スパイ法案の再可決に反対する市民の声が強まっている中での決定は、さらなる混乱を招く可能性が高いですね。

ズラビシビリ大統領

 ロシアの隣国ジョージアの議会が、外国から資金提供を受ける団体を規制するいわゆる「スパイ法案」を大統領の拒否を覆して再可決しました。

【映像】市民による大規模な抗議デモの様子

 法律は近く成立する見通しです。法案は、外国から20%以上の資金拠出を受けた団体を「外国の代理人」とみなすもので、報道の抑圧や反体制派の弾圧につながると懸念されています。

 法案はジョージア議会で5月月14日に可決されたものの、ズラビシビリ大統領が法案の署名を拒否していました。

 議会は28日、与党側の賛成多数で法案を再び可決しました。大統領が再度署名を拒否しても、議長の署名によって法律は近く成立する見通しです。

 首都トビリシでは市民の抗議デモが続いていて、今後、さらなる混乱が予想されます。(ANNニュース)

ジョージア議会「スパイ法案」を再可決 近く成立へ 市民の抗議デモで「さらなる混乱も」


(出典 news.nicovideo.jp)