(出典 www.imart.co.jp)


SFの世界が現実になろうとしています。

レーザー兵器でドローン追撃

米国のレーザー兵器がドローンを追撃

 5月22日(現地)、太平洋上に展開する揚陸艦レーザー兵器でドローンの無力化に成功したと米海軍によって発表された。

 試射は、サン・アントニオ級ドック輸送揚陸艦ポートランドUSS Portland, LPD-27)」に搭載された固体レーザー兵器「LWSD(Technology Maturation Laser Weapon System Demonstrator)」によって行われた。

―あわせて読みたい―

精神攻撃か?米軍が、幽霊っぽい音と光で敵を攻撃するレーザー・プラズマ兵器「LIPE」を開発しているらしい
マインドコントロールを目的とした兵器開発が政府レベルで行われている(米研究者)
米軍が新型の陸軍分隊マークスマンライフル(SDM-R)を公開(アメリカ)
実践投入寸前までいったけど実際には使用されなかった10の兵器とその理由
次世代の米軍兵器となるか?命中が保証された場合にのみ発砲するライフル(アメリカ)

150キロワット級固体レーザー兵器

 「固体レーザー」とは、レーザー媒質として固体材料を利用したレーザーのことで、小さな共振器でも高い出力を得ることができる。

 公開されたLWSDは、2015年アメリカ海軍研究局(Office of Naval Research)がノースロップ・グラマン社と5300万ドル(約58億3000万円)の契約を締結して、開発が進められたもの。

 出力は150キロワットで、米海軍によると、このクラスの高エネルギー固体レーザーが使用されたのは世界初であるとのことだ。


USS Portland Downs Drone With Laser

ドローンや偵察システムなど、増加する脅威に対抗

 LWSDはドローンUAV)、武装小型船、敵対的諜報・監視・偵察システムといった「増加する脅威」に対抗するために開発されたという。

 また、中国をはじめとする国家の長距離ミサイルなど、今日では空母に搭載された戦闘機ミサイルの射程を超える兵器すら存在する。レーザー兵器はこうした脅威から軍艦を防衛するためにも利用される。

 なお過去には、別のドック輸送揚陸艦に搭載された30キロワット級レーザー兵器の実験が公開されており、さらに陸軍でも独自にレーザー兵器を開発している。


Laser Weapon System (LaWS) demonstration aboard USS Ponce

 その陸軍の「IFPC-HEL(Indirect Fires Protection Capability-High Energy Laser)」は、300キロワットの出力を誇り、ロケットや迫撃砲などからの砲撃を迎撃できるそうだ。

References:USS Portland conducts Laser Weapon System Demonstrator Test | Commander, U.S. Pacific Fleet/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52291316.html
 

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

サイボーグ技術すごい。人間の眼球をしのぐほどの高性能な人工眼球が開発中(香港研究)
夢を見ているとき、脳は夢を守るために外の情報を遮断している(フランス・オーストラリア共同研究)
仕事を選ばないあの犬型ロボット「スポット」が、今度は牧羊犬に!?農場勤務に任命される
人間の細胞を宿したマウス。人と動物の差はますます曖昧に(米研究)
お掃除性能は制限されるけど、SF気分を味わえる。ルンバをスターウォーズのR2D2に魔改造

―動画の紹介記事―

消えた!猫だけが入ることができる天界の門が開いていた件
子猫からの「今日も1日お疲れさま!」マンチカンの赤ちゃんに笑顔をもらっちゃおう
駐車場ホラーサスペンス。ドクン、ドクンと脈打つ地面に遭遇
パキスタンのハトが、インド当局にスパイ容疑で拘束されるも無実を証明する人物が現れる
3匹の子猫の育ての親を買って出た犬、我が子のように愛情を注ぐ(アメリカ)
米海軍がレーザーでドローンを撃墜する瞬間の映像が公開される(アメリカ)


(出典 news.nicovideo.jp)




cheo

cheo

これが後のメガ粒子砲か

あかね

あかね

ドローン撃墜ドローンとか出るまではまだまだ

nekohige

nekohige

脳が勝手にSE付けちゃう