(出典 mediasapuri.jp)


アメリカがあるから。

核兵器の製造、保有、使用などを全面的に禁じる核兵器禁止条約を批准した国・地域が2020年10月24日(米東部時間)、発効に必要な50に達した。90日後の21年1月22日に発効する。

中米ホンジュラスが新たに批准したことで発効が決まった。批准したのは小国や島国が多いのが特徴で、「核の傘」の恩恵を受ける日本や韓国、北大西洋条約機構NATO)の加盟国は批准していない。10月25日朝放送の「日曜討論」(NHK)では、自民党公明党立憲民主党国民民主党日本維新の会共産党の幹部が出演。自民以外が発効を歓迎し、批准を求める声が相次ぐ一方で、立憲の福山哲郎幹事長は「核の傘との両立をどうするのか、というのは非常に難しい状況だと思う」とも。批准にはハードルがあり、それを超えるために与野党の垣根を超えた議論が必要だとの見方を示した。

自民・柴山氏「特に核兵器保有国に対して非常に現実味が薄いのではないか」

出演した6人の中で唯一発効を「歓迎」しなかった自民党柴山昌彦幹事長代理は

「日本は当然、その理念は共有するところだが、実効性の確保や工程表の面で、特に核兵器保有国に対して非常に現実味が薄いのではないかということから、批准については保留をしてきたところだ。今回、実際に発効したという新しい状況を踏まえてこうしたこれまでの議論をしっかりと踏まえつつ、対応するべきだと思っている」

などと述べた。

前提を置かずに日本も批准すべきだとしたのは国民、共産の2党で、

「もちろん日米安保条約を基軸にしつつも、米中二極対立ではない多国間の国際協調主義ということを前提とした上では、やはり核兵器禁止条約には参加すべき」(国民・岸本周平幹事長代理)
「やっぱり今、国際社会は核兵器廃絶か、それとも固執するのか、そこに二分されている。核兵器廃絶の大きな流れが1歩進み始めたわけで、やっぱり日本の立ち位置が私は問われていると思う。唯一の戦争被爆国として日本の政府が核兵器禁止条約に一刻も早く署名・批准することを求めていきたい」(共産・小池晃書記局長)

などと述べた。

公明、批准留保は「現状でやむを得ない面もある」が「それでも積極的に関与」を

維新、公明、立憲は、締約国会議にオブザーバーとして参加すべきだとした。維新の馬場伸幸幹事長は、日本が保有国と非保有国の「橋渡し」を唱えていることを念頭に、

「被爆国の日本としては、役割は非常に重要だと思う。今後予定されている締約国会議には出席できるということなので、是非日本もこの会議には出席して、自らの役割を果たしていただきたい」

と発言。公明党の石井啓一幹事長は

「日本政府が現状では批准を留保しているという状況で、それは現状でやむを得ない面もあるとは思うが、それでも積極的に関与していただきたい」

として、オブザーバー参加以外にも、締約国会議を広島や長崎に誘致することを求めた。

「参加・批准はどういう条件が整えばできるのか与野党で議論を」

オブザーバー参加を求めながら、抑止力の議論にも言及したのが立憲・福山氏だ。条約の発効が決まったことについては

「大変うれしく思うし、歓迎したい。ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)をはじめとした各国のNGO、批准した各国のご努力に敬意を表したい。日本は締約国会議にオブザーバーとして参加すべきだと思う。日本の政府は今でもオブザーバー参加にイエスと言っていない」

とする一方で、批准については

「一方で、日本の批准については、今のアジアの安全保障状況、北朝鮮の状況を考えると、核の傘との両立をどうするのか、というのは非常に難しい状況だと思う。だからこそオブザーバーで参加する、そして、国会で、この状況で参加・批准するのはどういう条件が整えばできるんだ、というようなことを、与野党を超えて議論する、というようなことも重要だと思う」

と述べた。立憲は、枝野幸男代表名で出したコメントでも、批准について

核兵器禁止条約に関しては、核保有国が不参加であることなど、実効性が指摘されていますが、政府は、核兵器廃絶の動きが新たな段階に入ったことを理解し、 日本が一日も早く批准できるよう積極的に取り組んでいくべきです」

などと言及している。

オブザーバー参加は「可能性について具体的に申し上げる状況にはない」

政府はこれまでの立場を変えていない。加藤勝信官房長官10月26日午前の記者会見で、

「この条約が目指す核廃絶というゴールは、我が国も共有しているということは申し上げてきたところだが、この条約について、核兵器保有国のみならず、非核兵器保有国からも十分に広がりがあるのか、ということ(課題)がある」
核兵器禁止条約は我が国のアプローチとは異なるものであることから、署名は行わない、という考え方をこれまでお示しし、その考え方は変わりはない」

などと従来の見解を繰り返し、オブザーバー参加についても否定的な見解を示した。

「同条約の締約国会合のあり方や内容等が明らかになっていないと承知している。そうした中でオブザーバー参加についての可能性について具体的に申し上げる状況にはない。同時に、この条約に対する我が国の立場に照らして、慎重に見極めていく必要があると考えている」

