(出典 motor-fan.jp)


中国は脅威と感じている。

 2020年3月に就役した海上自衛隊潜水艦「おうりゅう」は世界で初めてリチウムイオン電池を搭載し、従来型の潜水艦よりも連続潜航時間が大幅に向上したといわれる。中国メディアの網易は21日、「そうりゅう型」の後継となるリチウムイオン電池搭載の潜水艦「たいげい」について紹介する記事を掲載した。「革命的な進歩を遂げた」と伝え、その能力は原子力潜水艦に劣らないと主張している。

 記事は、10月20日に「たいげい」が正式に進水したと紹介。これまでの「そうりゅう型」と比べてより優秀で、さまざまな新技術を採用しているほか、「基準排水量3000トンで、水中排水量は4300トンにもなると予想される」と伝え、その大きさに注目している。「通常動力型では世界最大の1隻」になるという。

 また、「たいげい」の建造費は約800億円であり、「おうりゅう」は約660億円であったことを考えると、140億円も多くの費用をかけていると指摘。「これは、それだけ新技術を使用していることを意味している」と分析し、「おうりゅう」よりも優れているとの見方を示した。

 そして記事は「たいげい」の最大のポイントはその「静粛性」だと紹介。艦橋が大幅に小さくなっていて潜水艦本体と融合しており、「一連のレベルアップにより静粛性を大幅に向上させている」と分析した。

 記事が指摘しているように、「たいげい」はその潜水時間と静粛性が最大のポイントといえるだろう。中国の潜水艦は静粛性で劣るといわれており、この点で日本の最新潜水艦をうらやましく思い、また強く警戒しているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

もはや原子力潜水艦と同等・・・日本の潜水艦が革命的な進歩=中国


(出典 news.nicovideo.jp)

ChodorinoSuijin

ChodorinoSuijin

また中国が原潜建造してるって?汚染垂れ流し原潜...福島の比じゃないんだけどねd(−−

000

000

原子力潜水艦の最大のメリットは無給油で年単位の行動が可能であるという航続距離(乗組員はそうはいかないが…)なので比較すること自体ナンセンス. 静粛性についてはもともと原潜より通常型の方が有利だし,とにかく機械音がガチャガチャうるさいことに定評のある中国製と比べられても.大きさで言えば日本には水中排水量6560tの伊400型なんてのが…

河内のおっさん8号

河内のおっさん8号

中国は原潜=素晴らしいと思ってるアホなんだな。中国の原潜なんてうるさ過ぎて速攻で見つけられて魚雷ぶち込まれて木っ端みじんになるのに。

Mizuki

Mizuki

中国の潜水艦ってあれ 日本の領海に入るなりすぐ捕捉されてずーっと追尾された挙句 堪りかねて浮上しちゃったアレかw

ChodorinoSuijin

ChodorinoSuijin

まぁ日本は極東周辺海域だけだしね、そもそも必要がないd(−− 東シナ海封鎖すりゃ原潜といえども袋のネズミd( ´∀` )(笑) 東シナ海、渤海が核汚染されるのも時間の問題d(−− 放射線被ばくを受ける上に爆雷攻撃受けて錯乱する乗員がかわいそうだね、まさに”支那製棺桶”...水葬する手間も省けてちょうどいいねd(・・