ロシア軍の新造ミサイル艦が進水すると、ウクライナへの脅威が高まるだけでなく、周辺国にとっても安全保障上の懸念が増すことは避けられませんね。

ミサイル攻撃に特化した小型艦。

将来的には極超音速ミサイルの発射機能も持つ?

ロシア国防省は2024年5月7日、カラクルト級(22800型)コルベットの14番艦「タイフーン」の進水式を、ゼレノドリスク造船所で行ったと発表しました。

同艦は、VLS(垂直発射システム)を8基装備する、ミサイル攻撃を主眼に置いた小型艦です。2025年の就役を目指して建造されています。

「カリブル」巡航ミサイルやオーニクス対艦ミサイルを運用できるほか、将来的には極超音速ミサイル「ツィルコン」の運用も考えられています。

同艦は完成後、黒海艦隊に所属する予定です。艦艇によるウクライナへのミサイル攻撃は、同艦隊所属のコルベットフリゲートが担当していますが、同艦が就役すればその火力がさらに増強されることになります。

なお、同日には哨戒艦「ビクター・ザ・グレート」の進水式も同じ造船所で行われたようです。

カラクルト級コルベット(画像:ロソボロネクスポルト)。


(出典 news.nicovideo.jp)