(出典 image.itmedia.co.jp)


軍事利用される可能性もあります。

 デジタル衛星放送「スカパー!」などを運営するスカパーJSATは6月11日レーザーで不用衛星などの宇宙ごみ(スペースデブリ)を除去する人工衛星の設計・開発に着手すると発表した。打ち上げた衛星からレーザーを発射し、宇宙ごみに照射して軌道を変え、大気圏に再突入させて除去するという。開発に向けては、宇宙航空研究開発機構JAXA)や理化学研究所などと連携し、「持続可能な宇宙環境」の実現を目指す。

【その他の画像】

 2026年の商用サービス化が目標。大量の小型衛星を打ち上げ、大規模な衛星システムを構築するメガコンスレーション事業者や、各国の宇宙機関の需要を見込む。

 同社の福島忠徳さん(デブリ除去プロジェクトリーダー)によると、宇宙ごみの問題は年々深刻化しており、20年時点で1mm以上の宇宙ごみは約1億3090万個存在するという。これらは時速約2万7000kmの速さで移動しているため、1mm~1cmの宇宙ごみが衝突するだけでも他の衛星を破壊する恐れがある。

 1989年の通信衛星「JCSAT-1号」打ち上げ以降、30年以上にわたって衛星通信事業に携わるスカパーJSATは、これを解決すべき環境問題と認識。同社の米倉英一社長は「スペースデブリは避けて通ることのできない環境問題」「宇宙の持続利用への関心を集めたい」と話した。

 開発には理化学研究所、JAXA名古屋大学九州大学が参加。スカパーサービス開発全体の指揮を執り、理化学研究所が衛星のシステムJAXAレーザーシステムの開発を担う。名古屋大学レーザーの照射方法の研究、九州大学は宇宙ごみの回転運動の研究に取り組む。

 実際の除去では、物体にレーザーを当てた際、表面物質がプラズマとともに放出される「レーザーアブレーション」現象を利用する。宇宙ごみに微弱なレーザーを照射し続けることで、プラズマ放出による推力を与えて大気圏まで移動させるという。

 福島さんは、除去手段としてレーザーを選んだ理由を「(除去する側の衛星が)宇宙ごみと直接接触する必要性も、除去される側の衛星に設計変更を加える必要性もなく、安全で低コストであるため」と説明した。レーザー自体の力はごく微弱なため、万が一狙いを外しても「ぼやけた光が当たるだけ」という。そのため、衛星に兵器としての側面はなく、保有することが国際問題などにつながる可能性は低いという。

 現時点では実用化に向けた法整備が間に合っておらず、現行法上では商用サービスとして提供するのが難しい状況だが、これから宇宙法の専門家に相談し、26年までに解決する方針だ。

スカパーJSATが、レーザーでの宇宙ごみ除去事業に着手


(出典 news.nicovideo.jp)




nikonikonikosann

nikonikonikosann

その前にちゃんと安定して映るようにしてくれ。宇宙ゴミ叩き落すより格段に簡単だろ

ハムスター

ハムスター

どのポイントからその速度がどの方向で向かってくるかの検知系の方が凄くない?大体一緒のハズだよなぁ。落とすより細かく焼くってイメージでいいのか?

almina

almina

半島のミサイルや核兵器もレーザー照射で、信管やら起爆装置やらを共鳴とか共振とかで起爆除去できればいいなあ。

ウェイブオフ

ウェイブオフ

お前ら平和だな、こんなものアレを作るための試作に決まってるだろ。

naoto

naoto

はい軍事転用。衛星兵器ならレーザーより質量兵器(神の杖みたいな)の方がコスパとか良いらしいが浪漫だよな

apothecary

apothecary

宇宙ゴミがこのペースで増えると20年後には人工衛星ですら飛ばすのが難しくなるらしいし必須ではある。軍事転用というより民間ができるならとっくに軍は開発終了してるでしょ。

生きろあきようき

生きろあきようき

後の遊星爆弾である

きつねこ

きつねこ

サテライトビーム!

どんがめ

どんがめ

BGM:「Megalith -Agnus Dei-(ACE COMBAT 04)」

たこ/ゆでだこP

たこ/ゆでだこP

サテライトキャノンか、反射衛星砲か…

todoman

todoman

プラズマ放出による推力か 乗り物に応用できないかな