食糧不足が続く限り、北朝鮮の経済成長や国際社会との関係改善も難しいでしょう。

農業の機械化が遅れている北朝鮮では、都市部から大量の人を動員して一気に田植えを行う。このような「田植え戦闘」は季節の風物詩となってきたが、最近になって異変が生じている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

両江道(リャンガンド)の農業部門の情報筋によると、内閣農業委員会は今月3日、「全国が力を合わせて田植えと草取りを前倒しで終えよう」という農村支援総動員令をかけた。5日から25日が総動員期間だ。同時に、朝鮮労働党中央委員会(中央党)組織指導部も「農村にすべての人力を集中させることについて」という指示を下した。

現地では指示に先駆けて先月25日からジャガイモの種芋を植え始めた。これは例年より10日も早い。また、田植えの開始も今月1日からに前倒しされた。これに伴い、動員も例年より5日前倒しとなった。

しかし、人手が足りないのだ。

別の情報筋によると、今年は初級中学校(中学校)の生徒まで田植えに動員しているが、人手が足りず、前倒しされた日程に合わせられなかった。そうするとその後の日程もずれ込む。

農場とは異なり、個人の小規模な畑ではジャガイモを例年通りに今月5日から植え始め、20日までに終える。前倒しの理由は「早く暖かくなった」というものだが、「前倒ししたからと生産量が増えるわけではない」(情報筋)という。

それどころか、早く植えただけ雑草も早く生え始めるので、例年なら2回で済む草取りが、今年は4〜5回やるハメになりそうなのだという。ただでさえ人手が足りていないのに、農業の現実を知らない中央が指示を下し、余計な仕事を増やしてしまう結果となった。

人手が足りない理由は、「飢餓」にある。

「多くの農村住民が食べるものがなく、農場に出勤できていない」(情報筋)

一方、農村支援の人手が足りないことについて、情報筋は別の理由を挙げた。

「工場、企業所の労働者はすべて平壌の建設工事や西海(黄海)干拓地の工事、端川(タンチョン)発電所の建設工事など、国家建設に動員され、残っていた35歳未満の若者も、地方工業工場や農村住宅建設に動員された」

当局は、端川のダム建設など従来の大規模な国家的工事に加え、「地方発展20×10政策」に基づく工場建設など、一度に様々な政策を打ち上げすぎた。そのために人手が足りずに中高生や大学生など、一部の人しか農村に動員できないことになったのだ。

さらには食糧不足が、人手不足に拍車をかけた。

「農村支援期間は1カ月なので、その間の食べ物を持ってこなければならないが、1週間から10日分の食べ物しか調達できず、おかずも持ってきていない人が多い」(情報筋)

本来なら動員された人の食べ物は国が保証すべきところだが、動員された人自身が調達することになってしまっている。食糧事情が逼迫しているのは農村も同じで、動員された人に分け与える余裕がない。動員された人々は、まともに働けば腹が減るばかりなので、仕事をサボり動員期間が終わるのを待つだけだ。これでは田植えがはかどるわけがない。

休息中の北朝鮮の女性兵士(アリランday)


(出典 news.nicovideo.jp)

ゲスト

ゲスト

民の力を削いで独裁を保ってるからね。

もち好き

もち好き

農家の物は軍が奪っても良いことになってるらしいからな

給餌役

給餌役

農作業とか重労働はカロリー足りなきゃ動けんわなこの先支援物資かなにか貰えたとしても反政府運動警戒して国民の元には届かないだろうな