(出典 ggo.ismcdn.jp)


結婚したらそれは言えなくなります。

24時間働けますか?」というCMが流れていた時代から世相は大きく変化し、現代の若者は激務高収入よりも安定した収入さえあれば自分の時間が確保されるほうが優先度が高いのかもしれません。今回は手取り15万だけど、日々楽しく生活する男性に話を聞きました。

ブラック企業
画像はイメージです(以下、同じ)

毎日会社をやめたいと思っていた

 都内のOA機器メーカーで総務部に勤務する安東邦夫さん(仮名・25歳)。入社直後は営業部に配属されたものの、その後、適性を見て異動になったそうです。

「営業の頃はまったく売れなくて、毎日会社をやめたいと思っていました。成績が悪いのに早く帰るのも周囲の視線が痛いので、無駄に会社に残っていたりもしました。毎日ひどいストレスでしたね」

 なので入社1年目から、営業以外の部署への異動希望をずっと出していました。自分が営業に向いていない事は明らかでしたから。入社3年目に入る春の人事異動で希望が通って異動になったんです」

毎月2~3万円手取りが減ったけど…

手取り10万台

 なかなか異動の希望が通らない企業が多いなかで、比較的早い段階で希望が通った安東さん。部署が変わったことで生活に大きな変化が。

「まず定時上がりになったので、体はとても楽になりましたね。異動先の総務の仕事も性に合っていたようで、日々のストレスはほぼなくなりました。残念なのは、外勤手当がなくなって給料が下がったことでしょうか」

 ストレスから解放されたことは素晴らしいですが、給料が下がったことは生活にも直結します。しかし、彼にとってさほど重要なことではないようです。

月2万~3万円手取りが下がって今は15万円弱です。他の企業に就職した大学の友人に話すと少ないって驚かれるんですが、実は自分自身はあまり困ってはいません」

賃貸は安いに越したことがない

 給料は減ってしまいましたが、日々の固定費自体がもともと安いこともあって、意外にも快適に過ごしているようです。

「都内には一人暮らし専門の激狭物件が多数あるんです。家賃は3万円くらい。もともと狭い場所が落ち着く僕にとって最高の物件です。建物が古いことも特に気になりません。僕からすれば、見栄のために人気のある街でアパートを借りている同僚が理解できないです。毎月7万~8万の家賃を払っているらしく、僕らが勤めているような零細企業の身の丈に合っていないと思います。

 何を重視するかは人によりますが、賃貸はいくらお金を払っても自分のモノにはならないし、遠方でも通勤にかかる交通費は支給されるので不便なく住めればいいかなと思いますね」

給料よりもストレスからの解放

古いアパート

 一時期は節約のために埼玉にある実家に帰ることも考えたそうですが、やはり一人で過ごす時間だけは確保したかったそうです。

「給料は確かに下がりましたが、それよりも営業職のストレスから解放された方が自分にとっては大きいです。物欲も強いほうではないので不便もなく、もらった給料内でいかに快適に過ごすかを毎月楽しんでいますよ

 自宅に戻るとひたすらネットゲームを楽しんでおり、なるべくコストが発生しない趣味を選んでいるんだとか。

「普段自炊で節約していればたまに外食で贅沢もできますしね。女っ気がまったくなくそこだけは残念ですが、男の一人暮らしを満喫しています」

 ワークライフバランスが声高に叫ばれる昨今ですが、収入だけが幸福ではないという価値観が若者に根付いてきたように思います。心身ともに健康に過ごす安東さんの考え方をちょっと見習いたくなりました、

<取材・文/ホンマカズヤ イラストパウロタスク(@paultaskart)>

【ホンマカズヤ】

フリーライター/心理カウンセラー。男女関係、失敗談、心理学などアタマとココロに関する記事を主に執筆。朝と雨とウイスキーが好き



(出典 news.nicovideo.jp)

