った者勝ちみたいになることが心配だわ。

カピバラさん

カピバラさん

先ず何故Co2が悪者にされてるのか意味が判らない。地球がガスや塵にならない程度に可能な範囲の炭素を全て(人体も含めて)Co2にしても「温度は」数万年単位で見ないとCo2単体の影響では大した事にはなりませんて。余程H2Oの方が温室効果高いですがジヒドロモノオキシドとか呼んで水蒸気全て排除してみます?出来るもんなら。

あ゛〜

あ゛〜

呼吸するなと!?

DWJ

DWJ

地球の化石燃料が枯渇すれば、あっという間に解決する問題だぞ(暴論)。とりあえず新しく石油やら発掘したり、発掘技術が発展しなければ、石油は50年持たんそうだ。つまり今世紀中に問題解決しないと、温暖化とか言ってられんからな。温室効果ガスを減らす事=エネルギー問題解決一助となるし、悪い話じゃない。ただなぁ、発展国は排出量増える一方だから、イーブンになりそうでなぁ。

nullpo

nullpo

実現を目指すだけだから、実現できるとは一言も言ってない。世界で一番二酸化炭素を出してる国は中国で、二酸化炭素を出さない発電とは原子力発電で、つまり中国を批判して原発推進に切り替える必要がある。・・・ここまでに異論が出る奴は知能に問題があるから病院に逝け。

無法松

無法松

目標とすることの定義がよくわからん話だな。温室効果ガスの定義が狭いのか、工業のみとりあげてて牧畜のメタンガスみたいなのは含めないのか。まぁ宣言して取り組んでる姿勢見せることは大事か

yhila

yhila

原発再稼働すれば実現可能。

ゲスト

ゲスト

そもそも温室効果ガス削減して何の意味があるの?