J-CASTニュース編集部 工藤博司)

9月26日の「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」に合わせて開かれた国連総会のハイレベル会合では、条約批准を表明する国が相次いだ(UN Photo/Rick Bajornas)


(出典 news.nicovideo.jp)

radar

radar

そも核兵器保有国やその庇護下の国よりこの協定を批准してる中小国の方が余程紛争や内乱の常連国揃いと言う現実

エフィア

エフィア

日本の周りには、中国・ロシア・アメリカと世界のTop3の核兵器保有国が存在する。地図見たことないの志位さん?共産党国(旧ソ連・旧共産国家群)が率先的に核兵器所持を目指していたなら、共産主義に核兵器は必要ということ。安全保障の面から、日本の手段や選択肢を削ることは良くない。核兵器保有国が批准しない段階で、対核兵器の防衛手段構築への反対も許されない(基地反対等)

ゲスト

ゲスト

何でって、中国、北朝鮮、ロシア、が日本に核を向けてるからだ。

いろるり

いろるり

日本はアメリカの核の傘に入る事を条件にNPTに批准して核兵器を放棄しているからな。意外に思うかも知れないが、日本は核兵器所有の選択肢を捨てていないんだよ。日米同盟が破棄された場合の事もしっかりと考えてるから、おいそれとこの条約に入ることは出来ない。選択肢としてはあってもいいとは思うけどね。

ゲスト

ゲスト

つか、この記事に「中国」の二文字がねーな。 Jキャストは朝日新聞のダミー会社だからね

ゲスト

ゲスト

▲【Jキャスト】の運営会社は「朝日新聞」。 ▲発行人は『AERA』元編集長の蜷川真夫。 ▲初代編集長は『週刊朝日』元編集長の大森千明。 ▲編集長は朝日新聞で取締役編集担当の杉浦信之。 ▲AERA編集長や朝日新聞出版社長などを務めた宇留間和基。 ▲ニコニコニュース編集長の亀松太郎が副編集長

てらいし

てらいし

こ れ は J カ ス ト ニ ュ ー ス の 記 事 で す 。

目玉の親父

目玉の親父

日本が何故核兵器禁止条約批准出来ないのかだって?周辺国家に中国や南北朝鮮という、キチガイの敵国家しかいないからでしょ。

ゲスト

ゲスト

J−CASTはほぼ唯一といっていいくらい毎日WAIWAI問題をまともに報じたメディアだし、設立の経緯で不信を持ってる方もいるようだがまあ記事の内容で評価するべきなのでは。この記事もヤフーでざっと見ただけだがリベラル系メディアの感情論全面なやつよりは大分マシだと思うよ。

hinode

hinode

C国「条約?なにその紙屑?」

kinven05

kinven05

「批准できない」のではなく「批准しない」な、核保有国が参加しないのでは絵に描いた餅で終わることは目に見えてるから。 核が廃絶できるくらいなら国連の常任理事国の拒否権もとうの昔に廃止できたはず、核も拒否権も常任理事国の特権だからな手放すはずがない

norapon

norapon

三方4か国の核兵器所持国に囲まれてるのに馬鹿な事言ってるんじゃねぇと…下手すると5か国に増える可能性もあり得るのにな。

タッコマン

タッコマン

常に選択肢に入れとかないと中国と朝鮮が襲ってくるでしょ。 核保有国未参加って時点で形骸化確定されてるような条約を日本が批准する意味が無い。 条約は自己満足でやるもんじゃないぞ。

ラピスラズリ

ラピスラズリ

日本周辺国が不可逆的に核兵器全廃すれば検討の価値はあるかもしれない。

大和・ボリシェヴィキ共和王国

大和・ボリシェヴィキ共和王国

寧ろ日本も核保有すべきなんだよなぁ...今まで何によって日本の西側にいる国から守られてきたんだろう。米国の核ではないだろうか?核保有の「選択権を廃棄します」って言える状況じゃないね。米国がいなくなったら、日本は敵対的な核保有国3国に囲まれるんだからね!

hinode

hinode

条約を紙屑扱いする相手が目の前に居る、ということに触れないで「条約を批准しない日本は酷い」と攻撃するのは多分中国の手先。

ゲスト

ゲスト

核兵器は無くなって欲しいが、核の抑止力以上の戦争抑止力ができてからだと思う。

Ry

Ry

こういう時は同調圧力って言わないのな。

あはははは

あはははは

とりあえず非核というだけで無条件で参加するほど単純な話じゃないってことぐらいはわかるよ。条約にどれほどの効果があるのか疑問なのに、うかつに自分の行動を縛りかねない条約に参加するのは悪手でしょう

ゲスト

ゲスト

宣戦布告をした瞬間に、相手国の核ミサイルが宣戦布告をした指導者や軍本部や都市を消滅させる。兵隊が最前線で死ぬ前に。通常兵器で殺し合う戦争を過去の物にした。この点について、核兵器は素晴らしいと思う。