ゲスト

ゲスト

>「都内には一人暮らし専門の激狭物件が多数あるんです。家賃は3万  ←それアレじゃね? 本当は倉庫のやつw

魔竜

魔竜

この記事、かなり真実を語っていると予想出来るな。書かれている事がリアルで破綻が無い。住んでる場所は古くて狭くてしかも遠いと、だから安いは納得出来る。下手すりゃ昭和に建てたようなアパートかも知れんが、人が住んでた場所はそれなりに快適な条件が揃ってるもんさ。

siwasu

siwasu

まあ若ければ給料も上がっていくし合わない仕事を見極めてくれるとか良い会社やん自慢か(豹変

ゲスト

ゲスト

20代のうちは貧乏でも楽しいよ。30代になったら節約がめんどくさくなって、40代で死にたくなります。

ゲスト

ゲスト

QOLの中にはお金がないと出来ないこともあるんで、貧乏を良しとするのは肯定できない。

jin

jin

豊かな社会のなかで貧乏暮らしを楽しむのと貧乏暮らししかできないのは全然違うわな

miiyacat

miiyacat

このテの記事やインタビューが出るから、会社や国のお偉い様は、金を出さなくても満足してるのなら出さなくてもいいよね!とかとち狂ったことを言うのだろうな。ゲストの言うとおりQOL向上の為にはお金が必要。

ゲスト

ゲスト

月々の手取りが15万って額面20万くらいか。賞与が年で3倍として、年収300万と言ったところだろうか。

無法松

無法松

足ることを知ることが幸福の近道、ってのはある種の真実とは思うけど。問題は足らない状況に追い込まれたときだと思うけどね。事故なり不況なり、なんなら加齢なりいくらでもある。みんなそれを恐れてるし、だからこそ大勢が損しないと成り立たない保険が商売として成り立つ。果たしてこの人は今よりも足らない状況に追い込まれても幸せを保てるかな。保てるといいね、俺もだけど。

QTA

QTA

賃金は搾取されるけど時間は平等だからね。現代の若者は良くわかっているよ。

ゲスト

ゲスト

15万で家賃、光熱費、通信費、食費払ったらいくら残るんだろ・・・いっつも同じツルシのスーツ着て仕事いくのかな?

UniIkuradon

UniIkuradon

3万・1万・5千〜1万・1,5千〜3万で7万〜8万は余るかと

そば茶

そば茶

やりたくもない仕事してりゃ定時あがりでも不満だらけになるもんだぞ。普通。

ネロ

ネロ

真実というより真理かな人間社会である程度の幸福を求めて生きて行く場合絶対的に無いと確実に不幸というか惨めな人生になる それは「お金」汚い上に汚いから言いたくないがこれが無いとほぼ悲惨な人生になる 職に就けても稼げないならそれは結局苦労が多いだけの割に合わない仕事と言える 結婚出来て子供に恵まれても金が無いと結局飢えるだけそもそも資源が有限だからな

炭酸水素ナトリウム

炭酸水素ナトリウム

自分の満足できる生活を送れるのは良い事だよ。私ならもっとお金欲しいけどね!!!!

ネロ

ネロ

一部の生ごみ政治家以外は大抵不満を我慢する人生を強いられてしまう糞生ごみ竹中みたいな奴は他人の血を啜るヒルみたいな寄生虫そんなのはどこの世界にも一定数いるが こいつらにいいようにされたくないならこいつを始末出来るように国民が頭を持たないといつまでも搾取されてしまう最も民衆はいつの時代も愚かだがな

ロンドンパリ

ロンドンパリ

この人の能力が総務に合っていて、一般的なスピードでも昇進昇給していくなら良いんじゃないかな。そうじゃなくて、ただ言われたことだけやっていれば怒られないのが嬉しい。興味があるのは如何に定時に帰るかということだけ。学生時代みたいな安いだけの偏った食事をし続けて、無料ゲームしか経験をせずにおっさんになる。40歳になったときも手取り15万で幸せですと言えるのかね。

たっしろ

たっしろ

24時間働けますか時代のおっさんたち、あんたたちが頑張った結果が今の世の中なんですよ。いや、あなたたちは悪くない、文明の行き着く先はこうなんですよ。飯が十分にいきわたればみな満腹になって四六時中必死で狩りに行こうとしなくなる。欲望の段階が変わる。これは自然なことなんですよ。

turo

turo

激務の過労とストレスに耐えてちょっと収入増えるくらいならノーストレスの無理のない仕事をする、はホントにそう。鬱病で働けなくなったら収入ゼロだし。無論収入は多いに越したことはないけど体壊すよりはマシ。

まいたけ

まいたけ

定時で上がれることに幸せを覚えてしまうぐらい日本の社会は闇が深いわけですね