ロシア軍の最新ミサイル艦を撃沈できたという報道は非常に重要だ。ウクライナ軍が軍事能力を向上させている証拠でもあるだろう。

アメリカから供与された兵器が使用されたようです。

ロシア黒海艦隊のコルベット「ツィクロン」が撃沈

イギリス国防省は2024年5月23日(木)、ロシア黒海艦隊のカラクルト級(22800型)コルベット「ツィクロン」が、ウクライナ軍による攻撃でほぼ確実に撃沈されたとの見解を発表しました。

ウクライナ軍は5月19日ロシアが一方的に併合したクリミア半島のセヴァストポリ港を攻撃。この攻撃は、無人機とアメリカ製の長距離陸軍戦術ミサイル「ATACMS(エイタクムス)」の複合攻撃で、コルベット「ツィクロン」を沈没に至らしめたとしています。

「ツィクロン」は、2022年から黒海で活動していた4隻のカラクルトコルベットのうちの1隻です。カラクルトコルベットは、「カリブル」巡航ミサイルやオーニクス対艦ミサイルを運用でき、小型ながら重武装の艦艇ですが、2023年11月に1隻がウクライナ軍の攻撃で重大な損傷を受けています。

イギリス国防省は、ウクライナ軍による攻撃の成功後、残るカラクルトコルベット2隻は海上試験を安全に行うためにカスピ海に移送された可能性が高いとしています。

今回の攻撃では、ロシア黒海艦隊の影響力に大きな変化が生じる可能性は低いと指摘。ただ黒海で活動するロシア軍にとっては継続的な危険が生じ、複合攻撃を実施する際のウクライナの継続的な成功を浮き彫りにしているとの見解を示しています。

カラクルト級コルベット(画像:ロソボロネクスポルト)。


(出典 news.nicovideo.jp)