(出典 i.ytimg.com)





日本高校野球連盟は5月20日(水)、新型コロナウイルスの影響で「第102回全国高校野球選手権大会」及び「49地方大会」を中止することを発表しました。



これまでの状況を鑑みると致し方がないと言わざるをえませんが、日本の夏の風物詩でもある夏の甲子園の中止に対しては、ネットで様々な声が寄せられていました。



春夏連続の中止は史上初



夏の甲子園の中止は、米騒動の1918年、戦局が悪化した1941年以来79年ぶりで、3度目だそうです。そして戦争による中断(1942~1945年)を除くと、春夏連続の中止は史上初となりました。





全国的に新規感染者数は減少傾向にありますが、相手は目に見えない未知のウイルス。ワクチンや薬があるわけでもありません。第二波、第三波が来ることも懸念されています。



大会が実施された場合には、全国から生徒が移動して宿舎では長期間にわたって集団生活を送ることになり、感染のリスクがあること。



また、49の代表校を決めるための地方大会(約3,800校が参加。6月下旬〜8月初旬にわたって全国各地の約250球場で開催が予定されていた)も日程的に厳しい状況となっていたことなどが要因だと考えられています。



野球だけが特別というわけには・・・



高野連の夏の甲子園中止発表を受け、SNSでは「野球だけが特別というわけには・・・」「無観客でできないのか?」など多くの声が寄せられていました。




・意味が分からん!無観客で実施すれば済むことだろう。なぜ中止? 

 

・予選大会の準備もままならないだろうし、球界に留まらずインターハイも同様なので、それはもう本当にしょうがない。選手たちは気の毒だけど。 

 

・初秋に無観客で開催できないものだろうか?中止はあまりにも非情。 

 

・野球だけじゃない。あらゆる大会(スポーツに限らず)が中止になって、何とか秋以降別の形でやらせてあげられないのかなぁ。みんなで知恵を出しあってさ。 

 

夏の甲子園は仕方がないんじゃない?野球だけが特別というわけにはいかないし。



人々の健康、命ほど尊いものはありません。それは分かってはいますし、状況的にある程度中止になることは予想されていました。



それでも、こうして中止が現実になると寂しいものですよね。各都道府県では代替の大会を行う意志を示しているところもいくつかあるようです。



なんらかの形で、球児達の努力が報われる場が設けられればいいなと思います。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

出典:Twitter(@Daily_Online)



(出典 news.nicovideo.jp)