リスクを軽視しないことが大事ですね。

「全面戦争は決して起こらない」――以前からロシアウクライナの衝突が指摘されていたにもかかわらず、こうした楽観論が有識者からも出ていたのはなぜなのか……? ここでは人間が重大リスクを見落としてしまう理由を、関西大学教授の藤田政博氏の新刊『リーダーのための【最新】認知バイアスの科学 その意思決定、本当に大丈夫ですか?』(秀和システム)より一部抜粋してお届けする。

(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

なぜ「ロシアは攻めてこない」と思っていたのか?

 2022年2月、ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、2024年5月現在も続いています。

 これは、突如として始まったわけではありません。欧米各国から「ロシアウクライナに攻め込んでくる」と指摘されていたのです。ですが、その一方で、「全面戦争は決して起こらない」と考えていた有識者も多数いました。

 当時のニュース番組では、現地のジャーナリストにマイクを向けられたウクライナ兵たちが「(ロシアとの戦争は)デマだ、信じるな」などと楽観的な返答をしている場面が流れていました。もしかすると、これ自体情報工作だったのかもしれませんが、現実にロシアが侵攻を開始したのは、その直後のことでした。

 このように正常性バイアスとは、緊急の場面で楽観的に判断をするバイアスです。このようなことが起こるのは戦争のときだけでなく、災害時にも正常性バイアスは発揮されます。

 たとえば、大地震の後に大きな津波がやってくることがあります。

 そういうときに、地域防災無線などで「津波が来ます。避難してください」と言われても、とくに自宅が倒壊しなかった方は「私は家でいつも通り生活しているし、まあ大丈夫だろう」と判断してしまうのです。

 すると避難が遅れたり、あるいは避難しなかったりで津波に巻き込まれてしまう……こういうことが発生するのが正常性バイアスです。つまり「(災害時でも)今の自分がいる状況は普段と変わらない」と、実際以上に思い込んでしまうのです。

 このようなことが知られるようになってきたため、2024年1月に発生した能登半島地震では、テレビで「津波! 逃げて!」とかなり激しく(大きな字幕で)避難を促す放送がおこなわれました。これに対し、一部で批判の声も上がりましたが、過去の事例から学んで、少しでも多くの人が避難するのに役立ったと思われます。

なぜロシアとの戦争は起こらないと考えるのか?

 侵攻前の状況で言うと、実際にロシアウクライナとの国境辺りに、大量に軍隊を送っていました。それでも「単なる脅し」と捉えられていたのです。

ロシアがその軍隊を進めて全面戦争になったら、おそらくロシアにも重大な被害が出るだろうし、ほかの国もどんどん巻き込まれる可能性もある。第三次世界大戦に発展し、核攻撃という話にもなりかねないので、そこはやらないでしょう」と。

 これこそ、まさに正常性バイアスです。なぜ、このバイアスが働くのかというと「自分が住んでいるこの世界は安定しており、その安定が続くのだ」と考えたほうが、精神的に安定して過ごせるからです。誰でも、第三次世界大戦になって核攻撃が始まり、地球滅亡……ということは考えたくないのです。

 災害場面でも同じで「自分の住んでいる家が津波で流されてしまう」など、天変地異によって自分の生活基盤がなくなるということは起きないと考えたほうが、心理的に安定していられます。

 つまり、論理的に考えられるかどうかという話ではなく、そう捉えたほうが精神的に安定できるからそのように考えるという話なのです。

 裏を返せば、このバイアスに掛かるときは、すでに事態が深刻化しているときです。ビジネスで言えば、倒産直前に発揮された例があります。

 1997年山一證券が自主廃業を決めた際も、山一證券の従業員には直前まで「自分の会社が潰れる」とは思っていなかった人が多数いたという逸話が残っています。

 当時、山一證券で働いていた方の手記を読んだことがあるのですが、テレビを点けたら自社の社長が泣いて謝りながら「社員は悪くありません!!」と絶叫していて、そこで初めて「うちの会社って潰れるんだ」とわかったと言います。

 もちろん、大企業だった山一證券では、会社の情報を社員がマスコミを通じて初めて知るということもあったでしょう。

末期状態になるまで気づかない「最強のバイアス

 しかし、それを除いても、じつはそれまでに倒産の予兆はありました。前社長が逮捕されていたり、役員が銀行に支援を求めたり、どんどん人が辞めたりなど、倒産に至る兆候はあったのです。

