炊飯器の保温機能は消費電力が比較的低いため、長時間使っても電気代はそこまで高くなりません。一般的には1か月で100円程度、1年間で1200円ほどと言われています。炊飯器を使う頻度や保温時間によってはもっと少なくなることもあります。

ほとんどの炊飯器に付いている、保温機能。

炊飯器の保温機能とはその名の通り、炊いたご飯を温かいまま保存しておくことで、水分の蒸発や細菌の増殖を防ぐ効果があるといわれています。

長時間保温機能を使っていると、心配になるのが電気代。「電力をたくさん消費してしまうのでは…」と、心配になった経験を持つ人もいるでしょう。

保温を続けると電気代はかさむ?

炊飯器の保温についてウェブサイトで触れたのは、電化製品メーカーのタイガー魔法瓶株式会社。

保温機能を使うと、どのくらい電力を使うのかを、次のように明記しました。

炊飯した場合、平均で約4円かかるといわれています。これは、保温1時間につき15.0Whかかる炊飯器で10時間保温したときの電気代とほぼ同じです。7時に朝食を、19時に夕食を取る場合、保温する方がやや電気代がかかるという計算になりますね。ただし、消費電力の少ない炊飯器については、この限りではありません。

炊飯器にはマイコン・IH・圧力IHの3タイプがあります。この中でもっとも電気代がかからないのは圧力IHタイプ、反対にもっとも電気代がかかるのはマイコンタイプの炊飯器です。また、古い機種よりも新機種の方が消費電力は少ないというケースも多いです。

つまり、状況によっては1日程度であれば、炊飯と保温で炊飯器にかかる電気代にはさほど変わりはないといえるでしょう。ただし、炊飯する回数やお米の量、地域によっても電気代が異なります。細かくは使用機種・炊飯量・地域の電気代を含めて考える必要があります。

タイガー魔法瓶株式会社 ーより引用

同社によると、炊飯器で炊飯した場合、平均で約4円かかるのだとか。

この場合、炊飯1回と、保温1時間につき15Wかかる炊飯器10時間保温した時の電気代は、ほぼ同じだといいます。

ご飯を炊飯器で保温し続けても、あまり電気代に負担はかからないようですね!

また、炊飯器は、底に設置した装置から熱を発するマイコンタイプ、高い火力で内釜全体をムラなく温めるIHタイプ、内釜全体をムラなく温め、さらに圧力をかけられる圧力IHタイプの3種類に分かれているのだそう。

そのうち、もっとも電気代がかからないのが圧力IHタイプで、古い機種よりも新機種のほうが消費電力が少ないというケースが多いといいます。

使用頻度が少なければ電気代にさほど差は出ないようですが、細かい電気代は使用機種や炊飯量、地域の電気代によって異なるため、注意が必要です。

ご飯の味を落としてしまわない範囲で、炊飯器の保温機能を活用するのがよいでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
タイガー魔法瓶株式会社
※写真はイメージ


(出典 news.nicovideo.jp)

VRAM

VRAM

マズくなるからすぐ冷凍保存するわ


コレ知ってた?😊

【速報】日本ファクトチェックセンター公式発表!!! NHKの韓国人職員、驚愕の人数だった…

【半導体】ますます密着する「台湾+日本」…韓国と戦略的研究開発の友になる可能性

【雪中車中泊敢行!ワイの冒険画像を見て見て!】車中泊しても元気、死ななかったよーん【画像】

タリバン政権「テロは止めろ、地域不安定化に国際的連携で対応すべきだ」…ロシア銃乱射で声明!

中国政府、半導体やOSのWindowsを排除する方針を発表

DIO「奴等が来るまで暇だな適当に>>5でもしてみるか?

南関東楽しすぎて住みたいwww

【経済】沖縄で地元民が「飲食店インバウンド価格」に悲鳴!

弁護士の菊間千乃氏が指摘!大谷翔平選手の発言が重要な理由とは?

【話題】シーチキンに謎の幼虫が混入!?投稿動画が3500万impを集めてしまう。

日テレ「イッテQ!」コンゴでふざけて大使館をブチギレさせる

中国首相「中国の不動産問題は一部の人が想像するほど深刻な問題ではない」

【だよね】里崎智也「6億8000万円無くなってたら分かるやろ」 大谷の元通訳の賭博スキャンダルで 。

年金生活者「「消去法で自民」はやめませんか」