事件の影響が大きい。

 男性の恋愛心理を利用し、SNSで知り合った男性から1億5000万円を騙し取った「頂き女子りりちゃん」事件、さらに5月8日西新宿のタワーマンションで起きた、25歳女性刺殺事件。容疑者の51歳の男と被害女性はもともと、ガールズバーの客と店員という関係であり、容疑者は趣味の車やバイクを売って1000万円以上を注ぎ込んでいたことが明らかになっている。

 世間に衝撃を与えた2つの事件だが、これがパパ活界に大きな影響を及ぼしているという。パパ活アプリに詳しいジャーナリストが語る。

「りりちゃん事件が明るみに出て以降、パパ活アプリで男性登録者の退会が相次いでいます。女性は無料で登録できる一方、男性は会員費を支払わなければなりません。ところが、りりちゃん事件の詳細を知った男性からは『パパ活女子の中にも、りりちゃんのように詐欺行為をする女性がいるのではないか』というクレームが寄せられています。その結果、退会者が続出し、アプリの運営側からは悲鳴が上がっています」

 一方の西新宿のタワマン刺殺事件は、新規入会者を激減させた。ジャーナリストが続ける。

「タワマン事件の被害者はパパ活女子ではないものの、男性側としては恋愛感情を利用されたくない、というのが本音です。パパが激減したことで、パパ活界では今、『パパ争奪戦』が起こっている。以前は7万円だったパパ活女子の料金が3万円まで値下がりするなど、価格崩壊が進んでいます。このまま男性会員の新規入会が減り続ければ、パパ活アプリ業界全体が存続を脅かされる厳しい状況に陥るでしょう」

 パパ活をめぐる事件は、たびたび発生している。このような状況が続けば、警察の関心がパパ活アプリや、それを推奨する業者に向けられることは避けられないだろう。長い間、続いてきたパパ活ブームが、いよいよ終焉を迎える時が近づいている…そんな世相なのである。

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

SayAnything

SayAnything

そのうち日本人男性の客が取れなくなって、外国人に依存するようになったら、梅毒等の性病が蔓延りそうですね。

ゲスト

ゲスト

パパ活アプリなんてものがあるの?さっさと取り締まって運営者を処せよ

ウナジー見ル・プ〜チン

ウナジー見ル・プ〜チン

パパ活そのものが減少傾向にあるならいいことじゃないか。あとはパパ活アプリとやらを潰していけばいい。

ゲスト

ゲスト

マスゴミは売春が大好きですね

ゲスト

ゲスト

客が詐欺を警戒するようになったって良いことじゃないの?

はつみ

はつみ

こんなんに1回7万出すんなら何回そういう店に行けるんだろうな。と普通に思うしアホ女共の売春をブームとか意味わからん解釈しなくていいんで。よく「私たちは買われた」とかぬかしてますけど「非売品」は買えないんですよね、じゃあ誰が売ってんの?ってなるからさ?な?鏡見ろー?

ゲスト

ゲスト

上:パパ活を買うのは、プロ相手だけどプロじゃないみたいなのがあるんでしょうかねぇ?

RT

RT

違法売春にブームもクソもあるかと。大体、それが蔓延したのは、実態として売春行為なのは知った上で「売春じゃないからセーフ」と持て囃しまくったマスゴミのせいだろ。過去にその種の報道した事ある紙面で訂正も謝罪もしてないとこは全部廃刊しろよ

めほ

めほ

その言い分が本当なら、今まで相当数の無警戒なバカがいたってことで、それはそれで驚くべきことだな。そりゃ詐欺もはかどるわ。