(出典 www.newsweekjapan.jp)


中国は嫌がっている。

 2020年国際連合(国連)が創設されてから75周年の節目の年だ。9月21日には国連本部で国連創設75周年記念ハイレベル会合が行なわれ、「国連創設75周年記念宣言」が採択されたが、日本の茂木外務大臣が同会合に向けて寄せたビデオメッセージの内容が中国のネットユーザーの間で話題となっている。

 中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「日本が国連安全保障理事国の常任理事国になりたがっていることについてどう思うか」と題するスレッドが立てられ、多くのネットユーザーたちがコメントを寄せている。

 茂木外務大臣がで国連創設75周年記念ハイレベル会合に向けて寄せたビデオメッセージで「より強い国連を実現するためには、安保理の改革もこれ以上先送りにしてはならない」と述べ、「実効的で代表性のある機関とするためには、重責を担う能力と意思を持つ国が拡大された安保理にその席を占めるべきだと確信している。日本は、常任理事国として、真摯にこの責務を果たし、平和で安定した国際社会の実現に貢献していく覚悟だ」と述べた。

 現在の国連安全保障理事会は米国、英国、フランスロシア、中国という5カ国が常任理事国となっており、これらの国は第2次世界大戦の戦勝国だ。日本が常任理事国入りを目指していることについて、中国人ネットユーザーたちはどう考えているのだろうか。

 ある中国人ネットユーザーは、「中国には関係ないことだ」としつつも、「米国に頼らずに自国の安全保障を確保できてから世界の安全を考えたらどうか」とコメントした。別のユーザーも「これは第2次世界大戦の結果であり、その枠組みは変わらない」とコメントを寄せ、日本が常任理事国入りするのは難しいことだと主張する意見が大半を占めた。

 他にも、多くのユーザーが「日本は過去に行ったことを謝罪する機会があったにもかかわらず、謝罪してこなかった」とコメントし、「中国人としては日本の常任理事国入りを賛成できない」とコメントを寄せていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

日本が「安保理の常任理事国に?」 中国ネット「だめだ、だめだ! 第2次世界大戦の結果なんだから」


(出典 news.nicovideo.jp)




ryon2_M

ryon2_M

第2次世界大戦の結果だというのなら、今の中国に常任理事国の資格はなく、中華民国(台湾)が常任理事国ということになるんだが。

どうでもいい(没系)

どうでもいい(没系)

日本人から見ても、今の日本に常任理事国として責務を果たす力があるか、疑問である。まあ、一部の現理事国よりはマシかなと思うけれども。

目玉の親父.

目玉の親父.

日本の常任理事国入りの最大の障害は米国だとか言っておいて、実際はコレ。日本は分担率が3位みたいだけど、それなら非常任理事国に相応しい額まで下げて良いよな。

ヤマダ

ヤマダ

常任理事国も北方領土も拉致問題ももう一回戦争して日本が勝つ以外に道はないよ。当たり前だけど。

はつみ

はつみ

金だけ出させて文句ばかり吐き捨ててくる国連から日本が脱退した場合「誰が埋め合わせ」するんでしょね?中共団体なんざささっと抜けて必要な国だけで連盟作った方が日本の為になる。あぁ…日本が参加しないならしないで「いつまでも発車しないバス」の乗車券くれるんでしたっけ?いらねぇけどな。

ALTAIR

ALTAIR

中華人民共和国が成立した年と、国連に加盟したのは何年よ?

ゲスト

ゲスト

中国は今現在の反省はしないの?w常任理事国の資格ある?w無いよね?w

三三三

三三三

毎度思うけど、なんで中国が戦勝国ヅラしてんだろ?

デュランダーナ

デュランダーナ

第二次世界大戦の連合国が国連の原型だから、日本がその常任理事国になるのは確かにおかしい。ただ今の国連はかつての連合国というより、国家群の一種の会員クラブになっているので、そういう面から見ればそうおかしくもない。しかし今の安保理は拒否権の乱発で重要な事についてほぼ機能していない。そこに日本が加わってもどれだけ変化があるだろうか。余り期待出来ない