井戸やため池の水位が低下しているという報道を見て、一時中断は無理のない判断だと思います。安全第一で進めていただきたいです。

【写真・画像】リニア新幹線の工事、一時中断を発表 井戸やため池の水位低下受け JR東海 1枚目

 リニア中央新幹線のトンネル工事が進む岐阜県瑞浪市で、複数の井戸やため池の水位が低下している問題を受け、JR東海はいったん工事を中断すると発表しました。

【映像】JR東海の会見

 工事の中断は16日、名古屋市内で行われたJR東海の丹羽俊介社長が明らかにしました。

 JR東海によりますと、これまでに瑞浪市のトンネル工事現場の2つの区間で湧水を確認しました。その後、瑞浪市大湫町で調査したところ、14カ所の水源や井戸で水位が低下していたことが明らかになりました。

 会見で丹羽社長は、大湫町の中心部の手前でいったん工事を中断し、ボーリング調査を実施すると明らかにしました。現在トンネル工事は継続していて、今も毎秒20リットル湧水は出続け、一時的に毎秒40リットルが湧き出ていたということです。

 丹羽社長は、湧水を減少させるための措置を準備ができ次第、始めることを示しました。

 2034年以降としているリニア開業時期について、「影響が出るということにはならない」としています。(ANNニュース)

リニア新幹線の工事、一時中断を発表 井戸やため池の水位低下受け JR東海


(出典 news.nicovideo.jp)