(出典 flour-net.com)


中には村八分のところもあるみたいです。

田舎・農夫maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

28日放送の『秘密のケンミンSHOW 極』(日本テレビ系)では、「チョ〜田舎ケンミン講座」と題し、過去の地方取材回を編み直して再放送。次々に飛び出す”田舎あるある”に、視聴者からは驚きの声が上がった。

■「家に帰ったら冷蔵庫に…」

これまで、さまざまな田舎町を取材してきた同番組。「チャイムを押さずにそのまま知人の家に上がる」「苗字ではなく名前で呼び合う」「雨が降ったら勝手に他人の洗濯物を仕舞う」といった何ともホッコリするエピソードが、VTR上で披露される。

群馬県下仁田町の住民にいたっては「家に帰ったら、冷蔵庫に(お裾分けとして)知らない刺身が入っていた」という、都会暮らしでは到底想像できないエピソードを明かし、スタジオを驚かせていた。

関連記事:みのもんた、『ケンミンSHOW』MC最後の言葉に視聴者感涙

■知らない車はまず疑う

また最もスタジオが盛り上がったのが、長野県木曽町でのエピソードだ。それは、知らない車を見たら「怪しいな」「探りに来たんか?」とまず疑う、というもの。住民が各々の所有車を把握しているため、よその車が入ってくるとすぐに分かるというのだ。

実際、番組で取材した際に白い軽トラックが町民の脇を通ると「あれは、〇〇さんの車だ。元ポリス(警察官)」と、プロフィールまでしっかり把握している様子が写された。


■視聴者から共感の声も

木曽町エピソードに、スタジオにいた大阪府出身の久本雅美東京都出身の田中裕二は「嘘でしょ」「マジで怖い」と驚愕。

ネット上でも「そういうもの?」「ちょっと不思議…」と驚きの声が上がったが、田舎出身と思われる視聴者からは「あるある過ぎて笑った」「うちの地元も同じ」と共感の声が寄せられていた。

■半数近く「田舎に住んでいる」

しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1798名を対象に「自分の住んでいる地域」について調査を実施したところ、半数近くの人が「田舎だと思う」と回答。地域別にみると、東北や四国の居住者に、そのような傾向が強く表れた。

視聴者から人気の田舎特集。住民同士の垣根が薄いという特有の距離感に「不思議…」と驚きながらも、「安心」「面白い」と肯定的に捉えた人が多くいたようだ。

・合わせて読みたい→東京と大阪、カレーにおける最大の違いは? 『ケンミンSHOW』の解説に反響

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年12月13日2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1,798名 (有効回答数)

『ケンミンSHOW』長野県内の村にある掟に驚愕 「知らない車を見たら…」


(出典 news.nicovideo.jp)




あると

あると

新型肺炎で別に田舎に限らない普通の事って判明しましたよね。ナンバー覚えられてる分、田舎は冤罪がないだけで

cheo

cheo

結局安全を重視するなら大なり小なりこういう社会構造が必要 防犯、互助が確立されることで現在将来にかけての社会不安が大きく減る ただ親しき中にも礼儀ありと言うがそこは法ではなく話し合いでなんとかする必要があるけどな 戦前までの日本社会はこれに長老的な存在がいて情報をまとめ、大きな判断の時に頼られていた