 しかし、それに気づかなかった人たちも多かったそうです。まさに正常性バイアスと考えられるでしょう。

 正常性バイアスは「最強のバイアス」とも言えます。ウクライナ侵攻も、津波の被害も、山一證券の倒産もそうですが、気づいたときにはもう遅かったという事例がたくさんあります。

 このバイアスへの対策はなかなか難しいのですが、次項とまとめてご提案しますので、対策については次項をご参照ください。

タイタニック見学ツアーで“乗組員5人すべてが死亡”…「数多くの問題が指摘されていた」のに経営者がそれを無視した理由とは?〉へ続く

(藤田 政博/Webオリジナル(外部転載))

「第三次世界大戦は起きない」「わが家は地震が起きても平気」と考える人たちの共通点とは? ©getty


(出典 news.nicovideo.jp)

RT

RT

楽観的に過ぎる予測だったのは事実だから擁護する気はないが、リスク的にないだろう、と言う予測をバイアスで一纏めにするのはどうなんだ?

すみのん

すみのん

第三次大戦なら既に筋肉モリモリマッチョマンの変態が起こしただろ、いい加減にしろ!

CMRY

CMRY

何が始まるんですか?

凶骨屍蝋

凶骨屍蝋

大惨事世界大戦だ

もっぷ

もっぷ

歴史的に見てロシアに対抗した方が起こるのか放置した方が起こるのか解らんのよね。第一次大戦とか当事者も大戦をする気はなく気が付いたらなってたって話もあるみたいだし。

apくん

apくん

ナポレオンもヒトラーもロシアに手を出して敗北してるよな。ビスマルクも「ロシアを騙すな」って言ってるし。身の程知らずの特アのチンパンはきゃあきゃあ吠えればロシアが自動的に譲ってくれると思ってるみたいだが

snowdome

snowdome

9条信者「それでも日本が9条を守り続ける限り戦争には巻き込まれないんです」

nora

nora

日本は決して先制攻撃はしない。その代り攻撃された場合全面核戦争に持ち込める実力は養うべき。専守核攻撃でお願いします。男は黙って相互確証破壊

margarine

margarine

まあプーチンの馬鹿さ加減を見誤ったのがウクライナと西側の最大の失策だろうな。こんな泥沼の状態は誰よりロシアが望んでなかったはずで、実際今更ウクライナをどうしようがロシアの損失は取り返せない。ウクライナと西側の体制を見れば予測できる材料は示されていた。戦争を避けるには馬鹿な独裁者でも理解できて手を出すのを控えるような明確な示威が必要だというのが最大の教訓だ。

ニコニコkpx

ニコニコkpx

26.

nira

nira

日本の場合はバイアス以前の話だろ左翼のせいで防衛の話がまともにできない、なのにウクライナ、ガザどうこう騒ぐのアホらしいわ「戦争するよりはマシ」「無抵抗なら大丈夫」だろ

ひろぽん

ひろぽん

バイアスの話をしたくて引き合いに出したんだろうけどドンバス戦争もあったからそんなに意外では

201609E

201609E

「後編」クリックしたら某深海船の記事だったんだが・・・。証券会社山一・ロシア(旧ソ連)・遊覧船タイタンはそれぞれの成り行きがあったわけで、一緒くたにまとめるのはダメでしょ 無理すぎる

Ricker

Ricker

衛星兵器頑張って用意しようとしてるからいずれ確実絶対大戦は起きる、核に変わる兵器にいまんとこ近い兵器だから。今はコスト高すぎてそう連射も出来ないが、言ったもん勝ちで留まってたのがやったもん勝ちをやる国が出てきてしまったから軋轢は確実に大きくなる。実際に始まる時はまず衛星がボコボコ落とされるだろうから分かりやすいだろうね。

ゲスト

ゲスト

プーチンが正常ではないということなら同意見だわ。

masahul

masahul

いや、世界大戦に発展するっていうなら、最低限どういう経緯をたどって発展するのか、自分なりの予測を示しなよ。それを言わんで世界大戦になるっていってるのは、ただ騒ぎたいだけとしか思えない。

ASFASFASFA

ASFASFASFA

世界大戦になるから侵略は受け入れるべき!というパヨのお気持ち表明。じゃあ核武装しましょうねとしかならない。